島秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

島 秀雄(しま ひでお、1901年明治34年)5月20日 - 1998年平成10年)3月18日)は、昭和初期 - 中期の鉄道技術者。元日本国有鉄道(国鉄)技師長(1955年 - 1963年)。元宇宙開発事業団(NASDA)(現在のJAXA)初代理事長(1969年 - 1977年)。大阪府出身。

概略[編集]

「デゴイチ」のあだ名で知られる貨物用蒸気機関車D51形の設計に関与。また新幹線計画では、国鉄総裁十河信二、新幹線総局長の大石重成らと共に、その実現に大きく貢献した。国鉄退職後は、宇宙開発事業団ロケット開発にも携わった。

1969年に英国機械学会ジェームズ・ワット賞日本人として初めて受賞。また1994年には文化勲章を鉄道関係者としては初めて受賞している。

鉄道技術者の島安次郎は父。末弟に国産旅客機YS-11の開発に携わった島文雄がいる。また次男の島隆は新幹線の初代車輌「0系」の設計に参画しており、新幹線輸出第一弾となる台湾高速鉄道の顧問も務めた。妻は鉄道官僚貴族院議員もつとめた男爵中村謙一の娘。

経歴[編集]

父安次郎の赴任先である大阪府で出生(父の出身は和歌山県和歌山市)。

東京帝国大学工学部卒業。1925年鉄道省に入省。キャリアの初期には父・安次郎の直系の弟子格に当たる朝倉希一に師事し、工作局車両課で蒸気機関車開発に携わった。最初に参加したC53形の開発では設計を担当した部分が大きな欠陥構造となり、続いて開発を主導したC54形も空転しがちの欠陥機となるなど、看過できないほどに重大な失策があったが責を問われることはなかった。設計主任としての代表作とされ、当人も後に「会心の出来」と評した貨物用機関車「デコイチ(またはデゴイチ)」ことD51形も大量生産され全国に普及したが、島が設計を担当した初期型は実際には軸重バランスなど構造面での問題を抱えていたため[1]量産途中で急遽他の設計者によって大幅な設計変更が実施され(それでも軸重バランスの問題は完全解決に至っていない)、ようやく本格量産が開始されている。むしろ成果を挙げたのはC11形など小型機のほうであり、島は蒸気機関車設計において軽量化にこだわるあまり、大型機の設計技量を持ち合わせていなかったのが実情である。

蒸気機関車に関する限り、朝倉と島の設計思想は、日本の技術レベル相応にプロイセン邦有鉄道の流れをくんだ古い保守的設計を用い、海外技術の剽窃的引用で若干のアップデートを図ったにすぎない、との厳しい批判もある(日本の蒸気機関車史を参照のこと)。

むしろ島の慧眼は、当時の蒸気機関車全盛時において、日本の狭軌鉄道における蒸気機関車の限界と、電車気動車に代表される動力分散方式の将来性を見抜いていたことにあった。1930年代にはいち早く気動車の開発を推進し、普及に努めている(日本の気動車史も参照)。また内燃機関技術や省営自動車(国鉄バス)への国産車採用の見地から、1931年に商工省(当時)の主導で開始された国内自動車メーカー共同による標準形式自動車の開発にも鉄道省から参画、1933年に後のいすゞ車の原型となるTX型を完成させている。

1937年には長期外遊し、世界各国の鉄道事情を研究した。1930年代末期から進められた「戦前版新幹線」とも言うべき「弾丸列車計画(新規広軌幹線敷設計画)」でも、電気動力を本命として計画を立案している。もっとも、この計画は太平洋戦争激化によって頓挫し、島はB20形63系電車など、戦時設計車両を手掛けることになる。

太平洋戦争後には1947年以降長距離用電車(80系電車)の計画を立案、電車自体に懐疑的だった当時のGHQによる妨害を排しながら、1950年に至り、16両の長大編成を組んだ80系電車による電車列車「湘南電車」の運行を実現している。これは国鉄の動力分散化普及における重要なターニングポイントとなった。

戦後の混乱した情勢の中では鉄道事故が続発、1951年には大惨事として知られる列車火災事故の桜木町事故が起き、島は63系電車の安全面の改良を徹底的に行った後、責任を取り国鉄車両局長の職を辞した。

下野してからは一時、鉄道車両台車の最大手メーカーである住友金属工業の顧問を務めたほか、1953年に発足した鉄道趣味者団体「鉄道友の会」の初代会長に就任し、鉄道趣味の分野でも活躍した。

1955年、十河信二は国鉄総裁就任に際し、最適任の技術者として島に復帰を要請。島は国鉄技師長に就任、鉄道電化を主軸とする動力近代化推進の先頭に立ち、ひいては純国産技術による広軌高速鉄道「新幹線」計画に携わった(詳細は新幹線ほかの項目を参照のこと)。車両設計担当者の中には息子のもいた。

十河と島の二人三脚によって、東海道新幹線は実現したといわれるが、新幹線開通の前年の1963年5月十河が「新幹線予算不足の責任」を問われ「再々任されず」総裁を辞任。慰留されるも、島も後を追って国鉄を退職した。1964年10月1日朝、東京駅で行われた東海道新幹線の出発式に、国鉄は島も十河も招待しなかった。島は、自宅のテレビで「ひかり」の発車を見たという(十河は前総裁と言うことで当日10時からの記念式典には招待されたが、島はこちらの招待も受けていない)。

鉄道技術者としては、概して極度の高性能を狙わず、在来技術の地道な改良で一定水準の性能と確実な信頼性を達成しようとするリスク回避のポリシーがあった。これが新幹線の堅実な成功に繋がったが[2]、一方では、実績重視の保守設計尊重が行き過ぎて、蒸気機関車や内燃車両での旧式技術(プロイセン系の旧式な蒸気機関車技術、陳腐化した旧式ディーゼルエンジンの継続運用等)への過剰な固陋を及ぼし、後進の国鉄技術者にも同様なセオリーを根付かせるなど、その経歴には功罪相半ばするものがあった。

D51形式開発者として著名であるが、実際には車両開発の技量自体は卓越したものではなく、80系電車開発や新幹線計画のような、大局的な視点を求められるグランドプラン実現に、指導者としての技量を発揮した点で評価すべき人物と言える。

1969年からは、宇宙開発事業団の初代理事長に就任。人生初めての鉄道畑以外の仕事であったが、研究者達を大いに励ましたという。前述の新幹線のときと同じく、最先端高性能の技術より安全性信頼性を重視したロケット人工衛星開発の信念を貫いた。現在日本が使用している人工衛星に「ひまわり」・「きく」・「ゆり」など植物名が付けられているのは島の園芸趣味からきているという。理事長職は2期8年続けて引退。

没後の2008年、鉄道友の会が初代会長の島を記念する「島秀雄記念優秀著作賞」を創設した[3]

島一家は、父から子への3代にわたり高速鉄道技術開発に携わっている。

年表[編集]

  • 1901年 - 大阪に生まれる。
  • 東京新橋の桜川小学校東京府立第四中学校第一高等学校を経て、東京帝国大学工学部機械工学科に入学。
  • 1925年 - 東京帝国大学卒業、鉄道省入省。
  • 1928年 - 幹線用蒸気機関車「C53形(設計主任:伊東三枝)」のシリンダーを設計。
  • 1930年 - 設計主任となり、蒸気機関車や電車、気動車等の開発に携わる。
  • 1936年 - 海外の鉄道事情視察の命を受け、翌年にかけてアジア・欧州・南米・北米と外遊する。
  • 1939年 - 弾丸列車計画のメンバーに招集される。奇しくも当時南満州鉄道の理事だった父安次郎も参加。
  • 1945年 - 終戦。戦時中には同じ鉄道技師だった三弟、この頃には息子、翌年には父安次郎を亡くす。
  • 1949年 - 80系電車を開発。翌年から東海道線に導入させる。開発だけでなく、電化延長にも尽力した。
  • 1951年 - 桜木町事故をきっかけに設計主任を辞任し、国鉄を退職。住友金属工業顧問となる。
  • 1953年 - 鉄道友の会初代会長となる(1955年まで)。
  • 1955年 - 十河国鉄総裁に請われ、理事・技師長として国鉄に復帰。
  • 1956年 - 産業計画会議常任委員(委員長・松永安左エ門)に就任。
  • 1958年 - 産業計画会議が、国鉄分割民営化を政府に勧告。島秀雄が常任委員であったことから物議を醸す。
  • 1963年 - 国鉄を退職、住友金属工業顧問となる。鉄道友の会会長に再就任(1970年まで)。
  • 1964年 - 東海道新幹線開業(出発式には招待されず)。
  • 1969年 - 宇宙開発事業団の初代理事長に就任。ジェイムズ・ワット国際メダル受賞。
  • 1969年 - 文化功労者として顕彰(東海道新幹線建設の功による)。
  • 1994年 - 文化勲章を受章(鉄道関係者としては初。JRではこれを記念したオレンジカード等も製作発売された)。
  • 1998年 - 永眠。享年96。

開発に携わった主な車両[編集]

蒸気機関車[編集]

電車[編集]

気動車[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 初期形D51は動軸重のバランスが悪く列車牽き出し時に空転が頻発し、さらに軸重バランスの悪化の辻褄合わせで運転台の寸法を切り詰めて乗務員に劣悪な環境での乗務を強いたことなどから、勾配線を担当する各機関区からはD51形に代えて前世代のD50形の配置が要求される、という形で半ば公然と受け取り拒否された史実がある。
  2. ^ ただし、(東海道)新幹線について「全て既存技術」と説明したのは、世銀からの借款を受ける際に「『実験的』(experimental)なものには融資できない」という注意に反論したものである、等、文脈に注意する必要がある。
  3. ^ 交通新聞2008年10月22日

参考文献[編集]

  • 『超高速に挑む―新幹線開発に賭けた男たち』 碇義朗 文藝春秋 1993 ISBN 4163471901
  • 『島秀雄遺稿集』島秀雄 (社)日本鉄道技術協会 2000 ISBN 4930982006
  • 『新幹線をつくった男 島秀雄物語』 高橋団吉 小学館 2000 ISBN 4093410313
  • 『ビジネス特急<こだま>を走らせた男たち』 福原俊一 JTB 2003 ISBN 4533050115
  • 『島秀雄の世界旅行 1936-1937』 監修・島隆 文・高橋団吉 ㈱技術評論社 2009 ISBN 978-4-7741-3569-4
  • 「新幹線誕生物語」(『発明立国ニッポンの肖像』上山明博 文藝春秋 2004)ISBN 4-16-660374-4

演じた俳優[編集]

外部リンク[編集]