特許電子図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
特許電子図書館
URL
日本語版トップ
www.ipdl.inpit.go.jp/
英語語版トップ
www.ipdl.inpit.go.jp/homepg_e.ipdl
タイプ データベース
分野 産業財産権(特許・実用新案・意匠・商標)
使用言語 日本語・英語
項目数 5,500万件以上[1]
閲覧 無料
登録 不要
運営元 独立行政法人
 工業所有権情報・研修館
設立 1999年3月31日[2]
設立者 特許庁
現状 稼動中

特許電子図書館(とっきょでんしとしょかん、英:Industrial Property Digital Library、略称:IPDL)は、独立行政法人工業所有権情報・研修館が運営する特許実用新案意匠及び商標等の産業財産権関連の無料のデータベース

特許庁が保有する5,500万件以上の情報を収録しており、特許庁が発行する産業財産権関連の公報をはじめ、審査・権利の状況や、審判の審決も検索できる。1999年3月に特許庁によって開設され、2004年10月からは、独立行政法人工業所有権情報・研修館により運営されている。

また、各国の特許庁等の多くも同様のデータベースを提供しており(例:欧州特許庁esp@cenet)、「特許電子図書館」は各国特許庁等が提供する産業財産権情報のデータベースを指す一般的な名称として用いられることもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]