フランシスクス・シルヴィウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Franciscus Sylvius

フランシスクス・シルヴィウス(Franciscus Sylvius、1614年5月11日 - 1672年11月19日)は、ドイツ、ハーナウ生まれのオランダで活躍した医師解剖学者である。

シルヴィウスはラテン語名で本名、Franz de le Boëである。カンブレー出身の裕福な家に生まれた。スダンプロテスタント系のアカデミーで学んだ後、ライデン大学でフォルシュティウス(Adolph Vorstius)、ヘールニウス(Otto Heurnius)のもとで医学を学んだ。イエナ大学やヴィッテンベルクで修行を積んだ後、1637年、バーゼル大学で医学の博士号を得た。ハーナウで医者をした後、1639年にライデンに戻り、教師となった。1641年からアムステルダムで医療を始め、その間、薬剤師、化学者のヨハン・ルドルフ・グラウバーに会い化学の知識を得た。1658年にライデン大学の医学教授となり、1669年からは副学長を務めた。彼の教えを受けた学生にはヤン・スワンメルダム(Jan Swammerdam)、 ライネル・デ・グラーフ(Reinier de Graaf)、ニールス・ステンセン(Niels Stensen)などがいる。

実証的な医学のパイオニアでウイリアム・ハーベー血液循環説の支持者であり、ライデン大学に化学実験室を設けた。脳の解剖学研究を行い、脳の外側溝(シルヴィウス溝)や中脳水道(シルビウス孔)に名前がつけられている。1671年に主著"Praxeos medicae idea nova"を発表した。

シルヴィウスは解熱・利尿用薬用酒として、ジェネヴァ (Jenever) を発明したとされる。

参考文献[編集]