全球大気監視計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

全球大気監視計画(ぜんきゅうたいきかんしけいかく, 英:Global Atmosphere Watch, GAW)とは、地球環境問題などの研究・対策を目的に、大気化学的・物理的特性のデータを観測・集約して分析し、世界各国の機関に提供する計画。世界気象機関(WMO)が1989年に策定した。

GAWの対象となる気象要素は、一般的な気象観測の項目も一部含まれるが、基本的にはそれ以外の地球環境問題に関連する要素である。具体的には、オゾン、各種温室効果ガス、その他大気中の気体成分、降水や降下に含まれる成分、放射性同位体太陽放射紫外線、赤外放射、大気の光学的厚さに関わる要素などである。

WMOの大気科学委員会と環境汚染及び大気化学に関する執行理事会、その下の科学諮問部会(SAG)、およびWMO事務局が統括して計画を進めていく。実施機関として世界データセンター(WDC)、品質保証科学センター(QA/SAC)、GAW較正センター(WCC)の3種が世界各地の気象機関に分掌されている。また観測局は世界各地に数百か所設けられており、全球観測所と地域観測所の2種類に分けられる。

GAWの具体的業務としては、観測支援を通して継続した長期観測を維持すること、基準器などの保全を通して観測品質を維持すること、データやそれを利用した成果などの提供を支援することなどが挙げられる。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]

WDC