JR東海373系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JR東海373系電車
JR東海373系電車(2007年9月10日 名古屋駅)
JR東海373系電車(2007年9月10日 名古屋駅)
編成 3両(1M2T)
営業最高速度 120 km/h
起動加速度 2.1 km/h/s
編成定員 179人
全長 21,300 mm
全幅 2,946 mm
全高 3,630 mm
車体材質 ステンレス
編成質量 新製時97t
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500V(架空電車線方式
編成出力 185kW×4=740kW
主電動機 C-MT66
歯車比 15:98=1:6.53
駆動装置 TD平行カルダン駆動方式
制御装置 C-SC35形VVVFインバータ制御定速運転制御機能付)
制動方式 電気指令式ブレーキ
抑速ブレーキ
回生ブレーキ
発電ブレーキ
保安装置 ATS-ST, ATS-P,ATS-PT
製造メーカー 日本車輌製造日立製作所

373系電車(373けいでんしゃ)は、1995年平成7年)に登場した東海旅客鉄道(JR東海)の直流特急形車両

165系急行形電車の老朽取替えを主目的として、185系電車と同様に普通列車から特急列車まで、幅広い運用に応える汎用性の高い車両として開発され、1995年8月から1996年1月にかけて、3両編成14本(42両)が製造された。

構造・仕様[編集]

編成体系

東京方から制御電動車クモハ373形付随車サハ373形、制御車クハ372形の各形式で汎用性の高いモノクラス3両編成を組成する。これを基本単位として、3両・6両・9両編成で運用される。身延線飯田線などローカル線での短編成運用に多く使用するため、本系列ではグリーン車の設定はない。

車体

最大長21.3mステンレス製軽量構体を主構造とし、先頭部分のみ普通鋼製である。客用扉は両開き式で、車両端部の片側2か所に設ける。この扉配置はJRグループの特急車両では唯一のもので、出入台と客室を仕切るデッキ扉は省略され、車内保温対策として客用扉の開閉方式は半自動方式とされた。客用扉の隣接部にドア開閉用の押ボタン[1]を設ける。なお、ドアカット機能は搭載していないので、増結した(6両・9両)編成だとホームをはみ出す駅には停車できない。これにより、飯田線の特急(ワイドビュー)伊那路は2編成以上の増結を行っていない。また、ムーンライトながらの定期運用時、下りが豊橋駅から各駅停車する際に三河塩津駅と尾頭橋駅を通過していた。

運転室正面窓はキハ82形気動車の設計を参考としたパノラミックウィンドウで、平面視で後退角が付けられており、客室照明の映り込みを抑制している。客室との仕切窓は大型のものを用い、運転室越しに前方を展望できる。

運転台
各部の照明は、メーター類がEL、時計置きがLEDスタフ差しが冷陰極管となっている。
室内設備

座席は各車とも回転式リクライニングシートで、横2+2列で配置され、座席間隔は970mmである。各座席にはインアームテーブル(肘掛け内蔵テーブル)・灰皿を装備したが、全車禁煙化に伴い灰皿は撤去された。

クモハ373形・サハ373形では、連結部寄りに4人掛け・固定テーブル付きのセミコンパートメント席を併設する。クハ372形には車椅子対応洋式トイレ男性専用トイレ、洗面所、テレホンカード式の公衆電話[2]が設けられている。

バリアフリー対応として、客用扉へのドアチャイム追設を後年に実施している。

制御系・電装系
(東海道本線豊橋-蒲郡間、1996年3月29日)

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

主回路制御はVVVFインバータ方式を採用し、整流素子GTOサイリスタを用いたC-SC35主変換装置は東芝製である。JR東海の在来線電車では383系電車(量産先行車・1994年)に次ぐ採用例であるがJR東海でのGTO素子の採用は本系列で終了し、本系列の次に製造された313系700系以降の新幹線電車ではIGBT素子のVVVFインバータが採用された。補助電源装置は、135kVAの容量を持つC-SC36静止形インバータを搭載する。主電動機はかご形三相誘導電動機C-MT66形(1時間定格出力185kW)を搭載する。

パンタグラフはシングルアーム式のC-PS27A形で、関節部を車体端側に向けた配置でクモハ373形に1基搭載する。トンネル断面が極度に小さい身延線への入線ができるよう、最低作用高さを極力下げた仕様である。従来の狭小トンネル対応車両にみられた「低屋根構造」は、本系列では採用されない。なおデビュー後はパンタグラフのホーン部分が1本のタイプであったが、後に2本のものへ全車両が交換された。

台車・ブレーキ装置

台車211系電車などに使用されたDT50系ボルスタレス台車の仕様を踏襲したC-DT63形(動力台車)・C-TR248形(付随台車)である。円錐積層ゴムを用いた軸箱支持装置、ダイアフラム形空気バネをダイレクトマウント方式にて搭載した枕バネはDT50系と共通の仕様であり、本系列特有の装備として、蛇行動抑制のためのヨーダンパ・空転防止のための砂箱(動力台車のみ)を装備する。

ブレーキ装置は電気指令式で、回生ブレーキ抑速ブレーキを装備するほか、列車本数の少ない区間で回生失効の発生を防ぐため発電ブレーキも併設する。基礎ブレーキ装置は踏面片押し式のほか、付随台車ではディスクブレーキを併設する。

運転・保安装置

保安装置はATS-ST形を全編成に装備する。

1996年3月ダイヤ改正用に製造したF6編成以降は、東日本旅客鉄道(JR東日本)管内乗入れ運用のため当初からATS-P形(以下P形と略記)を併設する。「ふじかわ」用として製造した初期のF1-F5編成ではP形の準備工事のみなされていたが、同改正でF4・F5編成にP形が追設された。F1-F3編成は「ふじかわ」限定運用となったが、後年にP形追設工事を施工した結果、共通運用が可能となった。 2011年以降、JR東海管内でのATS-PT使用開始および、2012年3月ダイヤ改正でのJR東日本区間への乗り入れ終了に伴いP形からPT形への換装が完了。

車内放送

車内放送は特急列車やホームライナーの運用時では自動放送も使用し普通列車や快速「ムーンライトながら」の運用時では車掌による肉声放送のみを行う。詳細は「車内放送#アナウンス」を参照。

形式別概説[編集]

クモハ373-3
クモハ373-3
サハ373-3
サハ373-3
クハ372-11
クハ372-11

F1-F12編成の36両(1 - 12)は日本車輌製造、F13・F14編成の6両(13, 14)は日立製作所で製造された。

クモハ373形
制御電動車で、編成の東京方に連結される。室内の連結面側車端部にセミコンパートメント席をもつ。
屋根上にパンタグラフを搭載し、主変換装置・補助電源用静止形インバータ(SIV)を床下に装備する。
サハ373形
中間に連結される付随車で、室内の両車端部にセミコンパートメント席をもつ。
床下には発電ブレーキ用抵抗器などを搭載する。
クハ372形
制御車で、甲府飯田大垣米原方に連結される。室内の連結面側車端部にトイレと洗面所を備え、セミコンパートメント席はない。
床下にはスクロール式の電動空気圧縮機(CP)と真空式汚物処理装置を搭載する。


運用[編集]

静岡 - 東京の普通列車
静岡 - 東京の普通列車
ホームライナー静岡
ホームライナー静岡
飯田線の特急「伊那路」
飯田線の特急「伊那路」
かつて投入されていたセントラルライナー
かつて投入されていた
セントラルライナー

1995年10月1日、静岡運転所(現・静岡車両区)に配置され、身延線の特急「ふじかわ」で運用を開始した。次いで1996年3月16日には東海道本線特急「東海」・飯田線特急「伊那路」、夜行快速ムーンライトながら」での運用を開始し、同所の165系を淘汰した。

2009年3月14日のダイヤ改正から静岡 - 熱海間、浜松 - 豊橋間で一部の普通列車に運用されている。2012年3月改正までは静岡 - 東京間で1往復(9両編成)運転されていた。

さらに、特急列車の間合い運用として東海道本線の「ホームライナー」にも使用される。2009年3月ダイヤ改正前では「ホームライナー豊橋」上り2本(いずれも3両編成、うち1本は下り「ムーンライトながら」の名古屋切り離し3両を充当)名古屋大垣から飯田線特急「伊那路」に使用するための豊橋への送り込み、「ホームライナー大垣」(6両編成)は昼間「伊那路」に使用した車両をその日の上り「ムーンライトながら」に使用するための返却列車であった。なお2013年3月16日のダイヤ改正で、「ホームライナー豊橋」、および本系列使用の「ホームライナー大垣」が廃止されたため、「伊那路」への送り込みは前述の浜松 - 豊橋間の普通列車にて行うことになった。

以前は身延線でも普通列車として運用されていた時期があったが、こちらは313系の投入に伴い消滅している。2000年には予想外の好評により車両不足となった中央西線セントラルライナー」にも313系増備車落成までの間、一時的に運用されたことがある。

「ムーンライトながら」は2009年3月14日のダイヤ改正によって、年間運転予定日数120日前後の臨時列車とされ、同時に使用車両はJR東日本田町車両センターに配置されている183・189系に変更された。以前より送り込みと返却を兼ねて運用されていた東京 - 静岡間の普通列車はその後も373系のままで運行されていたが、2012年3月17日ダイヤ改正で東京‐沼津間に短縮の上、JR東日本E231系での運行になった[3]

なお改正前に「ムーンライトながら」の間合い運用として設定されていた大垣 - 米原間の3両編成による2往復の普通列車に関しては改正後は運用が1往復へと減少したが、2013年3月16日のダイヤ改正で運用が消滅した。前述のホームライナー運用廃止とあわせて豊橋以西での定期列車での運行が消滅した。

2007年3月改正で特急「東海」廃止と、2009年3月改正で「ムーンライトながら」臨時列車化に伴う車両変更、2012年3月改正での東京乗り入れ廃止、さらに2013年3月改正での豊橋以西での運用廃止に伴い車両の運用に余裕が生じている。そのため、同車が配置されている静岡地区ではJR東海が主催するウォーキングイベント「さわやかウォーキング」の開催時に同車を活用した定員制列車「さわやかウォーキングライナー」の運用にも就いている他、371系定期運用終了に伴い、「ホームライナー」での運用が拡大した。

特急列車

快速・ホームライナー

普通列車

  • 浜松 - 豊橋(上り、下り共に6両編成)2014年3月15日 -
  • 沼津 - 熱海(上り3両編成、1日1本)2012年3月17日 -
  • 熱海 - 静岡(下り3両編成、1日1本)2012年3月17日 -
  • 駒ヶ根 - 天竜峡(上り3両編成、1日1本)2014年3月15日 -
  • 天竜峡 - 飯田(下り3両編成、1日1本)2014年3月15日 -

過去の定期列車

  • 東京 - 静岡(9両編成、1日1往復)1996年3月16日[4] - 2012年3月16日まで[3]
  • 特急「東海」:東京 - 静岡(6両編成、1日2往復)1996年3月16日 - 2007年3月17日
  • ムーンライトながら:東京 - 大垣(9両(下り名古屋→大垣間は6両[5])編成、1日1往復)1996年3月16日 - 2009年3月13日
  • ホームライナー(大垣・豊橋):(3両編成・6両編成)1996年3月16日 - 2013年3月15日
  • 大垣 - 米原(3両編成、1日1往復)2006年10月1日 - 2013年3月15日
  • 静岡 - 沼津(上り3両編成、1日1本)2012年3月17日 - 2014年3月14日

臨時列車

  • 特急「ごてんば」:浜松 - 御殿場(3両編成、1日1往復・一部は上り谷峨行き、下り山北発)
    • 特急「日本GPごてんば号」(富士スピードウェイF1グランプリが開催された際の臨時列車):静岡→御殿場(6両編成、1日1本…片道のみの運転 返却は御殿場→沼津の臨時快速列車、2007年・2008年ともにF1編成が起用された[要出典]
    • 特急「下曽我梅観号」:浜松 - 下曽我(3両編成、御殿場回り)
  • 特急「しだれ桜」:静岡 - 身延(3両編成、1日1往復。身延 - 鰍沢口間を延長して運行したこともある[要出典]
    • 特急「80周年みのぶ号」:静岡 - 身延(3両編成、1日1往復)2008年3月30日
    • 特急「山梨DC記念みのぶ号」:静岡 - 身延(3両編成、1日1往復)2008年6月22日
    • 特急「みのぶもみじ号」:静岡 - 身延(3両編成、1日1往復)2008年11月22日
  • 急行「飯田線秘境駅号」:豊橋 - 天竜峡(3両編成、1日1往復)
  • 急行「駒ヶ根トレイン」:飯田 - 駒ヶ根(3両編成、1日1往復)2012年2月下旬 側面のラッピングを実施。
  • 快速:大垣 → 米原(3両編成、途中駅通過・新垂井経由)2008年春季・夏季の多客期。大垣8:08発。
  • JR東海「さわやかウォーキング」関連
    • 「さわやかウォーキングはまなこライナー」:2007年秋季より静岡 - 浜松 - 新所原間で実施されるウォーキング開催時に定員制列車の「さわやかウォーキングはまなこ号」として運行開始。2009年秋季より定員制列車としての区分を明確化するために改称された[要出典]
    • 「さわやかウォーキングごてんばライナー」:2007年秋季より静岡 - 大岡 - 御殿場間で実施されるウォーキング開催時に定員制列車の「さわやかウォーキングごてんば号」として運行開始。2009年秋季より定員制列車としての区分を明確化するために改称された[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 通常は快速「ムーンライトながら」下りの静岡駅浜松駅豊橋駅、上りの沼津駅での長時間停車時のみ使用していた。ドア開閉ボタンを採用する特急形車両は他に西日本旅客鉄道(JR西日本)の285系電車キハ187系気動車キハ189系気動車が存在する。
  2. ^ 2007年3月18日以降は供用を中止し、順次撤去された。
  3. ^ a b 「JRグループ 2012(平成24)年3月17日ダイヤ改正概要」『鉄道ダイヤ情報』2012年2月号P.128、交通新聞社
  4. ^ ただし下り列車には1996年3月17日より投入。1996年3月16日の下り列車に関しては上り372M「大垣夜行」最終列車を担当した165系11両編成が使用された。
  5. ^ ただし3月13日発に限っては運用の関係で終点大垣まで途中切り離しもなく9両で運行した。

参考文献[編集]

  • 交友社『鉄道ファン
    • 1995年11月号 新車ガイド:JR東海373系

外部リンク[編集]