新蒲原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新蒲原駅
さくらえび漁船と駅舎
さくらえび漁船と駅舎
しんかんばら - Shin-kambara
富士川 (2.8km)
(2.4km) 蒲原
所在地 静岡市清水区蒲原942
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 東海道本線
キロ程 152.5km(東京起点)
電報略号 シカ
駅構造 高架駅(盛土上)
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,705人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1968年昭和43年)10月1日
備考 業務委託駅(夜間無人駅
みどりの窓口

新蒲原駅(しんかんばらえき)は、静岡県静岡市清水区蒲原にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ高架駅。ホームは築堤上にあり、ホーム東端の地上部にコンクリート造り平屋建ての駅舎が建つ。

東海交通事業の職員が業務を担当する業務委託駅で、富士川駅が当駅を管理している。駅舎内にはみどりの窓口自動券売機が設置されている。早朝・夜間は無人となる。

新蒲原駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 東海道本線 下り 静岡浜松方面[1]
2 東海道本線 上り 沼津熱海方面[1]

利用状況[編集]

「静岡県統計年鑑」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1993年 2,719
1994年 2,492
1995年 2,410
1996年 2,427
1997年 2,313
1998年 2,257
1999年 2,208
2000年 2,260
2001年 2,289
2002年 2,269
2003年 2,085
2004年 2,048
2005年 1,987
2006年 1,981
2007年 1,896
2008年 1,888
2009年 1,781
2010年 1,769
2011年 1,687
2012年 1,705

駅周辺[編集]

整備された駅前広場には東海道五十三次のタイルなどが敷かれている。駅前広場には漁船の展示がある[2]蒲原駅よりも蒲原の中心部に近い。

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
新蒲原駅     蒲原役場入口・蒲原駅由比駅上 寺尾橋 富士急静岡バス
    蒲原病院・富士川駅・富士川橋 富士駅 富士急静岡バス

歴史[編集]

この付近の沿線開発が進んだ事によって設けられたが、東海道五十三次15番目の宿場である蒲原宿があったのはもともとこの付近であり、蒲原町内では人口がはじめから多い場所であった。結果、駅が設けられると隣の蒲原駅の乗降客数を凌ぐようになり、現在に至るまでそれは続いている。 上記の経緯から、蒲原駅に停車していた急行の一部は1980年代前半より当駅と蒲原駅との選択停車に変更されていたが、1996年3月のダイヤ改正により東海道区間を走る急行の廃止に伴い現在は再び普通列車のみの停車駅となっている。

富士川駅蒲原駅の項目も参照のこと。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
東海道本線
ホームライナー
通過
普通
富士川駅 - 新蒲原駅 - 蒲原駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 駅構内における案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(駅掲示用時刻表のPDFが使われているため。2011年1月現在)。
  2. ^ さくらえび漁100年を記念して、モニュメントとして1994年に設置された。

関連項目[編集]