吹流し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

吹流し(ふきながし、吹き流しとも表記)とは、などでできたを高所からぶら下げ、風向風速視で確認するための設備。一般的には道路空港などに設置されているのが見られる。特殊なものでは、こいのぼりも吹流しの1種である。

たなびく吹き流し。
吹き流しの風の受け口。リングがあるのが見て取れる。
高速道路に設置されている吹き流し。

吹流しの仕組み[編集]

しなやかでを受けてはためくような素材を用い、それを筒状にして、軽いアルミなどをリング形にして筒の一方に取り付ける。このリングは風の入り口となる。更に、撚りなどの丈夫なひもをリングの2~5箇所程度に結びつけ、ひものもう一端をまとめて高い支柱に結びつける。

こうすることで、リングのある筒の一端は常に風の入り口となり、風が吹くとそこから気流が筒の中に入り込む。気流は開口した筒のもう一端から出ていく。この気流の流れにより、吹き流しは揚力を受けて水平に舞い上がる。

吹流しの役割[編集]

道路や空港にある吹流しは、ある程度離れた場所から、おおまかな風の様子(だいたいの風向と、だいたいの風速)を知るために設置されている。一般に吹流しには紅と白、緑と白、青と白、黄と黒などの目立ちやすい色の組み合わせが用いられる。風が強ければ強いほど吹流しは水平になる。これは、地上から(吹流しを横から)見たときにはなおのこと、上空からでも、その長さの変化から読み取ることができる。しかも、ある程度の大きさがあれば、遠くからでも風の様子を読み取れる。これは、がはためくと見え方が大きく変化して見づらいのとは対照的である。

ところで、吹流しと同様に風を見るためのものは他にも存在する。 例えば風向計風速計などがそれだが、これらの精度の高い機器とはまた違う役割を担っており、吹流しはメーターなどをすぐ近くで確認しなくとも、遠くから風の様子を知ることができるようになっている。しかし、吹流しは風向計や風速計のように風の様子の記録を連続的に記録することにはあまり用いられない。 また、他に風の様子を見ることができるものとして、玩具の風車風見鶏などがあるが、これらのような外見・装飾重視のものとも異なり、吹流しは実用目的で利用される。

労働安全衛生法関係の高所作業の中には、例えばクレーンクレーン等安全規則)など、安全のために一定以上の強風で作業を中止するよう指導するものもある。この場合の風速の目安として、安価で遠くからでも見やすい吹流しを用いることがあり、タワークレーンが設置されているような建造物の工事現場などに設置している例も見られる。また、このような風速観測用の吹流しは、高速道路に設置されている吹き流しも同様だが、均質化のため、形状や材質等に基準が設けられている。高速道路の吹き流しは、およそ10m/sで水平になるとされている[1]

「吹流し」と呼ばれるもの[編集]

こいのぼりにおいては、「吹流し」と言うと、コイをかたどったいわゆる「こいのぼり」ではなく、一番上に取り付けられる五色の筒を指す場合が多い。 また、こいのぼりの一番上に取り付けられる筒状のもの限らず、それと同様の形状をした装飾なども吹流しと呼ぶ。

他にも、エアコンの送風口や扇風機の上端など、送風を行う機器のだいたいの風量を知るために取り付けられている、細長い短冊形のひらひらとした部品も、「吹流し」と言う。

その他[編集]

日本の道路標識では警戒標識として「横風注意」の標識に吹流しがデザインされている。

出典[編集]

  1. ^ Q&A E-NEXCOドライブプラザ

関連項目[編集]