イメージエポック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社イメージエポック
IMAGEEPOCH INC.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:112-0012
東京都文京区大塚5-7-12
NKビル新大塚3階
設立 2005年6月9日
業種 情報・通信業
事業内容 コンピューターゲームソフトウェアの企画・開発・販売及びこれらの受託
代表者 代表取締役社長 御影 良衛
資本金 75,114,000円
決算期 9月
外部リンク http://imageepoch.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社イメージエポック: IMAGEEPOCH INC.)は、コンピューターゲームソフトウェアの企画・開発・販売及びこれらの受託を主な事業内容とする日本の企業。

概要[編集]

2004年8月に合資会社として設立。グラフィックデザインを受注しつつ、2005年6月には株式会社化。

2006年にゲーム開発事業に移行し、ニンテンドーDS用ソフト『ルミナスアーク』を開発、2007年2月マーベラスインタラクティブよりリリース。

2007年11月、事業拡大のために社屋を移転。以降2009年6月に発売したWii用ソフト『アークライズファンタジア』までは全て任天堂プラットフォームでの開発を主流としてきたが、同年9月に発表されたPSP用ソフト『ラストランカー』よりSCEプラットフォームの開発に参入。2010年にはパブリッシャー化およびHDゲーム機(PS3、Xbox 360)への参入を表明、2011年4月28日発売のPSP用ソフト『最後の約束の物語』をパブリッシャー第1弾タイトルとしてリリースした。

また、2009年度より『Master of Epic』の追加アップデートである新Age「Ancient Age」の企画・デザインに参加、2011年にはニコニコアプリの『ぷちっと★ロックシューター』『シュヴァリエサーガタクティクス』を開発するなど、オンラインゲーム開発にも参入している。

代表を務める御影良衛を含め開発陣には若年層が多い。開発タイトルはRPGが多く、同ジャンルに拘りを見せるものの、特定の方向には囚われずに事業を進めていく計画だという。御影はCEDEC 2009のゲームデザイン部門での講演にて、現在上場準備を始めていると語った。

開発ソフト[編集]

※自社リリース作品は太字で示す。

ニンテンドーDS

ニンテンドー3DS

PlayStation Portable

PlayStation Vita

  • クリミナルガールズ インビテーション(発売元:日本一ソフトウェア)

Wii

PlayStation 3

ブラウザゲーム・オンラインゲーム

脚注[編集]

  1. ^ ソニプロ公式サイト”. 2014年4月9日閲覧。
  2. ^ JRPG”. 2014年4月9日閲覧。

外部リンク[編集]