地圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

地圏(ちけん、: geosphere)とは、地球に於いて岩石レゴリス等で成立している部分を示す言葉である[1]

アリストテレス物理学に於いては、自然学気象学で述べられている通り、四大元素が誕生する場所として考えられていた。

昨今では、地圏は地球内の液状部分を指し、大気圏水圏生物圏と並び立つ物とされている。また、地圏をリソスフェアと言い換える事もあるが、リソスフェアはあくまでマントル上部までの名称でしかないので、若干の語弊が存在する[2]

宇宙探査が始まってからは、電離圏プラズマ圏も観測され始め、観測の結果として、磁気圏地磁気圏が拡大する[3]等、これらの圏同士の境界線が曖昧な物となっている。その中で、地圏は太陽風の影響を受けており、地圏も他の圏との線引きが難しくなっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Skinner, B (2000). The Dynamic Earth. John Wiley & Sons, Inc. pp. p. 21. ISBN 0-471-16118-7. 
  2. ^ Allaby,A. and Allaby, M. (eds). 2003. The Dictionary of Earth Sciences. Oxford University Press. Oxford University Press Inc., New York. 2nd edition. pg. 320.
  3. ^ Siscoe, G.: Aristotle on the Magnetosphere, Eos Transactions of Am. Geophys. Un., v.72, pp. 69-70, 1991.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]