フィラッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィラッハ
Villach
オーストリアの旗
Villach.jpg
Villach CoA.svg
憲章都市 (Statutarstadt)
位置
フィラッハの位置の位置図
フィラッハの位置
ケルンテン州におけるフィラッハの位置の位置図
ケルンテン州におけるフィラッハの位置
座標 : 北緯46度36分 東経13度50分 / 北緯46.600度 東経13.833度 / 46.600; 13.833
行政
オーストリアの旗 オーストリア
  (Bundesland) ケルンテン州の旗 ケルンテン州
 郡 (Bezirk) -
 憲章都市 (Statutarstadt) フィラッハ
地理
面積  
  憲章都市 (Statutarstadt) 134.89km2(52.1mi2
標高 501m(1,644ft
人口
人口 (2009年4月現在)
  憲章都市 (Statutarstadt) 58,963人
    人口密度   434人/km2(1,123人/mi2
その他
等時帯 CETUTC+1
夏時間 CESTUTC+2
市外局番 04242
ナンバープレート VI
公式ウェブサイト : http://www.villach.at/

フィラッハ (Villach) はオーストリアの都市。ケルンテン州に属し、州都のクラーゲンフルトに次ぐ第二の都市である。郡に属さない憲章都市Statutarstadt)であるが、フィラッハ郡の郡庁が置かれている。人口は約5万9千人(2009年)。

地勢・産業[編集]

ドナウ川の支流であるドラウ川の谷に位置している。イタリアスロヴェニア国境に近く、南欧との物流拠点としての役割を果たす。街の南には温泉が湧出しており、湯治客も訪れる。近隣の都市としては、約35キロ東に州都のクラーゲンフルト、80キロ南東にスロヴェニアのリュブリャナ、75キロ南西にイタリアのウディネが位置している。

かつてはスキージャンプ・ワールドカップの開催地であったが、ラージヒルと呼ばれる大型のジャンプ台が無いため、開催されなくなった。

歴史[編集]

古代ローマ帝国の時代より、交通の要地であった。1060年に市場特権、1240年に都市特権を認められた。1348年1月25日にはオーストリアの歴史上最大と云われる地震が起き、大きな被害を受けた。16世紀宗教改革において一時プロテスタントの牙城となったが、対抗宗教改革の流れの中で再カトリック化した。19世紀後半、鉄道網の整備が進む中で、フィラッハは諸外国へと鉄道で移動する際の拠点駅となり、街の発展が進んだ。

交通[編集]

フィラッハには多くの国際列車が停車する。イタリアのローマからの列車がボローニャヴェネツィアなどを経てフィラッハに到着する。クロアチアザグレブ発の列車も、スロヴェニアのリュブリャナを経由してフィラッハへと至る。ドイツミュンヘンケルンへ向かう列車も発車している。北上すれば、ポーランドワルシャワにまで行くことが可能。

姉妹都市[編集]

フィラッハ
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
47
 
1
-6
 
 
47
 
5
-5
 
 
66
 
11
-1
 
 
83
 
15
3
 
 
96
 
20
8
 
 
121
 
23
11
 
 
134
 
26
13
 
 
111
 
25
13
 
 
102
 
21
9
 
 
106
 
15
5
 
 
102
 
7
-1
 
 
61
 
2
-5
気温(°C
総降水量(mm)
出典:ZAMG

外部リンク[編集]