中軌道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中軌道 (medium earth orbit; MEO)は、低軌道(平均高度約1,400km以下)と対地同期軌道(平均高度約36,000km)の中間に位置する人工衛星の軌道の総称である。ICO(intermediate circular orbit)という言い方もあるが、これは後述の企業名でもある。

公転周期1/2恒星日(11時間58分)の準同期軌道は中軌道に含まれる。

地上から見て常に動き、地平線下に沈むので、多数を衛星コンステレーションとして利用することが多い。

使用例[編集]

衛星測位システム[編集]

  • GPS衛星 高度20200km(準同期軌道)の31機を使用する。

通信システム[編集]

中軌道では、地表との距離が長くなるため、リモートセンシングには不利であるが、全地球でのカバレージを確保するための衛星個数が低軌道より削減できるため、中軌道衛星コンステレーションを使った衛星電話および通信システムが提案されている。

  • モルニヤ衛星 高度500~40000km(準同期軌道)の20機余を使用。
  • ICO社 高度10,390kmの衛星を10機使用したシステムを計画していた会社であるが1999年に経営破綻し再建中。

参考:低軌道衛星のコンステレーションの例。これら各社の衛星数はICO社のものより多い。