つるぎ (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
つるぎ
E7 F12 Shin-Takaoka 20150314.jpg
北陸新幹線「つるぎ」で運用中のW7系・E7系
2015年3月14日 新高岡駅付近
概要
種類 特急列車新幹線
運行開始 2015年3月14日
運営者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
路線
起点 富山駅
終点 金沢駅
使用路線 北陸新幹線
技術
車両 E7系電車(JR東日本長野新幹線車両センター
W7系電車(JR西日本白山総合車両所
軌間 1,435mm
電化 交流25,000V・60Hz
運行速度 最高260km/h

つるぎは、西日本旅客鉄道(JR西日本)が、北陸新幹線富山駅 - 金沢駅間で運行している特別急行列車愛称である。種別を表す色青色[注 1]

本項では、かつて大阪駅 - 新潟駅間で運転されていた同名の寝台特急つるぎ」についても記述する。

北陸新幹線「つるぎ」[編集]

概要[編集]

2015年平成27年)3月14日北陸新幹線長野駅 - 金沢駅延伸開業により、同線富山駅 - 金沢駅間を結ぶシャトル列車として設定された[1][2]。列車名は公募によって決定され、「つるぎ」は第4位であった(第1位は「はくたか」)。選定理由は、「かつて北陸と関西を結んだ列車として馴染み深いため」とされる[3][4]

運行概況[編集]

富山駅 - 金沢駅間で18往復運転されている(開業時)[5][6][7]。実質的に、特急「サンダーバード」「しらさぎ「おはようエクスプレス」「おやすみエクスプレス」の金沢駅 - 富山駅間の代替となる列車であり、金沢駅で特急「サンダーバード」「しらさぎ」「おはようエクスプレス」「おやすみエクスプレス」「ダイナスター」と接続するダイヤとなっている。号数は700 - 735号が付番される。

JR西日本管内で完結する新幹線列車は「つるぎ」の他に、山陽新幹線の「ひかりレールスター」や500系で運行している「こだま」がある[注 2]

停車駅[編集]

富山駅 - 新高岡駅 - 金沢駅

使用車両・編成[編集]

2015年3月14日現在の編成図
つるぎ
← 富山
金沢 →
PJRPJRNC
E7系・W7系
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
G
  • 全車禁煙
  • 座席種別・編成は変更される場合がある。
凡例
G=グリーン車指定席
指=普通車指定席
自=普通車自由席
-=乗車できない車両

全列車が、E7系電車(F編成、JR東日本長野新幹線車両センター所属)およびW7系電車(W編成、JR西日本白山総合車両所所属)を使用される。

E7系・W7系ともに12両編成で、1 - 4号車が普通車自由席、5 - 7号車が普通車指定席、11号車がグリーン車となる。本列車では12号車「グランクラス」および8号車 - 10号車の普通車には乗車できない[5][6][7]

歴史[編集]

  • 2013年平成25年)10月10日:JR東日本・JR西日本が北陸新幹線の長野駅 - 金沢駅間開業後の列車名を発表。富山駅 - 金沢駅間のシャトル列車タイプの列車として、「つるぎ」の列車名が採用されることが決定[3][4]
  • 2015年(平成27年)3月14日:北陸新幹線の長野駅 - 金沢駅間開業に伴い、富山駅 - 金沢駅間のシャトル列車として運転開始[5][6][7]

寝台特急「つるぎ」[編集]

つるぎ
JNR ef81 125 tsurugi.jpg
24系25形客車使用の「つるぎ」
概要
種類 寝台特急列車
運行開始 1963年4月20日
運行終了 1994年12月3日
運営者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
旧運営者 日本国有鉄道(国鉄)
路線
起点 大阪駅
終点 新潟駅
使用路線 東海道本線
湖西線
北陸本線
信越本線
技術
車両 24系客車20系客車24系25形車両宮原客車区
軌間 1,067mm
電化 直流1,500V
交流20,000V・60Hz

つるぎは、かつて大阪駅 - 新潟駅間を東海道本線湖西線北陸本線信越本線経由で結んでいた寝台特急列車である。

本項では、大阪と北陸地方を結んでいた夜行列車についても記述する。

概要[編集]

特急「つるぎ」は、1961年10月に大阪駅 - 富山駅間を結ぶ準急列車高岡駅 - 富山駅間は普通列車)として運転を開始。大阪駅 - 青森駅間に特急「白鳥」が新設され、当時の急行「日本海」の運転時間が変更されたことにより、大阪駅 - 富山駅間の代替列車として登場した。

1963年4月に大阪駅 - 金沢駅間は急行列車化(金沢駅 - 富山駅間は普通列車)されたが、1965年10月には全区間が急行化された。1972年10月からは特急列車化され、運行区間も新潟駅まで延長されるものの、1994年12月に臨時列車化されて、1996年に廃止された。

「つるぎ」設定前より同区間をほぼ同時間帯で運行していた急行「きたぐに」とは異なり、富山県石川県福井県内の駅には停車しなかった。

列車名は北陸本線の沿線にある立山連峰剱岳より採られた[8][9]

廃止時の運行概況[編集]

停車駅[編集]

大阪駅 - 新大阪駅 - 京都駅 - 糸魚川駅 - 直江津駅 - 柏崎駅 - 長岡駅 - 見附駅 - 東三条駅 - 加茂駅 - 新津駅 - 新潟駅

  • ただし、上記の駅以外で客扱いをしない運転停車をする駅があった。

使用車両・編成[編集]

廃止当時の編成図[10]
つるぎ
← 大阪
新潟 →
1 2 3 4 5 6 7
Rauchen Verboten.svg
EG B B B B B B B
凡例
B=B寝台
EG=電源車
Rauchen Verboten.svg=禁煙車

廃止時点では、牽引機関車は、EF81形電気機関車により全区間で牽引を行っていた。客車は西日本旅客鉄道(JR西日本)宮原客車区(現在の網干総合車両所宮原支所)に所属する24系客車が使用されて、B寝台のみの編成だった。

特急化当初は、東海道山陽本線14系客車への置き換えにより余剰となった20系客車青森運転所に転属して増配置とした上で『日本海』と共通の編成で運行され、食堂車(ナシ20形)を連結していた(営業休止)。この当時は、EF58形電気機関車(ごくまれにEF65形電気機関車500番台F形も使用)・DE10形ディーゼル機関車(またはDD50形ディーゼル機関車)・EF70形電気機関車・EF81形電気機関車が牽引していた。

1975年3月ダイヤ改正で米原駅経由から湖西線経由に変更されると同時に、20系のまま青森運転所から宮原客車区に移管され、食堂車はB寝台車(ナハネ20形またはナハネフ23形)に変更された。また機関車も全区間EF81形の牽引となった。

その後、1976年2月に24系25形車両へ変更された。

1982年11月ダイヤ改正で、『日本海』が2往復とも宮原客車区での受け持ちとなった関係上、向日町運転所(現在の吹田総合車両所京都支所)に移管されたが、1984年2月改正で同時に再度宮原客車区に移管された。同時に『日本海』1往復が再度青森運転所に移管された、

担当車掌区[編集]

全区間を西日本旅客鉄道(JR西日本)の大阪車掌区が担当していた。

おもいでのつるぎ号[編集]

2009年10月から12月に新潟県および山形県庄内エリアで行われた「新潟デスティネーションキャンペーン」に伴い、2009年11月27日・28日に、リバイバルトレインとして「おもいでのつるぎ号」が大阪駅 - 新潟駅間で運転された。車両は晩年と同じ24系25形客車(B寝台のみ)とEF81形を用いて運転を行い、途中の停車駅は京都駅直江津駅長岡駅の3駅のみであった[11]

大阪対北陸地方夜行列車概略[編集]

金星[編集]

1965年10月のダイヤ改正により、大阪駅 - 富山駅間の夜行急行列車は2往復運転されることになり、このうち客車で運転されていた列車は、東海道本線の夜行列車の削減により名称が使用されていなかった「金星」で運転が行われた。

1968年10月に「つるぎ」に改称されて廃止された。

大阪対北陸地方夜行列車沿革[編集]

  • 1961年昭和36年)10月1日サンロクトオのダイヤ改正に伴い、大阪駅 - 富山駅間の夜行普通列車が準急に列車種別が変更され、「つるぎ」として運転開始(高岡駅 - 富山駅間は普通列車)。
  • 1963年(昭和38年)4月20日:ダイヤ改正に伴い、「つるぎ」が急行列車に変更(金沢駅 - 富山駅間は普通列車)。寝台列車化される。
  • 1965年(昭和40年)10月1日:ダイヤ改正(1965年10月1日国鉄ダイヤ改正)により、次のように変更。
    1. 大阪駅 - 富山駅間の寝台急行列車の名称が「金星」(きんせい)に変更。
    2. 大阪駅 - 富山駅間の「加賀」の夜行列車が「つるぎ」に改称し、電車化。
  • 1968年(昭和43年)10月1日:ヨンサントオと称されるダイヤ改正に伴い、以下のように変更。
    1. 大阪駅 - 富山駅間の夜行急行電車の名称が「つるぎ」から「立山」(たてやま)に変更。
    2. 大阪駅 - 富山駅間の寝台急行列車の名称が「金星」から「つるぎ」に変更。「つるぎ」は客車列車化される。
  • 1972年(昭和47年)
    • 3月15日:「つるぎ」の運転区間が大阪駅 - 新潟駅間に延長。
    • 10月2日:「つるぎ」が特急列車に変更。
  • 1975年(昭和50年)3月10日:米原駅経由から湖西線経由に変更される。
  • 1976年(昭和51年)2月:「つるぎ」に24系25形客車が充当される。
  • 1994年平成6年)12月3日:「つるぎ」が廃止され、臨時列車に変更。
  • 1996年(平成8年)12月:臨時列車としての「つるぎ」の運転がなくなる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ JR西日本管内では、東海道山陽新幹線の「こだま」も同じ色で種別を表示している。ただし、使用車両であるE7系・W7系行先表示器(フルカラーLED式)では紫色)で表示される。これは本来、東日本旅客鉄道(JR東日本)管内の東京上野大宮の3駅における誤乗防止のため、発車標で5方面(東北上越・北陸・山形秋田)を識別する目的で独自に使用されている色である。
  2. ^ N700系および700系の16両編成で運行している「こだま」は東海旅客鉄道(JR東海)管轄の東海道新幹線内で完結するため、JR西日本管轄の山陽新幹線に乗り入れることはほとんどない。

出典[編集]

  1. ^ “北陸新幹線 長野〜金沢間開業に伴う運行計画の概要について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2014年8月27日), http://www.jreast.co.jp/press/2014/20140814.pdf 2014年8月27日閲覧。 
  2. ^ “北陸新幹線 長野〜金沢間開業に伴う運行計画の概要について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2014年8月27日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/08/page_6073.html 2014年8月27日閲覧。 
  3. ^ a b “北陸新幹線の列車名の決定について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2013年10月10日), http://www.jreast.co.jp/press/2013/20131008.pdf 2013年10月10日閲覧。 
  4. ^ a b “北陸新幹線の列車名の決定について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2013年10月10日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2013/10/page_4570.html 2014年11月14日閲覧。 
  5. ^ a b c “2015年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2014年12月19日), http://www.jreast.co.jp/press/2014/20141222.pdf 2014年12月19日閲覧。 
  6. ^ a b c “平成27年春ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2014年12月19日), http://www.westjr.co.jp/press/article/items/141219_00_honsya.pdf 2014年12月19日閲覧。 
  7. ^ a b c “平成27年春ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道金沢支社, (2014年12月19日), http://www.westjr.co.jp/press/article/items/141219_00_hokuriku.pdf 2014年12月19日閲覧。 
  8. ^ ジェー・アール・アール 『ヤマケイJRブックス2 JRブルートレイン』 広田尚敬、山と渓谷社、1988年10月。
  9. ^ レイルマガジン増刊 ALL ABOUT JR特急』 ネコ・パブリッシング、1993年1月。
  10. ^ ジェー・アール・アール 『JR気動車客車編成表〈’94年版〉』 交通新聞社、1994年7月。ISBN 4-88283-115-5ISBN 978-4-88283-115-0
  11. ^ “「新潟デスティネーションキャンペーン」を開催します” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2009年8月28日), http://www.jreast.co.jp/press/2009/20090818.pdf 2015年2月4日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]