プラチナカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレジットカード > プラチナカード

プラチナカード(Platinum card)とは、クレジットカードの一つである。なお、「プラチナ・カード」は、アメリカン・エキスプレス商標登録している[1]

概要[編集]

プラチナカードは、クレジットカードの内、ゴールドカードより上位に位置付けられるグレードである。

ゴールドカードを超えるサービスが受けられる。特に、旅行傷害保険は、ゴールドカードのそれより補償額が高い。また、これを実現させるためのゴールドカードより高い年会費が特徴であるが、年会費無料で発行している金融機関もある。

プラチナカードの名称の由来は、「ゴールド()より上の高い価値と稀少性」を持つ、プラチナ(白金)をイメージしたものとされている。また、プラチナカードの券面は、その名称に合わせてプラチナ(白金)をイメージした銀色を基調とするデザインが多い。

プラチナカードのサービス[編集]

サービスの一例。 提供されるサービスは各カード会社やカードの種類によって大きく異なる。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(日本支社発行のもの)

日本におけるプラチナカード[編集]

日本においては、1993年にアメリカン・エキスプレス・インターナショナル(日本支社)が「プラチナ・カード」を発行したのが始まりである。その後、他社も同様のプラチナカードを発行している。

プラチナカードの入手方法は、一般のクレジットカードと同様に自ら申し込む事が出来るものと、条件を充たした者を招待する「招待制」のものに大別する事が出来る。前者の場合は申込を行い審査に通れば取得する事が出来る。後者の場合は既存の会員などで招待された者が取得する事が出来るが、招待の基準などの詳細は公表されていない。

日本における国際ブランド別のプラチナカード[編集]

American Express[編集]

日本では、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル(日本支社)が発行しているほか、クレディセゾン三菱UFJニコスがそれぞれ発行している。この内、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル(日本支社)及びクレディセゾンは原則として招待制を採っているが、三菱UFJニコスは自ら申し込む事が出来る。

Visa[編集]

日本では、三井住友カード三井住友トラスト・カード九州カードシティカードジャパンスルガ銀行エポスカードがそれぞれプロパーカードを発行している。また、三井住友カード[2]トヨタファイナンス[3]、クレディセゾン[4]がそれぞれ提携カードを発行している。

MasterCard[編集]

MasterCardブランドでは、「Platinum MasterCard」がプラチナカードに当たる。

日本では、三井住友カード、SBIカード楽天カードがそれぞれ発行している。 なお、楽天カードが発行している「楽天ブラックカード」は、「ブラック」と称しているが、ブラックカードでなく券面にプラチナと表示されている。しかもマスターカードブランドとしてはワールドカード(ブラックカード)、プラチナカードの登録もなく単なるゴールド以下のカードである。

JCB[編集]

ジェーシービー(JCB)は、プロパーカードでは個人にプラチナと称するクレジットカードを発行していないが、法人に「JCBプラチナ法人カード」を発行している(個人事業主は申し込む事が出来る)。

なお、JCBが個人に発行している「JCBザ・クラス」は、券面が(ブラック)を基調とするデザインでありブラックカードに分類される。但し、他のプラチナカードと比較して、年会費等からプラチナカードとされることもある。

Diners Club[編集]

シティカードジャパンが発行している「ダイナースクラブカード」は、券面が銀色を基調とするデザインでありプラチナカードに分類される。但し、他のゴールドカードと比較して、年会費や決済枠・サービスの内容等からゴールドカードとされることもある。

銀聯[編集]

日本では、三井住友カードが「三井住友銀聯プラチナカード」を発行している。但し、「三井住友VISAプラチナカード」又は「三井住友MasterCardプラチナカード」(提携カードを含む)の会員にのみ発行される。

米国におけるプラチナカード[編集]

米国における歴史[編集]

アメリカン・エキスプレスが導入し、プラチナ・カードの登場までは最上位カードの地位を占めていたゴールド・カードは、以前は一定の属性を持つ富裕層を中心とした上級顧客を対象に発行されており、そのステイタスも高かった。

しかし、ゴールド・カードのアメリカ市場をはじめとする先進諸国市場における成功により、ゴールド・カードのコンセプトやその名称を模倣する同業他社が相次ぎ、そのステータスが低下したことや、さらに高い会員向けサービスを求める富裕層を中心とした上級顧客の要求を受けて、ゴールド・カードの上位カード(当時は最上位カード)として、アメリカン・エキスプレスが1984年アメリカ市場で発行したのが始まりである。

現在では、米国発行のクレジットカードの内、最上級のサービスを提供するとの意味から、クレジットカードに”Platinum”の刻印がされているものがあり、付帯サービスは日本よりも高い補償などが付いているカードも発行されている。 近年海外口座の開設増加に伴い、日本在住者も、米国同様のサービスを付帯しているクレジットカードが発行されており、所謂ボーダレスカードが多く発行されている。

なおその後、富裕層を中心とした上級顧客の囲い込みを画策した多くの競合他社が、これを模倣したコンセプトのカード(その多くがプラチナカードの名称を使用している)を発行したこともあり、同社は1999年にさらに上位の「センチュリオン・カード」を発行しサービスの差別化を図っている。

米国で発行されるプラチナカード[編集]

銀行系クレジットカードの中には、"Platinum"(プラチナ)と称するものもあるが、これらのカードは必ずしも特別なサービスの提供があるわけでも高ステータスを意味するわけでもない。多くカードは申し込みに招待は必要なく、年会費も無料である。

年会費[編集]

日本のカード会社は高いステータスをうたい、非常に高額な年会費が掛かる(アメリカン・エキスプレスプラチナカードは¥136,500、2013年3月より)が、米国発行のプラチナカードの年会費は相対的に安く(為替レートの問題もあるが)、アメリカン・エキスプレスプラチナカードで$450(100円/米ドルとして¥45,000)である。ただし、サービスのレベルは日本のカードよりも劣る(例えば、家族カードは有料 $175、空港からの無料手荷物宅配サービスは無いなど)。"Platinum"を称するだけの普通のクレジットカードの場合、年会費は無料または数十ドルである。

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 商標” (2010年1月1日). 2012年5月4日閲覧。
  2. ^ 阪神ホテルシステムズと提携した「ザ・リッツ・カールトン大阪VISAプラチナカード」、ヒルトンHオナーズ・ワールドワイドと提携した「ヒルトンHオナーズVISAプラチナカード」、全日本空輸と提携した「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」をそれぞれ発行している。
  3. ^ トヨタ自動車と提携した「レクサスカード」を発行している。
  4. ^ ユナイテッド航空と提携した「MileagePlusセゾンプラチナカード」を発行している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]