静止軌道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
静止軌道

静止軌道(せいしきどう、GSO: geostationary orbit)は、人工衛星対地同期軌道の一種で、この軌道を回る衛星は、地球の自転と並行して移動し、地上からは天空の一点に止まっているように見えるため、通信衛星放送衛星によく用いられる軌道である。軌道傾斜角≒0度、離心率≒0(真円)、公転周期=1恒星日地球では23時間56分)の公転軌道のことである。地球を周回する軌道の場合には特に「対地静止軌道」(GEO: geostationary earth orbit) ともいう。

静止軌道を回る人工衛星静止衛星という。

概要[編集]

地球では、赤道上の高度約35786kmの円軌道であり、軌道周期は23時間56分4秒となる。この軌道は地球自転に同期しているため、赤道上の上空に見かけ上静止しているように見える。見かけ上の静止点の経度と観測地の緯度経度が定まれば衛星の見かけの方向が一意に定まる。

通信衛星放送衛星に用いると、アンテナを固定しておくことができ、都合が良いため、通常はこの軌道が選ばれる。ただし、極に近い地方ではアンテナの仰角が低くなるため、山や建物の陰になりやすいという欠点もある。(この欠点を補う手法として準天頂衛星軌道を使う手法がある)

静止軌道に投入された衛星を静止衛星と呼ぶ。

同期軌道 (GEO: Geosynchronous Orbit) の一種で、軌道傾斜角をほぼ0度にしたものが静止軌道である。同期軌道で軌道傾斜角を0度以外にする場合が少ないため、同期軌道のことを静止軌道と呼ぶこともあるが、厳密には異なる概念である。

軌道投入[編集]

静止軌道は、低軌道(数百km~千kmが多い)と比べ高度が高いため、軌道への投入には大きなエネルギーが必要になる。通常は、ロケットにより近地点数百km、遠地点約36000 km(すなわち静止軌道の高度と同じ)の楕円軌道である静止トランスファ軌道に投入し、次に衛星に内蔵する比較的小型のロケットエンジンで円軌道に遷移する。この際、遠地点(Apogee, アポジ)で推力を出す(=キックする)エンジン(=モーター)ということで、この種の軌道変換用のロケットエンジンをアポジキックモーターと称する。また、説明したような方法でより高度の高い軌道に遷移するための楕円軌道をホーマン軌道という。

なお、トランスファ軌道の軌道傾斜角は、発射点の緯度に依存するため、ゼロとは限らない。この場合軌道面の変換、すなわち軌道傾斜角をゼロに調整するための操作も必要である。このため、静止軌道への投入には、発射点ができるだけ赤道に近いほうが望ましい。日本で種子島アメリカケープカナベラル欧州宇宙機関クールー宇宙センターの場所が選ばれた理由のひとつはこれである。

静止軌道内で、変更しうるパラメータは静止点直下の経度のみである。

軌道ポジション[編集]

軌道上から、経済活動の活発な需要の多い地域にサービスを提供しようとすれば、おのずと軌道のポジションは限られるため、同経度の他国や企業との競合が生じる。さらに、衛星と地上との通信には電波を利用するので、周波数利用の競合も起こる。衛星を静止軌道上で運用することは、有限な資源である周波数・軌道ポジションを占有することを意味する。

したがって、静止衛星軌道の利用には国際的な取り決めと調整が必須となる。現在は、ITUによって軌道ポジションと周波数の国際管理・調整がなされている。衛星通信は現代の社会基盤の一部を担っており、国際的に決められたルールの下で正しく運用されなければならない。現在、静止衛星軌道上には、運用中の商業用通信衛星に限っても239機の衛星が存在している(外部リンクBoeing Satellite SystemsサイトのPDF)。

世界の人口や経済活動が地球表面に一様に分布していないように、静止衛星軌道上の衛星も偏った分布をしている。静止衛星軌道上の衛星増加にともない、狭い範囲に複数の衛星が共存している場所も存在する。かつて憂慮されていた、軌道上のポジションと利用周波数帯の高密度化が現実となってきている。特に、ヨーロッパ・アフリカ上空にあたる東経15~20度、アメリカ大陸上空の西経90~100度、そして、日本および東南アジア地域の東経110度周辺ではその程度が著しい。

関連項目[編集]