ニュー・ミレニアム計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニュー・ミレニアム計画: New Millennium Program - NMP)とは宇宙探査人工衛星における新技術の革新を目指すNASAのプロジェクト。ブッシュ政権下のFY2009予算より、計画への資金援助が削除されたため、事実上中止された計画である[1]

当初、ニュー・ミレニアム計画の宇宙機は、惑星間工学ミッションにはディープスペースの名が、地球観測工学ミッションには地球観測(Earth Observing)の名が与えられた。2000年の計画見直しにより、二つの工学ミッションは統合され、ニュー・ミレニアム計画はSpace Technology (ST)に改名された。

ニュー・ミレニアム計画[編集]

計画の概要[編集]

  • Space Technology 5 – 三つのクラスター衛星。磁気圏の観測。
  • Space Technology 6 – 星慣性位置決定システム

中止された計画[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ David Shiga (2008年2月5日). “NASA calls for ambitious outer solar system mission”. New Scientist. http://space.newscientist.com/article/dn13276-nasa-calls-for-ambitious-outer-solar-system-mission.html 2009年4月16日閲覧。 
  2. ^ “NASA’s Earth Observing Technology Satellite Proves a Success” (プレスリリース), Goddard Space Flight Center, (2002年6月24日), http://www.gsfc.nasa.gov/topstory/20020624eo1.html 2009年4月16日閲覧。 
  3. ^ H. Abakians, et al., "NASA's New Millennium ST-8 Project" abstract
  4. ^ “Orbital Selected To Build And Launch NASA’s New Millennium Space Technology 8 Satellite”. Space Race News (The Space Fellowship). (2005年12月4日). http://www.spacefellowship.com/News/?p=1294 2009年4月16日閲覧。 

外部リンク[編集]