ドント・ストップ・ミー・ナウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドント・ストップ・ミー・ナウ』(Don't Stop Me Now)はイギリスロックバンドであるクイーン1978年に発表した楽曲。アルバムジャズ』に収録、発表された。また、1979年シングルカットされ、イギリス9位、オランダ14位などチャート入りし、ヒットした。クイーンの曲の中でもノリのよい作品の一つである。アルバム発売前には「僕を止めないで」という邦題がつく予定だったが、何らかの事情により取りやめられた。

作曲フレディ・マーキュリー演奏はクイーン。 PVも製作され、DVDグレイテスト・ビデオ・ヒッツ1」などで視聴することができる。また、PV内ではジョン・ディーコンコーラスに参加している様子が撮影されている。

この曲の大きな特徴としてギターがほとんど使われていないことが挙げられる。ギターソロまでギターパートは一切なく、その後もわずかに音が確認できるだけである。 その代わりにフレディのピアノが全編通して使用されている。 しかし近年再発された収録アルバム『ジャズ』のボーナストラックで「with long-lost guiter」と名付けられたバージョンでギターパートが収録されたこの曲を聴くことができる。また、ギターソロも若干異なっている。

歌詞の中に出てくる「Lady Godiva」についてはゴダイヴァ夫人を、「Mr. Fahrenheit」については華氏を参照のこと。

ライブでの演奏[編集]

この曲は、クイーンの1978年、1979年のツアーで演奏された。そのため、ライヴ・アルバム『ライヴ・キラーズ』にも収録されている。また、1979年の日本ツアーでも演奏された。

カバーバージョン[編集]

この楽曲は多数のアーティストにより、カバーされている。主なカバーアーティストとしては、ヴァンダルズ2004年カヴァー)、マンハッタン・ジャズ・クインテット2005年カヴァー)、マクフライ2006年カヴァー)などがいる。2007年にはNUDAのCMで東京スカパラダイスオーケストラがCM内でスカ風にアレンジしたバージョンを披露している。

楽曲の使用[編集]

映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』で劇中挿入歌として使用された。

また日本のCMに頻繁に使われる曲の一つで、 1990年代にはノエビアコスモ石油2000年にはダイハツムーヴで採用され、2006年にはキリンビバレッジ清涼飲料水NUDA (ヌューダ) のCMに用いられ、岡村隆史(ナインティナイン)や梨花がこの曲に合わせたダンスを披露して話題となった。