商工省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の行政官庁
商工省
役職
大臣 高橋是清(初代)
稲垣平太郎(最後)
概要
設置 1925年(大正14年)4月1日 - 1943年(昭和18年)11月1日
1945年(昭和20年)8月26日 - 1949年(昭和24年)5月25日
前身 農商務省
後身 通商産業省
テンプレートを表示

商工省(しょうこうしょう)は、過去において存在した日本の中央官庁1925年農商務省を分割して設立され、昭和の前半期に商工業の奨励・統制を担った国家機関。長は商工大臣。戦時中に軍需産業強化のため一時軍需省に改組されたが、終戦後すぐに商工省に復帰し、1949年の国家行政組織法施行直前に通商産業省に改組。現在の経済産業省の前身。

沿革[編集]

  • 1925年4月1日、農商務省を分割し、商工省農林省を設置。
    • 農商務省の2分割は農業関係団体からの「農務省」設置要求の建議が数年間にわたって繰り返されてきたことによる。その契機は大正期にはいってからの米価高騰により外国産米輸入措置に対しての農業関係者からの反発が主原因である。
  • 1934年4月1日、商工省附属の製鉄所を廃止。日本製鐵株式會社が発足。
  • 1936年6月9日、鉱山局から分割して燃料局を外局として設置。
  • 1937年7月14日、貿易局を外局化。
  • 1939年6月16日、商工省の内部部局の編成を、従前の伝統的な、商務局、工務局、鉱山局という体制から、生産物資別の、鉱産局、鉄鋼局、化学局、機械局、繊維局という体制に再編。また外局として物価局を設置。
  • 1941年12月13日、大蔵省との間で所管分野を整理。
    • アルコール専売、樟脳専売、外国為替管理の事務を、大蔵省から商工省に移管。
    • 保険業、取引所、証券業に関する行政事務を、商工省から大蔵省に移管。
  • 1942年4月1日、外局として設置していた特許局を内閣所轄の技術院に移管。
  • 1943年11月1日、商工省と農林省を廃止し、軍需省農商省を設置。
戦時中の軍需産業強化のため、商工省の大半と企画院を統合して「軍需省」を設置。これに伴い、商工省が所管していた繊維産業や日常生活物資についての統制事務を農林省に移管して、「農商省」とした。他に商工省が所管していた倉庫行政は新設の運輸通信省に、交易行政は大東亜省に移管、逓信省電力行政は軍需省に移管した。
終戦により軍需省の存在意義は喪失したため、椎名悦三郎の指揮の下、GHQからの解体を避ける意味もあり旧の組織に復帰させた。ただし、軍需省設置時に逓信省から移管されてきた電力行政は商工省にとどまった。

歴代の商工大臣等[編集]

  • 明治憲法のもとでは、内閣総理大臣が交代しても各大臣の地位に影響はなく、何らの任免発令もないまま引き続き大臣の職にとどまることも可能だった。
  • 兼任の場合の表記は次のとおり区別した。
    • 「何々大臣による兼任」としたのは、他大臣が本官であり、商工大臣が兼官の場合。
    • 「何々大臣を兼任」としたのは、他大臣が兼官であり、商工大臣が本官の場合。
商工大臣(第1期)
1 高橋是清 加藤(高)内閣 1925年4月1日-1925年4月17日
農林大臣を兼任
2 野田卯太郎 加藤(高)内閣 1925年4月17日-1925年8月2日
3 片岡直温 加藤(高)内閣
第1次若槻内閣
1925年8月2日-1926年9月14日
4 藤沢幾之輔 第1次若槻内閣 1926年9月14日-1927年4月20日
5 中橋徳五郎 田中(義)内閣 1927年4月20日-1929年7月2日
6 俵孫一 濱口内閣 1929年7月2日-1931年4月14日
7 櫻内幸雄 第2次若槻内閣 1931年4月14日-1931年12月13日
8 前田米蔵 犬養内閣 1931年12月13日-1932年5月26日
9 中島久万吉 齋藤内閣 1932年5月26日-1934年2月9日
10 松本烝治 齋藤内閣 1934年2月9日-1934年7月8日
11 町田忠治 岡田内閣 1934年7月8日-1936年3月9日
1936年2月27日-1936年3月9日、大蔵大臣を兼任
12 川崎卓吉 廣田内閣 1936年3月9日-1936年3月27日
13 小川郷太郎 廣田内閣 1936年3月28日-1937年2月2日
14 伍堂卓雄 林内閣 1937年2月2日-1937年6月4日
鉄道大臣を兼任
15 吉野信次 第1次近衛内閣 1937年6月4日-1938年5月26日
16 池田成彬 第1次近衛内閣 1938年5月26日-1939年1月5日
大蔵大臣による兼任
17 八田嘉明 平沼内閣 1939年1月5日-1939年8月30日
1939年1月5日-1939年4月7日、拓務大臣を兼任
18 伍堂卓雄 阿部内閣 1939年8月30日-1939年10月16日
農林大臣による兼任
19 伍堂卓雄 阿部内閣 1939年10月16日-1940年1月16日
20 藤原銀次郎 米内内閣 1940年1月16日-1940年7月22日
21 小林一三 第2次近衛内閣 1940年7月22日-1941年4月4日
  河田烈 第2次近衛内閣 1940年8月31日-1940年11月2日
大蔵大臣による臨時代理
22 豊田貞次郎 第2次近衛内閣 1941年4月4日-1941年7月18日
23 左近司政三 第3次近衛内閣 1941年7月18日-1941年10月18日
24 岸信介 東條内閣 1941年10月18日-1943年10月8日
25 東條英機 東條内閣 1943年10月8日-1943年11月1日
内閣総理大臣による兼任
国務大臣・商工次官
岸信介 東條内閣 1943年10月8日-1943年11月1日
商工大臣(第2期)
26 中島知久平 東久邇宮内閣 1945年8月26日-1945年10月9日
27 小笠原三九郎 幣原内閣 1945年10月9日-1946年5月22日
28 星島二郎 第1次吉田内閣 1946年5月22日-1947年1月31日
29 石井光次郎 第1次吉田内閣 1947年1月31日-1947年5月24日
  片山哲 片山内閣 1947年5月24日-1947年6月1日
内閣総理大臣による臨時代理
30 水谷長三郎 片山内閣 1947年6月1日-1948年3月10日
31 水谷長三郎 芦田内閣 1948年3月10日-1948年10月15日
  吉田茂 第2次吉田内閣 1948年10月15日-1948年10月19日
内閣総理大臣による臨時代理
32 大屋晋三 第2次吉田内閣 1948年10月19日-1949年2月16日
1948年12月14日-1949年2月16日、大蔵大臣を臨時代理
33 稲垣平太郎 第3次吉田内閣 1949年2月16日-1949年5月25日

商工次官[編集]

関連項目[編集]