アイマスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイマスク(Eye mask、和製英語)とはの部分を覆うもの。

英語ではスリープマスク (Sleep mask) という。

概要[編集]

Blindfoldnosehole.jpg

アイマスクとは、特に明るい場所で睡眠をとりやすくするため目を覆いを遮るために用いるものをいう。

夜勤労働者の日中の睡眠や、飛行機内、列車内などで使用される。列車内などで使用する場合、周りがまったく見えず、また周囲の人間もまったく見えないことを知っているため、窃盗などに遭いやすくなる。

眼鏡状の厚手の布で製作され、ゴムひもなどを後頭部にまわして顔面に固定する。

一般的な衛生マスクと同様ににゴムひもをかけるものやサングラスゴーグル)タイプのもの、顔全体を覆うタイプ(フェイスマスク)もある。

布ではなくジェルなどを内容物とした軟質プラスチックのものなどもあり、冷蔵庫にて冷却し、それを目の部分にあてることによって疲れをとるために用いられる。目の部分に穴が空いているものもある。近年は、ペルティエ素子を用いて電子的に冷却を行うアイマスクも販売されるようになった。

アイマスクは、一時的に視覚を奪うための目隠しとほぼ同義であり、その用途にも用いることがあるが、これは英語ではブラインダー( blinder )などと呼ぶ。健常者視覚障害を疑似的に体験させたり、盲導犬の訓練において用いることもある。アイマスクのことを目隠しともいう。

なお、仮装用のマスク(仮面)で、目の部分のみを覆うタイプのものもアイマスクと呼ぶことがある。

関連項目[編集]