Fate/stay night

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Fate/stay night
ゲーム
ゲームジャンル 伝奇活劇ビジュアルノベル
対応機種 Windows 98/ME/2000/XP
必要環境 Pentium III 400MHz以上
推奨環境 Pentium III 800MHz以上
ゲームエンジン 吉里吉里2
発売元 TYPE-MOON / 有限会社ノーツ
キャラクターデザイン 武内崇
シナリオ 奈須きのこ
メディア CD-ROM3枚組(CD)
DVD-ROM1枚組(DVD)
発売日 2004年1月30日(CD)
2006年3月29日(DVD)
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
エンディング数 5+40
セーブファイル数 300
画面サイズ 800×600 / 65536色
全画面表示モード あり
音楽フォーマット DirectSoundに対応した
PCM音源必須
キャラクターボイス なし
その他 CD-ROM初回版:設定資料集
『fate/side material』付属
オフィシャル通販特典:特製小冊子
「Fate/side side materiale」
ゲーム(その他)
ゲーム:Fate/stay night [Réalta Nua]
ゲームジャンル 伝奇活劇ビジュアルノベル
対応機種 PlayStation 2
Windows XP/Vista/7
PlayStation Vita
必要環境 600MHz以上(XP) / 1GHz以上(Vista/7)(PC版)
開発元 TYPE-MOON / 有限会社ノーツ
発売元 角川書店
メディア DVD-ROM1枚組
ダウンロード
プレイ人数 1
発売日 2007年4月19日 [PS2版]
2011年12月23日 [PC版-Fate-]
2012年1月31日 [PC版-Unlimited Blade Works-]
2012年2月29日 [PC版-Heaven's Feel-]
2012年11月29日 [PSVITA版]
レイティング CEROC(15才以上対象)
キャラクター名設定 不可
エンディング数 5+40、追加エピソード1
キャラクターボイス フルボイス(On/Off機能あり)
その他 extra edition:PSPソフト
『とびだせ! トラぶる花札道中記』同梱
extra edition予約先着特典:
セイバー胸像フィギュア
オフィシャル通販特典:特製小冊子
「Fate/side side materiale 3」
アニメ
アニメ:Fate/stay night(2006年版)
原作 奈須きのこ / TYPE-MOON
監督 山口祐司
シリーズ構成 佐藤卓哉
キャラクターデザイン 武内崇(原案)
石原恵
音楽 川井憲次
アニメーション制作 スタジオディーン
製作 Fate Project
放送局 放送局参照
放送期間 2006年1月 - 6月
話数 全24話
アニメ:Fate/stay night(2014年版)
原作 奈須きのこ / TYPE-MOON
監督 三浦貴博
キャラクターデザイン 武内崇(原案)
須藤友徳、田畑壽之、碇谷敦
音楽 深澤秀行
アニメーション制作 ufotable
放送局 放送局参照
放送期間 1stシーズン:2014年10月 -
2ndシーズン:2015年4月 -
漫画
漫画
作者 西脇だっと
出版社 角川書店
掲載誌 月刊少年エース
発表号 2006年2月号 - 2012年12月号
巻数 全20巻
話数 82話 + 番外編13話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト ゲームアニメ漫画
ポータル ゲームアニメ漫画

Fate/stay night』(フェイト・ステイナイト)は、TYPE-MOONから発売されたゲーム作品。ジャンルは伝奇活劇ビジュアルノベル。また、これを原作とするアニメ漫画などの関連作。

概要[編集]

本作品は、これまで同人サークルとして活躍していたTYPE-MOONの商業デビュー作品である。また、TYPE-MOONによる他の作品、『月姫』や『空の境界』などと同一世界での出来事を扱っていることでも知られている。これらの作品の間にはストーリーの直接的な関係はなく、それぞれの作品は単独で内容を理解することができるものの、共通の設定を背景に描かれており、クロスオーバーする部分も存在している。『月姫』同様ビジュアルノベル形式のゲームであり、「18禁のアダルトゲーム」というカテゴリに属してはいるが性的描写は控えめであるため、「ストーリー、設定面に比重を置いた伝奇活劇物」の色合いが強いゲームである。

後年発売されたファンディスク『Fate/hollow ataraxia』も合わせた販売累計は約40万本におよび、アダルトゲームの実販売数が集計されるようになってからは(2011年時点でも)最高の売上を誇っている。そのヒットの余波は凄まじく、本作発売当時はコミックマーケットをはじめとする同人誌即売会を本作品一色で埋め尽くし、普段アダルトゲームをプレイしない層にも「名前くらいは聞いたことがある」ほどの知名度を獲得した。

2006年1月から同年6月まで、全24話のテレビアニメが放送された。また、2009年7月31日には劇場版アニメの制作が告知され、2010年1月23日に公開された。

テレビアニメの放送開始に合わせて『月刊少年エース』にて西脇だっとによる漫画版の連載が開始され、2012年12月号まで連載された。

2013年7月に、『劇場版 空の境界』やアニメ『Fate/Zero』を制作したアニメーション制作会社『ufotable』により再度アニメ化されることが発表された。2014年10月より分割2クールのTVアニメとして放送予定。また、2014年7月27日に同社による劇場版アニメの制作も発表されている。

歴代作品発売略歴[編集]

ゲーム形式で販売された作品に限定して記載する。

初版
ファンディスク
[Réalta Nua]版
下記作品の詳細は『Fate/stay night [Réalta Nua]』を参照。
  • 2007年4月19日 - PlayStation 2移植版『Fate/stay night [Réalta Nua]』(フェイト/ステイナイト [レアルタ・ヌア])が発売(発売元:角川書店)。
  • 2011年12月 〜‎ 2012年2月 - WIN版[Réalta Nua]が3ルートを分割してダウンロード発売。
  • 2012年11月29日 - PlayStation Vita版[Réalta Nua]が発売(発売元:角川ゲームス)。
スピンオフ作品

ストーリー[編集]

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師("マスター")は7騎の使い魔("サーヴァント")と契約し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、故に彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。魔術を習うもその才能を見いだせず、半人前の魔術師として生きていた主人公・衛宮士郎。彼は偶然にもサーヴァントの1人・セイバーと契約したことから、「聖杯戦争」に巻き込まれる。亡き義父・切嗣のような「正義の味方」になりたいと願う士郎は、無関係な一般人の犠牲者を増やさないために聖杯戦争に参加することを決意する。

間桐慎二とライダーが一般人を巻き込む結界「鮮血神殿(ブラッドフォート・アンドロメダ)」を使うことを阻止するため、そしてイリヤスフィールが召喚した最強のサーヴァント・バーサーカーに立ち向かうため士郎は遠坂凛・アーチャーと共同戦線を張る。セイバーは宝具「約束された勝利の剣(エクスカリバー)」を使用してライダーを倒す。その結果、マスターからの魔力供給がないセイバーは魔力切れで消えそうになるが、士郎の魔術回路を移植する(PC版では性交する)ことでパスを繋げる。アーチャーはバーサーカーに敗れ死亡。士郎はセイバーの失われた宝剣「勝利すべき黄金の剣(カリバーン)」を投影してバーサーカーを倒す。

柳洞寺に拠点を構え魂喰いを平然と行うキャスターが襲い掛かってくる。その時、存在しないはずの8人目のサーヴァント・英雄王ギルガメッシュが現れキャスターを蹂躙する。セイバーも宝具「天地乖離す、開闢の星(エヌマエリシュ)」に敗れる。8人目のサーヴァントについて監督役の言峰綺礼に聞き出すため言峰協会に向かう士郎。その地下室では、士郎と同じように十年前の災厄から生き延びた子どもたちが、ギルガメッシュのエサとなるために幽閉されていた。そして聖杯は呪われていることを知る。

士郎は自身に埋め込まれたセイバーの失われた鞘「全て遠き理想郷(アヴァロン)」を返す。セイバーはギルガメッシュを、士郎は言峰綺礼を倒し、最後にセイバーに聖杯の破壊を命じる。セイバーは士郎へ愛の告白をして消える。

用語解説[編集]

この作品の世界観はTYPE-MOON作品の多くが共有する世界観と同一である。TYPE-MOON#共通した世界観も参照のこと。

聖杯
「万能の釜」や「願望機」とも呼ばれる手にする者の望みを実現させる力を持った存在[注 1]。これを手に入れるための争いを聖杯戦争(後述)という。
冬木の聖杯は聖堂教会に観測された第七百二十六個目の聖杯候補であり、表向きは真贋の判断が付いていないことになっている。しかし、実は失われた第三魔法[注 2]魂の物質化天の杯(ヘブンズフィール)[注 3]を再現するために作られた贋作であると判定できている。
聖杯自体は実体を持たず、魔術回路[注 4]を持つ存在を「器」として、サーヴァントの魂が溜まった「器」に降霊することで現われる(これは、後述する「大聖杯」に対し「小聖杯」と呼ぶこともある)。
ただし、器は願いを(広義的に見て)叶える「願望機」としての役割も確かに持っており、儀式の完成(サーヴァント5体以上の死亡)によってもたらされる膨大な魔力を用いれば大抵の願いは叶えることが可能[注 5]なので、実質的には真作の聖杯を手にしたのと変わらない。そのため、実際は贋作と分かっていてなお、魔術協会が主催を務め、聖堂教会が監督役を派遣して「聖杯戦争」を見守っている。
しかし、第三次聖杯戦争においてルールを破って召喚されたあるサーヴァントが原因で、聖杯が溜め込む「無色の力」は汚染されて「人を殺す」という方向性を持った呪いの魔力の渦と化すようになり、それ以降、冬木の聖杯は全ての願いを「人を殺す」と言う結末に拡大解釈する欠陥品になってしまっている(「大金を願えば、金持ちを殺しつくしその富を奪う」など)。こうして聖杯の中に淀み始めた黒い泥は、触れたものの魂を汚染してしまい、サーヴァントさえも性格を悪しき方向へと反転させ暴走状態にしてしまう。これを黒化と呼ぶ。
聖杯戦争
広義においては聖杯と呼ばれるもの(真贋は問わない)を手に入れるための行為全般を指す[注 6]。冬木の地の聖杯戦争は、聖杯によって選ばれた七人のマスター(後述)が、サーヴァント(後述)と呼ばれる聖杯戦争のための特殊な使い魔を使役して戦いあう形をとる。
冬木の地の聖杯戦争は、その聖杯と同様に、失われた第三魔法の再現のための儀式である。一連の儀式は200年前、アインツベルン・遠坂・マキリの三家がそれぞれの思惑から協力したことで始まった。儀式の成功にマスターが戦い合う必要はなく、召喚された七騎のサーヴァントの魂を全て「器」に注いでしまえばそれでよい。しかし、最初にその方法をとった時は、儀式を始めた者たちの間で完成した聖杯の権利を独占するために殺し合いが始まってしまい失敗。二回目の儀式から、円滑に儀式が進むよう権利争奪を兼ねた「聖杯戦争」の形となった。
聖杯戦争の実施にあたっては、柳洞寺のある円蔵山地下に隠された大聖杯と呼ばれる巨大な魔法陣により、冬木の土地の霊脈が枯渇しない程度に少しずつ魔力を吸い上げて儀式に必要な量を溜める必要がある。そのインターバルは通常60年を要するところだが、前回の聖杯戦争では呼び出された聖杯が結局使われないままに終わり、今作の舞台である第五次聖杯戦争の開催が早まる原因となった。
アニメ版では、聖杯戦争出場者以外の無関係者や一般人に見られた場合は、掟により速やかに口を封じ抹殺しなければならない。
また、本編の10年前に衛宮切嗣により洞窟内に瘤を発生させ、そこに堆積したマナが30年から40年の間に破裂し大聖杯を龍洞に崩落させるという細工が為されていたが、第五次聖杯戦争が早まったために不発。しかし聖杯が出現した際にそれは発動し洞窟を崩壊させた。そして本編の10年後に遠坂凛とロード=エルメロイII世によって冬木の大聖杯が完全に解体され、冬木の聖杯戦争は幕を閉じる。
マスター
サーヴァントと契約して聖杯戦争に参加する者。聖杯が選別したマスター候補者が、召喚されたサーヴァントと契約することでその資格を得る。
サーヴァントとの間に見えないつながりがあり、現界のための依り代と魔力供給の役割を持つ。召喚者には、サーヴァントを支配・制御するための令呪[注 7]が与えられ、マスターには人それぞれの形[注 8]でサーヴァントのパラメータを認識する能力と、英雄に関する知識が与えられる。また、つながっているためにお互いの過去を夢などで見ることもある。
召喚者以外の者がマスターとなる場合もあり、その際は脱落者の未使用の令呪が与えられる。ただし、聖杯が認めるマスターの最低限の条件は魔術回路があること(正しくは、自身が魔力を生成できること)で、その他の方法でマスターになった者を聖杯はマスターと認めず、令呪を与えない。
サーヴァント
聖杯の助けによりマスターに召喚され、彼らに使役されることになった英霊[注 9]攻撃能力はおよそ戦闘機一機分(破壊力は近代兵器の方が強力なものが多いが、霊体であるため通常兵器・通常攻撃が効かないという点で優位。機関銃(通常攻撃)とミサイル(宝具)を備え、魔力の補給が必要という意味でも戦闘機で例えている)[1]
本来、英霊として召喚される彼らは意思を持たない純粋な「力」として行使されるが、冬木の聖杯戦争においては、一度の聖杯戦争につきあらかじめ通常7つの器(クラス)、セイバー(剣の騎士)アーチャー(弓の騎士)ランサー(槍の騎士)ライダー(騎乗兵)キャスター(魔術師)バーサーカー(狂戦士)アサシン(暗殺者)が用意され(「アヴェンジャー(復讐者)」のように、上記以外のエキストラクラスが用いられた時もある)、そのクラスに該当する属性を持った英霊を召喚、クラスの役割に一騎ずつ憑依させることで人としてのカタチと人格を再現する仕組みになっている。セイバー・アーチャー・ランサーは三騎士と呼ばれ、総じて強力なクラスとされる。三騎士は確実に聖杯に用意されるが、他のクラスは度々イレギュラークラスに変わる。このクラスシステムによって英霊の能力をそぎ落とすことで、魔法使いにも不可能な英霊の召喚を容易にしている。ただし、クラス制限により、例えばランサー(槍兵)のサーヴァントとなった者がセイバー(剣兵)であれば持っていたはずの剣の宝具を失うということがあり得る。だが単純に武装でクラスが決まるのではなく、クラスの特性である。例として、アーチャー(弓兵)は自身の低ステータスを補う優れた宝具を所有する特性があり、飛び道具が存在しないか主体でない者でもなる者もいる。また、バーサーカー(狂戦士)など属性の強いクラスの場合、英霊の一部の面を強調することで他のクラスと異なる姿で現れる場合がある。ちなみに、バーサーカーとアサシンは召喚の詠唱に二小節を加えることによって、任意で召喚できる。また、サーヴァントの真名を知られるということは、同時に弱点を晒すということにつながる[注 10]ため、真名がマスター以外の者に知られないよう普通はクラス名で呼ばれる。ちなみに、英霊の肉体の年齢は逸話や呪いなどがない限り、全盛期の肉体で召喚される。
英雄である彼らは基本的に人間がまともに戦って敵うような相手ではなく、彼らの半身ともいえる「宝具[注 11]」をはじめとして現代の人間より遙かに強い力を持った存在であり、さらに本来の力に加えて伝説の知名度や信仰による恩恵を得て力を振るうことができる(知名度は聖杯戦争の舞台が対象であり、つまり日本における知名度となる)。これに加え、戦争が開催される土地が地元の文化圏に近いほど劣化(ステータスの低下、装備スキル宝具の喪失)をさけられる。また、器(クラス)に収まることで、クラスに応じた固有の技能(剣・弓・槍の三騎士の「対魔力」、狂戦士の「狂化」など)や、その時代や地域、聖杯戦争のシステムに対する知識が与えられている。それと別でマスターの性質により能力に補正がかかる。また、上述のとおり架空の英霊の召喚は可能だが、それは本人ではなくその英霊の特徴や神話などに該当する人物が呼び出される。ただし、聖杯の概念がない者、つまり東洋の英霊はそれらの時代には概念がまだ浸透していないため召喚できない(例外こそあるが、それは本来のサーヴァントのシステムから逸脱した召喚だからこそである)。
彼らは使役する立場であるマスターより遥かに強力な存在だが、「現界のための絶対条件」としてマスターからの絶対命令権である令呪の縛りが課せられていて、マスターはサーヴァントに3度だけ絶対に従わせる命令を下せる。さらにサーヴァントらは現世に留まるために現代の依り代を必要とし、現界のための魔力もほぼ自給できないため、マスターとの協力関係を余儀なくされる。
彼らの本質は霊体であるため、たとえ彼らが実体化している時でも、神秘の存在しない攻撃は効果がない。逆に神秘さえあれば、ペーパーナイフでも傷つけられる。魔力供給を断たれると霊体に戻り、マナ[注 12]の薄い無機物を通り抜けることができる。その状態でもマスターと意思を通わせることは可能。霊体のままだと通常干渉を受け付けないが、現実への干渉力が落ちる。
通常、召喚されたサーヴァントは敗北した後、英霊本体のいる「英霊の座」に記録だけをフィードバックし、通常の時間軸から消え去るのだが、それを押し留めて一時的に「小聖杯」たる器に蓄え、力が満ちてから英霊が“座”に戻る力を利用して一気に「根源の渦」[注 13]への穴を穿つ、というのが冬木の聖杯戦争に隠された儀式の真の姿である。これを行う場合、穴を開くためにはサーヴァント全員の魂が必要なので、自身のサーヴァントも殺す必要がある。令呪の一画を残すことがセオリーとされるのはそのためであり、サーヴァント自身はそのことを知らない。
黒化したサーヴァントは聖杯の力で受肉するため、物理的な干渉力は増大するが霊体化はできなくなる。また魔力の制限がなくなり、戦闘力が大幅に強化される。

攻略ルート[編集]

物語の途中の選択肢によって生まれる状況の差異により、計3ルートに分岐する方式が取られており、全てのルートで全てのサーヴァントの役回りが異なる壮大なビジュアルノベルとなっている。また、分岐できるようになる選択肢が現れる条件から、プレイ可能なシナリオの順番は固定されており、隠された真相が後のルートで明かされるという相互補完的な要素が盛り込まれているのも大きな特徴である("Heaven's Feel"シナリオの長大化の原因ともなった)。標準的な攻略時間は60時間にも及ぶ。エンディング45の内、バッドエンドやデッドエンドが40という多さも特徴である。

構想段階では3ルートではなく、ライダールートやキャスタールートなど、もっと多くの分岐が考えられていたという。ところが、開発時間の不足と攻略時間の軽減のために削られていき、物語上必須であったイリヤルートまでが削除された結果、イリヤルートの一部は桜ルートに統合されることになった。

"Fate"(セイバールート)
セイバーが聖杯を望む理由と、彼女にとっての救いを描いたルート。まずこのルートをクリアしなければ次のシナリオに進めない形式で、エンディングは1種類のみ。セイバーと士郎がお互いを理解し尊重するようになっていく過程で、自らの折れかけた「思い」を相手の生き方の中に再確認し合い、最後にはその思いを貫くためにそれぞれの道を選ぶ、というもの。
"Unlimited Blade Works"(遠坂凛ルート)
セイバールート終了後に分岐可能。サーヴァントとマスターの契約破りや裏切りが横行し、敵味方の関係が目まぐるしく変化するシナリオ。アーチャーの意外な正体が明らかになると共に、士郎自らサーヴァントと戦うなど、主人公・衛宮士郎のルートでもある。これから士郎が歩むことになる険しい道と、それを突きつけられてなお揺るがぬ彼の決意を描く。
"Heaven's Feel"(間桐桜ルート)
上の2ルート終了後に分岐可能になる作品中もっとも長いルート。聖杯戦争を描いたこれまでのルートと根本的に異なり、そもそも「聖杯」とは何か、なぜサーヴァント同士の戦いが必要だったのかという核心の部分の謎を明らかにするシナリオである。また、士郎の人格が抱える歪みを解決し、彼が救われるための在り方の一つを提示する意味も含まれている。なおこのルートには、制作段階で断念された“イリヤスフィール・ルート”としての側面も含まれている。
その他のエンディング
本作品の上記以外の40のバッド・デッドEDについては、「とっさの選択を間違え殺される」というお約束的なものがほとんどだが、中には一つの解決・結末を示すものも存在する。例として、士郎がそれまでの「正義を貫く自分」を桜ルートでも選択する、など。
[Réalta Nua]のみの追加エピソード
"Réalta Nua"(ラストエピソード)
全ルートを攻略すると、タイトル画面が「黎明の風景」から「無数に剣が突き刺さった地平」に変化して選択可能となる。このエピソードを終えるとタイトル画面が更に変化する。
まず年老いた士郎の過去(Fateルート)の回想から始まり、1つの時間に留まり続けたセイバーと、正義の味方になるという理想を追い求めた末に精神が磨耗しきった士郎が、「もう一度再会を果たす」という永過ぎる時間に阻まれた叶わぬ「ユメ」を追い求めるシナリオ。選択肢は存在せず、文章量も他のルートの10分の1もない。攻略後にはPS2版専用のエンディングテーマが挿入されている。

登場キャラクター[編集]

の項はテレビアニメ版 / [Réalta Nua] の順。相違しない場合は省略する。PCゲーム版はバーサーカーの咆哮を除きボイスは存在しない。

主人公[編集]

衛宮 士郎(えみや しろう)
声:杉山紀彰(幼少期:野田順子
身長:167cm / 体重:58kg / イメージカラー:赤銅
本作の主人公の少年。穂群原(ほむらばら)学園2年C組に在籍。口癖は「なんでさ」。
10年前に冬木市で起きた大火災の唯一の生存者。その際に助けてくれたのが魔術師である衛宮切嗣であり、養子となった。切嗣に命を救われたこと、そして助かったのが自分だけであることが非常に強烈な心象として残っており、切嗣への憧れから、正義の味方となってみんなを救い幸せにするという理想を本気で追いかけている。養父からの「借り物の理想」を追いかけて正義の味方を目指し、人助けのためなら自らを省みないその生き方は、シナリオ原作者の表現によれば「一生懸命人間のふりをしているロボット」あるいは「人間になろうとしているロボット」。言峰綺礼が先天的な異常者であるとすれば、彼は冬木大火災に狂わされた後天的異常者である。
弓道部員(現在は退部)であり、その腕は文字どおり百発百中であったという。人助けが生き甲斐であり、他人から頼まれたことに対して基本的に嫌と言わない(言えないのではなく)ため、都合よく利用されることも多い。得意とするのは物を修理することと、家庭料理をはじめとする家事一般。
運命のその夜、サーヴァント同士の戦いを目撃してしまったために殺されそうになった彼は偶然召喚したセイバーに窮地を救われ、以後彼女のマスターとして聖杯戦争に参加することになる。
養父に無理に頼み込んで魔術の指導を受け、今も欠かさず鍛錬を続けてはいるものの、本来魔術師の家系ではない上、養父亡き今となっては完全な独学であり、初歩的な(ただし、極めるのは至難とされる)「強化」(物体に魔力を通し、その物体がもともと持っている性質を強化する魔術)しか使うことができず、しかも成功率は低い。また、魔術回路は一度造って蓄積されたものを起動させれば良いということを知らず、魔術の度に一から魔術回路を造るという死の危険を犯している。魔術師にはあまり役に立たない類のものだが、物体の構造を把握することにかけては一流で、この才能ゆえか凛にも不可能だった学園内に張られたライダーの「他者封印・鮮血神殿」の結節点の特定を易々とこなしている。
魔術を使わない純粋な喧嘩をした場合、それぞれの試合形式では専門家に劣るが“どっちが音を上げるかが勝負みたいなケンカ”なら学園最強だとされる[2]
魔術師としては知識も技量も半人前の彼だが、「強化」よりも遙かに高度な「投影」(イメージを元に、魔力で一時的に物体を作り出す魔術)を容易にこなし、さらに「投影」した物体がいつまでも消えないなど、特定の魔術に関しては普通の魔術師にはありえない特異な才能を発揮する。これは彼の体が、術者の心象風景によって世界そのものを塗り潰す「固有結界[注 14]と呼ばれる大魔術のみに特化した異端であるため。切嗣も凜も彼の使う魔術の異常さには気づいていながら、その正体を見極めることまではできず、彼を的確に指導することができなかったほどである。彼の固有結界「無限の剣製(アンリミテッドブレイドワークス)[注 15]」は「視認した剣(および剣と認識できるもの)の構成や本質を捉え、複製し貯蔵する」という能力を持つ。彼が普段用いている魔術や、物体の構造の把握、結界の存在に敏感であることなどは全て、そこから漏れ出た副産物に過ぎない。特に投影に関しては、固有結界内から引き出しているため、通常の魔術師の用いる投影とは全く異なるものである。通常投影では器分に加え内包分も魔力を注がなければならない上に効果は瞬間的だが、此方は心象世界から引き出す際の僅かな消費だけで成立されている。ただし、第五次聖杯戦争時点での士郎に投影できるのは武具、それも主に剣に限られ、近代兵器や機械は外見だけで中身が伴わない。鎧や盾など防具などに関しては瞬間的な効果で代償も大きい。それ故に彼が「熾天覆う七つの円環(ロー・アイアス)」を投影した際は4枚になっている(ただし、凛ルートでは7枚と完全に投影している[注 16])。また、魔術師として未熟なために魔力が足りず、自力で固有結界を展開することはできない。ただし、命の危機に瀕すると、自覚がないまま固有結界が体内で暴走を始める。最悪の場合、無数の剣を生み出して体の内部から彼を串刺しにし、命を奪うこともある。
彼は知らなかったが、切嗣に命を救われた際、体内にエクスカリバーの鞘である結界宝具「全て遠き理想郷(アヴァロン」を埋め込まれており、それが縁となってセイバーが召喚された。セイバーと契約中にある限り、セイバーとの距離に応じた強度の回復能力が発動する。セイバーが直に接触すれば、宝具の恩恵によってほぼ致命傷に近い傷からでも回復できる[注 17]。ちなみに回復の行程は回りくどく、まず筋肉を刀身に変換しそこから穴が開いた部分を剣で縫い付けてから元に変換し直すというもの[注 18]。長年体内に宿していたために、上記のような契約や接触もなく自力で恩恵を作動させられるなど容易に投影可能であり、「真名開放」も可能。だが、それはセイバーとのライン(契約ではなく因果線)がつながっているからこそであり、鞘単体では彼の魔術特性と起源を「剣」に変えていくものでしかない。そのため、固有結界に大きく関係している。そして本編の10年後に大聖杯が解体された時にはセイバーとのラインが切れ、鞘のイメージを失い投影できなくなる。
"Heaven's Feel"シナリオでは中盤の戦闘で左腕を失う重傷を負ったが、同じく瀕死の重傷を負い消滅寸前だったアーチャーの発案により彼の左腕を移植[注 19]され、彼の魔術や戦闘経験・技術を引き継ぎ[注 20]、黒化したバーサーカーやセイバーオルタといった強豪サーヴァントとも対等に戦えるほどの力を得た。しかし、英霊であるアーチャーの腕は人間の身で到底扱えるものではなく、一度でもアーチャーの腕を使用すると、その魔術行使に肉体が耐えられず内部から崩壊、次第に士郎の人格、意識、記憶を破壊してしまう(作中では「時限爆弾にスイッチが入る」と例えられている)。そのため、魔力殺し(マルティーン)の聖骸布を巻いて封じることになるが、それでも生きている限り魔力は肉体に通るものであるため、腕からの侵食は完全には止められず、十年ほどで完全に侵食されてしまう。それまでに腕と拮抗するほどの魔術師に成長しなければならず、少なくとも生活的に聖骸布を巻き直せるくらいにはと凛は述べている。また凛は魔術回路のオンオフは反って危険と判断して学ばせず、従来のままである。最終的に戦いのため聖骸布を解いてしまい、記憶が次第に薄れて廃人と化していき、投影の度に体内の固有結界が暴走し全身の内部から剣が串刺し状態になっていった。

メインヒロイン[編集]

セイバー(Saber
声:川澄綾子
身長:154cm / 体重:42kg / スリーサイズ:B73 (B)[注 21]/W53/H76
誕生日:不明 / 血液型:不明 / イメージカラー:青 / 属性:秩序・善
パラメータ(士郎): 筋力:B / 耐久:C / 敏捷:C / 魔力:B / 幸運:B / 宝具:C
パラメータ(凛):筋力:A / 耐久:B / 敏捷:B / 魔力:A / 幸運:A+ / 宝具:A++
スキル:対魔力:A / 騎乗:B / 直感:A / 魔力放出[注 22] / A / カリスマ:B
本作のメインヒロインにして準主人公。士郎と契約した剣士の英霊。外見は美しく華奢な少女だが、サーヴァント中最も安定して優秀と謳われるクラス「セイバー」に召喚されたほどの英雄。ただし、未熟なマスターである士郎との契約が原因で魔力の供給が十分ではなく、思うままに力を振るえずにいる。性格は良く言えば実直で生真面目だが、悪く言えば融通の利かない頑固、そして負けず嫌い。凛とした表情を滅多に崩さないが、怒ると怖い。その一方で時折、年相応の少女らしさを見せることもある。
かなりの健啖家であり(本人曰く「魔力の供給不足を補うため」だが、作中で士郎に疑問視されている)、またの名を「腹ペコ王」。
人気投票では第1回、第2回共に1位に輝いた。そしてTYPE-MOON10周年記念のオールキャラクター人気投票では見事1位に選ばれた。Fate派生作品では様々なセイバーが登場。2013年エイプリルフール企画「路地裏さつき・ヒロイン十二宮編」では他のセイバー系ヒロインを討とうと画策した。
正体は世界的に有名なイングランドの伝説的英雄、アーサー王。作品中の設定では、選定の剣(カリバーン)を岩から引き抜いた「アルトリア」という少女が性別を男と偽って「アーサー」を名乗り、王になったとされる。肉体の成長はその瞬間から止まってしまった。実は前回の第四次聖杯戦争で、士郎の養父である切嗣によって、同じセイバーのサーヴァントとして呼び出されていた。生前国を護ることができなかった後悔と、前回の第四次聖杯戦争における経緯(詳細は『Fate/Zero』を参照)により「自分は王にふさわしい器ではなかった」と感じたことから、新たに王の選定をやり直すために聖杯を求めている。
実は彼女は他の英霊達と違ってまだ死んでおらず、死の寸前で「聖杯を手にすること」を求めて世界と契約し、生きている状態のまま様々な時空間に呼び出されている。聖杯を手にし、世界との契約が達成された暁には本来の時間に戻り、願いを叶えた後にそのまま死を迎え、はじめて正式に英霊となることになる。そのため、生者である彼女は霊体化することができない。
生前の時点で、選定の剣「勝利すべき黄金の剣(カリバーン)」は折れてしまっており、また、使用者を妖精郷に隔離することであらゆる物理干渉や魔術干渉、さらには魔法や平行世界・多次元からの干渉すらも遮断し、傷や病に老化をも癒す、ランクEXの結界宝具「全て遠き理想郷(アヴァロン)」も手元からは失われている。しかし、サーヴァントとしての彼女は、風を纏わせることで光の屈折率を変化させ武器を不可視にすることで間合いを測らせない第二の鞘「風王結界(インビジブル・エア)[注 23]、使用者の魔力を“光”に変換し究極の斬撃として放つ星の鍛えた聖剣「約束された勝利の剣(エクスカリバー」の2つの宝具を持つ。また、前述の「全て遠き理想郷」も、士郎の体内に埋め込まれる形で第五次聖杯戦争に存在しているため、ルートによっては士郎からセイバーに返還され、第三の宝具となる。宝具以外にも多数の精霊の加護を得ている。[注 24]
セイバーオルタ[注 25]
属性:秩序・悪
パラメータ:筋力:A / 耐久:A / 敏捷:D / 魔力:A++ / 幸運:C / 宝具:A++
スキル:対魔力:B / 騎乗:- / 直感:B / 魔力放出:A / カリスマ:E
"Heaven's Feel"シナリオにおいて黒化した姿。容姿も属性も完全に変貌し、半ば殺人マシーンじみた強敵として士郎の前に立ちふさがる。ステータス画面では明らかに別人として扱われており、存在しないはずの8人目以降のサーヴァントのうち10人目とする解釈もある。
遠坂 凛(とおさか りん)
声:植田佳奈
身長:159cm / 体重:47kg / スリーサイズ:B77/W57/H80
誕生日:2月3日[注 26] / 血液型:O型 / イメージカラー:赤
本作のヒロインの1人。士郎と同じ穂群原学園(2年A組)に通う女生徒で、魔術師。アーチャーのマスター。亡き父・遠坂時臣の遺志を継いで聖杯戦争に臨む。家訓「どんな時でも余裕を持って優雅たれ」を実践する。学校では男女問わず絶大な人気を誇る美少女であり、優等生を演じているが、その本性は士郎曰く「あかいあくま」。魔術師としての誇りや元来のプライドの高さゆえに誤魔化しているが、実はかなりお人好しな性格である[注 27]
アベレージ・ワンと呼ばれる五大元素使いの魔術師として高い実力を誇るも、肝心な所で凡ミスをする悪癖(先祖代々の遺伝らしい)がある。遠坂家の魔術である「力の転換」によって宝石などに魔力を貯めこんだり一気に開放したりすることや、相手を指差すことで人を呪う北欧の魔術「ガンド」を得意とする。また、言峰から指南されていた八極拳も用いる。
料理の腕前は、少なくとも得意の中華料理に関してなら士郎より上。趣味は士郎弄りと宝石磨き。寝起きはかなり悪い。遠坂の魔術の性質上、高価な宝石を多用する必要があるため、見た目とは裏腹にお金に細かい。士郎と共同戦線を張り、彼の魔術を指導するために衛宮邸へ居候するが、家主の士郎よりも権力を振るう。
人気投票では第1回、第2回共に2位に入った。TYPE-MOON10周年記念のオールキャラクター人気投票では4位と好成績ではあるが、アーチャーに抜かれる結果になった。
本編の10年後にロード=エルメロイII世と共に冬木の大聖杯を解体する。
間桐 桜(まとう さくら)
声:下屋則子
身長:156cm / 体重:46kg / スリーサイズ:B85/W56/H87
誕生日:3月2日 / 血液型:O型 / イメージカラー:桜
本作のヒロインの1人。間桐慎二の妹。穂群原学園に通う士郎の1年後輩で、士郎にとっても妹のような存在。弓道部所属。穏やかな性格の美少女。ある出来事をきっかけに、1年ほど前から毎日士郎の家に朝食と夕食を作りに来ている。以前は暗い雰囲気だったが、士郎や大河の影響で随分と明るくなり、笑顔を見せるようになった。今や洋食に関しては料理の師である士郎よりも上。士郎は気付いていないが、彼のことを恋い慕っている。
実は彼女も魔術師であり、ライダーの正式なマスター。更には凛の実の妹で、旧姓は遠坂桜。幼い頃間桐(マキリ)の家に、養女として迎えられている。遠坂の魔術刻印の継承者にして姉である凛に対しては、憧れと同時に強いコンプレックスを感じている。元々聖杯戦争に関わる意志が無かったため、最初の2つのルートではマスターとしての権利を最後まで義兄の慎二に委ねている。
身体に合わないマキリの魔術に無理矢理馴染ませるべく、長年に渡り蟲による調整を受け続けてきた。そのため、元は凛と同じだった髪や瞳の色が一変するほど体質が変化した。常人なら数日もたずに発狂するほどの蟲による凄惨な陵辱や義兄である慎二による虐待など、過酷な境遇に長年置かれていたために、その精神は極限まで追い詰められている。幼い頃の出来事については『Fate/Zero』を参照。
前回の聖杯の破片から作られた刻印蟲を心臓に植え付けられているため、今回の聖杯戦争におけるもう1つの聖杯でもある。ただし不完全であり本来なら完成に至ることはないのだがHeaven's Feelルートにおいて、士郎と恋人となったことによって「士郎を失いたくない」という恐怖心や間桐臓硯の策略もあり、鬱屈していたネガティヴな感情が噴出することで中身の成長を促し完成する。第三次聖杯戦争の時から大聖杯内に留まる復讐者(アヴェンジャー)のサーヴァント、この世全ての悪(アンリマユとの契約の影響で、人格が一変した禍々しい姿(俗に「黒桜」と呼ばれる)となり、冬木市での大虐殺に手を染める事になる。
人気投票第1回は6位、第2回は5位と3人のヒロインの中ではやや人気が低めであり、派生作品では「腹黒い桜」が定番となってしまっている。『まほうつかいの箱』女性キャラ投票で4位となるもTYPE-MOON10周年記念のオールキャラクター人気投票では8位を獲得し奈須きのこから「純心(真っ黒)後輩系ヒロイン」と評された。
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン(Illyasviel von Einzbern
声:門脇舞以
身長:133cm / 体重:34kg / スリーサイズ:B61/W47/H62 / イメージカラー:銀
本編のサブヒロイン。バーサーカーのマスター。「雪の妖精」を思わせる小柄な少女。愛称はイリヤ。聖杯戦争のためだけに育てられた、マスターとして最強の存在。基本的には素直で無邪気、天真爛漫な性格だが一般的な常識や倫理観が乏しく、特に殺人に抵抗がない(ただしあくまで敵として認識した相手に対してであり、無関係な民間人を手にかけるほど残忍ではない)。夜に出会えば危険極まりないマスターであるが、昼の商店街に現れたときは人との触れ合い方を知らない臆病な面も見せている。魔術師としては余り洗練されていないが、肉体が魔術回路そのものであり特別製の令呪仕様のため、最高のマスター適正と魔力を持つ。士郎を「お兄ちゃん」と呼んで慕い、戦争開始直後より執着する。バーサーカーは最強の従者であると共に冬の城で孤立したイリヤにとっての父親のような存在でもあり、普通のサーヴァントとは一線を画す絆がある。 普段の立ち居振る舞いは幼いが魔術師・貴族の姫として威厳のある一面もあり実年齢は士郎よりも上であるため、「妹」ではなく「姉」としての顔を垣間見せる時もあるなど、様々な側面を併せ持つ。
本来は専用ルートがあったが、時間の都合でカットされたという経緯がある。バッドエンド後のお助けコーナー、「タイガー道場」の弟子一号「ロリブルマ」としても登場する[注 28]
衛宮切嗣とアインツベルンのアイリスフィールとの間に生まれた実娘。実年齢は18歳であり、士郎にとっては非血縁の姉にあたる。母のアイリスフィールはアインツベルンの錬金術が生み出したホムンクルスであり、彼女もまた母の胎内にいる時からアインツベルンより様々な魔術的調整を施されており、その影響で肉体の成長が二次成長で止まっている。ユーブスタクハイトの偏った入れ知恵により、切嗣が自分と母を捨て[注 29]最後の最後でアインツベルンを裏切ったと吹き込まれたことで切嗣を憎んでいるが、故人と知った時に悲しむなど内心複雑な模様。士郎のことは最後の家族としても見ており、彼を失い再び孤独になることを何よりも恐れている。士郎を直接手に掛けないのは、自分自身で最後の家族を消すのが怖いためである。
今回の聖杯戦争の聖杯であり、同じく聖杯である桜をどことなく苦手としている。アインツベルンから失われた第三魔法「魂の物質化」、"天の杯(ヘブンズフィール)"に至るための器(願望機)の身体(正確には心臓部分)でもあり、魂を取り込むことで魔術は理論を省略して「結果」のみを現出でき、それがイリヤの魔力で叶うことならばイリヤ自身はそのために必要な魔術理論を知らなくとも行使できる。

サーヴァント[編集]

アーチャー(Archer
声:諏訪部順一
身長:187cm / 体重:78kg / イメージカラー:赤 / 属性:中立・中庸
パラメータ: 筋力:D / 耐久:C / 敏捷:C / 魔力:B / 幸運:E / 宝具:??
スキル:対魔力:D / 単独行動:B / 千里眼:C / 魔術:C- / 心眼(真):B
凛と契約した弓兵の英霊。キザで皮肉屋で現実主義者だが、根底の部分ではお人好し。弓兵のクラスでありながら弓よりも2本1対の陰陽の夫婦剣「干将・莫耶(かんしょう・ばくや)[注 30]」による白兵戦を好む。ステータス自体は平均的な能力だが、それでも剣戟は音速を超える模様(『Realta Nua』より)。
弓兵として弓を取ることもあり、「偽・螺旋剣(カラドボルグII)」(アーチャーがある宝具を改造した物でIIが指すとおりケルト神話に登場するカラドボルグとは別物)などを扱う。更には、ギリシャ神話のトロイア戦争にてアイアスが使用した盾で、投擲に対しては無敵とされる「熾天覆う七つの円環(ロー・アイアス)」なども使用する。凛による乱暴な召喚のせいで記憶が混乱し自分が何者か分からないと言い張り、マスターである凛もその真名を知らない。士郎を個人的に敵視しているようだが、その一方で彼に対して的確な助言を送ることもある。男性キャラの中では最高人気を誇り、人気投票では第1回、第2回共に3位に入り、TYPE-MOON10周年記念のオールキャラクター人気投票では月姫のアルクェイドや凛を押さえ再び3位に入った。
辿ってきた数奇な人生を語るかのような、その背中が印象的な漢。実際、『Fate/stay night』のほぼ半分は彼の物語でもあり、この作品のもう一人の主人公とも言える。
今回の聖杯戦争で唯一、未来から召喚された英霊。その真名は「エミヤ」、すなわち未来の世界において死すべき運命にあった百人を救うため世界と契約し、奇跡の代償として英雄化した衛宮士郎その人。優れた才能を持たない彼が、それでも自分の理想を貫き通し、厳しい修練と戦いをただひたすら耐え抜いて正義の味方に成ろうとした、そのなれの果て。皮膚や髪の色が作中時点の士郎と異なるのは固有結界の魔術による反動である[注 31]。本来なら契約したマスター以外がサーヴァントの過去を見ることはないが、士郎は元が同一人物のためか彼の過去(自分が辿るかもしれない未来の可能性)を幾度か見ている。
理想を追い続けたその生涯は報われることなく、自分が助けた相手の裏切りによって幕を閉じるが、それでも彼は誰一人恨まなかった。却って死後にその魂を英霊としてまで、見ず知らずの人々のために正義の味方になることをただ一途に望んだ。だが皮肉にも、英霊としての彼に与えられた役割は、一部の人々を虐殺することで人類全体を破滅から救う「守護者」[注 32]であった。拒むこともできないまま、その手で永遠に望まぬ虐殺を繰り返し、かつそれを通して人々の醜い面を延々と見せつけられた結果、彼の信念も遂には摩耗、抱き続けた理想に絶望し、自分のかつての生き方を憎むまでになった。そして、生前の衛宮士郎と同じ時間軸上に召喚された際に、士郎を自らの手で抹殺することで自分殺しの矛盾を起こし自身の存在を消滅させるという手段を思いつく。[注 33]だが結局彼は何度もチャンスが在ったものの士郎を一方的に殺そうとはしておらず、自身の悲願より聖杯戦争の最善の終結を優先しており、むしろ士郎に対して助言や手助けを与えている。士郎の殺害を行動に移した"Unlimited Blade Works"のシナリオでも、凜とセイバーとで勝ち残る算段が付いたと判断したからであり、そこに、彼が絶望してもなおやめられなかった正義の味方としての生き方、彼の信念を窺うことができる。
召喚の触媒になった品は、凛が父親から譲り受けた宝石のペンダント。凛が士郎の命を救うために用いたそれを彼は生涯大切に持ち続けていたため、召喚者である凛との縁となった。つまり、召喚の触媒を召喚者でなくサーヴァントの側が所持していたことになる。
召喚時の暴走のせいで記憶喪失というのは全くの嘘ではなく、生前の記憶自体が摩耗しているため、召喚直後の記憶は実際に曖昧で、現状を把握、推測することで急速に記憶を取り戻している状態である。その中で覚えていたことは、自身の名前と冬木の大災害の光景、切嗣に正義の味方になると誓った夜の思い出と、セイバーを召喚したときの光景だけである。ちなみにプロローグの独白は、彼のもの。
彼がどのような聖杯戦争を歩んだかは明確にされていない。
錬鉄の英雄」という異名を持つ。今回の聖杯戦争において、未来の英霊である彼には知名度による恩恵がなく、特定の宝具も持たないため一番不利だが、鍛え上げた戦術と必勝の戦略、そして固有結界「無限の剣製(アンリミテッドブレードワークス[注 15]」を自在に操ることが彼を強者としている。複製した剣は宝具としてのランクが1つ落ちるが、魔術による剣の「強化」でカバーしたり、形状変化させ「矢」として射放ったりと、アーチャーの技能でカバーが利く他、剣に宿った意思・経験・記憶を読み取ることで本来の担い手の技量までも再現し、「真名開放」も可能(もちろんオリジナルには一歩及ばない)。更に代えが利く投影宝具の強みを利用し、宝具を敢えて破壊することでその魔力を爆発的に解放する、「壊れた幻想(ブロークン・ファンタズム)」を使用することもできる。これらの能力から、ギルガメッシュ(後述)は彼を「贋作者(フェイカー)」と蔑む。
大抵の武器では傷すらつかないサーヴァントにとって、彼の固有結界の能力自体は大した脅威ではない。単純に相手の宝具や技量を複製しただけでは、それを極限まで使いこなす本来の「担い手」に及ばないためである。すなわち、他の英霊の宝具をいくつも記憶したうえでそれらを効果的に運用することにより、初めて他のサーヴァントに対抗し得る能力となる。ここに「心眼(真)」を初めとする、修練と経験とによって培われ鍛えあげられた技量が活きてくる。ただしギルガメッシュ(後述)に対しては、いくつもの利点を生かすことで常に先手を取ることができるため、天敵となり得る。
アニメ版では、原作では省略されたバーサーカー戦が描かれており、敗れはしたものの、全サーヴァント中最強と謳われたバーサーカーを五回殺害(原作では六回)するほどの実力を発揮した。
彼が万全の状態で全力を出すことは作中において無く、戦略的にわざと見逃すことや、マスター不在などで不利になる場面が多く、純粋に勝利することは無かった。また敵と言えど身内(凛、セイバー、イリヤなど)に対し非情になれきれない節があり、直接的に傷つけることはしなかった。
彼を象徴する赤い外套は「赤原礼装」と言い、ある聖人[注 34]の聖骸布から作られた概念武装[注 35]で、外敵ではなく外界からの守りである。
『Réalta Nua』追加エピソード"Réalta Nua"における士郎は、独白の内容や固有結界内の風景などから英霊エミヤであるとも解釈できる。
第五次聖杯戦争に関連しない作品では、外伝の『Fate/EXTRA』に主人公のサーヴァントの一人として登場している(詳細は当該項参照)。
バーサーカー(Berserker
声:西前忠久
身長:253cm / 体重:311kg / 誕生日:不明
血液型:不明 / イメージカラー:鉛 属性:混沌・狂
パラメータ: 筋力:A+ / 耐久:A / 敏捷:A / 魔力:A / 幸運:B / 宝具:A
スキル:狂化:B / 戦闘続行:A / 心眼(偽):B / 勇猛:A+ / 神性:A
イリヤと契約した狂戦士の英霊。身の丈2m半ばを超える巨漢。巨大な岩の剣を軽々と振り回す。第五次聖杯戦争で召喚されたセイバーが最優のサーヴァントなら、バーサーカーは最強のサーヴァントと評されており肉弾戦では敵無しとされる。バーサーカーのクラスの固有スキルである「狂化」により、理性や一部の技術を失う代償に能力が引き上げられており、その破壊力は圧倒的。通常バーサーカーのクラスは制御や維持の難しさから、「弱い」英霊を狂化し能力を高めて使役するが、今回のバーサーカーは元の英霊としての格も非常に高く、剣を叩きつければ衝撃で乗用車が跳ね上がる、地面が陥没するなど手のつけられない怪物となっている。狂化してなおマスターであるイリヤを護ろうとする意志を感じさせる描写がある[注 36]
正体はギリシア神話における大英雄・ヘラクレス。神の祝福(呪い)によって肉体そのものが常時発動型宝具「十二の試練(ゴッド・ハンド)」と化している。この宝具はBランクに満たない攻撃を無効化し、11回までの自動蘇生を行うことができる。さらに一度受けた殺害方法では二度と殺せないため、完全に倒すにはAランク以上かつ12種の攻撃か、強力な一撃で複数回殺す必要がある[注 37]。ただし、消費する魔力は桁違いで凡庸な魔術師ならば一生かかって蘇生一回分の魔力が用意できるかどうかである。逆に充分の魔力が有れば消費したストックも回復できる。
なお、英霊ヘラクレスにはキャスター以外の全てのクラスに該当する資質があり、数々の試練を知恵と機転で乗り越えたヘラクレスにはレンジャーでもあるアーチャーが特に相性が良く、バーサーカー以外のクラスだった場合には、生前に培った武技と「十二の試練」(自身の技能で一度見た技は見破れるため、より完璧になる)に加えて、状況・対象によってカタチを変える万能宝具「射殺す百頭(ナインライブス)」も用いる。この宝具はヒュドラを射殺した彼の弓の宝具(対幻想種用のホーミングドラゴンレーザー九発同時発射)を模した独自の流派であり、剣や盾などを用いた用途がある。その中の大剣による対人用の「射殺す百頭」は本編でアーチャーの腕を用いた士郎が斧剣共々投影し、九つの急所を瞬時に斬りつける「是・射殺す百頭(ナインライブズ・ブレイドワークス)」を黒化したバーサーカー自身に対して使用している。関連作品では士郎の大技にされている。ちなみに関連作品において彼自身が放った場合は、名の示すとおり百回斬りつける演出がなされる。同じ剣を用いた利用法として、地面を叩いてマルチレーザーを発射する対軍仕様がある。これらを犠牲にしてまでヘラクレスをバーサーカーとして召喚したのは、過去に幾度となく裏切られてきたアインツベルンにとって「無駄な知恵を付けず自分の言うことだけを聞く忠犬」のほうが制しやすかったためである。召喚に持ち得た触媒は、彼の武器である斧剣である。
ランサー(Lancer
声:神奈延年
身長:185cm / 体重:70kg / イメージカラー:青 / 属性:秩序・中庸
パラメータ: 筋力:B / 耐久:C / 敏捷:A / 魔力:C / 幸運:E / 宝具:B
スキル:対魔力:C / 戦闘続行:A / 仕切り直し:C / ルーン:B / 矢除けの加護:B / 神性:B
槍兵の英霊。高い瞬発力と白兵戦の能力を備え、紅い魔槍を持つ。マスターから偵察任務を命じられており、主に単独で行動する。根は実直で、口は悪いが己の信念と忠義を重んじる英霊らしい英霊と言える。物語の始まりにおいて、戦いを目撃した一般人として聖杯戦争の掟に基づき士郎を殺そうとした。
正体はケルト神話における大英雄で、アイルランドの光の皇子・クー・フーリン。死力を尽くした戦いを求めて召喚に応じた。彼の本来のマスター(バゼット・フラガ・マクレミッツ)は言峰綺礼に騙し討ちされて令呪を奪われ生死不明になっており、現在のマスターは綺礼である。令呪により、主の鞍替えへの賛同の強制と、「お前は全員と戦え。だが倒すな。一度目の相手からは必ず生還しろ」との二つを命じられているため、全力で戦い得た機会は全ルートを通して一度だけである。
宝具は、必中必殺の呪いの槍を使用して因果を逆転し、「敵の心臓に命中している」という事実(結果)を作った後に攻撃(原因)を放つ対人宝具「刺し穿つ死棘の槍(ゲイ・ボルク」と、この槍の呪いの力を最大解放し助走から高々と飛びながら投擲し、炸裂弾のごとく使用する対軍宝具「突き穿つ死翔の槍(ゲイ・ボルク)」。前者(通称・刺しボルク)は魔力消費も少ない上に避けるには高い幸運が必要という、一対一の決闘で非常に効率が良い宝具。本編曰く防ぐには純粋に槍の魔力を上回る防壁を用意するしかない。発動後の回避は不可能であり、アーチャーであろうと、発動されないよう間合いから「必死に下がるしかない」という。また、セイバーに使用した際は上記の令呪とセイバーの直感スキルや再生能力もあり致命傷とならなかったが、本来なら受けた傷を癒やすことすら許さない呪いも与える。心臓に命中した場合、呪いの棘が全身の血管と内臓を破壊し「槍+相手の最大HPダメージ」を与えて確実に死亡させる。これらの効果から、不死と言われる吸血鬼の真祖であろうと、「約束された勝利の剣」を耐える相手であろうと殺すことが可能である。後者(通称・投げボルク)は破壊力重視で本来の使用方法。マッハ2の速度で放たれ無数に鏃を撒き散らし標的の周辺を吹き飛ばす威力で、概念的に作用しないが因果を歪む呪いは健在で何度かわされようと標的を捕捉し続ける。その射程は40kmで、一度ロックオンすると地球の裏側まで追い続ける。本編では、アーチャーの「熾天覆う七つの円環」を完全に破壊し、アーチャーの片腕を負傷させた(劇場版では防がれている)。アーチャー曰くオリジナルであるグングニルを超えているとのこと。
魔術にも秀で、18の原初のルーンを習得しているが、直接的な戦闘を好むため、使用することは稀。作中では火、探索のルーンのみを使用した。コメントによると石化の魔眼を無効化やパラメータの上昇、全ルーンを使用することで上級宝具すら防ぐことが可能となるなど多様な能力を持ち、その腕前はキャスターとして召喚可能なほど。
なお、日本では知名度がないために恩恵は少ないが本来ならセイバー、バーサーカーにも並び立つ存在らしく、地元なら城と戦車(チャリオット)の宝具と不眠の加護などのスキルが追加され、イングランドやアイルランドではセイバーを上回る強さを発揮できるとされる。
また、戦闘続行スキルの恩恵により、勝つよりも生き残ることに特化したサーヴァントとも称され、本人曰く「セイバーとアーチャーの二人が相手でも、勝ちにいかなければ長時間は持ち堪えられる」とのこと。更にFateルートではギルガメッシュ相手に半日にも及ぶ戦いを繰り広げ、それ相応のダメージを与えている。
第五次聖杯戦争に関連しない作品では、外伝の『Fate/EXTRA』に登場している(詳細は当該項参照)。
ライダー(Rider
声:浅川悠
身長:172cm / 体重:57kg / スリーサイズ:B88/W56/H84
誕生日:不明 / 血液型:不明 / イメージカラー:黒 / 属性:混沌・善
パラメータ(慎二): 筋力:C / 耐久:E / 敏捷:B / 魔力:B / 幸運:D / 宝具:A+
パラメータ(桜):筋力:B / 耐久:D / 敏捷:A / 魔力:B / 幸運:E / 宝具:A+
スキル:対魔力:B / 騎乗:A+/ 魔眼:A+ / 単独行動:C / 怪力:B / 神性:E
桜がマスターとして召喚されるも戦闘を拒否したため、偽臣の書を通して慎二を代理マスターとして仮契約した騎兵の英霊。女性の英霊で、その名のとおり高い騎乗能力と機動力を持つうえに豊富な宝具を用いる。また、後述する神性に由来した魔術を扱うことも可能。常に目隠しを装着しており、武器は鎖の付いた鉄杭。長身で女神にも喩えられる妖艶な美貌と、それに似つかわしくない奥ゆかしく思慮深い性格なために人気は高く、専用ルートがないにもかかわらず人気投票では第1回、第2回共に4位に入る健闘を見せた。
正体はギリシャ神話に登場するゴルゴーン3姉妹の末妹・メドゥーサ。怪物に貶められたが本来の彼女は地母神の一柱であり、その名残りとして神性Eのスキルを所持している。最高クラスの石化の魔眼「キュベレイ」を有するが、普段は、強力な幻術結界であると同時に、相手の能力発露を封じる対人宝具「自己封印・暗黒神殿(ブレーカー・ゴルゴーン)」よって自ら封じている。石化の魔眼は常に魔力を消費するが、相手がサーヴァントであろうと高ランクの魔力や加護がなければ問答無用で石化、またたとえ石化が防がれても全ステータスを1ランク下げる重圧の効果を及ぼすという非常に強力な武器である。この効果は距離を置くと薄れるが、ライダーが認識せずとも相手がライダーを認識しただけで石化が始まる。その他に、内部の人間を溶解し魔力として使用者に還元する赤い結界を張る対軍宝具「「他者封印・鮮血神殿(ブラッドフォート・アンドロメダ)」と、騎乗できるものなら幻想種をも御し、更にその能力を向上させる「騎兵の手綱(ベルレフォーン」といった、合計3つの宝具を扱う。また、彼女の仔とも言える天馬を血の魔法陣から召喚し騎乗することで戦う。特にベルレフォーンは攻守ともに破格の宝具であり、バーサーカーが相手であろうと1回は確実に殺すことができる。純粋な火力系ではなく、体当たりであるゆえに「突き穿つ死翔の槍」などとの相性が良くないとされる場合もあるが、どんな物量を相手にしても安全かつ瞬時に突破可能な点でやはり破格の対軍宝具である。マスターの魔力量によっては、これらの宝具を同時発動させることも可能。
触媒はエトルリアの古い神殿で発掘された鏡だが、実際にはサーヴァントを召喚する縁としては弱い。メドゥーサが喚ばれたのはむしろ召喚者である桜との共通点、すなわち「周囲の悪意による被害者であるゆえに次第に怪物へと歪んでゆく」という点で近い境遇にあった(触媒を用いずに召喚した場合は特に召喚者に近い英霊が選ばれる)ため。
この共通点のため、マスターである桜に対してかつての自分を見るかのような感情を抱いており、彼女を常に気遣い、その運命を案じ、誰であろうと彼女に危害を加える存在を許さない。ルートによっては士郎と協力し、アンリマユと契約した桜を救うために奮闘する。
キャスター(Caster
声:田中敦子
身長:163cm / 体重:51kg / スリーサイズ:B82/W57/H84
誕生日:不明 / 血液型:不明 / イメージカラー:紫 / 属性:中立・悪
パラメータ:筋力:E / 耐久:D / 敏捷:C / 魔力:A+ / 幸運:B / 宝具:C
スキル:陣地作成:A / 道具作成:A / 高速神言:A / 金羊の皮:EX
魔術師の英霊。ローブに身を包んだ女性の英霊で、魔法こそ習得していないものの、魔法に近いレベルの神代の超高等魔術を平然と扱い、魔術師としての能力は魔法使いと同等、もしくは上回るというレベル。現代で魔術師として比べるなら最強で、対人間では最大最悪の戦果を上げるサーヴァント。しかし大抵のサーヴァント、特に三騎士のクラスに召喚されたものは対魔力を備えているため、魔術が主な攻撃手段となるキャスターは全サーヴァント中最弱とされている。そのため、策略を巡らして着実に力を蓄えている。
人気投票では第1回、第2回共に10位に入るなど高い人気を誇っている。
正体はギリシャ神話に登場する裏切りの魔女メディア。宝具は裏切りの魔女である自身の象徴が具現化した、あらゆる魔術による生成物を初期化する短剣である対魔術宝具「破戒すべき全ての符(ルールブレイカー)」。自身を召喚したマスターと性が合わず、下らぬ命令で令呪を消費させ殺害した。その後、現界を保てず消滅してしまう危機を葛木宗一郎に救われた。現在のマスターである葛木に寄せる想いは、単なるマスターとサーヴァントの関係以上である。
柳桐寺を自分の神殿とし、街中の人々から生命力を吸い上げて自分の魔力にしている。また、アサシンを召喚して正規のマスターとなるはずだった人物からサーヴァントの権利を奪い、アサシンを召喚している。
ルートによっては、真アサシン(後述)でもない限り感知されずに侵入することが不可能である衛宮邸の結界を掻い潜って魔力の糸を通したうえ、士郎の行動を操って殺す寸前に至ったり、結界自体を強引に断ち切ったりという芸当をやってのけた。ローブをの羽のように変化させて浮遊することができ、接近戦しか攻撃手段を持たない者に対してはかなりのアドバンテージを得ることができる。ファンディスクでは、ヘカティック・グライアー(灰被りの花嫁。メディアが城を焼き尽くしたウェデイングドレス)という、宝具に匹敵する威力の直径数mのビーム魔術を披露した。
金羊の皮(アルゴンコイン)というドラゴン召喚触媒(精霊つき)を所持しているが、竜を召喚・使役するスキルがないため、無用の長物と化している。仮にコルキスの竜とタッグを組んだ場合であっても、コルキスの竜はあまり強くないらしく、中堅がせいぜいだという。
アサシン(Assassin
声:三木眞一郎
身長:176cm / 体重:63kg / 誕生日:不明
血液型:不明 / イメージカラー:群青 / 属性:秩序・悪
パラメータ:筋力:C / 耐久:E / 敏捷:A+ / 魔力:E / 幸運:A / 宝具:なし
スキル:気配遮断:D / 心眼(偽):A / 透化:B+ / 宗和の心得:B / 燕返し:-
暗殺者の英霊。暗殺者のクラスでありながら侍姿をしており、剣技で他のサーヴァントと真っ向から渡り合う。得物は五尺余りの備中青江。何事にも動じないクールな性格の持ち主だが、花鳥風月を愛でる雅な一面もある。
キャスターのルール違反によって召喚されたサーヴァント。英霊であり、既に死んでいるキャスターがマスターとなってサーヴァントを召喚することは、「生者のみが死者を甦らせられる」という原則に違反するため、強引に土地を依り代にして「マスターが存在しない」状態で召喚した。その影響で、本来「アサシン」のクラスに呼び出される「ハサン・サッバーハ」以外の架空の英霊が「アサシン」のクラスに憑依してしまった(ただし擬似的な令呪がキャスターに備わっている)。
英霊としての真名は佐々木小次郎であるが、それは作中世界においては架空の人物であり、彼を演じるのに最も適した無名の剣士の亡霊が、佐々木小次郎という架空の英霊の殻を被った存在である。召喚の際の触媒にして依り代となった柳桐寺の山門を離れることができないため、もっぱら山門の護りを命じられている。
相手の攻撃の受け流しや「全てが首を落とすための攻撃」と評されるほど鋭い一撃必殺の斬撃を主眼に置いた戦法を得意とする。サーヴァントとして珍しく防性であるが、その防御方法は相打ち狙いの一撃必殺による牽制。英霊でないため宝具こそ持たないものの、ひたすら磨き抜かれたその剣技は「多重次元屈折現象(キシュア・ゼルレッチ)」と呼ばれる魔法域(第二魔法の一種)の事象にまで高められ、「魔力を使わず」「まったく同時に」3つの斬撃を繰り出して敵を斬るという必殺の「燕返し」を編み出すに至った。彼の剣の技量は半ば身体が消えた状態でなお万全の状態のセイバーと互角以上に渡りあうほどである。公式で人類最強剣士の1人とされる。生前では山で修行をし続けて人間に剣を振るう機会がなく、老年にして燕返しをあっさり取得してそのまま息を引き取った。そのため、聖杯戦争においては強者相手に剣技を振るうことを期待している。
本来の「アサシン」ではない彼は暗殺者としての技能がないため、生前同様あくまでも剣士としての戦闘しかできないが、佐々木小次郎の高い知名度の恩恵からか五次サーヴァント随一の敏捷性を誇る。今回の聖杯戦争のサーヴァント中では最高の剣技を誇るも、「それが全て」なのが彼の弱点であるため「殺し合い」が苦手とされる。もっとも、これを補うかのように相手が剣の間合いに入るまでは気配遮断で姿を現さず、山門にはキャスターによる魔術や宝具の威力を削減する強力な結界が施されている。そもそも特殊な地形もあいまって、バーサーカー戦ではキャスターによる援護があったとはいえ、全サーヴァント(ギルガメッシュとを真アサシンは除く)を一度は撃退した。
ギルガメッシュGilgamesh
声:関智一
身長:182cm / 体重:63kg / 誕生日:不明
血液型:不明 / イメージカラー:金 / 属性:混沌・善
パラメータ:筋力:B / 耐久:C / 敏捷:C / 魔力:B / 幸運:A / 宝具:EX
スキル:対魔力:E / 単独行動:A+ / 黄金率:A / カリスマ:A+ / 神性:B(A+)
黄金色の魂を持つ、存在するはずのない8人目のサーヴァントで、正体が判明していない序盤では黄金のサーヴァントと仮称された。前回の聖杯戦争での「アーチャー」であり、いかなる手段によってか、そのまま現界し続けていた。一人称は"我(オレ)"。前回の聖杯戦争の折、セイバーを我が物にしようとして拒絶されているが、諦めていない。
人気投票では、第1回、第2回ともに10位以下だったが、TYPE-MOON10周年記念のオールキャラクター人気投票では9位を獲得。
「王」を自称し、この世の全ては自分の所有物だと言って憚らないその言動は、まさに傍若無人の一言につきる。本来なら英霊1人につき多くて数個という宝具を無数に所有しており、それらを雨あられと射出するスタイルで戦う。ただでさえ一撃必殺の威力と厄介な効果を持つ宝具が無数に襲い掛かってくるため、その攻撃力は強力無比であり、サーヴァント5体以上の破壊効率を発揮して「戦闘」ではなく「戦争」で敵を圧倒する。
古代メソポタミアギルガメシュ叙事詩など多くの神話で、人類最古の英雄王として収められており、10年前の聖杯戦争では言峰綺礼と組んで戦った(その際の詳細は『Fate/Zero』を参照のこと)。その最終局面において聖杯の「中身」を浴びてしまうが、圧倒的な魂の強さを持つ彼は、本来なら汚染されて自我を失ってしまうというその強力な呪詛を逆に「飲み干す」ことにより受肉、現界し続けるための肉体を手に入れている。
自身の宝具として扱われる物は2つのみだが、かつて世界が一つであった時、世界の全てを手に入れた彼は、後の世に伝わる宝具の元になった「宝具の原典」を全て自分の宝物庫のなかに保管しており、それらを自身の宝具「王の財宝(ゲート・オブ・バビロン[注 38]を通して空間から自由に取り出して扱うことができる。また、彼が「乖離剣エア」と呼ぶ無銘の剣の宝具によるEXランクの一撃「天地乖離す開闢の星(エヌマ・エリシュ」は空間を切断し、セイバーの「約束された勝利の剣(エクスカリバー)」と衝突した際は相殺されながらもこれを凌ぐ威力を見せた。
好んで使う対神宝具「天の鎖(エルキドゥ」(神を律する鎖。相手の神性が高いほど制約・拘束力が高まる。逆に神性を持たない存在にとっては少々頑丈な鎖程度になる。) をはじめ、全ての宝具の原型を有することからほぼ全ての英雄の弱点に付け入ることができる。また、最強の剣をも有するためにサーヴァント中最強の存在であり、油断や慢心が足を引っ張ることさえなければ敵無しとされている。
ただし、彼はあらゆる宝具の原型の「所有者」であり「担い手」ではないので、「真名解放」は言わずもがな宝具を「使いこなす」真似はできない。アーチャー並びに士郎が彼の天敵と呼べるのは、ギルガメッシュが担い手ではないということ、また、彼らの固有結界「無限の剣製」がその特性上、宝具を取り出すというタイムラグの必要な「王の財宝」よりも早く剣を用意でき、常に先手を取ることができるなど、いくつものアドバンテージがあるからである。ただし「乖離剣エア」については、「無限の剣製」をもってしても複製することができない。更に、対界宝具である「天地乖離す開闢の星」の一撃は固有結界を破壊できるため、本編で士郎は非常に危険視してこれを抜く暇を与えなかった。
前回の「この世全ての悪(アンリマユ)」の泥を飲み干したのに対し、"Heaven's Feel"シナリオで桜の影に呆気なく飲まれるが、それは本体から切り離された泥と本体につながった影の威力の差によるもの。それでも彼の強靱な魂を汚すことはできず、黒化できないどころか逆に影を飲み込もうとしたほどである。
前回の聖杯戦争からの10年間何も問題を起こさなかったのは、ある宝具で性格と姿を変えて過ごしていたからである。その詳細は『Fate/hollow ataraxia』を参照。なお、シルエットモデルは旧ナムコのゲーム『ドルアーガの塔』の主人公ギルガメスであり、所有している財宝の入手経路にも同作のパロディが盛り込まれている[注 39]
外伝の『Fate/EXTRA CCC』では敵ではなく主人公のサーヴァントの一人として登場している(詳細は当該項参照)。
真アサシン(しんアサシン)
声:稲田徹(Réalta Nua)
身長:215cm / 体重:62kg / 誕生日:不明
血液型:不明 / イメージカラー:白(月光)/ 属性:秩序・悪
パラメータ:筋力:B / 耐久:C / 敏捷:A / 魔力:C / 幸運:E / 宝具:C
スキル:気配遮断:A+ / 投擲(短刀):B / 風除けの加護:A / 自己改造:C
"Heaven's Feel"シナリオのみで暗躍する真の暗殺者の英霊。直接的な戦闘能力では他のサーヴァントに劣る分、暗殺者としての特殊能力を駆使して戦う。 作中では単に「アサシン」と呼ばれ、「真アサシン」という名称はシーンタイトルなどで用いられている。
真名はハサン・サッバーハ。山の翁、アサシンという言葉の語源となった人物[注 40]である。ただし、この「ハサン・サッバーハ」とは特定の個人ではなく、その名を継いだ歴代の山の王たちから成る英霊候補の亡霊の群れを指しており、本来なら毎回の聖杯戦争においてアサシンのサーヴァントには、19人いる「ハサン・サッバーハ」のうちの1人が召喚される。すなわち、先述の佐々木小次郎は本来ありえない異例のアサシンであったということである。
"Heaven's Feel"シナリオ開始後まもなく、間桐臓硯により、アサシンとして現界していた佐々木小次郎の肉体を利用して召喚された。召喚当初は知性も低くたどたどしい口調だったが、ランサーを破ってその心臓を取り込んだことで知性と能力が大幅に強化された。心臓からランサーの人格の影響を受けており、認めた主に対しては厚い忠誠心を見せる。
戦闘力は強化されても他のサーヴァントに比べれば劣るのは変わらず、愛用するダークという投擲用の短剣を使った付かず離れずの戦法を取る。宝具は相手の本物の心臓と共鳴する偽りの心臓を作り、それを握りつぶすことで相手を呪い殺す右腕「妄想心音(ザバーニーヤ」。
アヴェンジャーAvenger
復讐者の英霊。第三次聖杯戦争の折、勝利に固執したアインツベルンがルールを破り例外的なクラスで召喚した、喚んではいけなかった「反英雄[注 41]」。
真名はこの世全ての悪(アンリマユ)ではあるがアサシンと同じく作中世界において創作された悪魔であり、その正体は拝火教を信じる古代のある村で、「この世全ての悪性をもたらしている悪魔を仕立て上げることで、人間全体の善性の証明とする」という身勝手な願いのために、この世全ての悪を体現する悪魔「アンリマユ」の名と役割を強制的に背負わされ、人々に心から呪われ蔑まれ疎まれ続ける中で「そういうもの」になってしまった、ただの人間である。
サーヴァントとしては宝具も持たず力も人間並みという貧弱さで、当然のように真っ先に敗れさったが、英霊としての彼の在り方が人々の“願い”そのものであったゆえに、敗れて聖杯に取り込まれた際に「願望機」がその願いを叶えてしまい、以後聖杯戦争は狂っていくことになる。
第四次、第五次聖杯戦争においてその「この世全ての悪」という“願い”は、大聖杯の中に留まりながら聖杯に満ちる「力」を養分に現界しようとしており、「器」に応じて「泥」、「肉塊」、そして「60億の人間を呪う宝具を持ったサーヴァント」として、それぞれ現われようとする。
Fate/hollow ataraxia』も参照のこと。

聖杯戦争に参戦したマスター達[編集]

間桐 慎二(まとう しんじ)
声:神谷浩史
身長:167cm / 体重:57kg / イメージカラー:群青
間桐桜の兄で弓道部副部長。士郎とは同級生で、中学からの数年来の友人。一見秩序と公平を重んじる優等生であり、女生徒にも優しいので人気があるが、実際にはプライドが高く他人をすぐに見下す悪癖があり、口も悪い。士郎のことも何かと馬鹿にし、時には便利屋同然に扱うも、家に士郎を頻繁に招くなど彼なりの一本筋や友情を持っている。士郎は慎二の性格をそれなりに理解しており、交友関係が今に至るも続いているのは彼が「歪んではいても腐ってはいない」ためらしい。後輩部員をイジメで退部させるなどの問題を起こしている。漫画版の番外編では、士郎にこっそりと協力する形で、桜をいじめていた先代の弓道部主将を、取巻きを脅迫して懐柔するなどして追い込んでいる。
桜から偽臣の書(本の形をした仮の令呪)によってライダーへの命令権を借り受け、ライダーの仮マスターとして聖杯戦争に参加した。間桐の家は数代前に魔術師として枯れており、彼自身に魔術回路はないので、ライダーに命じて学校に結界を張らせ、無差別に生徒や教師から生命力を奪おうと画策する。偽臣の書で借りた桜の影を魔術として行使するが、威力は弱い。士郎や凛などの聖杯戦争参加者と比較すると格段に浅はかで弱く、窮地に陥ると戦意喪失するなど、臆病な面も見受けられる。
士郎と出会った頃は歪んでおらず、魔術回路を持たずとも由緒正しい魔術師の家系に生まれ、魔術に関する知識を持っていることを誇りにしていた。しかし、養子に来た桜が次期後継者だと数年前に知ってしまい、彼にない魔術素養を全て持っていたことと、彼が桜に向けていた憐みは実際は桜から向けられていたと思い込んで以降、強い劣等感や強迫観念を抱きながら歪んでいった。
言峰 綺礼(ことみね きれい)
声:中田譲治
身長:193cm / 体重:82kg / 誕生日:12月28日 / 血液型:B型 / イメージカラー:黒
冬木の言峰教会の神父。今回の聖杯戦争の監督役を務め、神秘の隠匿や退場者の保護などを行い聖杯戦争を円滑に進める役目を持つ。聖堂教会の人間でありながら魔術師でもあり、凛の兄弟子かつ第二の師にしてその後見人である。不遜かつ余裕ぶった態度で、他人の心の傷を炙り出し、いたぶることを好む。心霊医術と八極拳の達人であり、以前は代行者[注 42]として活動していた。故に代行者を象徴する概念武装「黒鍵」と呼ばれる魔力で編まれたレイピア状の退魔の投擲剣を愛用する。近所の中華料理店、「紅洲宴歳館・泰山」の激辛麻婆豆腐が好物。
教会の思惑を受けて10年前の第四次聖杯戦争に参加しており、その最中に監督役の父から保有していた預託令呪と監督役を受け継いだ後、自らの師であり共闘関係にあった凛の父・遠坂時臣を裏切って殺害している。衛宮切嗣と最後まで争い、彼に心臓を撃たれるも、契約していたサーヴァントを通して流れ込んだ聖杯の中身を心臓代わりに蘇生した(心臓自体はもはや機能しておらず、損傷を受けても致命傷とはならない)。当時の出来事に関しては『Fate/Zero』を参照のこと。
生まれつき善より悪を好み、万人が美しいと感じるモノを愛せず、万人が醜いと感じることにしか“幸福”を感じられない欠陥者であり、表に出ない部分では様々な悪行を行っている。欠陥者でありながら道徳を信じ、善であることが正しいとする良識を持っていたため、かつては常識から外れた自分を正し、人並みの幸福を得ようとひたすら苦行や試みを繰り返していたが結局どうあっても正すことはできず、第四次聖杯戦争を機に悪しか愛せない自身を受け入れ、悪を行い快楽を求めながら、同時に悪である自身が生まれた理由を探すようになる。
表向きは真っ当な監督役を装っているが、前回の聖杯戦争でサーヴァントとなったギルガメッシュを今も現界させており、今回の聖杯戦争ではランサーのマスターは知人であり魔術協会所属の魔術師バゼット・フラガ・マクレミッツ(Fate/hollow ataraxiaを参照)と知り、魔術協会に聖杯の真実を知られるのが厄介という理由で騙し討ち令呪を奪い、2体のサーヴァントを使役して暗躍する。彼自身は聖杯にかけるべき願いを特に持ち合わせないので、自分の嗜好にあった願望者が聖杯を使うことを望んでいるが、悪として生まれついた自身と「この世全ての悪(アンリマユ)」とを重ねて見ており、"Heaven's Feel"シナリオにおいては、自身や聖杯では出せない「答え」を「この世全ての悪」が出すことを願ってその誕生を見届けようとする。アーチャーとは違った方向から衛宮士郎の歪みを暴く人物である。
次回の聖杯の体現により絶命する。その状態は"Heaven's Feel"のラストで現れ、『hollow』でどんなことをしても逃れられない絶対の事柄だと語られている。詳しくは『Fate/hollow ataraxia』を参照。
間桐 臓硯(まとう ぞうけん)
声:津嘉山正種(Réalta Nua)
身長:145cm / 体重:43kg / イメージカラー:群青
本名はマキリ・ゾォルケン。 五百年の時を生き、現在まで永らえてきたマキリ初代当主。蟲を操る大妖術師。元の肉体はとうに捨てており、仮初の不死を実現するため、人の肉を喰らわせた蟲たちで自分の体を形成している。魂を宿らせた本体は桜の心臓に寄生した蟲。桜を陵辱してその肉体を作り替え、さらには聖杯に仕立て上げた張本人。
冬木聖杯戦争を創始した当事者の1人で、元々はこの世の悪を根絶するために第三魔法を再現しようとし、魂の物質化による真の不老不死を求めた。しかし永い時の中で魂は劣化し、想いは腐敗してただの外道に成り果ててしまう。
彼自身は今回の聖杯戦争は見送り、桜の子か孫の代で黒聖杯を完成させ、次回で勝負する考えであったが故に傍観者に徹し"Heaven's Feel"シナリオ以外では表に出ることがないが、このシナリオでは黒聖杯の完成の兆しが現れたために好機とし、自らアサシンのサーヴァントを召喚して使役・暗躍する。このアサシンは上述の真アサシン(ハサン・サッバーハ)である。ちなみに、召喚は正規のものではないため、令呪は備わっていない。桜の命(心臓)を自分が握っているという自信から、彼女を利用して力を得ようと企む。
葛木 宗一郎(くずき そういちろう)
声:中多和宏てらそままさき(テレビアニメ第2作)
身長:180cm / 体重:70kg / イメージカラー:無色
士郎達が通う学園の社会科教師。生徒会顧問。実直、寡黙な人物で生徒からの評判は悪くない。柳洞寺に居候している。
キャスターのマスター。魔術師ではなく、聖杯戦争に関係のない人間だったが、柳洞寺の前で行き倒れていたキャスターを助け、彼女に頼まれるままに力を貸すことになった。ただし彼は魔術回路を持たないために令呪は授かっておらず、正規のマスターというわけではない。
親はなく、とある暗殺集団にただ一度の暗殺だけのための凶器として育てられた。暗殺達成後は即自決するよう命じられていたがそれをせず、冬木市に流れてきたところを柳洞寺の住職に気に入られそこに居候し、暗殺のために与えられた教職という地位を利用して普通の生活を送っていた。しかし、訓練により『感動する心』はなくなっている。
特殊な軌道を描き幻惑する奇襲必殺の暗殺術・"蛇"の達人で、キャスターに魔術で拳を「強化」して神秘を付与してもらうことにより、サーヴァントであっても彼の技を初見する相手であれば互角以上に戦うことができる。ただし、あくまで通用するのは初見の相手に限られ、二度目以降は相手が達人クラスであれば容易に見切らてしまう。彼の背景や能力は、『月姫』と本作が同一世界であることを示す演出の1つである。
また、魔術回路こそ持たないが、彼の呼吸自体が魔術回路の役割を果たす特殊な呼吸法であり、外界と内界を接続して「オド(小源)」を生み出している。この呼吸法を後天的に身に付ける場合、通常ならば一生をかけて習得する必要がある。このことからも彼の生まれの特殊性が伺える。
衛宮 切嗣(えみや きりつぐ)
声:小山力也
身長:175cm / 体重:67kg / 誕生日:11月11日 / 血液型:AB型 / イメージカラー:灰色
故人。衛宮士郎の養父で、士郎は彼の雰囲気から「じいさん」と呼んでいる。大河とも親しかった。10年前士郎を災害から救い、身寄りのない彼を養子に迎えた。その際に自分を魔法使いと名乗る。実際に魔術師であり、士郎に魔術の知識を与えた。士郎を救出した際の彼の安堵の顔が、まるで救われたのは彼の方だとばかりに思えたことが、士郎が彼に憧れを抱くきっかけとなる。
当時は名高い「魔術師殺し」で、機械文明を嫌う傾向のある魔術師としては珍しく銃器を好んで自らの魔術礼装[注 43]とし、「固有時制御 (タイムアルター)」(自らの肉体に流れる時間の速さを外界のそれと切り離して制御する魔術)という特殊な魔術を駆使した殺し屋。己の正義のためには手段を選ばない「反英雄」的存在だった。
士郎は知らなかったが、10年前の聖杯戦争に参加した魔術師の一人。アインツベルンに雇われる形でマスターとなり、セイバーのサーヴァントとしてアルトリアを召喚した。最終的に勝者となったが、聖杯の危険性に気付き、セイバーに令呪で命じて強制的に聖杯を破壊させた。セイバー召喚の際に使用した「全て遠き理想郷(アヴァロン)」を、火事で瀕死の重傷を負った士郎を救うために彼の体内へ埋め込んでいる。聖杯から溢れた泥を直接身に浴びたことで「この世全ての悪(アンリマユ)」に肉体を蝕まれ、5年後(本作開始の5年前)に士郎に看取られながら他界する。詳細と活躍については『Fate/Zero』を参照。
元々一般人である士郎に魔術を受け継がせる気などなく、せがまれてしょうがなく教えたが「いつでも辞めていい」と言うなど、本気では指導していない。また、士郎の魔術自体もいびつで彼には把握できず、単純にセオリーに基づいて投影を無駄と評し、強化の魔術を習得する方を勧めた。ある程度の期間魔術を教えたにもかかわらず、一番の基本かつ肝心な部分で命の危険を伴う魔術回路については造ることしか教えていないのが何故なのかは本編で語られていないが、士郎に魔術を教えると決める前に大河と剣道を例え話にして問答したことがあり、その際大河から、『わざと出鱈目を教えて、役に立たないから辞めたいと思うように仕向ける。それでも気づかずに続けるならその態度は立派で、その努力は最終的に剣道とは違う道に昇華するだろう』とアドバイスされており、その一環としてなのかもしれない[3]。他にも、武術の真似事など教えている。
遠坂 時臣(とおさか ときおみ)
声:辻谷耕史(テレビアニメ版)
身長:177cm / 体重:68kg / 誕生日:6月16日 / 血液型:O型 / イメージカラー:深紅
故人。遠坂凛の父。前回の聖杯戦争で凛に家のことを任せて戦いへ赴き、そのまま帰らぬ人となった。凛はもちろん言峰綺礼にとっても魔術の師匠である。ちなみに、凛の召喚の不備の原因である時計が1時間早まっていたのは時臣の仕業で、「この程度の身近な狂いに気が付かないようなら聖杯戦争に参加するのはまだ早い」という嗜好らしい。
本来のアーチャー(ギルガメッシュ)のマスターであり、実は弟子であった綺礼の騙し討ちに遭って殺害された。詳細と活躍については『Fate/Zero』を参照。

一般人[編集]

藤村 大河(ふじむら たいが)
声:伊藤美紀
身長:168cm / 体重:53kg / スリーサイズ:不明 / イメージカラー:虎
士郎達が通う学園の英語教師で、弓道部顧問と士郎のクラスの担任も兼任する25歳の女性。士郎からは「藤ねえ」と呼ばれている。祖父・藤村雷画(ふじむら らいが)は「藤村組」という極道を仕切る、街の有力者。その祖父に衛宮家と古くからの縁があり、士郎の養子縁組や遺産相続も取り仕切った関係であることから、士郎とは幼馴染・姉貴分という間柄で、一人暮らしする士郎をいつも気遣っている。士郎を取られまいとセイバーに竹刀で挑み、当然のように返り討ちに遭った際には大げさに落ち込んだほど。士郎も、彼女をかけがえのない家族と認めている。
衛宮親子とは10年前に屋敷を藤村組から購入した縁で知り合い、切嗣に一目惚れした。その後、道場もあるからと頻繁に通い、当時泣き虫だった士郎を良く思わず、切嗣を取り合っては対立していたが、後に和解して現在は保護者と称し、士郎や桜の作る料理を目当てに衛宮家に入り浸っている。若くして剣道五段という相当な腕前で「冬木の虎」の異名を持ち、学校でのあだ名は「タイガー」。本人はこのあだ名で呼ばれると激しく怒る一方で、虎のストラップを愛用の「虎竹刀」に付けていたりする。虎は「深く憎み、そして深く愛している」存在であり、その定義は「ヒゲが生えていること」らしい。
バッドエンド後のお助けコーナー、「タイガー道場」の主としても登場するギャグ担当(自身こそ真の正統派ヒロインだと主張している)。本編でもシリアスな展開に絡むことはほとんどない。
ちなみに、公式設定では女性キャラにもかかわらずスリーサイズの数値は不明、バストはセイバーや凛より大きくライダーよりは小さいそうであるが、PS2版の説明書では十の位の数が9のようになっている(ただし、『フェイト/タイガーころしあむ』の入浴シーンや武内崇が描いた水着姿は明らかに90を超えているようには描かれていないため、正確な数字とは限らない)。
美綴 綾子(みつづり あやこ)
声:水沢史絵
身長:162cm / 体重:50kg / スリーサイズ:B83/W58/H83 / イメージカラー:オレンジ
士郎達の同級生で弓道部主将。サバサバした性格の美少女で、薙刀をはじめとして数々の武道の達人。「美人は武道をしていなければならない」が信条。遠坂凛の数少ない友達(「殺すか殺さないかの関係」らしい)であり、士郎の友人でもある。ストーリー開始以前から主要登場人物全員と付き合いがあった珍しい人物。弓道部を辞めた士郎を部に戻そうと声をかけている。副部長である慎二の後輩イジメを苦々しく思っている。
ルート次第では慎二の策略でライダーに吸血目的で襲われ、病院送りとなってしまう。
柳洞 一成(りゅうどう いっせい)
声:真殿光昭
身長:170cm / 体重:58kg / イメージカラー:オレンジ
士郎達の同級生で生徒会長。士郎の友人でもある。実直で真面目な好青年。また、柳洞寺の跡取息子でもある。遠坂凛の本質を見抜くなど鋭い洞察力を持ち、独特の言葉遣いを持つ個性的なキャラクター。
柳洞寺に拠点を置くキャスターによって、住人は自分のことを探る人間を殺すように魔術をかけられている。その1人である一成も、士郎がキャスターのことを問いただした際にスイッチが入り、彼を殺害している。
蒔寺 楓(まきでら かえで)
声:結本ミチル
身長:163cm / 体重:49kg / スリーサイズ:B72/W56/H78 / イメージカラー:褐色
凛のクラスメート。褐色肌で和服の似合う日本美人。凛とはいわゆる悪友で、凛が地を出しているのは美綴と蒔寺くらいらしい。大雑把な性格だが、趣味は風鈴集めと至って和風趣味。よく凛と骨董めぐりなどをしているらしい。
三枝 由紀香(さえぐさ ゆきか)
声:中尾衣里
身長:155cm / 体重:39kg / スリーサイズ:B75/W57/H78 / イメージカラー:赤茶色
凛のクラスメート。いつも友人の蒔寺楓や氷室鐘と一緒に行動している。凛に憧れに近い感情を持っており、手作りの弁当を引っさげて一緒に昼食をとろうと誘っているが、その天然で和やかな性格から、猫を被っている凛には警戒されている。本来は料理が好きだったのだが、蒔寺に誘われて陸上部のマネージャーをやっている。本人は至って運動音痴。
氷室 鐘(ひむろ かね)
声:中川里江
身長:157cm / 体重:48kg / スリーサイズ:B84/W56/H85 / イメージカラー:鼠色
遠坂凛のクラスメート。冷静沈着な性格でメガネ美人。陸上部に所属している(専門は走り高跳び)が、本人は絵画が趣味。
後藤 劾以(ごとう ガイ)
声:葛城政典(テレビアニメ版)
士郎のクラスメート。テレビの影響を受けやすく、最近は時代劇にはまっているために侍口調で話している。ややお調子者の一面を持ち合わせており、担任の大河に「タイガー」と呼んで叱られたりしている。
蛍塚 音子(ほたるづか おとこ)
声:野田順子
士郎のバイト先である新都の居酒屋コペンハーゲンの一人娘。士郎のことは「エミヤん」と呼んでおり、大河とも知り合いである。
藤村雷画(ふじむら らいが)
大河の祖父。深山町一帯に顔を利かせる富豪の長。切嗣とは衛宮邸を購入した時からの付き合いで、養父を失った士郎の後見人としてしばしば面倒を見ていたらしい。邸宅には複数の強面の男たちがいる。
"Fate"ルートで最終的にイリヤを引き取り、イリヤを猫可愛がりしてるらしい。
魃(ばつ)
声:田村ゆかり(Réalta Nua)
マウント深山商店街の中華飯店・泰山の女性店長。非常に小柄な体格の中国人。口癖は「- アル」。非常に辛い麻婆豆腐を出す。

その他の登場人物[編集]

リーゼリットLeysritt
声:宮川美保(Réalta Nua)
身長:162cm / 体重:52kg / スリーサイズ:B92/W58/H84 / イメージカラー:白(黒)
イリヤの世話係。アインツベルン製のホムンクルス。通称・リズ。やや感情に欠けた話し方をするが、どこか無邪気な性格をしている。聖杯戦争に当たってはイリヤやバーサーカー、セラとともに来日し、アインツベルン城で暮らしている。イリヤに対しては友達のような接し方をしているが、イリヤは別に気にしてはいないようである。
セラと違い、アインツベルンに伝わる魔術兵装「天のドレス」をイリヤに着せるためのホムンクルスである。
セラ(Sella
声:寺田はるひ(現・七緒はるひ)(Réalta Nua)
身長:163cm / 体重:49kg / スリーサイズ:B75・W58・H79 / イメージカラー:白(黒)
イリヤの教育係。アインツベルン製のホムンクルス。生真面目な性格で表情を崩すことはない。イリヤが淑女であらんと努めており、ややくだけた感じのリズに関してはいつも小言を言っている。一方で甘いもの(特に安物)が好きで、リズに深山町まで買いに行かせたりしている。
ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト(Luviagelita Edelfelt
声:田村ゆかり(Réalta Nua)
身長:160cm / 体重:49kg
とあるルートでロンドンに渡った遠坂凛の時計塔でのライバルにして、士郎がアルバイトで執事を務めることになるフィンランド出身の名門魔術師。お嬢様口調で強気な性格。結局は凛と似通った性格だったために、ことあるごとに凛と衝突しており、大乱闘に発展したこともある。
ユスティーツァ・リズライヒ・フォン・アインツベルン(Justeaze Lizrich von Einzbern
200年前、遠坂・マキリと協力して第三魔法の成就を達成させようと聖杯降霊を行ったアインツベルンの当主。通称・冬の聖女。柳洞寺地下に置かれる大聖杯の基礎となった魔術回路はユスティーツァ自身であり、アインツベルンは第四次聖杯戦争以降はユスティーツァと同型のホムンクルスを聖杯として冬木に送り込んだ。
キシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグ(Kischur Zelretch Schweinorg
声:西前忠久(Realta Nua)
魔導元帥。万華鏡(カレイドスコープ)の二つ名を持ち、宝石のゼルレッチとも呼ばれる五人の魔法使いのうちの1人で第二魔法「平行世界の運営」の使い手。また、遠坂永人の師匠であった関係から、その系統を受け継ぐ凛からは大師父と呼ばれている。ただし師匠と言っても、単に旅先で出会って宿代の代わりに魔術の筋を見た程度で、指導まではしていない。また凡人だが善人だから悪用しないし、ましてや絶対に作れないけど目標として宝石剣の設計図を託している。200年前のアインツベルン・遠坂・マキリによる聖杯降霊の儀式にも立ち会っている。とあるルートでは聖杯戦争後の騒動に沸き立つ魔術協会に現れる。
死徒二十七祖の一角であったり、吸血種の王“朱い月”に喧嘩を売り滅ぼしたり、メインヒロインの爺やであるなど『月姫』と関わりが深い人物。ちなみに、弟子はほぼ確実に廃人になると言われているが、あくまで魔法使いのであって魔術に関しては問題なく指導できる。
遠坂 永人(とおさか ながと)
200年前、アインツベルン・マキリと協力して聖杯降霊を図った遠坂家当主。ゼルレッチの弟子の家系であり、聖堂協会にもある程度顔がきく。自身は武術の粋である無の境地を利用して根源への到達を考えていた。そのためか魔術の才能は娘に劣っていたらしい。
クラウディア
13年前に死亡した言峰綺礼の亡妻。元より死病に憑かれていた女性であり、言峰との結婚生活2年目にして他界した。その死は病死ではなく自殺であり、言峰の愛情を肯定するためのものであったが、言峰は彼女の死に意味を感じる事はできなかったが、無価値なものにしたくないという感情も抱いている。娘のカレンは母方の姓を名乗っているため、旧姓はオルテンシアである。
マーリンMerlin
声:小林勝也 / 諏訪部順一
アーサー王(セイバー)の時代の魔術師。幼いアルトリアの未来を予見し、アルトリアが王の選定の剣カリバーンを引き抜こうとする時に警告を与えた。セイバーはその飄々とした性格を苦手にしていた。
モードレットMordred
声:桑島法子(テレビアニメ版)
身長:154cm / 体重:42kg / スリーサイズ:B73/W53/H76 / 血液型:不明 / 誕生日:不明
アーサー王(セイバー)の子。円卓の騎士の1人。兜で素顔を隠しており、セイバーが自身に王位を譲らなかったことなどを理由に叛旗を翻す。セイバーに討たれるも、彼女の死の遠因を作った。
アニメが初出で、TYPE-MOONによる同人誌『Character material』内の解説によれば、その正体はモードレットの母「モルガン」(セイバーの姉)がセイバーから作ったクローン(ホムンクルス)で、その出生はセイバーを擬似的に男性に変え、魔術で幻惑し採取した精子を自らの子宮で育てた。そのため、セイバーの子供というのはあながち間違いではない。ホムンクルスであるために成長速度が人間より早く、短命。
王位を狙うために父親のことを隠してセイバーの下へ送るも、彼はセイバーへの憧れにより反逆心を抱こうとせず、真っ当な騎士を目指す態度に業を煮やしたモルガンはセイバーとの不貞の子であることを暴露したが、それでも父親がセイバーだという事実に歓喜しセイバーに詰め寄るが、セイバーは彼を拒絶した。そのため、セイバーへの愛情は憎悪へと変わり叛旗を翻すことになるが、それでも最後まで本心では息子と呼んでほしかったことに変わりはなかった。
素顔を隠すのはモルガンの言いつけであり、その素顔はセイバーとうり二つである。
関連作品である『Fate/Apocrypha』に登場しており、今まで不明だった性別[注 44]も女性と判明した(詳細は当該項参照)。
ベディヴィエールBedivere
声:能登麻美子 / 真殿光昭
アーサー王(セイバー)の忠臣である美青年。円卓の騎士の1人。王の命で、彼女に代わってエクスカリバーを湖の精に返還し、彼女の最期を看取った。また最後までセイバーが女性とは知らないままだった。

タイガー道場[編集]

本編でデッドエンドやバッドエンドを迎えた時に登場する「へんてこヒントコーナー」。全40回。回をこなすごとにタイガースタンプに記録されていく。

道着を着た「タイガ」こと藤村大河と、体操着を着た「ブルマ」こと弟子1号(イリヤスフィール・フォン・アインツベルン)が活躍するが、ポンチ絵で描かれた「へたれセイバー」やタバコらしきものをくわえた「やさぐれRIN」など、本編の他のキャラクターも回によってはデフォルメやモザイクがかかった状態で登場する。ただし、リズと黒桜だけはそのままの姿で登場している。基本的にメタフィクション的な視点で進行するが、本編でどのようなエンディングを迎えたかによって、タイガー道場でのキャラクターたちも微妙に変化する(大河が誘拐中はコーナーがお休みになる、凛の頭が吹き飛んだ時は「RIN」が飛頭蛮状態で登場など)。

一応、グッドエンドやトゥルーエンドへのヒントを語っているが、回によってはキャラ同士の掛け合いに終始するだけで、ヒントになっていないこともある。

タイガースタンプ10個につきミニ劇場が1つずつ開放され、となりで眠っているトラの絵が活発化していくギミックになっており、全40回と本編のエンディングを全て見ると、タイガとイリヤのお宝映像を見ることができる。

スタッフ[編集]

  • キャラクターデザイン・原画:武内崇
  • シナリオ:奈須きのこ
  • プログラム:清兵衛
  • スクリプト:つくりものじ
  • グラフィック:こやまひろかず、BLACK、蒼月誉雄
  • サウンド:KATE
  • サポートなど:OKSG

主題歌[編集]

ともに「THIS ILLUSION」(2004年1月30日発売)に収録。

  • オープニングテーマ:THIS ILLUSION
    • 作詞:芳賀敬太 / 作曲・編曲:NUMBER 201 / 歌:M.H.
  • エンディングテーマ:days
    • 作詞:芳賀敬太 / 作曲・編曲:NUMBER 201 / 歌:CHINO

Réalta Nua[編集]

Fate/stay night [Réalta Nua]』(フェイト ステイナイト レアルタ ヌア)は、新規エピソード・“ Réalta Nua ”を追加し、新規CG・演出・キャラクターボイスを追加した版(“ Réalta Nua ”の詳細は#攻略ルートを参照)。Réalta Nuaは、アイルランド語で「新しい星」を意味する。

2007年にPS2へstay nightを移植する際に作られたのが初版。以降stay nightを他機種へ移植する場合は全て“ Réalta Nua ”版となっている。

PS2版
発売元は角川書店。基本的な追加要素は上記文参照。当初2006年12月発売予定だったが、諸事情により一旦2007年初頭へと延期され、最終的に同年4月19日に発売された。
初回限定版「extra edition」にはPSP用花札ゲーム『とびだせ!トラぶる花札道中記[注 45]を同梱。
PC版
3つのルートを3分割し、Amazon.co.jpにてダウンロード販売された。基本的にはPS2版との差異は無い。
  • 『Fate/stay night [Réalta Nua] -Fate-』 - 2011年12月23日販売開始
  • 『Fate/stay night [Réalta Nua] -Unlimited Blade works-』 - 2012年1月31日販売開始
  • 『Fate/stay night [Réalta Nua] -Heaven's Feel-』 - 2012年2月29日販売開始
PS Vita版
2012年11月29日にはPS Vita版が発売。PS2版をベースに下記の通り更なる新規要素が追加された。
  • 3ルートのオープニングアニメーションを、テレビアニメ『Fate/Zero』を手がけたUfotableが製作。
  • 本作のグラフィック画角を上記OPアニメを含め、すべて16:9に再構成
  • タッチスクリーンによる操作モード追加。
  • 特典としてPS2版「extra edition」に同梱されていたPSPソフト『とびだせ!トラぶる花札道中記』及びPSP用完全新作ソフト『とびたて!超時空トラぶる花札大作戦』のダウンロード版プロダクトコードが封入(両作ともPS Vita版“ Réalta Nua ”の特典作品につき、通常販売は無い)。

主題歌 (Réalta Nua)[編集]

オープニングテーマ
「黄金の輝き」(PS2版・PC版)
作詞:芳賀敬太 / 作曲:KATE / 歌:NUMBER201 feat. MAKI
「ARCADIA」(PS Vita版・セイバールート)
作詞:Rico / 作・編曲:齋藤真也 / 歌:earthmind
「HORIZON」(PS Vita版・遠坂凛ルート)
作詞:Rico / 作・編曲:齋藤真也 / 歌:earthmind
「Another Heaven」(PS Vita版・間桐桜ルート)
作詞:Rico / 作・編曲:齋藤真也 / 歌:earthmind
エンディングテーマ
「Link」
作詞:芳賀敬太 / 作曲:KATE / 歌:NUMBER 201 feat. rhu

批評[編集]

批評家東浩紀は、例えば「そもそも聖杯戦争に参加しない」という選択肢がない(厳密には選択肢はあるものの、選ぶと必ず殺されてしまう)など本作は自由度が低く、美少女ゲームという形式を採用してはいるが事実上漫画やアニメのシミュレーションに近い存在であり、かといって自由度が低いということに特別な意味がこめられているわけでもないと述べた。そして、1995年のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』以降、美少女ゲームを含むオタク文化圏には、それまでにはなかった思春期の自意識を直接的に扱うというパラダイムが定着したが、本作では主人公である衛宮士郎の内面の葛藤も描かれず、『機動戦士ガンダム』以前の物語へ回帰していると指摘している[4]

評論家の前島賢も、本作が『新世紀エヴァンゲリオン』以前の物語消費に回帰したという前述の東浩紀の史観を支持すると述べている[5]

評論家の宇野常寛は、衛宮士郎が戦うことに躊躇しないのは『新世紀エヴァンゲリオン』以前への回帰ではないとして東浩紀の見解を批判している。宇野常寛によると、21世紀に入るとアメリカ同時多発テロ事件聖域なき構造改革の影響で、『新世紀エヴァンゲリオン』での碇シンジのような自意識の問題を織り込み済みで「なにもしなければ生き残れないから自力でどうにかする」というサヴァイヴ感を前面に押し出した作風へと物語系想像力のパラダイムシフトが起こっており、本作も後者の想像力の中のひとつと考えられるという[6]

テレビアニメ第1作[編集]

スタジオディーン製作。2006年1月より同年6月まで放送された。全24話。なお、TBSが製作に参加しているが、TBS系列では一切放送されなかった。

特色[編集]

Fate(セイバー)ルートを中心に全ルートを折衷した内容で、ストーリーは単純化されているが、イベントCGなどは忠実に再現されている。

最終回のエンディングテロップでは、俳優声優)名だけでなく本作に関わった全員の名前を50音順で流すという実験的なものとなった。元々、俳優名を役の軽重にかかわらずアルファベット順に並べるというエンディングは実写映画では歴史ある手法であり、本作の発表以降も映画『マトリックス レボリューションズ』などで見られるが、演者、スタッフ、制作会社の関係者を全員一緒に50音順に並べた(声優の隣に原画スタッフなど)のは珍しいパターンである。ちなみに、本作の監督・山口祐司は、本作の前に監督したテレビアニメ版『ヤミと帽子と本の旅人』の最終回でも、同様のテロップを流している。

2010年1月17日に、劇場版公開に先駆けてBS-TBSで特別編集版が放送された。

ロケーションモデルになっているのは兵庫県神戸市である(兵庫県内のロケーションあり)。

スタッフ(第1作)[編集]


主題歌(第1作)[編集]

オープニングテーマ
disillusion」(第1話〜第14話)
作詞 - 芳賀敬太 / 作曲 - Number201 / 編曲 - 川井憲次 / 歌 - タイナカサチ
  • 「disillusion」はゲーム版主題歌「THIS ILLUSION」をアレンジしたもの。歌詞自体に変更はない。
きらめく涙は星に」(第15話〜第24話)
作詞 - 芳賀敬太 / 作曲 - KATE / 編曲 - 十川知司 Number201 / 歌 - タイナカサチ
  • 「きらめく涙は星に」はテレビアニメ版のために新たに書き下ろされたものである。
エンディングテーマ
あなたがいた森
作詞 - Manami Watanabe / 作曲 - Yoshiaki Dewa / 編曲 - Yoshiaki DewaZentaro Watanabe / 歌 - 樹海
  • 第2話まで作詞 - 渡辺愛未 / 作曲・編曲 - 出羽良彰とクレジットされていた。
「ヒカリ」(第14話)
作詞 - Manami Watanabe / 作曲 - Yoshiaki Dewa / 編曲 - Yoshiaki Dewa、Takeshi Fujii / 歌 - 樹海
君との明日」(最終話)
作詞・作曲・歌 - タイナカサチ / 編曲 - 金子隆博

各話リスト(第1作)[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
1 始まりの日 佐藤卓哉 山口祐司 吉田俊司 西田亜沙子 石原恵
2 運命の夜 柳沢テツヤ 古川政美 江森真理子 小林利充
3 開幕 志茂文彦 高本宣弘 高山功 石野聡 石原恵
4 最強の敵 岡田麿里 藤原良二 秋田谷典昭 塩川貴史 小林利充
5 魔術師二人〈前編〉 花田十輝 喜多谷充 岡嶋国敏 波風立流 石原恵
6 魔術師二人〈後編〉 佐藤卓哉 古川政美 かどともあき 小林利充
7 蠢動 花田十輝 柳沢テツヤ 吉田俊司 藤井まき 石原恵
8 不協の旋律 志茂文彦 ほしかわたかふみ 高山功 徳田夢之介 小林利充
9 月下流麗 岡田麿里 高本宣弘 秋田谷典昭 波風立流 石原恵
10 穏やかな幕間 佐藤卓哉 藤原良二 岡嶋国敏 江森真理子 小林利充
11 鮮血神殿 志茂文彦 うえだしげる かどともあき
12 空を裂く 岡田麿里 柳沢テツヤ 吉田俊司 塩川貴史 石原恵
13 冬の城 佐藤卓哉 藤原良二 古川政美 波風立流 小林利充
14 理想の果て 花田十輝 高本宣弘 吉田俊司 徳田夢之介 石原恵
15 十二の試練 志茂文彦 鎌倉由実 岡嶋国敏 波風立流 小林利充
16 約束された勝利の剣 岡田麿里 藤原良二
山口祐司
小林浩輔 かどともあき 石原恵
17 魔女の烙印 佐藤卓哉 うえだしげる 江森真理子、奥野浩行 小林利充
18 決戦 花田十輝 柳沢テツヤ 吉田俊司 中野典克、添田直子
佐藤義和、小澤円
小林利充、江森真理子
山元浩
-
19 黄金の王 志茂文彦 高本宣弘
山口祐司
うえだしげる 堀越久美子
奥野浩行
小林利充
20 遠い夢跡 岡田麿里 喜多谷充 岡嶋国敏 波風立流 石原恵
21 天地乖離す開闢の星 花田十輝 ほしかわたかふみ 高山功 波風立流、江森真理子 小林利充
22 願いの果て 佐藤卓哉 喜多谷充
高本宣弘
山口祐司
うえだしげる 徳田夢之介 -
23 聖杯 志茂文彦 柳沢テツヤ 吉田俊司 小林利充、江森真理子
奥野浩行
小林利充
24 全て遠き理想郷 岡田麿里 藤原良二
山口祐司
山口祐司 石原恵
徳田夢之介
-

放送局(第1作)[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送区分 備考
埼玉県 テレ玉 2006年1月6日 - 6月16日 金曜 25:30 - 26:00 独立UHF局
千葉県 チバテレビ 2006年1月8日 - 6月18日 日曜 24:30 - 25:00
京都府 KBS京都 2006年1月8日 - 6月25日 日曜 25:15 - 25:45
神奈川県 tvk 2006年1月8日 - 6月18日 日曜 25:30 - 26:00
東京都 TOKYO MX 2006年1月10日 - 6月20日 火曜 25:30 - 26:00
兵庫県 サンテレビ 2006年1月11日 - 6月21日 水曜 26:05 - 26:35
愛知県 テレビ愛知 2006年1月13日 - 3月31日
2006年4月6日 - 6月22日
金曜 25:58 - 26:28
木曜 25:58 - 26:28
テレビ東京系列
日本全域 AT-X 2006年3月12日 - 8月20日 日曜 12:00 - 12:30 CS放送
BS-TBS 2010年1月17日 日曜 23:00 - 24:54 BSデジタル放送 特別編集版

DVD / BD(第1作)[編集]

DVD
DVD版は各3話ずつ収録。それぞれ初回限定版では武内崇と石原恵のダブルジャケット仕様となっており、映像特典がある。
巻数 収録話 GNBA 備考
1 第1話 - 第3話 GNBA-1201(初回限定版)
GNBA-1209
初回限定版にはDVD全8巻を収納できる武内崇書き下ろしDVD-BOXが付属。
映像特典はノンテロップオープニング(『disillusion』)とエンディング(『あなたがいた森』)。
2 第4話 - 第6話 GNBA-1202 映像特典は、原作同様に大河とイリヤが作品を解説する「タイガー道場」。
3 第7話 - 第9話 GNBA-1203 映像特典は、『disillusion』と『あなたがいた森』のプロモーション映像。
4 第10話 - 第12話 GNBA-1204 映像特典は、ライダー視点から見た本編再編集映像「ライダーの慎二観察日記」。
5 第13話 - 第15話 GNBA-1205 映像特典は、ノンテロップオープニング(『きらめく涙は星に』)と、タイナカサチのプロモーション映像。
6 第16話 - 第18話 GNBA-1206 映像特典は、本編のプロモーション映像。
7 第19話 - 第21話 GNBA-1207 映像特典は、セイバーとアーチャーのビデオクリップ。
8 第22話 - 第24話 GNBA-1208 初回限定版には設定やスタッフコメントを収録した解説書「Complimentary Booklet」が付属。
映像特典は、ノンテロップオープニング(第23話)と、声優座談会。
BD
『Fate/stay night Blu-ray BOX』(GNXA-1075)※4枚組/2009年8月末までの期間限定生産
全24話を片面2層ディスク4枚に収録。武内崇描き下ろしジャケット、HDマスターでの収録で、映像特典はノンテロップOP&ED、イベントプロモーション映像、DVD版第4巻特典の「ライダーの慎二観察日記」、先行映像「Fate/stay night curtain raiser」が収録。付属ブックレットはDVD版第8巻の特典ブックレットを再構成したものである。

総集編[編集]

劇場版アニメ『Fate/stay night Unlimited Blade Works』(後述)の公開を記念し、総集編となる『Fate/stay night TV reproduction』が2010年1月22日に発売された。媒体はDVD / BDで、全2巻。なお、制作はFate-UBW Projectとなっている。OPアニメは新たに制作されている。

主題歌
オープニングテーマ
disillusion2010
作詞 - 芳賀敬太 / 作曲 - NUMBER201 / 編曲 - 宮崎歩 / 歌 - タイナカサチ
エンディングテーマ
With...
歌 - 樹海 feat. タイナカサチ
「雲のかけら」
作詞 - 芳賀敬太 / 作曲 - 山元祐介 / 編曲 - 出羽良彰 / 歌 - タイナカサチ feat. 樹海
DVD / BD
タイトル 収録話 GNBA
Fate/stay night TV reproduction I TVシリーズ前半(第1話 - 第12話)の総集編 DVD:GNBA-1642 / BD:GNXA-1083
Fate/stay night TV reproduction II TVシリーズ後半(第13話 - 第24話)の総集編 DVD:GNBA-1643 / BD:GNXA-1084

劇場版アニメ第1作[編集]

Fate/stay night
UNLIMITED BLADE WORKS
監督 山口祐司
脚本 佐藤卓哉
出演者 杉山紀彰
音楽 川井憲次
主題歌 タイナカサチVoice〜辿りつく場所〜
編集 松村正宏
製作会社 劇場版Fate/stay night製作委員会
配給 クロックワークス
公開 2010年1月23日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

劇場アニメ『Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS』(フェイト ステイナイト アンリミテッドブレイドワークス)が2010年1月23日から公開された。配給はクロックワークス。制作はテレビアニメ版を引き継いだFate-UBW Projectとなっており、主要な制作スタッフや出演声優はテレビアニメ版(第1作目)と同じ。ストーリー的にはタイトルの通り、原作の凛ルートをアニメ用に再構成している。

鑑賞券は2009年8月22日に各公開劇場で販売が開始され、数量限定の特別鑑賞券も別途販売された。コミックマーケット76ではテレホンカード付きの特製先行販売券が販売[注 46]。また、数回に分けて特典付き特別鑑賞券が発売され、クリアファイル付きの第1弾は同年9月12日に発売された。

公開当初は全国12館のみの公開[注 47]ながら、2010年1月23日のぴあ初日満足度ランキング(ぴあ独自調べ)では第6位となっている。

スタッフ(劇場版第1作)[編集]

  • 監督 - 山口祐司
  • 原作 - TYPE-MOON
  • オリジナルシナリオ - 奈須きのこ
  • 脚本 - 佐藤卓哉
  • キャラクター原案 - 武内崇
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 石原恵
  • 特技監督 - 橋本敬史
  • 絵コンテ - 柳沢テツヤ、西本由紀夫、山本秀世、寺東克己、山口祐司
  • 演出 - 岡本英樹、やしろ駿、石井久志、吉田俊司
  • 作画監督 - 阿部智之、関野昌弘、加藤やすひさ、小林利充
  • 色彩設計 - 北爪英子
  • 美術監督 - 小山俊久
  • 美術 - 海野よしみ
  • 美術設定 - 長澤順子
  • 撮影監督 - 近藤慎与
  • 3D監督 - 稲垣明
  • 編集 - 松村正宏
  • 音響監督 - 辻谷耕史
  • 音楽プロデューサー - 西村潤
  • 音楽 - 川井憲次
  • アニメーションプロデューサー - 浦崎宣光
  • 制作デスク - 中田善文
  • 配給 - ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント、クロックワークス、根上啓、宮崎聡
  • 宣伝プロデューサー - 飯田尚史
  • プロデューサー - 小倉充俊、渡辺敬介、上玉利純宏、竹内友崇、斎藤正明、武智恒雄
  • アニメーション制作 - スタジオディーン
  • 制作 - Fate-UBW Project
  • 製作 - 劇場版Fate/stay night製作委員会(ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント、TBS、フロンティアワークス、ノーツ、クレイ、クロックワークス)

主題歌(劇場版第1作)[編集]

主題歌「Voice〜辿りつく場所〜
作詞・歌 - タイナカサチ / 作曲 - 山元祐介 / 編曲 - 小山晃平
イメージソング「imitation」
作詞 - 芳賀敬太 / 作曲 - 川井憲次 / 編曲 - Masanori.T / 歌 - タイナカサチ

DVD / BD(劇場版第1作)[編集]

2010年9月30日に発売。発売元はFate-UBW Project、販売元はジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

本編映像の他にプロモーション映像集、劇場版予告編、イベント上映用特報、テレビスポットを収録。

  • DVD
    • Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS (GNBA-1380)
  • BD
    • Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS (GNXA-1140) ※初回限定版
      • 武内崇・石原恵・山中虎鉄描き下ろしジャケット、劇場上映生フィルムカット、原画集、カラーイラスト画集を同梱
    • Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS (GNXA-1141) ※通常版

Project Fate/stay night[編集]

Fate/stay night生誕10周年を記念し2014年秋より始動する、TYPE-MOONAniplexufotableの3社合同による新プロジェクト。同年7月27日品川インターシティホールにて開催された『Fate Project最新情報発表会』にて発表された。スマートフォンアプリ、テレビアニメ、劇場版アニメのメディアミックス展開で、『Fate/stay night』のメインヒロインの全ルートを網羅する企画となる。[7][8]

スマートフォンアプリ[編集]

シリーズの全ての元となる『Fate/stay night [Realta Nua]』のFate ルートをスマートフォン(iOS&Android向け)アプリで期間限定の無償配布を行う企画。これは、ufotable代表の近藤光武内崇の「セイバールートがすべてのFateの中心にある」という言葉を聞き、それならテレビアニメ『Unlimited Blade Works』放送のタイミングでみんなが無償でセイバールートを楽しめる環境を作りたいと武内に相談したことにより決まった。アニメの放送開始に合わせ2014年秋より配信予定[9]

テレビアニメ第2作[編集]

『TYPE-MOON × ufotable プロジェクト』第3弾として2014年10月より分割2クールのテレビシリーズとして放送予定。1stシーズンを2014年10月4日、2ndシーズンを2015年4月より放送する。アニメーション制作は劇場版『空の境界』やテレビアニメ『Fate/Zero』を制作したufotable。監督は三浦貴博[10]。音楽をTYPE-MOON制作のPC専用ゲーム『魔法使いの夜』にて音楽を担当した深澤秀行が担当する。ストーリーは2010年にスタジオディーンにより映画化された『Unlimited Blade Works[11]。また、10周年を記念しロゴがリニューアルされた[12][13]

2013年7月13日に『劇場版 空の境界 俯瞰風景3D』完成披露前夜祭にて制作が発表され、同年12月27日にはアニメ公式サイトが開設された[14]。また、2014年5月には米国版アニメ公式サイトが開設された[15]

2014年7月27日、品川インターシティホールにて開催された『Fate Project最新情報発表会』にて、最新PV、制作ルート、放送局・日時などが発表された[16]。8月9日にはufotable本社1階にあるufotable Cafe TOKYOにて制作スタッフによるトークショーが行われた[17][18]

2014年8月16日よりTOKYO MXBS11とのコラボ企画として7週連続でキャラクター別の番宣CMの放送を開始した[19][20]

2014年9月28日より第1話世界最速同日先行上映イベント「Holy Grail's call[21]が開催される。このイベントは日本の東京大阪徳島の3都市、海外のアメリカロサンゼルスフランスパリドイツニュルンベルク韓国ソウルで行われる。国内3都市では制作スタッフや声優陣も登壇予定である[22]

本作を制作するきっかけとなったのは、2012年7月7日 - 8日に開催された『TYPE-MOON Fes』で発表されたufotable制作のPS Vita版『Fate/stay night [Réalta Nua]』のOP映像。客席からの歓声を聞いていた、武内とufotable代表の近藤が制作を決めた[23]とされている。近藤は当初、本作のアニメ制作には乗り気ではなかったが、この歓声が後押しとなり制作を決断したと振り返っている。武内も「いちばん自然な流れ」「筋が通って流れがある」と発言している[24]。また、原作者である奈須きのこは今回の制作にあたり「視聴者にも『これが2014年のFateなんだ』と感じてもらいたい」「『ufotable版Fate/stay night』が10年の歳月に相応しいものに仕上がるようにしたい」とコメントしている[25][26]。そして本作で監督を務める三浦は本作の企画自体が以前ufotableが制作したアニメ「Fate/Zero」がなければ存在しない企画だったと語り、「2014年に合わせたクオリティの映像で、衛宮士郎を主人公とした物語を作る[27]」「奈須きのこより語られた、原作ゲームでは描かれていない『新事実』の数々をTVアニメに盛り込んでゆく」とコメントした。[28]

本作は企画の段階でセイバーをヒロインとする「Fate」ルートを制作する予定であったが、ある程度制作が進んだ段階で現在のルートに制作が変更となった[29]。制作に関して原作者である奈須は脚本会議に出席し、台詞監修や新規シーン制作を行っている。また、キャラクター原案の武内はデザイン面で協力しており武内監修の元、これまでの私服に加え新たに私服デザインが増えている。キャラクターデザインは「Fate/Zero」と同様に各キャラクターの担当を数人のスタッフで振り分けて行われている。さらにデザインを原作の絵ではなく2014年現在の武内崇の絵に近づけるデザインにしており、古いファンにも新鮮さを感じさせる映像となっていると語られた[30][31]

スタッフ(第2作)[編集]

  • 原作 - 奈須きのこ / TYPE-MOON
  • キャラクター原案 - 武内崇
  • 監督 - 三浦貴博
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 須藤友徳、田畑壽之、碇谷敦
  • 色彩設計 - 千葉絵美、松岡美佳
  • 美術監督 - 衛藤功二
  • 撮影監督 - 寺尾優一
  • 3D監督 - 宍戸幸次郎
  • 音楽 - 深澤秀行
  • 制作プロデューサー - 近藤光
  • アニメーション制作 - ufotable

主題歌(第2作)[編集]

オープニングテーマ
ideal white[32]
歌 - 綾野ましろ
エンディングテーマ
歌 - Kalafina

放送局(第2作)[編集]

本作では、前回アニプレックスが担当したテレビアニメ『Fate/Zero』と同様に、従来放送局ごとに日時に差があるのが一般的であった深夜アニメ作品の放送日を同日に設定するという試みが行われる。また、ニコニコ動画にてインターネット配信が地上波放送の1時間後に行われる。さらにアメリカ、フランス語圏、ドイツ語圏、韓国で日本の放送と同日にテレビ放送、または配信が行われる[33]。『Fate/Zero』でも世界のファンが同時に作品を体験する試みが行われ、本作もそれを引き継ぐ形でアニメの世界同時展開が行われる[34]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
東京都 TOKYO MX 2014年10月4日 - 土曜 24:00 - 24:30 独立局 E!TV』枠
栃木県 とちぎテレビ
群馬県 群馬テレビ
日本全域 BS11 BS放送 ANIME+』枠
ニコニコチャンネル 土曜 25:00 更新 ネット配信

劇場版アニメ第2作[編集]

2014年7月27日、品川インターシティホールにて開催された『Fate Project最新情報発表会』にて、『TYPE-MOON × ufotable プロジェクト』第4弾として制作されることが発表された。アニメーション制作は、TYPE-MOON関連作品の映像化を多数担当してきたufotable。ストーリーは今回が初の映像化となる『Heaven’s Feel』(桜ルート)。『Project Fate/stay night』のラストを飾る企画となる。公開日時などの詳細は不明(2014年7月現在)[35]

漫画[編集]

角川書店月刊少年エース』2006年2月号から2012年12月号まで連載された。(レーベルは角川コミックス・エース)。作画は西脇だっと。全20巻。

シナリオはセイバールートをベースに遠坂凛ルートの要素を織り交ぜた、独自構成となっている。また、番外編を『エースアサルト』と『TYPE-MOONエース』に掲載していた。

関連商品[編集]

書籍[編集]

Fate/stay night anime spiritual
角川書店発行。テレビアニメ版ガイドブック。ISBN 4-04-853993-0(2006年8月8日発売)
Fate/stay night 原画集 〜Production Drawings〜
一迅社発行。テレビアニメ版原画集。ISBN 978-4-7580-1072-6(2007年1月16日発売)
Fate/stay night ビジュアルコレクション
学習研究社メガミマガジンスペシャルコレクション。ISBN 978-4-05-403417-4(2007年3月発売)
Fate/stay night [Réalta Nua] 公式攻略ガイド
角川書店発行。PS2版の公式ガイドブック。ISBN 978-4-04-707236-7 (2007年5月10日発売)
Fate/stay night [Réalta Nua] 公式攻略ガイド 改訂版
角川書店発行。PSVITA版の公式ガイドブック。ISBN 978-4-04-110336-4(2012年11月29日発売)
Fate/stay night Visual Story
エンターブレイン発行。攻略ルート別に画像と解説で紹介したビジュアルストーリーブック。ISBN 978-4-7577-3723-5(2007年8月20日発売)
Fate/stay night セイバー写真集
一迅社発行。テレビアニメ版のイラスト集。ISBN 978-4-7580-1132-7(2009年2月19日発売)
Fate/stay night 遠坂凛写真集
一迅社発行。テレビアニメ版のイラスト集。ISBN 978-4-7580-1162-4(2010年2月12日発売)
Fate/complete material
エンターブレイン発行。全5巻。Fateシリーズのビジュアル集、および設定資料集。
I Art material.
本編イラストを含む版権絵をほぼ網羅。「I」「II」「III」と『Fate/side side materiale complete』を収録できる特装ボックス付き。ISBN 978-4-7577-4352-6(2008年7月2日発売)
II Character material.
本編登場キャラクターの設定資料集。ISBN 978-4047266803(2010年6月30日発売)
III World material.
世界観の設定資料集。ISBN 978-4047269026(2010年10月29日発売)
IV Extra material.
スピンオフ作品の版権画集。ゲーム特典冊子と描き下ろしをまとめた『Fate/side side materiale complete』付属。ISBN 978-4047274181(2011年6月25日発売)
V Hollow material.
続編『Fate/hollow ataraxia』の本編イラストを含む版権絵をほぼ網羅。ISBN 978-4047278776(2012年2月25日発売)
Fate/stay night占い
一迅社発行。ISBN 978-4-7580-1163-1(2010年3月5日発売)
劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS 公式ガイドブック
角川書店発行。劇場版の公式ガイドブック。ISBN 978-4-0485-4462-7(2010年2月10日発売)
Fate/world guide
角川書店発行。TYPE-MOON作の公式ガイドブック。ISBN 978-4-04-715783-5(2011年9月26日発売)

CD[編集]

Fate/stay night ORIGINAL SOUND TRACK
PCゲーム版のオリジナルサウンドトラック。2004年2月25日発売。
Wish
キャラクターイメージソング集。うち3曲がボーカルソングで、4曲がインストルメンタル。2005年3月2日発売。
  1. memory (セイバー)
    歌:M.H. / 作詞:芳賀敬太 / 作曲:KATE / 編曲:James Harris
  2. Over the Mountain (遠坂凛)
    歌:rhu / 作詞:芳賀敬太 / 作曲:KATE / 編曲:James Harris
  3. 桜咲いて (間桐桜)
    歌:Haruka Futaki / 作詞:芳賀敬太 / 作曲:KATE / 編曲:James Harris
  4. Elfe (イリヤ)
    作曲:KATE / 編曲:James Harris
  5. GAZE (ライダー)
    作曲:KATE / 編曲:James Harris
  6. 悲恋 (キャスター)
    作曲:KATE / 編曲:James Harris
  7. フィーバー (藤ねえ)
    作曲:KATE / 編曲:James Harris
Fate/another score -super remix tracks-
PC版およびFate/hollow ataraxiaの一部楽曲のリミックス集。全13曲収録。2006年3月23日発売。
Fate/stay night A.OST
TVアニメ版のオリジナルサウンドトラック。作曲は川井憲次。2006年6月28日発売。
Fate/stay night キャラクターイメージソング
TVアニメ版のキャラクターソングシリーズ。
Fate/stay night [Réalta Nua] Original Sound Track
PS2版のオリジナルサウンドトラック。初回版はPCゲーム版よりの楽曲も収録。2007年4月25日発売。
Fate/Recapture -original songs collection-
PC版、Fate/hollow ataraxia及びPS2版の全ヴォーカル曲を収録したアルバム。また、オリジナル新曲として「Alive」(歌:荒牧陽子)も収録される。ボーナストラックには「THIS ILLUSION」と「hollow」のアレンジヴァージョンが収録。2009年12月23日発売。
なお同時発売作品として、TVアニメ版などでボーカルを務めたタイナカサチによるカバーアルバム『Mariage -tribute to Fate-』がある。このアルバムでは「THIS ILLUSION」と「アタラクシア」以外の本作収録曲を全てカバーしている。
ricordanza -Fate/stay night TV song collection-
TVアニメ版のヴォーカル曲のベストアルバム。新曲「imitation」(歌:タイナカサチ)も収録。2009年12月23日発売。
劇場版Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS ORIGINAL SOUND TRACK
劇場版アニメのオリジナルサウンドトラック。2010年4月28日発売。
Fate/stay night [Réalta Nua] Original Sound Track Reproduction
PSVITA版のオリジナルサウンドトラック。2012年12月26日発売。

その他[編集]

外伝作品[編集]

Fate/hollow ataraxia
続編に当たるファンディスク。
Fate/Zero
本編の十年前、第四次聖杯戦争について扱った小説作品。執筆はニトロプラスシナリオライターの虚淵玄
Fate/Prototype
奈須が学生時代に描いていた、Fateの原型(プロトタイプ)にあたる作品。
『Character Material』に主人公であるセイバーと沙条綾香のイラストと沿革が掲載され、『カーニバル・ファンタズム』Season3の特典映像として、12分のショートフィルムが制作された。
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
イリヤスフィール・フォン・アインツベルンを主役とした、ひろやまひろしによる漫画作品。続編に『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 2wei!』がある。
氷室の天地 Fate/school life
氷室鐘を主役とした、磨伸映一郎による4コマ漫画作品。外伝に『マキジ大作戦』がある。
フェイト/タイガーころしあむ
スピンオフ作品の対戦アクションゲーム。 続編に『フェイト/タイガーころしあむ アッパー』がある。
Fate/unlimited codes
本編シナリオを基軸とした3D格闘ゲーム
Fate/strange fake
本編の数年後、偽りの聖杯戦争について扱った小説作品。TYPE-MOONエースVol.2別冊付録。執筆は電撃文庫の成田良悟
Fate/EXTRAシリーズ
本編とは別の聖杯戦争を描くロールプレイングゲーム。続編に『Fate/EXTRA CCC』がある。
Fate/Apocrypha
本編とは別の聖杯戦争を描く小説。元は『Fate/complete material IV Extra material』に情報が掲載された作品。
月世界旅行〜Fly me to TYPE-MOON〜
電子書籍「GA文庫マガジン」で連載されているギャグマンガ。
闘え!タイガーお悩み相談所
携帯版公式WEBサイト「まほうつかいの箱」で連載されている、黒八による4コマ漫画。原作の「タイガー道場」のスピンオフ作品で、藤村大河とイリヤスフィールが主軸に置かれる。
ハーフ&ハーフ&ハーフ
携帯版公式WEBサイト「まほうつかいの箱」で連載されている、森井しづきによる4コマ漫画。登場人物の多くがFate/hollow ataraxiaからとなり、主人公はカレン・オルテンシアとアヴェンジャー。
某月某日。幸せな空の下で。
『Fate/side side materiale complete』に収録されている、星空めておによるスピンオフ短編小説。ベルギーへ向かう旅客機内で起きたテロ事件を描く。登場人物は遠坂凛とカレン・オルテンシア。そして本作オリジナルキャラクターである、宝石研磨職人・ケビン。本作はケビンの視点で語られる。なおライダーが本作以降に装着している魔眼殺しの眼鏡は、ケビンの所属する工房で作成されたものである。

他作品とのコラボレーション[編集]

Lycée
2005年12月22日発売のトレーディングカードゲーム「Lycée」のver.TYPE-MOON1.0から参戦しており4.0までに収録。
ドラゴン☆オールスターズ
2006年7月11日発売のトレーディングカードゲーム「ドラゴン☆オールスターズF」のどらぱれパックに収録されている。
萌きゅあねっと、ぷるるん美少女、アニメTVモバイル
2008年7月6日よりウィンライトの提供するオンラインサイト内部のアバター着せ替えサービスにて「Fate/stay night」の衣装が登場した。
ヴァイスシュヴァルツ
2008年10月25日より発売「ヴァイスシュヴァルツ」のトライアルデッキにて参戦。2008年12月20日にブースターパック発売。
2009年11月21日に「Fate/hollow ataraxia」のエクストラブースターが発売。2011年11月26日に「Fate/Zero」のトライアルデッキ 、2012年2月25日にエクストラブースター、2012年9月8日にブースターパックが発売。「ヴァイスシュヴァルツ ポータブル」でも参戦。
ファンタシースターポータブル2
2009年12月3日より発売のPSP用ソフト「ファンタシースターポータブル2」にて「Fate/stay night」の衣装が登場している。
ファンタシースターポータブル2インフィニティでもPlayStation Storeにてダウンロード用に衣装が用意されている。
MAPLUS ポータブルナビ3
2011年5月24日より発売のナビゲーションソフト「MAPLUS ポータブルナビ3」は「Fate/Zero」のきせかえパックを配信。
トイ・ウォーズ
2011年9月20日よりオンラインシューティングゲーム「トイ・ウォーズ」は「Fate/Zero」とのコラボレーションとして衣装ガチャのフィギュア☆スターにて衣装を提供した。
朗読少女
2011年9月29日より読書エンターテイメントアプリケーション「朗読少女」にてコラボレーションアイテムとして「Fate/stay night」の衣装が登場。
ファンタジーアース ゼロ
2011年10月31日よりMMORPGファンタジーアース ゼロ」はテレビアニメ「Fate Zero」の衣装を入手できるルーレットを設置。
ちぷやタウン
2011年11月1日より放映中のアニメ「Fate Zero」の衣装が携帯電話専用のSNS「ちぷやタウン」のアバターに利用可能になった。
Master of Epic
2011年11月1日より放映中のアニメ「Fate Zero」の衣装がMMORPGMaster of Epic」にて実装開始。
タルタロス
2011年12月7日よりMORPGタルタロス」と「Fate/Zero」とのタイアップを開始した。コラボアバター、イベント。
Le Ciel Bleu
2012年1月11日よりMMORPGLe Ciel Bleu」と「Fate/Zero」とのタイアップを開始した。アバターやペットなどや、キャラクターが登場する。
ねんどろいど じぇねれ〜しょん
2012年2月23日より発売のねんどろいどを扱ったRPG『ねんどろいど じぇねれ〜しょん』に「Fate/stay night」のキャラクターを模した人形が登場する。
シュヴァリエサーガ タクティクス
2012年4月5日よりオンラインシミュレーションRPG「シュヴァリエサーガ タクティクス」にてタイアップ企画が開始。イベントとしてサーヴァンが登場する。
狩りとも
2012年4月9日よりMobageで配信中のソーシャルゲーム「狩りとも」にて「Fate Zero」のキャラクターをゲーム内ユニットにできるガチャを販売。
アットゲームズ
2012年4月20日よりオンラインゲームサイトアットゲームズにて「Fate Zero」のキャラクターの衣装や限定イベント。
ぷちっと★ロックシューター
2014年4月25日よりソーシャルゲーム「ぷちっと★ロックシューター」にてキャラクターの衣装が入手できるレアガチャが登場。
アラド戦記
2012年4月26日よりオンラインアクションRPG「アラド戦記」にて「Fate Zero」の登場人物の衣装アバターやサーヴァントカードなど。
ペーパーマン
2012年5月23日よりオンラインFPS「ペーパーマン」にて武器などのコラボレーションアイテム、クラントーナメント。
拡散性ミリオンアーサー
2012年6月19日よりオンラインカードバトルRPG「拡散性ミリオンアーサー」にサーヴァント達のコラボカードが登場。
プリズムコネクト
2012年12月14日発売のトレーディングカードゲーム「プリズムコネクト」に「Fate / stay night - UNLIMITED BLADE WORKS」が、2013年5月17日に「Fate/Zero」が参戦している。
サムライ&ドラゴンズ
2013年1月9日よりPlayStation®Vita専用オンラインゲーム「サムライ&ドラゴンズ」にコラボレーションカード登場。2013年8月28日より新規キャンペーン実施。
モンスターハンターフロンティアG
2013年4月18日より「セイバー」と「アーチャー」の武器と衣装が「モンスターハンターフロンティアG」の世界で使用可能なコラボ。
ヴァルハラナイツ3
2013年6月6日よりアクションロールプレイングゲーム「ヴァルハラナイツ3」で「Fate/EXTRA CCC」とのコラボレーション衣装が配信開始された。
ファンタシースターオンライン2
2013年11月27日より「Fate/stay night」及び「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」に登場する主要キャラクターたちのコスチュームや迷彩武器、ボイスチケット、ポスター(ルームグッズ)などが「ファンタシースターオンライン2」に登場する。
剣と魔法のログレス いにしえの女神
2014年2月25日よりスマートフォン向けMMORPG「剣と魔法のログレス いにしえの女神」に「Fate/EXTRA CCC」の登場人物をイメージした武器と防具が手に入るコラボガチャ。同4月24日より新たに開催されている。
艦隊これくしょん -艦これ-
2014年4月1日にブラウザゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」にてエイプリルフールイベントが催された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この作品から離れた本来の意味での聖杯、すなわちキリスト最後の晩餐の際に使ったとされる聖遺物の杯とは全く別の物である。
  2. ^ Type-Moon作品の多くが共有する世界観において、魔術によって引き起こされる現象は科学技術などの他の方法を用いても再現しうるのに対し、魔法とは本物の奇跡(その時代の技術レベルにおいて、どれほどの費用や労力を注ぎ込んでも達成不可能なもの)を実現する神秘であり、第一から第五まで五つが存在するのみである。それを扱える魔法使いは世界に現在四人しかいない。
  3. ^ 物質界において唯一永劫不滅でありながら肉体という枷に引きずられる魂を、それ単体で存続できるよう固定化する魔法。本来物質世界では存在できない = 三次元世界上の法則に従わない「魂」の次元を上げる、言わば、「高次元の魂」を創造する。これにより魂は物質界より次元が高い概念世界である星幽界に属することになり物質世界からは絶対に手出しできない無敵状態となる。肉体は星幽界からラジコン操作のように操ることになる。1つの魂が一度に操れる肉体は1つだけ、他の魂を宿している肉体を強引に奪うことはできないなどの制約はあるものの、要は魂が寿命を迎えるまで死ぬことがないようにする魔法。
  4. ^ 魔術師などが体内に持つ、魔力を精製するための疑似神経のことをいう。
  5. ^ 願いは言わば設計図なので、使用者の知り得る手段でしか願いは叶わず、知り得ない方法での願いは叶えられない。
  6. ^ 名前に反して必ずしも「戦争(武力闘争)」であるとは限らず、例えば「聖杯」が売りに出され、それを買うためにオークションなどを行うことも「聖杯戦争」と呼ばれる。
  7. ^ 聖杯により与えられるマスターの資格で、自らのサーヴァントに対する絶対命令権。腕のどこかに三画の聖痕として現れ、三回までの命令が有効。形状は個人によって差異がある。使用するたびに一画ずつ消えていく。膨大な魔力が込められている。命令が具体的なものであればあるほど強制力が大きく、また、場合によっては本来なら不可能な行為(例:数キロの瞬間移動)を可能にすることもできる。令呪を使い果たしたとしてもサーヴァントが裏切らなければ契約自体は維持できるが、もし裏切れば自分のサーヴァントに殺害されることもあるので、基本的に使い果たすのは推奨されない。ただしそれも方便で本当の意味は別にある。
  8. ^ そのマスターが最も認識しやすい形。
  9. ^ 過去・現在・未来の全時系列のどこかに存在した英雄たちの霊。実在したか否かを問わず、神話や伝説・歴史において偉大な功績をあげ、死後もなお人々からの信仰の対象とされた英雄の霊格が精霊神霊聖霊(何れも人よりも高位とされる)の域にまで昇華され、世界の外側にある“英霊の座”と呼ばれる領域に押し上げられることで、輪廻の輪からも因果の枠からも外れて不変の現象となった存在。
  10. ^ 英霊は基本的に神話伝承に語られる英雄であり、その物語の中には彼らの最期や弱点なども含まれてもおり、それらの伝承が宝具のように弱点として備わっている。死因につながった宝具(宝具の紛失など)は備わらないのもある。
  11. ^ 人間の幻想を骨子にして作り上げられた武装のこと。英霊は、生前彼らが持っていた武器や固有の能力・魔術・特徴や、あるいは彼らを英霊たらしめる伝説や象徴が具現化したモノとして、伝承由来の宝具を持つ。宝具には、具体的な武具の形を取らず、身体能力として常時発動するようなものも含まれることがある。ひとりの英霊が持つ宝具の数は、その英霊の伝承の数や種類によって異なる。基本的に宝具には魔力を注ぎ宝具の真名を口にすることで宝具に秘められた真の力を発現させる「真名開放」がある。この攻撃は、英霊より格上である存在(時には、幻想種最強の竜種)を倒すことも可能とされる。ちなみに、全ての宝具に真名開放があるわけではない。能力の発動は任意の発動から使用条件といったものもある。膨大な魔力の詰まった宝具を爆弾として破裂させる「壊れた幻想(ブロークン・ファンタズム)」という大技もあるが、宝具の修復は容易いことではないため、こちらはまず使われない。また、武器などの現存する宝具もあるが、それらは一種の概念武装ではあるが宝具としての能力はなく、あくまでもその武器を象徴する使い手のサーヴァントが手にすることでのみ、宝具と成り得る。
  12. ^ 自然や空間に存在する魔力。大源とも。これとは別に生物の体内で精製される魔力はオド(小源)と呼ばれる。
  13. ^ 世界の外側にあるとされる領域で、「あらゆる事象の発端」「万物の始まりにして終焉」。全ての魔術師にとっての絶対的到達目標である。
  14. ^ 自分の心象世界を侵食させることで、一定範囲内を現実世界とは異なる法則の支配する異界に変える、魔術や能力。個々の術者の心象世界がそれぞれに異なる以上、発現の仕方もさまざまである。世界からの修正を常に受け続けるため、その展開と維持には莫大な魔力が必要になり、人間の術者にはせいぜい数分程度の維持しかできない。最も魔法に近い魔術で、魔術師たちの目指す到達点の一つ。
  15. ^ a b 複製された無数の剣が、さながら墓標のように大地に突き立つ剣の丘の心象世界。内部はあらゆる剣を構成する要素で満ちており、目にした剣を瞬時に読み取り複製、結界内に記憶する。ただし複製品はオリジナルより宝具としてのランクが一つ落ちる。また、盾や鎧の投影は剣投影の2倍から3倍の魔力が必要。なお、結界形成時に用意された武装は魔力を消費しないが結界の形成から維持まで魔力を消費し続ける。さらに破壊されたものを修復する又は結界形成時に存在しなかったものを新たに投影する場合は激しく魔力を消費する。また、セイバーの「約束された勝利の剣」やギルガメッシュの「乖離剣エア」などの神造兵器は複製は不可能である。ただし「約束された勝利の剣」に限ってはセイバーオルタのものを投影しており、アーチャーは「完璧ではないにしろ真に迫る物ならできる」と述べている。外伝ではあるが『Fate/EXTRA CCC』でアーチャーが永久に遙か黄金の剣(エクスカリバー・イマージュ)を投影している。ちなみに、両者の心象は違いがあるために詠唱と光景が違っており、アーチャーは世界側の存在でもあるため、世界の修正もなく行使できる。投影物は必ずしも宝具というわけではない(例として干将・莫耶が該当する)。
  16. ^ 初回特典集では「アーチャーが詠唱を守るため投影した」と書かれているが、『Fate/complete material III』では細かく述べられており、「天地乖離す開闢の星」から守ったのがアーチャーの仕業。これにより固有結界に記録されて投影が可能となり、士郎が詠唱中に投影した。また、「丘から盾を引きずり上げる」という描写は悟りを開けたからこその表現だとされる。
  17. ^ 無契約の場合は後者のセイバーが直に接触するのみでしか回復は発動しない。また「約束された勝利の剣」で受けた傷は回復しない。
  18. ^ 本編中でも、何度か傷口から剣が見えたという描写がある。剣としての強度があるため、ライダーの鉄杭は貫き通せなかった。
  19. ^ 通常、人体に霊体をつなげるとショック死は避けられない。そもそも、魂の蘇生・復元は魔術では扱えない神秘であり、異なる霊体同士の接続自体が禁呪である。それでも移植に成功したのは、士郎とアーチャーの霊格が同じだったため。
  20. ^ ただし、完全に使用できるわけではない。例えば固有結界「無限の剣製」は士郎とアーチャーの心象世界が異なるため継承できず、投影できるのは士郎が直接学んだものか、アーチャーが記録した宝具のみという制約がある。
  21. ^ 「TYPE-MOONエース」Vol.4のフェイト/エクストラロングインタビューより。
  22. ^ セイバーの身体を魔力で強化するスキルで、甲冑もそのスキルで纏った物でもあることから、彼女が甲冑を消すのは身体の強化だけに集中するためである。また、自身以外の対象も可能。
  23. ^ 本質は有名な聖剣を隠すものだが汎用性が高く、剣ではない対象も可能(広範囲の物でも可能)で不可視だけではなく風の防御壁を張ることもできる。また、纏わせた風を解放することで暴風として撃ち出す「風王鉄槌(ストライク・エア)」がある。使い方次第でロケットのように推進力としても使えるが、再び風を纏わせるには多少時間を要するために連発はできない。ちなみに宝具扱いだが正しくは魔術であり、マーリンが施したとされる。
  24. ^ 精霊の加護に依り、水海を沈むこともなく足を付けることも可能。また、「Fate/side side matriale 3」のBLACKの漫画では瞬時に髪を結わえるのは髪結の精霊キューティクルとメデュラの加護に依るものと解説され、ほかに糧と仕立ての精霊もいるとも述べている。
  25. ^ 作中では名前が明かされていないが、初回特典のデザイン画にセイバーオルタナティブと書かれており、外伝作品(『Fate/unlimited codes』など)および関連商品で正式に「セイバーオルタ」、または「セイバーオルタナティブ」の名称がつけられた。
  26. ^ 当初の発表では2月4日だったが、後に訂正された。
  27. ^ この性分は父・時臣が死んだ事で彼の魔術師としての冷酷な本性を知らないが故に形作られたものであり、もし時臣が生存していた場合は影響を受け魔術そのものを忌避するか父同様の冷酷な魔術師となるかのどちらかとのこと。
  28. ^ 「トラぶる花札道中記」や「フェイト/タイガーころしあむ」シリーズでは別人となっており、両方のイリヤが共演することもある。ただし、ドラマCDなど一部の作品では同一人物だと思わせる発言があった。
  29. ^ 実際は切嗣は第4次聖杯戦争終了後に何度かイリヤに会いに行こうとしたが、アインツベルンの結界に阻まれて会えなかった。
  30. ^ 作中に彼の宝具と言われることがあるが、宝具ではない。ただし、れっきとした「干将・莫邪」を持つ英霊が召還した物なら怪異に絶大な効果がある対怪異用宝具となるという。そして性質と投影を駆使した干将・莫耶の究極技ともいえる「鶴翼三連」がある。本作では"Heaven's Feel"ルートのとある展開で彼ではなく士郎が移植したアーチャーの腕より引き出しセイバーオルタ相手に自壊覚悟で倒した技で、2対の投擲と斬撃の重ね×切りのコンビネーション技である。アニメ版では彼自身が使用し、更に刀身を強化することで鳥の羽のような巨大な剣「干将・莫耶オーバー・エッジ」にて斬撃する。「干将・莫邪」に刻まれている詩が発動呪文でもある
  31. ^ 体の変色は衛宮士郎にも見られ、"Fate"ルートで「勝利すべき黄金の剣」の投影際に皮膚の一部が変色している。
  32. ^ 英霊の中には、人間という種を守るための究極の力として存在する者たちがいる。彼らは「抑止の守護者(カウンターガーディアン)」「霊長の守護者」と呼ばれ、「『人類の自滅』が起きる時にその場へ現界し、そこに存在するすべての人間の殺戮を以ってそれを阻止する」という役目のため、自由意志を持たぬまま世界に使役される存在である。信仰や神性の低い者、そして世界との契約により英霊となった者にはもっぱらこの役割が割り振られる。
  33. ^ 実際には英霊となった時点で因果を外れ、既に士郎とは別の存在となってしまっているため、望みが叶えられる可能性は低い。むしろこれは彼自身も認めている通り単なる八つ当たりに近く、また何らかの変化があると信じないと自分を許容できないとも語っている。
  34. ^ シナリオ原作者はこの聖人について『月姫』のシエルと示唆するコメントを述べている。
  35. ^ 材質や形状などの物理的な特性ではなく、儀式や積み重ねた歴史、語り継がれる伝承などにより付与された概念、すなわち魂魄の重みに依って特定の能力を発揮する強力な武装のこと。物理的な効果にとどまらず、空間や節理、対象の意味などにまで影響を及ぼすことができる。なお、宝具もその成り立ちから一種の概念武装であると言うことができ、例えば「熾天覆う七つの円環」は宝具の域にまで昇華した概念武装である。
  36. ^ Heaven's Feelルートでは聖杯の泥により黒化してしまうが、それでもイリヤを護る意志が消えていないことが説明されている。
  37. ^ 作中で、一撃の下に5回殺した「勝利すべき黄金の剣(カリバーン)」のランクは不明だが、A++(「約束された勝利の剣(エクスカリバー)」)より低く、かつAランク以上(「十二の試練」に通用)である。
  38. ^ この宝具は宝物庫を開く鍵剣こそが本体でそれ自体に脅威はなく使用者が財が無ければ只の鍵でしかない。それ故に全ての財を所有するギルガメシュだからこそ意味のある宝具と言える。鍵剣を使わなくても財を取り出すことはできるが、乖離剣を呼び出す際にはしばしば鍵剣を使用している。なお、ヘラクレスの「十二の試練」など、英雄の生涯における逸話や技などが基になった形のない宝具までは所有していない。『Fate/EXTRA CCC』では、より定義が明解にされており、曰く英雄の伝承は人類最古の英雄であるギルガメッシュの伝説から派生したものであるために英雄の宝具の原典は彼に行き着き、そしてその原典は人類の知恵の原典にしてあらゆる技術の雛形である。ゆえに宝物庫には人類が生み出すものであれば過去未来の時間軸問わず全てを保有している。逆に所有してない物は基本的に全く別の新人類または別天体の知的生命体の文明技術よって生み出す全く別の概念によるものである場合、また存在こそしても使用した伝承がない物は原典が何に当たるかわからないため収蔵されていない。
  39. ^ 関智一は後にアニメ版『ドルアーガの塔』でもギルガメスを演じている。
  40. ^ 史実におけるハサン・サッバーフイスラム教ニザール派の創始者の1人であり、アサシンという言葉の語源は彼自身ではなくこのニザール派である。このゲームで多用される歴史・神話の独自解釈の産物である。詳しくは暗殺教団を参照のこと。
  41. ^ 悪を行い人々から呪われる存在でありながら、それが結果的に人々の救いとなって奉られた英雄を指す。英霊の分類の一つ。
  42. ^ 聖堂教会における異端審問員で、神の代行と称して教義に存在しない異端を狩る殺し屋。死徒と呼ばれる吸血鬼や禁を犯した魔術師を主な標的とする。
  43. ^ 魔術行使をサポートするための特殊な武装。持ち主の魔力を増幅するもの、魔力を流し込むだけで特定の魔術を発動するものなど。
  44. ^ ただしFateルート本編では「男」と表記されている。
  45. ^ Fate/hollow ataraxia』内の同名のミニゲームに、新たにシナリオとキャラクター音声を追加したもの。
  46. ^ 2009年9月19日アニメイト秋葉原店でも限定発売された。
  47. ^ 公開直後から上映されていない地方を中心に問い合わせが多数寄せられたため最終的に約70~80スクリーンに増加した。

出典[編集]

  1. ^ Type-Moon 『フェイト/ステイナイトプレミアムファンブック』 宙出版、2003年、47頁。ISBN 4776790084
  2. ^ コンプティーク』2007年5月号、角川書店2007年4月10日[要ページ番号]
  3. ^ テレビアニメ版『Fate/Zero』BD-BOX II 特典ドラマCD IIより。
  4. ^ 東浩紀佐藤心更科修一郎元長柾木 「どうか、幸せな記憶を。」『批評の精神分析 東浩紀コレクションD』 講談社、2007年、217頁・274-279頁。ISBN 978-4062836296
  5. ^ 前島賢 『セカイ系とは何か ポスト・エヴァのオタク史』 ソフトバンククリエイティブ、2010年、178頁。ISBN 978-4797357165
  6. ^ 宇野常寛 『ゼロ年代の想像力』 早川書房、2008年、122-123頁。ISBN 978-4152089410
  7. ^ Twitter Project「Fate/stay night」公式アカウント 2014年7月27日
  8. ^ 『Fate/stay night』プロジェクト解禁、メインヒロイン全ルートを網羅!
  9. ^ 『Fate/stay night』セイバールートが無料アプリで配信決定! 『Fate/Grand Order』最新情報も
  10. ^ PS Vita版『Fate/stay night [Réalta Nua]』オープニングムービーに絵コンテ、演出として参加している他、劇場版『空の境界』では第六章の監督、『Fate/Zero』では絵コンテ、演出を務めた。
  11. ^ TVアニメ『Fate/stay night』では“Unlimited Blade Works(遠坂凛ルート)”が展開。1期は10月4日から、2期は2015年4月放送開始
  12. ^ twitter 瀬島卓也
  13. ^ twitter 有馬トモユキ
  14. ^ 「Fate/stay night」公式サイト”. ufotable. 2014年1月1日閲覧。
  15. ^ TVアニメ「Fate/stay night」(ufotable版) 米国版 公式ホームページ
  16. ^ Fate/stay nightは凛ルートをアニメ化&「Heaven’s Feel」映画化&「Fate/Grand Order」今冬開始など「Fate Project最新情報発表会」レポート
  17. ^ 「Fate/stay night」を作っているのはこんな人たち、スタッフトークイベント・前編
  18. ^ 「Fate/stay night」を作っているのはこんな人たち、スタッフトークイベント・後編
  19. ^ 前回Aniplexとufotableが製作した『Fate/Zero』でも同じように7週連続で番宣CMを放送する取り組みを行った。こちらは陣営別の番宣CMである。
  20. ^ twitter Project Fate/stay night 公式アカウント 2014年8月13日
  21. ^ 「Holy Grail's call」は、サーヴァント召喚詠唱にある"聖杯の寄るべ"という意味。
  22. ^ 「Fate/stay night」日米仏独韓/世界5ヵ国で先行上映イベント同日開催 本編も国内外同時を目指す
  23. ^ 月刊ニュータイプ』2013年10月号、KADOKAWA2013年9月10日
  24. ^ TYPE-MOONエース』Vol.9、KADOKAWA2014年1月30日
  25. ^ TYPE-MOONエース』Vol.9、KADOKAWA2014年1月30日
  26. ^ 竹箒日記 2014年1月31日
  27. ^ 「Fate/stay night」の“凛ルート”がTVアニメ化決定。“セイバールート”のスマホ向けアプリも発表された「Fate Project 最新情報発表会」をレポート
  28. ^ TYPE-MOONエース』Vol.9、KADOKAWA2014年1月30日
  29. ^ 月刊ニュータイプ』2014年9月号、KADOKAWA2014年8月10日
  30. ^ コンプティーク』2014年9月号、角川書店2014年8月10日
  31. ^ TYPE-MOONエース』Vol.9、KADOKAWA2014年1月30日
  32. ^ twitter ufotable 2014年8月16日
  33. ^ アメリカではHuluCrunchyroll、フランス語圏はWakanim、ドイツ語圏はPeppermint.TVが配信、また韓国はケーブルテレビ局Aniplusにて放送する。
  34. ^ 「Fate/stay night」日米仏独韓/世界5ヵ国で先行上映イベント同日開催 本編も国内外同時を目指す
  35. ^ 『Fate/stay night』の“Heaven’s Feel(間桐桜ルート)”が劇場アニメ化決定。制作はufotable(PVあり)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TOKYO MX E!TV 日曜0:00枠(土曜深夜)
前番組 番組名 次番組
ALDNOAH.ZERO
(第1期)
Fate/stay night
(テレビアニメ第2作)
-
BS11 ANIME+ 日曜0:00枠(土曜深夜)
ALDNOAH.ZERO
(第1期)
Fate/stay night
(テレビアニメ第2作)
-