GEOTAIL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
磁気圏尾部観測衛星「GEOTAIL」
Geotail satellite.jpg
所属 ISAS/JAXA,NASA
主製造業者 日本電気
公式ページ GEOTAIL Spacecraft
国際標識番号 1992-044A
カタログ番号 22049
状態 運用中
目的 地球磁気圏尾部の構造,ダイナミクスの研究
観測対象 地球磁気圏
計画の期間 20年(予定)
設計寿命 3年
打上げ機 デルタIIロケット
打上げ日時 1992年7月24日18:26 (EDT)
物理的特長
本体寸法 ⌀2.2m x 1.5m
最大寸法 50m(アンテナ伸展時)
質量 1,009kg
発生電力 340W(寿命末期)
主な推進器 RCS
姿勢制御方式 スピン安定
軌道要素
周回対象 地球
軌道 楕円軌道
近点高度 (hp) 57,000km
遠点高度 (ha) 300,000km
軌道傾斜角 (i) 29度
観測機器
EFD 球形プローブ
ワイア・アンテナ
MGF フラックスゲート磁力計
サーチコイル磁力計
LEP イオン/電子3次元速度関数分析器
太陽風イオン分析器
イオン質量/エネルギー分析器
CPI 高温プラズマ分析器
太陽風イオン分析器
イオン質量/エネルギー分析器
HEP 低エネルギー粒子検出器
イオン/電子バースト検出器
中間・高エネルギーイオン分析器
EPIC イオン荷電状態,質量・エネルギー分析器
イオンの質量・エネルギー分析器
PWI 周波数掃引型スペクトル分析器
多チャンネルスペクトル分析器

GEOTAIL(ジオテイル)は、宇宙科学研究所 (ISAS) (現:宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所)とアメリカ航空宇宙局 (NASA) との国際協力の下、アメリカケープカナベラル空軍基地のロケット射場からデルタIIロケットを使用して、1992年7月24日に打上げた磁気圏観測衛星。

宇宙科学研究所が探査機を開発。搭載観測機器の約3分の2を提供し、NASAが打上げロケットと残りの観測機器を提供。

概要[編集]

宇宙研究の主力三極 (NASA、欧州宇宙機関、ISAS) によるISTP (太陽地球系物理学国際共同観測計画) において、既に打ち上げられていた他衛星群(IMP-8, WIND, INTERBALL, POLAR, EQUATOR-Sなど) と協力し、地球磁気圏尾部 (本衛星の命名の元で地球『地球 (Geo‐)』の『尻尾 (tail)』) の構造と動きを観測する事が目標であった。

磁気圏を幅広い範囲(地球の半径の8〜210倍)でカバーする軌道を持ち、衛星のテレメーター・データはISASの臼田宇宙空間観測所 (UDSC) とNASAやJPL深宇宙ネットワークが受信。京都大学にてデータがデータベース化され、関係各研究機関にネットワーク越しに提供されている。

当初、3年半の寿命を見越して作成された衛星であったが、2009年3月現在でも正常に動作しており、継続して観測運用が続けられている。2004年12月28日の朝には、過去最大級の太陽系外天体からのガンマ線を観測した。

本衛星は1999年までスイングバイにより軌道変更を行っていた。このスイングバイの基礎データはひてんにより収集された。本機では磁気圏尾部を観測するため、まず月スイングバイで遠地点135 - 140万kmという長楕円軌道に移った。さらに磁気圏尾部は太陽の反対側(夜側)に長く伸びていることから月スイングバイを繰り返すことで地球が公転しても遠地点を常に夜側にキープさせていた。このような運用は1995年まで約2年間続けられ、月スイングバイは14回にも達している[1]。その後は遠地点高度を約30万km、20万kmと段階的に落とし、月遷移軌道から観測を続けた。現在は軌道・姿勢制御用燃料を使い果たしたため、月の摂動に任せて様々な軌道を辿っているが、その結果として、予想外の成果も得られている。

なお本衛星はJAXAで地球観測衛星に分類されてはいるものの、ひてんと同様のかなり高い軌道を飛行している。そのため運用面では月・惑星探査機と同様に扱われており、2010年現在はあかつきIKAROS(6月13日までははやぶさも)と一緒にISAS/JAXA相模原の深宇宙管制センターで運用されている[2]

データ[編集]

あけぼのと共に以下の様な多くの技術的チャレンジとその検証が行われた。

  1. 放射線に強い衛星設計
  2. 衛星本体から計測器を遠ざけるための伸展技術
  3. 表面の導電性処理
  4. EMC(電磁適合性)対応策

これらの技術は、火星探査機『のぞみ』や小惑星探査機『はやぶさ』などに使用されている。

搭載された機器は次の5種。

  • 磁場観測機器
  • 電場観測機器
  • プラズマ観測機器2組
  • 高エネルギー粒子観測機器2組
  • プラズマ波動機器

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ISASニュース・特集【オーロラの源をさぐる-GEOTAILが見た地球のしっぽ-】 (PDF)”. ISAS. 2010年7月20日閲覧。
  2. ^ イカロスの新たな冒険 (プレーンテキスト)”. 日本惑星協会 (2010年6月23日). 2010年7月20日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]