パラケルスス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パラケルスス

テオフラストゥス・(フォン)・ホーエンハイムTheophrastus (von) Hohenheim)、通称パラケルススParacelsus1493年1494年 - 1541年9月24日)は、ルネサンス初期のスイス医師錬金術師である。死後もその影響は大きく、医化学派が形成された。「医化学の祖」と呼ばれる。

完全な名前として、フィリップス・アウレオールス・テオフラストゥス・ボンバストゥス・フォン・ホーエンハイムPhilippus Aureolus Theophrastus Bombastus von Hohenheim)が知られるが、存命中一度も使われていない[1]

略歴[編集]

スイスのアインジーデルンで生まれ、医師であった父・ウィルヘルムから自然哲学を教わりながら育つ。

1515年にイタリアのフェラーラ大学医学部を卒業した後、医療を施しつつ旅を重ね、当時の医学界で支配的な地位を占めていたガレノスを批判するようになった。そしてパラケルススの名で著作を発表するようになるが(由来は「古代ローマの高名な医者・ケルススを凌ぐ」という意味を込めてパラケルススを自称するようになった、「ホーエンハイム」をラテン語化したなど諸説ある)、これはペンネームのようなものだと考えられている[1]

1525年バーゼル大学の医学部教授に就任したが、その翌年には大学から追放され、以後放浪の身となる。尚、追放の理由は「教室でガレノスの医学書を燃やしたことが反感を招いた」「キリスト教を批判した」と諸説あり、現在も明らかになっていない。

1541年ザルツブルクで没。遺体は聖セバスチアン墓地に埋葬された。

思想[編集]

パラケルススの思想にはマクロコスモス(大宇宙)とミクロコスモス(小宇宙たる人間)の照応という世界観が根底にある。マクロコスモスとしては地上世界、天上世界(星の世界)、霊的世界の3つを考え、それに対応するミクロコスモスである人間を身体、精気、魂に分けて考えている。地上界-身体と天上界-精気は目に見える世界であり、それを支配する霊的世界-魂は目に見えない世界である。 彼の思想は新プラトン主義の系譜をひく自然神秘主義としての側面を持っており、自然を神によって生み出されたものとして捉えている。神においてある第一質料=大神秘から硫黄、水銀、塩の3つの元素の働きが展開することによって四大元素(地水火風)が生まれ、ここから万物が生み出されるとした。

業績[編集]

  • 四大元素(火、風(空気)、水、土)の再発見
  • アラビアの三原質(水銀硫黄、塩)の再発見
  • 亜鉛元素の発見

著作[編集]

パラケルスス De vita longa (長寿の書[2])フランクフルト、1583年

「パラケルススの三部作」(いずれも書名に“para”が入っている)

  • 『Volumen paramirum』(邦訳『奇蹟の医書』訳:大槻 真一郎 工作舎、ISBN 487502116X
    • 病気の原因として「自然因」「天体因」「毒因」「精神因」「神因」を挙げ、これら5つが人の心身から宇宙まで繋がっていると説いている。
  • 『Paragranum』(邦訳『奇蹟の医の糧』訳:大槻 真一郎、沢元 亙 工作舎 、ISBN 4875023820
    • 医術には3つの基礎があり、その3つとは、哲学(四大元素が必要)、天文学(天の運行に則る必要)、錬金術アルカナが必要)である。加えて医術には、神の意思に従う倫理が必要であると説いている。
  • 『Opus paramirum』

他の著書

  • 『聖餐論』
  • 『アルキドクセン』(邦訳『アルキドクセン パラケルスス錬金術による製薬術の原論 第五精髄、秘薬(第一物質、賢者の石、生命の水銀、チンキ剤)、変成物、特効薬、霊薬、外用薬』訳:澤元亙、監修:由井寅子ホメオパシー出版、2013年)
  • 『ヘルバリウス(本草学)』(邦訳『ヘルバリウス』訳:澤元亙、監修:由井寅子、ホメオパシー出版、2015年。 『ヘルバリウス』の全体、『自然物について』の一部、『マケル薬草詩注解』の全体を収録。)
  • 『Labyrinthus medicorum errantium』(1538年ごろ)(邦訳『医師の迷宮 -これなくして医師はいかにしても真の医師になることができない-』訳:澤元亙、ホメオパシー出版、2010年)
  • 『目に見えない病気』(精神疾患の原因とその治療法についての著作。邦訳『目に見えない病気-いかにして目に見えないものを目に見えるかのようにして見るか-』訳:澤元亙、監修:由井寅子 、ホメオパシー出版、2012年)
  • 『妖精の書』(ニンフシルフピグミーサラマンダー等について述べている。)
  • 邦訳は他に、戦前に作られたズートホフ版からのアンソロジー(テーマ別抜粋集)であるJ.ヤコビ編 『自然の光』(大橋博司、訳、人文書院、1984年)があり[3]、『キリスト教神秘主義著作集 16』 (教文館、1993年)に、岡部雄三による「聖ヨハネ草について」、「磁石の力について」、「魔術について」、「神と人の合一について」の邦訳が収録されている。

他、多数の著作がある。

その他[編集]

パラケルススは医者であるが、前述の通り錬金術師としても有名である。錬金術師としては「ホムンクルスを創り出すことに成功した」「賢者の石を持っていた」「常に持ち歩いている剣には賢者の石が入っている」といった伝説がある。

上記の「剣」だが、剣の柄に「Azoth」とあったことから「アゾット剣」と呼ばれ、「一晩の宿の礼に柄から粉を取り出し石炭に振りかけたところこれが金になった」「病に伏した人に与えるとたちどころに健康になった」等の逸話もある。また「賢者の石」の形状も「粉末」「固形」「液体」諸説ある。 このアゾットは「剣」ではなく「杖」であるという説もある。

また、タロットカードの「魔術師」のモデルとされることがある。ただし実際にはタロット自体は彼の誕生以前から存在している。

脚注[編集]

  1. ^ a b 菊地原洋平著(ヒロ・ヒライ編)『パラケルススと魔術的ルネサンス』勁草書房2013年ISBN 4326148276
  2. ^ パラケルスス研究のラウンジ その4 最近の研究動向2 フランス語圏 bibliotheca hermetica ナイメーヘン・ラドバウド大学研究員 ヒロ・ヒライ
  3. ^ パラケルスス研究のラウンジ その1 日本語で何が読めるのか? bibliotheca hermetica ナイメーヘン・ラドバウド大学研究員 ヒロ・ヒライ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]