Polar (人工衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Polar
所属 NASA
主製造業者 ロッキード・マーティン
公式ページ NASA's Polar Mission
国際標識番号 1996-013A
カタログ番号 23802
状態 終了
目的 オーロラ、磁気圏プラズマ観測
観測対象 地球
設計寿命 3-5年
打上げ機 デルタII ロケット
打上げ日時 1996年2月24日
運用終了日 2008年4月28日
物理的特長
本体寸法 円柱形(直径:2.8 m、高さ:1.25 m)
質量 1300.0 kg
発生電力 太陽電池
周回対象 地球
軌道 楕円軌道
近点高度 (hp) 11,500 km
遠点高度 (ha) 57,000 km
軌道傾斜角 (i) 86度
軌道周期 (P) 22.6時間

Polar(またはPolar Plasma Laboratory - PPL)はアメリカ合衆国の観測衛星。1996年2月24日6時23分(EST)、ヴァンデンバーグ空軍基地よりマクドネル・ダグラス社のデルタ II ロケット(7925-10)によって打ち上げられた。極の磁気圏観測が目的。設計および製造はロッキード・マーティンのアストロスペース部門。

Polarは楕円軌道上に位置し、軌道傾斜角は86度。オーロラの多波長画像の撮影、極の磁気圏および地球磁気圏尾部のプラズマの観測、電離層のプラズマの入出流の観測、大気圏上層と電離層における粒子エネルギーの蓄積の観測などを行った。

このミッションは2008年4月28日に終了した[1]

GSS計画の4機の内の一つ。太陽地球系科学国際共同観測計画(ISTP計画)の6機の内の一つである。Polar は Wind衛星の姉妹機である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]