中国の宇宙開発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中国の宇宙開発(ちゅうごくのうちゅうかいはつ)では中華人民共和国宇宙開発計画全般について述べる。現在の中国の宇宙計画は中国国家航天局によって進められている。

中国における宇宙技術の始まりは、1950年代後半の弾道ミサイル原子爆弾の開発にまで遡ることができる。

中国が本格的に有人宇宙飛行に乗り出すのはその数十年後であったが、2003年、ついに楊利偉を載せた神舟5号の打ち上げに成功する。この成功により中国は世界で3番目に、単独で有人宇宙飛行を成し遂げた国となった。

2006年度の中国科技統計年鑑によると、宇宙開発予算は119.4億、宇宙開発に係わる研究者は3.6万人である[1]

歴史および近年の発達[編集]

中ソ友好同盟時代[編集]

アメリカ合衆国朝鮮戦争中、核使用による脅迫を行った後[2]、毛沢東はまだ建国したての中華人民共和国の安全保障には核抑止力が必要不可欠であると確信した。さらに、中華民国が「中国」としての扱いを受けていたこともあって、毛沢東は中国が世界の大国になることを望んだ。

こうして、1955年1月15日に開かれた中国共産党中央委員会の会合で、毛沢東は核兵器とそれに関連するミサイルを含めた、中国独自の戦略兵器の開発を宣言した。中国核兵器計画はコードネーム「02」として扱われた。

我们不但要有更多的飞机大炮,而且还要有原子弹。在今天这个世界上,我们要不受人家欺侮,就不能没有这个东西。
"我々は航空機や大砲だけでなく、原子力爆弾も必要としている。今日のこの世界では、他国からの虐げを回避する手段は核無くして有り得ない。"

赤狩りによってアメリカから国外退去となった銭学森を所長として、1956年10月8日国防部第5研究所(現:中国運載火箭技術研究院)が設立された。研究所は中国初の弾道ミサイルの開発を始め、計画は1956年3月1日に最初の「中国航空宇宙の12ヵ年計画」として承認された[3]

1957年10月4日にソ連による人類初の人工衛星スプートニク1号が打ち上げられた。毛沢東は1958年5月17日の共産党国民会議の場で、「581計画」を承認し、建国10周年記念の1959年までに人工衛星を軌道上に打ち上げる(我们也要搞人造卫星)ことによって、他の超大国と同等の存在になるべきだと決定した[4]。この計画はまず観測ロケットを発達させ、次に小型の人工衛星を打ち上げ、最後に大型の衛星を打ち上げるという三段階によって達成される予定だった。

中国初のミサイル実験基地、20基地の建設は1958年4月に始まり、同年10月20日には利用可能となっていた。

1950年代の中ソ関係が良好な間(中ソ友好同盟相互援助条約)、ソ連は中国人学生の育成やR-2ミサイルの提供など、中国への技術提供に協力的であった。中国初のミサイルは1958年10月、R-2をリバースエンジニアリングして複製したミサイルであり、射程は590 km、重量は20.5 トン、推進剤液体酸素アルコールからなった。なお、R-2も元々はソ連がドイツV2ロケットを改良したものである。

中国初の観測ロケットT-7は1960年2月19日に南匯区射場より打ち上げられ、成功した[5]

しかし、ニキータ・フルシチョフスターリン批判や対米政策などが原因で、毛沢東はソ連から徐々に距離を置き始めた。それまで友好的であった中ソ関係は一転して対立状態となり(中ソ対立)、1960年の対立後にソ連の技術的援助は突如無くなった。

中ソ対立後[編集]

ソ連の専門家が中国を離れた僅か17日後の1960年9月10日、中国製推進剤が使われたR-2ロケットが打ち上げに成功した。その二ヵ月後、中国の短距離弾道ミサイル東風1号の初の打ち上げが1960年11月5日に行われ成功した。1962年3月21日には準中距離弾道ミサイル東風2号が初めて試射されたが、失敗した。

冷戦が激化していく中、毛沢東は1963年12月に中国のミサイル防衛システム能力を開発することを決定する。1964年2月2日の会議では「640指示」(後の640計画として知られる)が承認された[6]。ミサイルの開発は続けられ、東風2号の改良型東風2号Aの発射試験が1964年6月29日に成功し、1966年には配備が始められた。

1964年7月19日、観測ロケットT-7A(S1)の打ち上げと回収に成功。生物学的実験のため8匹の白鼠を搭載して、603基地(安徽广德誓节渡中国科学院六○三基地)より打ち上げられた[7]

1964年10月16日、初の中国核兵器(コードネーム596)が核爆発に成功した。同年10月27日、核弾頭を装備した東風2号Aミサイルが酒泉より発射され、20キロトンの核弾頭がロプノールの標的上空569mで爆発した。1966年11月山西省に国内二ヶ所目となる弾道ミサイル発射実験場、華北ミサイル試験場(华北导弹试验场)を建設することが決定する。

1966年12月26日、中国は初の中距離弾道ミサイル東風3号の試験に成功する。

1967年3月、開発中の092型弾道ミサイル搭載潜水艦英語版にあわせて、潜水艦発射弾道ミサイル巨浪1号の開発を始める。

超大国の米ソが月への人類到達で熾烈な宇宙開発競争が頂点に達しているとき、毛沢東と周恩来は1967年7月14日、中国が遅れをとるべきでなく、中国独自の有人宇宙計画を始めることを決定した[8]。1968年1月に中国初の有人宇宙船が曙光1号と名づけられた[9]。1968年4月1日航天医学工程研究所が設立され、中央軍事委員会は宇宙飛行士選定の指令を出した。また、ソ連という新たな脅威に対応して、国境から離れた西昌市の山間部に新しい射場、27基地を建設することが決定した。当時はこの射場から有人ロケットを発射する予定だった。

1968年8月、初の衛星打ち上げロケット、風暴1号(风暴一号)の開発が上海第二機械電気産業局(Shanghai’s 2nd Bureau of Mechanic-Electrical Industry)で始まる。ロケットの2段目は東風5号を利用した。数ヵ月後、これと平行する形で、東風5号をベースにした衛星打ち上げロケット長征2号の開発が北京の第一宇宙学会(First Space Academy)で始まる。

東風4号長征1号の1段目と2段目に使用され、3段用は固体ロケットモータを新たに開発した。1969年11月16日に行った初発射は失敗してしまう[10]

1970年2月11日、日本初の人工衛星おおすみが打ち上げられ、日本に先を越されてしまう。約2ヵ月後の4月24日、長征1号による中国初の人工衛星東方紅1号の打ち上げに成功する。これはソ連、アメリカ、フランス、日本によって最初に打ち上げられたどの衛星よりも重い衛星であった。長征1号の3段目には特別に遠心力によって展開される40 m2の太陽反射板が取り付けられており、これによって通常肉眼では見えにくい衛星が、東方紅1号に限っては2から3等級となって見やすくなっている。

1971年3月3日、最後の長征1号を使用して中国2つ目の人工衛星、磁気センサ宇宙線/X線検知器を搭載した実践1号を打ち上げた。

核兵器開発と人工衛星の打ち上げに成功し、自信をつけた中国は「714計画」として知られる、曙光1号によって1973年までに2名の宇宙飛行士を目標とした有人宇宙計画を1971年4月に正式に承認した。最初の宇宙飛行士の選考は1971年3月15日にすでに終了しており、19名が選ばれていた。しかしこの有人計画は政治的混乱によりすぐに中止となった。

1972年8月10日、新しい衛星打ち上げロケット風暴1号が打ち上げされるが、部分的成功に終わる。風暴1号は長征2号に似ていたが、政治的な事情(文化大革命)が原因で同時開発されていた[11]。風暴1号の業績は長征2号と比べるとあまりにも乏しく、失敗作といえる。

元々曙光1号を打ち上げる予定で設計されていた長征2号Aが1974年11月5日に初試験され、中国初の回収式衛星FSW-0-0返回式卫星)が打ち上げられた。しかしこれは失敗する。長征2号Aの改良型長征2号Cが1975年11月26日、回収式衛星FSW-0-1の打ち上げに成功する。

毛沢東の死後[編集]

1976年9月9日の毛沢東の死後、鄧小平は全ての職務を剥奪されていたが、1977年徐々に中国の新しい指導者として復活する。1979年、初の遠望型衛星追跡艦が任命される。

長征ロケットシリーズの更なる発展が進められ、商業衛星打ち上げも活発化し、海外の衛星も打ちあげるようになる。

次の有人飛行計画は1986年3月に「863-2宇宙航空計画」として提案される。2年後いくつかのスペースプレーン案は却下され、変わりにシンプルな宇宙カプセル案が採用された。このプロジェクトは目標を達成することはなかったが、最終的に1992年の921計画へとつながっていく。

1988年7月5日、航空航天工業部(MOS)が設立される[12]

冷戦終結の後[編集]

1993年6月、中国国家航天局中国航天工業公司が設立される[12]

1995年1月26日西昌衛星発射センターより打ち上げられた長征2E型は打ち上げ直後に爆発。少なくとも20人の村民が死亡している[13]1996年2月15日西昌衛星発射センター長征3号Bの初打ち上げ中に、ロケットが突然進路から大きく外れ、打ち上げから22秒後に衝突した。発射台から1,850 m 離れた山村に突っ込み、公式発表によれば80の民家が破壊され、中国ソースの非公式発表によれば500人以上の市民が死亡した[14]。この事件以降中国の長征ロケットは長く成功し続けていたが、2011年8月18日に実践11号04星をのせた長征2号Cの打上げに失敗する。中国が打ち上げた全ての長征ロケットの記録については長征ロケットの一覧を参照。

1999年10月14日にはブラジル国立宇宙研究所と共同開発の資源探査衛星(中国・ブラジル地球資源衛星)の1番機、資源1号01星が打ち上げられた。ブラジルとの協力関係は現在も続き、2003年と2007年にも資源1号の2番機、3番機が打ち上げられている[15]

1999年11月20日、中華人民共和国建国50周年記念に中国は神舟1号を打ち上げ、その21時間後に回収された。

2003年10月15日、宇宙飛行士楊利偉を乗せた神舟5号を打ち上げ世界で3番目に自力で有人宇宙飛行に成功した国となった。2008年9月25日に打ち上げられた神舟7号では宇宙遊泳が行われた。

2007年1月11日、自国の老朽化した気象衛星風雲1号C型衛星攻撃兵器で破壊し、大量のスペースデブリを発生させたとして、各国から懸念の意を伝えられた[16]

2007年10月24日には嫦娥計画のもと初の月探査機嫦娥1号が打ち上げられ、月軌道に到達した5番目の国となった。

2011年9月29日には宇宙ステーションの雛形である天宮1号が打ち上げられる。中国は2020年までに天宮宇宙ステーションの完成を目指している。

2013年12月14日には、月探査機嫦娥3号で月面軟着陸に成功した3番目の国となった。

現在、中国は国際連合宇宙空間平和利用委員会の一員であり、国連の宇宙関連の条約・協定に全て署名している。

組織[編集]

当初、中国の宇宙計画は中国人民解放軍、とりわけ第二砲兵部隊の下で計画された。しかし、1990年代になると中国は軍需産業全体の再編成の一環として宇宙計画も編成しなおされた。

中国国家航天局は中国の宇宙機関で衛星の打ち上げを担当している。長征ロケットの製造は中国運載火箭技術研究院が、人工衛星の製造は中国航天工業公司がそれぞれ受け持っている。後者2つの企業は国防部第5研究院から発展した[1]国営企業である。そのほかの重要な研究機関として、酒泉西昌太原の発射センターを管理する中国人民解放軍総装備部遠望型衛星追跡艦を保有する中国衛星海上測控部などがある[1]

大学・研究所[編集]

中国の宇宙計画は以下の組織とも密接なかかわりがある。

宇宙都市[編集]

衛星打ち上げ施設[編集]

ロケット打ち上げ場[編集]

  • 南匯区(南汇县老港镇东进村):1960年2月19日に観測ロケットT-7Mの打ち上げに始めて成功した[5]
  • 603基地(安徽广德誓节渡中国科学院六○三基地):広徳発射場(广德发射场)としても知られる[21]。1964年7月19日に生物学実験用観測ロケットT-7A(S1)の打ち上げに始めて成功した[22]

監視・コントロールセンター[編集]

国内の衛星追跡施設[編集]
  • 新しく統合された地上基地による宇宙監視コントロールネットワーク局:中国北西のカシュガル市、中国北東のジャムス市、および中国南部の三亜市による巨大な三角形で構成される[27]
海外の衛星追跡施設[編集]

およびフランスブラジルスウェーデンオーストラリアと共有する衛星追跡施設。

有人宇宙機の着陸地[編集]

有人宇宙飛行計画[編集]

714計画[編集]

超大国の米ソが月への人類到達で熾烈な宇宙開発競争が頂点に達しているとき、毛沢東と周恩来は1967年7月14日、中国が遅れをとるべきでなく、中国独自の有人宇宙計画を始めることを決定した[8]

重要機密であった714計画の目的は2人の宇宙飛行士を1973年までに曙光1号によって宇宙へ運ぶことであった。中国人民解放軍空軍所属の19人のパイロットがこの目標のため1971年3月に選ばれた。長征2号Aによって打ち上げられる予定だった曙光1号は2人搭乗可能な設計だった。文化大革命時であることもあって、この計画は1972年5月に経済的理由で公式に中止された。

この次の、短命に終わった「第二有人計画」は回収式衛星によって培われた技術に基づいていた。1978年には写真を含めた詳細な情報を何度か公開したが、1980年に突如中止となる。この第2有人計画はプロパガンダのために作り出されたものであり、決して結果を生み出すつもりは無かったのではないかという議論がある[28]

一方そのころ欧米では、「多くの風暴1号と長征2号による成功と回収式衛星の4度の成功の後、中国は1978年12月に最初の有人宇宙船を打ち上げたが、失敗し宇宙飛行士を失ったため計画は終了したのではないか」と言う噂があった[28]

863計画[編集]

新しい有人宇宙計画が1986年3月に中国科学院より「863-2宇宙航空計画」として提案された。これは宇宙ステーション(863-205計画)と宇宙飛行士を宇宙ステーションに運ぶ有人宇宙機(863-204計画)から構成される。同年の9月には訓練中の宇宙飛行士が中国メディアによって紹介された。提案された有人宇宙船の多くはスペースプレーン型であった。863計画は最終的に1992年の「921計画」へと発展した。

921計画[編集]

神舟5号の再突入モジュール

宇宙カプセル[編集]

1992年、有人宇宙機を打ち上げる「921計画」の第一段階のための承認と資金支出が行われた。神舟計画は4機の無人試験飛行と2機の有人計画からなる。最初の神舟1号は1999年11月20日、神舟2号は2001年1月9日にそれぞれ試験動物を乗せて打ち上げられた。2001年には神舟3号神舟4号がダミー人形を乗せて打ち上げられた。これらの成功の後、2003年10月15日、楊利偉をのせた神舟5号が打ち上げられ、軌道上に21時間滞在した。この成功により中国は独自の有人宇宙飛行を世界で三番目に達成した国となった。その二年後の神舟6号によって921計画の第一段階は終了する。この6機は全て酒泉衛星発射センターから長征2号Fによって打ち上げられた。

宇宙実験室[編集]

921計画の第二段階は中国初の宇宙遊泳計画、神舟7号によって始まる。そして初の中国宇宙実験室の有人計画が実行に移される。中国は当初、神舟宇宙船をロシアからのドッキング技術を元に設計していたので、国際宇宙ステーションとの互換性がある。無人宇宙実験モジュール神舟8号、有人の神舟9号神舟10号は、いずれも小型宇宙ステーション天宮1号とのドッキングに成功した。

この計画で中国は次の恒久的宇宙ステーションへの主要技術を獲得する。神舟11号で921計画の第二段階は終了する[29][30]

宇宙ステーション[編集]

大型宇宙ステーション(基本型空间站)が921計画の第三段階であり、最後の段階でもある。総質量は100トン以下で、船員の居住区である20トンを超える中核モジュール(核心舱)を具える。これには神舟貨物船(货运飞船)と有人の神舟、二機の実験モジュール(实验舱)が含まれる。この規模はソ連のミール宇宙ステーションを超えるものではない[31]

さらに、神舟7号の打ち上げ後初めて公的に明らかにされたことだが、これは中国の有人国際協力の始まりでもあるかもしれない[32]イランパキスタン北朝鮮などの友好国の参加が期待されており、神舟5号と北朝鮮の衛星光明星1号が両国の首脳の後ろに描かれた記念スタンプがそのことを窺わせる[33]

探査計画[編集]

月探査[編集]

2004年2月、中国は公式に月探査計画の実施段階に入る。中国国家航天局の局長孫来燕によると、中国の月探査計画には月周回、軟着陸、サンプルリターンの三段階存在するという。それによると、第一段階には14億元が支出される予定で、2007年までに月周回軌道に探査機を送り込む。第二段階は2010年までに着陸機を送り込み、第三段階は2020年までに月の土壌サンプルを地球に持ち帰る予定とされた。

2005年11月27日、有人宇宙飛行計画の代理責任者が2020年までに中国は宇宙ステーションと月有人探査を完遂する計画であると公表した。それに先立ち、2012年までに宇宙遊泳とドッキングを完璧に果たす予定とされていた。宇宙遊泳は2008年の神舟7号で、ドッキングは2012年の神舟9号でそれぞれ実現し、予定通りに遂行させた。

2006年の会議では長征2号、長征4号Aのロケットエンジンを開発した工学者、張貴田(张贵田)は新しい月へのロケットの開発について議論した[34][35][36]

中国国家航天局中国国防科学技術工業委員会は2007年4月1日、「第3回中英宇宙科学技術共同研究討論会」の中で、中国初となる無人月面車のプロトタイプを公開した[37]

2007年10月24日、長征3号Aにより嫦娥1号を打ち上げ[38]、11月5日に月周回軌道に投入、11月20日から月面の観測を開始した[39]。2009年3月1日、高度を下げ、月面衝突させて任務を終えた[40]

2010年10月1日には嫦娥2号が打ち上げられた。[41]。嫦娥2号は嫦娥1号とほぼ同設計であり、着陸は行われなかった[42]

2013年12月に嫦娥3号が打ち上げられ、12月14日に雨の海への軟着陸に成功した。

火星探査[編集]

2006年7月20日、中国国家航天局局長の孫来燕は中国は今後5年間に火星に向けた深宇宙探査計画を始めると語った[43]

蛍火1号が2009年10月にロシアのフォボス・グルントと共に打ち上げ予定であったが[44]、ロシア側の打ち上げ延期の決定により、蛍火1号の打ち上げも2011年に延期されることとなった[45]。蛍火1号は2011年11月9日にバイコヌール宇宙基地から打ち上げられたが地球軌道からの離脱に失敗し[46]、11月22日にロシア宇宙庁は事実上の計画失敗を発表した[47]

2010年3月10日、嫦娥1号の総設計者である叶培建は2013年に独自の火星探査計画を実施の可能性を示唆した[48]

火星への有人探査は2040年から2060年の間に行われるとされる[49]。さらに、火星へ向けた安全な有人航行にも利用可能な宇宙天気予報システムの完成を2012年までに夸父衛星[50]ラグランジュ点L1におくことによって実現させる予定とされていた[51]が、この衛星の打ち上げは2012年の時点では2017年の予定とされている。

目標[編集]

中国の宇宙計画にはいくつかの目標があり、中国の宇宙開発白書を要約すると

長期的な計画として

  • 宇宙科学分野における中国の地位向上
  • 有人宇宙ステーションの設置
  • 月への有人宇宙計画
  • 有人月面基地の設置

現在進行中・計画中の一覧[編集]

人工衛星計画[編集]

衛星打ち上げセンター[編集]

打ち上げ機[編集]

  • 開拓者シリーズ:開拓者1号(开拓者一号)、開拓者1号A(开拓者一号甲)、開拓者1号B(开拓者一号乙)[57]は新しい衛星打ち上げ固体燃料ロケット。
  • 快舟:新型の小型衛星打ち上げロケット。
  • 長征2号E(A):中国の宇宙ステーション用のロケット。12のロケットエンジンで低軌道への打ち上げ能力は14トン[58]
  • 長征2号F/G長征2号Fに脱出装置を取り外したもの。無人宇宙機の打ち上げに用いられる[59]
  • 長征3号B(A):大型液体補助推進モータによる強力版。LEOに打ち上げ能力最大13トン。
  • 長征5号:次世代衛星打ち上げロケット。
  • 長征6号:小型衛星の打ち上げニーズに答える低価格・高品質なロケット。2010年初発射予定[60][61][62]とされていたが、2013年まで実現していない。
  • 長征7号:嫦娥第4段階で使用されるロケット[63]。2024年に打ち上げを計画している。

宇宙探査[編集]

  • 921-1計画神舟有人飛行計画
  • 921-2計画英語版 — 宇宙ステーション計画[64][65]
  • 貨運飛船 (Shenzhou Cargo、货运飞船)— 神舟を改造した無人宇宙補給機
  • 嫦娥計画 - 中国の月開発計画
    • 嫦娥第1段階(嫦娥-1 工程) — 長征3号Aによる2機の月探査機
    • 嫦娥第2段階 (嫦娥-2 工程)— 長征3号Bによる、無人月面車を伴った初の月面軟着陸。
    • 嫦娥第3段階 (嫦娥-3 工程) — 2017年に打ち上げ予定の長征5号Eによる月のサンプルリターン。
    • 嫦娥第4段階 (嫦娥-4 工程) — 2024年に打ち上げ予定の長征7号による有人計画、月面基地(月面驻留)[66]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 中国の宇宙開発・前沿科学分野の現状”. 日中新聞社 (2009年10月13日17:30). 2010年3月20日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ Korea: Forgotten Nuclear Threats”. Nautilus Institute. 2010年3月19日閲覧。
  3. ^ 中国航天大事记(1956~2005)”. 国家航天局网 (2006年5月17日). 2008年5月2日閲覧。
  4. ^ 赵九章与中国卫星”. 中国科学院 (2007年10月16日). 2008年7月3日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ a b 中国第一枚自行设计制造的试验 探空火箭T-7M发射场遗址”. 南汇医保信息网 (2006年6月19日). 2008年5月8日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ 解密——640工程:中国超级反导大炮项目 图”. 第三媒体 (2006年9月2日). 2008年5月4日閲覧。
  7. ^ 回收生物返回舱”. 雷霆万钧 (2005年9月19日). 2008年7月24日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ a b 首批航天员19人胜出 为后来积累了宝贵的经验”. 雷霆万钧 (2005年9月16日). 2008年7月24日閲覧。[リンク切れ]
  9. ^ 第一艘无人试验飞船发射成功—回首航天路”. cctv.com (2005年10月5日). 2007年8月2日閲覧。
  10. ^ 《东方红卫星传奇》”. 中国中央电视台 (2007年7月3日). 2008年8月29日閲覧。
  11. ^ FB-1”. Encyclopedia Astronautica. 2010年3月19日閲覧。
  12. ^ a b 中国国家航天局”. JAXA. 2010年3月20日閲覧。
  13. ^ CZ”. Encyclopedia Astronautica. 2010年3月14日閲覧。
  14. ^ 96年火箭发射失控爆炸全过程”. 大旗网 (2007年9月15日). 2008年6月13日閲覧。[リンク切れ]
  15. ^ 中国・ブラジル共同開発衛星「資源1号」が打ち上げ”. 人民網日本語版 (2007年9月19日). 2010年3月20日閲覧。
  16. ^ 中国の衛星破壊実験を国際社会が懸念”. FPCJ (2007年1月28日). 2010年3月20日閲覧。
  17. ^ 航天科技游圣地——东风航天城”. 新华网内蒙古频道 (2007年12月5日). 2008年3月7日閲覧。
  18. ^ 烟台航天城“起航”了 力争成我国航天技术发展基地”. 水母网 (2005年4月2日). 2008年3月9日閲覧。
  19. ^ 烟台大众网--神舟六号专题:513所简介”. 烟台大众网 (2007年6月6日). 2008年5月9日閲覧。
  20. ^ 航天○六一基地自主创新促发展”. 国家航天局网 (2008年7月14日). 2008年7月22日閲覧。
  21. ^ 军事史话(第七部) 导弹部队史话”. 蓝田玉PDF小说网 (2008年3月1日). 2008年6月4日閲覧。[リンク切れ]
  22. ^ 贝时璋院士:开展宇宙生物学研究”. 新浪 (2006年11月15日). 2008年5月8日閲覧。
  23. ^ 远望六号航天测量船交付将执行神七任务”. 人民网 (2008年4月14日). 2008年4月15日閲覧。
  24. ^ 我国首颗中继卫星发射成功 将测控神七飞行”. 人民网 (2008年4月26日). 2008年4月27日閲覧。
  25. ^ 天链一号01星发射现场DV实录”. 新浪 (2008年4月27日). 2008年5月5日閲覧。
  26. ^ 精密测轨嫦娥二号 “即拍即显””. 上海科技 (2008年6月18日). 2008年6月18日閲覧。[リンク切れ]
  27. ^ 海南省三亚市新型综合航天测控站建成并投入使用”. 中国政府网 (2008年4月25日). 2008年4月25日閲覧。
  28. ^ a b Chinese Manned Capsule 1978”. Encyclopedia Astronautica. 2009年5月13日閲覧。http://www.astronautix.com/articles/chidoors.htm
  29. ^ 神八2010年首飞 运载火箭将有重大变化(组图)”. 凤凰资讯 (2008年6月26日). 2008年7月8日閲覧。
  30. ^ 支持“神七”配套项目不讲条件”. 搜狐 (2008年9月22日). 2008年9月22日閲覧。
  31. ^ 最终将建基本型空间站”. 新民晚报 (2008年8月14日). 2008年8月15日閲覧。[リンク切れ]
  32. ^ 权威发布:神舟飞船将从神八开始批量生产”. 新华网 (2008年9月26日). 2008年9月26日閲覧。
  33. ^ 朝鲜6月18日发行胡锦涛、温家宝等中国领导人的邮票”. 其乐邮币卡网 (2004年6月16日). 2008年9月19日閲覧。
  34. ^ a b 针对我们国家登月火箭的猜测”. 虚幻军事天空. 2007年11月20日閲覧。
  35. ^ a b 中国载人登月火箭及其动力系统设想”. 国家航天局网 (2006年7月25日). 2008年5月9日閲覧。
  36. ^ a b 河北院士联谊”. 河北院士联谊会秘书处. 2007年11月20日閲覧。[リンク切れ]
  37. ^ 中国初の月面探査車を公開”. sorae.jp (2007年4月5日). 2010年3月20日閲覧。
  38. ^ 中国、「嫦娥1号」を打ち上げ”. sorae.jp (October 24 - 2007). 2010年3月20日閲覧。
  39. ^ 中国、「嫦娥1号」の成功を祝う”. sorae.jp (December 12 - 2007). 2010年3月20日閲覧。
  40. ^ 「嫦娥1号」、月面に衝突し探査を終了”. AstroArts (2009年3月2日). 2010年3月20日閲覧。
  41. ^ 嫦娥二号は2010年10月、嫦娥三号は2013年に打ち上げ”. sorae.jp (March 12 - 2010). 2010年3月20日閲覧。
  42. ^ 嫦娥2号は組立て及び試験へ、2010年末までに打上げ”. sorae.jp (December 28 - 2009). 2010年3月20日閲覧。
  43. ^ People's Daily Online - Roundup: China to develop deep space exploration in five years
  44. ^ 蛍火1号完成、まもなくモスクワへ”. sorae.jp (June 9 - 2009). 2010年3月20日閲覧。
  45. ^ 中国初の火星探査機、打ち上げ延期決定”. 人民網日本語版 (14:44 Oct 30 2009). 2010年3月20日閲覧。
  46. ^ “ロシアの火星探査機、打ち上げも軌道に乗れず”. 読売新聞. (2011年11月9日). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111109-OYT1T00968.htm 2011年11月9日閲覧。 
  47. ^ 蛍火1号、火星への到達は不可能に、朝日新聞、2011年11月24日
  48. ^ 中国、2013年に独自の火星探査計画を実施か”. sorae.jp (March 11 - 2010). 2010年3月20日閲覧。
  49. ^ 中国嫦娥探月工程进展顺利 进度将有望加快-军事频道-中华网-中国最大职业人士门户
  50. ^ 我国目光超越月球 "夸父计划"雄心勃勃-科技-人民网
  51. ^ People's Daily Online - China plans new space project probing Sun-Earth environment
  52. ^ 我国现役和研制中的卫星与飞船谱系图:上排右一会不会是TL-2 ?”. 虚幻天空 (2008年6月8日). 2008年6月8日閲覧。
  53. ^ China constructs space information "highway"”. People Daily (2007年5月23日). 2007年5月23日閲覧。
  54. ^ 硬X射线调制望远镜HXMT”. 硬X射线天文望远镜项目组 (2004年4月16日). 2008年7月14日閲覧。
  55. ^ SpaceDaily, "China unveils ambitious space projects", Xinhua, 23 August 2012
  56. ^ 夸父计划进入技术攻关 将发射3颗测日卫星”. 新华网 (2008年4月16日). 2008年4月21日閲覧。
  57. ^ 开拓者一号乙固体运载火箭”. 虚幻军事天空 (2008年7月17日). 2008年7月18日閲覧。
  58. ^ CZ-2EA地面风载试验”. 中国空气动力研究与发展中心 (2008年2月4日). 2008年6月30日閲覧。[リンク切れ]
  59. ^ 独家:"神八"将用改进型火箭发射 2010年左右首飞”. 人民网 (2008年6月25日). 2008年6月26日閲覧。[リンク切れ]
  60. ^ 让年轻人与航天事业共同成长”. 中国人事报 (2008年3月14日). 2008年7月19日閲覧。[リンク切れ]
  61. ^ 中国科学技术协会 (2007). 航天科学技术学科发展报告, page 17. Beijing, PRC: 中国科学技术协会出版社. ISBN 750464866. 
  62. ^ 国际空间大学公众论坛关注中国航天(3)”. People Daily (2007年7月11日). 2007年7月13日閲覧。
  63. ^ 中国、中型ロケット「長征7号」を開発中”. sorae.jp (2010年3月5日). 2010年3月14日閲覧。
  64. ^ 中国空间实验室”. 虚幻军事天空 (2006年2月13日). 2008年7月9日閲覧。
  65. ^ 中国航天921-III计划”. 虚幻军事天空 (2008年7月15日). 2008年4月28日閲覧。
  66. ^ 我国将建首个月球天文台”. 新浪网 (2005年11月4日). 2008年7月18日閲覧。

外部リンク[編集]