熱帯降雨観測衛星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
熱帯降雨観測衛星 「TRMM」
TRMM
TRMM
所属 NASANASDA(現JAXA
公式ページ 熱帯降雨観測衛星 「TRMM」
国際標識番号 1997-074A
カタログ番号 25063
状態 運用中
目的 熱帯の降雨観測
設計寿命 3年(当初計画)
打上げ機 H-IIロケット6号機
打上げ日時 1997年11月28日
6時27分(JST)
物理的特長
本体寸法 約2.4×2.4×4.4m
※展開型太陽電池パドル有する
質量 約3,500kg
姿勢制御方式 三軸姿勢制御方式(ゼロモーメンタム)
軌道要素
軌道 太陽非同期準回帰軌道
高度 (h) 約350 km
※2001年8月25日以降 約400km
軌道傾斜角 (i) 約35度
軌道周期 (P) 約92分
※2001年8月25日以降 約93分

熱帯降雨観測衛星(ねったいこううかんそくえいせい、英語: Tropical Rainfall Measuring Mission; TRMM、トリム)とは、アメリカNASA)と日本宇宙開発事業団通信総合研究所)の共同人工衛星ミッション、およびその人工衛星の名前である。

概要[編集]

TRMM衛星は1997年11月28日に日本の種子島宇宙センターよりH-IIロケット6号機により打ち上げられ、太陽非同期準回帰軌道に投入された。観測域は熱帯域(緯度が±38度より赤道側)に限られているが、海洋学気象学にとって重要な地球規模の観測データを提供しENSOの機構解明などに貢献している。

衛星の設計寿命は3年であったが、その後も不具合無く運用を継続し、NASAの運用の下で現在も順調に観測を続けている。今後の運用の期間は、NOAAの要望等もあり運用延長の決定を何度も重ね、2015年9月末まで運用されることになっている[1]。 1997年の運用開始から数えると、10年以上に渡り安定した観測が行われており、長時間スケールの現象を捉えることや、そのデータが地球規模であることから地球の気候変動の解明が進むことが期待されている。

日米合同ミッションであるTRMM衛星による降雨観測の成功を受けて、2014年2月28日には後継機の全球降水観測計画のGPM(Global Precipitation Measurement)主衛星が打上げられた。TRMM衛星の寿命までは2機での同時観測も行われる予定。

搭載測器[編集]

TRMMにはアメリカが開発した衛星本体に、アメリカの4つの観測センサーと日本が開発した降雨レーダ(PR)が搭載された。

Precipitation Radar(降雨レーダ)

Precipitation Radar(PR)は日本が世界に先駆けて開発した衛星搭載型降雨観測レーダであり、通信総合研究所(現在のNICT)とNASDA(現在のJAXA)によって開発された。13.8GHz付近の2つの周波数の電波を送受信して降雨からの散乱強度を測定し、その散乱の強さから降雨強度が推定されている。観測幅は220km、距離分解能は250m、水平分解能は4.3km(2001年8月以降は5km)で、海洋および陸域上の降雨の3次元構造を観測する。

TRMM Microwave Imager(TRMMマイクロ波観測装置)

TRMM Microwave Imager (TMI) はマイクロ波観測装置で観測周波数は10.7、19.4、21.3、37.0、85.5GHz(水平/鉛直偏波)、観測幅は760km、水平分解能は4km(85.5GHz)から38km(10.7GHz)である。TMIによって海洋上の雲水量、可降水量、海面水温、海上風速が観測される。

Visible and Infrared Scanner(可視赤外観測装置)

Visible and Infrared Scanner (VIRS)は可視・赤外域の放射計であり、観測波長は0.64、1.6、3.75、10.8、12μm、観測幅は720km、水平分解能は2kmである。VIRSから、高解像度の雲分布、海面水温などが観測される。

Clouds and the Earth's Radiant Energy System(雲及び地球放射エネルギー観測装置)

Clouds and the Earth's Radiant Energy System (CERES)は0.3から50μmの3つの広域帯観測バンドで観測する水平分解能25kmの放射計で、地球放射エネルギーおよび雲の上端を含む大気上層から地表面までの大気放射エネルギーを観測する。

Lightning Imaging Sensor(雷観測装置)

Lightning Imaging Sensor (LIS)は雲内部、雲から地表までの高度の雷の分布や変化を観測する観測幅600km、水平分解能4kmの光学センサである。

計画の推移[編集]

  • 1997年11月28日、H-IIロケット6号機によって打ち上げられる。高度350km、傾斜角約35度、周回周期約90分の太陽非同期軌道に投入。
  • 2001年1月31日、定常運用終了、延長運用へ。
  • 2001年8月7日、大気の影響を減少させるため軌道高度を402kmへ上昇。
  • 2004年7月5日、NASAからの提案によりJAXAは同年7月中の運用停止に同意。
  • 2004年8月5日、ハリケーンシーズンを迎え運用延長を決定。
  • 2005年1月4日、再び運用延長を決定。
  • 2005年8月28日2009年まで科学ミッションが継続されることが決定。

その後も、何度もミッションの継続が行われた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “TRMM Mission Set Database”. NASA GSFC. http://msdb.gsfc.nasa.gov/MissionData.php?mission=TRMM 2014年2月11日閲覧。 

外部リンク[編集]