中国気象局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中国気象局(ちゅうごくきしょうきょく)は中華人民共和国国務院直属事業単位の1つ。主として中国全国の気象業務の行政管理と組織管理を担当する。

沿革[編集]

中国気象局は1949年に中央軍事委員会気象局として設置され、中華民国中央気象局に取って代わった。1994年に国務院直属機構から国務院直属事業単位へ改編された。

地方組織(香港・澳門、台湾を除く)は31箇所の省、自治区、直轄市気象局、14箇所の副省級市(4個計画単列市気象局を含む)気象局、318箇所の地(市)気象局と、2300箇所の県(市)気象局(站)を設置している。職員数は52988人。この内、両院(中国科学院及び中国工程院)院士6人、博士26人、高級技術職4415人。

下位組織[編集]

  • 国家気象センター(中央気象台)
  • 国家気象衛星センター
  • 国家気候センター
  • 国家気象情報センター
  • 中国気象局気象観測センター
  • 中国気象局公共気象サービスセンター
  • 中国気象局トレーニングセンター
  • 中国気象報社
  • 気象出版社
  • 中国気象学会
  • 中国華雲技術開発公司
  • 北京華風気象影視信息集団公司

歴代局長[編集]

  • 涂長望
  • 邹竞蒙 - 1982年4月-1996年7月
  • 温克剛 - 1996年7月-2000年12月
  • 秦大河 - 2000年12月-2007年4月
  • 鄭国光 - 2007年4月-現在

外部リンク[編集]