ACRIMSAT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ACRIMSAT

ACRIMSAT(Active Cavity Radiometer Irradiance Monitor Satellite)は、アメリカ航空宇宙局地球観測システムの21個の人工衛星のうちの1つである。1999年12月20日にヴァンデンバーグ空軍基地からアリラン1号とともにトーラスロケットで打ち上げられ、高軌道傾斜角の700kmの太陽同期軌道に投入された。この軌道から、ACRIM3は太陽放射をモニターした。

ACRIM3は、2000年4月にミッションが始まって以来、太陽光の放射量観測を行い、以前のNASAのソーラーマックス(ACRIM1、1980年-1989年)、UARS(ACRIM2、1991年-2001年)が作り始めた太陽光測定データベースを拡充した。

実験の責任者でACRIM3 Science Teamを率いていたのはリチャード・C・ウィルソンであった。ウィルソンは、太陽定数モニタを設計した。ACRIM3による観測はウィルソンとJPL/ACRIMSATのプロジェクトマネージャーであるロナルド・ゼノン、ACRIM3 Instrument Scientistのロジャー・ヘリゾンの共同で行われた。ミッションは、ジェット推進研究所テーブル山天文台に設置されたACRIMSAT追跡ステーションによって制御された。

ACRIMSAT(国際衛星識別符号 1999-070B)は、スピン安定性の単一目的衛星であり、オービタル・サイエンシズが製造した。打上げや地上局、11年間の運営も含めた総額は、3000万ドル未満であり、NASAの「より良くより速くより安く」という標語の良い事例となっている。

ACRIMSAT/ACRIM3は、2004年の金星の日面通過の間の太陽からの総放射量を追跡しており、惑星の影による0.1%の太陽強度の減少を観測した[1]。また、2012年の金星の日面通過のデータも記録した[2]

出典[編集]

  1. ^ http://www.journals.uchicago.edu/cgi-bin/resolve?doi=10.1086/500427.html The Astrophysical Journal v.641 pp.565-571 (2006), Schneider, J. M. Pasachoff, and Richard C. Willson, The Effect of the Transit of Venus on ACRIM's Total Solar Irradiance Measurements: Implications for Transit Studies of Extrasolar Planets
  2. ^ PIA15820: NASA's ACRIMSAT Observes Venus Transit

外部リンク[編集]