すいせい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハレー彗星探査機
「すいせい(PLANET-A)」
Suisei.gif
すいせい
所属 宇宙科学研究所(ISAS)
主製造業者 日本電気
国際標識番号 1985-073A
カタログ番号 15967
状態 運用終了
目的 ハレー彗星の探査
観測対象 ハレー彗星
打上げ機 M-3SIIロケット 2号機
打上げ日時 1985年8月19日08:33
最接近日 1986年3月8日
運用終了日 1991年2月22日
停波日 1991年8月20日
物理的特長
本体寸法 ⌀1.4m × 0.7m
質量 139.5kg
発生電力 100W
主な推進器 ヒドラジン1液スラスタ
姿勢制御方式 スピン安定方式
軌道要素
周回対象 太陽
軌道 楕円軌道
近点高度 (hp) 1.005 × 108 km
遠点高度 (ha) 1.514 × 108 km
軌道周期 (P) 約282日
観測機器
UVI 真空紫外線撮像装置
ESP 太陽風観測器

すいせい(第10号科学衛星、PLANET-A)は日本の宇宙科学研究所 (ISAS)(現 宇宙航空研究開発機構 (JAXA))が打ち上げた2機目の宇宙探査機である。1985年8月19日鹿児島宇宙空間観測所からM-3SIIロケット2号機で打ち上げられた。

すいせいは先立って打ち上げられていた探査機さきがけとともにハレー彗星の国際協力探査計画(通称ハレー艦隊)に参加し、太陽風とハレー彗星の大気との相互作用を観測したり、紫外線で彗星のコマを撮像することを目的としていた。

1985年11月14日にすいせいは真空紫外撮像装置 (UVI) を用いてハレー彗星のコマの水素Lyα輝線による像を初めて撮影した。この像の観測から、コマの明るさが規則的に変光していることが明らかとなり、変光周期から核の自転周期が2.2±0.1日と推定された。

1986年3月8日にハレー彗星に145,000 kmの距離まで最接近し、彗星付近の太陽風の観測を行った。このとき予期せぬ姿勢変化があり、接近の前後2回にわたって大きな衝撃が加えられていることが判明した。1回目は最接近12分前、ハレー彗星からの距離は160,000 km。2回目は最接近20分後、距離は175,000 kmだった。データ解析の結来、ハレーの核の方向から何物か(重さは控えめに見ても約5 mg、比重を1として直径2 mmほど)が飛んで来てすいせいの下部に衝突した、という結論になった。

1991年2月22日に軌道修正用の燃料がなくなり、同年8月20日の地球スイングバイ後に運用を終了した。

外部リンク[編集]