地球観測衛星1号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Earth Observing-1 (EO-1)
Earth Observing-1.jpg
所属 NASA ゴダード宇宙飛行センター
主製造業者 Swales Aerospace
ノースロップ・グラマン
任務 オービター
周回対象 地球
打上げ日時 2000-11-21 18:24:25 UTC
打上げ機 デルタII 7320-10C
打上げ場所 Space Launch Complex 2W
ヴァンデンバーグ空軍基地
任務期間 運用中
COSPAR ID 2000-075A
公式サイト eo1.gsfc.nasa.gov
質量 573 kg
電池 50 A-hr ニッケル・カドミウム蓄電池
軌道要素
離心率 7.0691365E-4
軌道傾斜角 98.21°
高度 705 km LEO
遠点高度 700.0 km
近点高度 690.0 km
軌道周期 98.7 分
搭載機器
主要搭載機器 Advanced Land Imager (ALI)
Hyperspectral Imager (Hyperion)
Atmospheric Corrector

地球観測衛星1号[1](ちきゅうかんそくえいせいいちごう、:Earth Observing-1,EO-1)はNASAニュー・ミレニアム計画の一環として打ち上げられた次世代地球観測衛星の第1号。地球の地表を高解像度で撮影・観測する[2]。ニュー・ミレニアム計画では、EO-1を含め3機の地球観測衛星の打ち上げを予定していたが、予算削減のためあとの2機はキャンセルされた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]