風雲 (気象衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

風雲 (Fēngyún) は、中華人民共和国気象衛星。略称はFY。1988年より極軌道衛星と静止衛星が打ち上げられている。

概要[編集]

風雲は極軌道衛星であるFY-1/3シリーズと、静止衛星であるFY-2の二種類の衛星で構成されている。現在までFY-1は4機、FY-2は6機、FY-3は2機が打ち上げられており、2022年までにFY-2を2機、FY-3を11機、FY-2の後継となるFY-4を6機を打ち上げる計画となっている。

衛星リスト[編集]

FY-1/3シリーズ[編集]

打ち上げ年月日 略称 軌道 運用状態
1988年9月6日 FY-1A SSO 運用終了
1990年9月3日 FY-1B SSO 運用終了
1999年5月10日 FY-1C SSO 2007年1月11日実験により破壊
2002年5月15日 FY-1D SSO 運用中(降交点通過地方時:18:50)
2008年5月27日 FY-3A SSO 運用中(降交点通過地方時:22:00)
2010年11月4日 FY-3B SSO
2013年9月22日 FY-3C SSO

FY-2シリーズ[編集]

打ち上げ年月日 略称 軌道 運用状態
N/A FY-2 1994年4月2日、射点で燃料充填中に爆発して破壊
1997年6月11日 FY-2A GEO 105°E 運用終了
2000年6月25日 FY-2B GEO 105°E 運用終了
2004年10月19日 FY-2C GEO 105°E 運用中(2009年末まで運用予定)
2006年12月8日 FY-2D GEO 86.5°E 運用中
2008年12月23日 FY-2E GEO 123°E
2012年1月13日 FY-2F GEO 86.5°E
2013年 FY-2G GEO 123°E 打ち上げ予定

風雲1号C[編集]

破壊された風雲1号Cによる主なスペースデブリの軌道(赤線)。白線は国際宇宙ステーションの軌道。

風雲1号C (FY-1C) は風雲1号シリーズの3番機で、1999年5月10日長征4B型により極軌道の高度870kmに投入された。分解能1.1kmの多波長イメージャーを搭載した気象衛星で、打ち上げ時の重量は約960kg、設計寿命は2年とされている(公表値)。

2007年1月11日弾道ミサイルによる人工衛星破壊実験の標的となり、観測可能なものだけで2,841個以上という、大量のスペースデブリを発生させた。これによって生じたデブリは軌道高度約800kmと高いため、大気圏への突入に時間がかかることからISSや他の衛星への接近など大きな脅威になっている。2013年1月22日に破片がロシアの小型衛星BLITSに衝突し、使用不能になっていると見られる事が同年3月8日に発表されたが、後にこれは風雲1号Cとは無関係の破片であることが分かった。

風雲2号[編集]

風雲2号 (FY-2x) シリーズは、中国が打ち上げた静止気象衛星である。2009年1月現在、FY-2C/D/Eの3機が軌道上で運用されている。

衛星はGMSやGOES(初期型)などと同じスピン安定方式であり、直径は2.10m、高さ1.60mの円筒形である。重量は1380kg(打ち上げ時)、スピンレートは100±1rpmで、撮影はスピン・スキャン方式が採用されている。

1994年に1号機(FY-2)が打ち上げ試験中に発射台で破壊され、2号機であるFY-2Aが1997年に打ち上げられた。それ以降、計6機が打ち上げられており、今後、あと2機が打ち上げられる予定であるとされている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]