ダイナシティ (ショッピングセンター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイナシティ
Dynacity
ウエストモール(ロビンソン百貨店時代)
ウエストモール(ロビンソン百貨店時代)
店舗概要
所在地 神奈川県小田原市中里208
開業日 イーストモール
1993年(平成5年)10月21日[1]
ウエストモール
2000年(平成12年)9月28日[3]
施設管理者 株式会社ダイナシティ
商業施設面積 イーストモール:16,636[5]
ウエストモール:43,954[5]
中核店舗 イーストモール
イトーヨーカドー小田原店[1]
ウエストモール
ロビンソン百貨店小田原[3]

西武百貨店小田原店[6]
店舗数 34(ダイドープラザ開業時)[1]
駐車台数 1,500台(ダイドープラザ開業時)[1]
前身 大同毛織工場[4]

ダイドープラザ[1]
商圏人口 17万人(ダイドープラザ開業時)[1]

63万人(ロビンソン開業時)[2]
最寄駅 JR東日本東海道本線鴨宮駅
外部リンク 公式ウェブサイト

ダイナシティ (Dynacity) は、神奈川県小田原市中里にある大型ショッピングセンターである。

歴史・概要[編集]

1979年(昭和54年)9月に大同毛織工場敷地跡の一部にニチイマイカルを経て現在のイオンリテール)が出店する計画を発表したのが始まりである[4]

しかし、この「ニチイ鴨宮店」の出店計画は、地元の小売業者などが「西湘地区大型店対策協議会」を結成して「第1種大型店出店の凍結宣言」出すと共に「小田原商工会議所」も「大規模小売店舗出店凍結」を出す[7]など反対が強かったことから実現しなかった[4]

そのニチイに代わってイトーヨーカドー小田原店が出店することになり[4]1993年(平成5年)10月21日にイトーヨーカドー小田原店を核店舗とする ダイドープラザとして開業したのが始まりである[1]

開業時に年間売上高約85億円を見込んでいた核店舗のイトーヨーカドー小田原店[1]1997年(平成9年)2月期に年間売上高約154億円を上げるなど順調に売上を伸ばし[8]2000年(平成12年)9月28日にはロビンソン百貨店小田原(現:西武百貨店が入居するウエストモールが増設され、イトーヨーカドー小田原店が入居する既存のイーストモールと合せて百貨店と総合スーパーの2核を持つショッピングセンターダイナシティとなった[3]

イーストモール(EAST)・ウエストモール(WEST)・ウォーク(WALK)の3つの棟で構成され、専門店は合計で100以上、駐車台数は4000台を超し、シネマコンプレックスのTOHOシネマズ小田原ダイドースポーツクラブなどの娯楽施設も併設された大型の複合型のショッピングセンターとなっている。

また、イーストモール(EAST)内とウエストモール(WEST)内には同じ店が入っている場合もある(例:伊勢治書店やポッポなど)。

近隣に1999年(平成11年)3月18日に開業した小田原シティモールクレッセ[5]等と共に郊外型の一大商業地区を形成している[8]

沿革[編集]

  • 1993年(平成5年)10月21日 - ダイドーリミテッド小田原工場跡地の一部にイトーヨーカ堂を核店舗とするダイドープラザ(Dynacity前身)が開業[1]。株式会社ダイドープラザ設立。
  • 1995年(平成7年) - ダイドースポーツクラブオープン。
  • 1998年(平成10年) - ロビンソン百貨店とDynacityWEST建設予定地から遺跡(中里遺跡)発掘。
  • 2000年(平成12年)9月28日 - ダイドーリミテッド小田原工場跡地の一部にロビンソン百貨店とDynacityWESTが開業し、ダイドープラザをDynacityEASTと改めて全体でダイナシティとなる[3]。株式会社ダイドープラザを株式会社ダイナシティに社名変更。
  • 2002年(平成14年) - DynacityWALKをオープンする。
  • 2013年(平成25年)3月1日 - DynacityWESTの核テナントであるロビンソン百貨店が、西武百貨店に屋号を変更[6]

ウエストモール(DynacityWEST)[編集]

西武百貨店小田原店[6](旧:ロビンソン百貨店)(店舗面積約31,200m²)を核店舗として[2]92の専門店が出店しているショッピングセンター。 主要テナントは公式サイトを参照。

  • 営業時間:10:00 - 20:00
  • レストラン街営業時間:10:00 - 22:00

イーストモール(DynacityEAST)[編集]

イトーヨーカ堂(店舗面積約11,138m²)を核店舗として[1]40の専門店が出店しているショッピングセンター。 主要テナントは公式サイトを参照。

  • 営業時間:10:00 - 20:00
    • イトーヨーカ堂1Fフロアは21:00まで

ウォーク(DynacityWALK)[編集]

TOHOシネマズを核施設として10の専門店からなるショッピングセンター。専門店よりも飲食店の方が多い。シネウォークとガーデンウォークに分かれている。営業時間はショップにより異なる。 主要テナントは公式サイトを参照。

TOHOシネマズ小田原[編集]

TOHOシネマズ小田原
TOHO CINEMAS ODAWARA
情報
正式名称 TOHOシネマズ小田原
旧名称 ヴァージンシネマズ小田原
完成 2002年
開館 2002年12月20日
収容人員 (9スクリーン)1,781人
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX、DTSSDDSTHX
用途 映画上映
運営 TOHOシネマズ株式会社
所在地 神奈川県小田原市中里313-12
ダイナシティウォーク内
位置 北緯35度17分1秒
東経139度11分14.9秒
アクセス JR東海道本線鴨宮駅から徒歩20分
公式サイト 公式ウェブサイト

TOHOシネマズ小田原 (TOHO CINEMAS ODAWARA) は2002年12月20日に「ヴァージンシネマズ小田原」としてオープン。その後、ヴァージンシネマズ・ジャパンの東宝による買収に伴い、2004年2月28日に現館名に改称した。

かつて小田原市内には「小田原東宝」という東宝系映画館が長崎屋小田原店(現在のドン・キホーテ小田原店)の地下1階にあったが、2003年8月31日に閉館している。

座席数
スクリーン 座席数 車椅子席 音響設備
1 499 3 DTS/SRD-EX/SDDS/THX
2 255 2 DTS/SRD-EX
3 204 2 DTS/SRD-EX
4 133 2 DTS/SRD-EX
5 167 2 DTS/SRD-EX
6 155 2 DTS/SRD-EX
7 171 2 DTS/SRD-EX
8 122 2 DTS/SRD-EX
プレミアスクリーン 75 2 DTS/SRD-EX/THX
 

ダイドースポーツクラブ[編集]

プールエアロビジムサウナなどある神奈川県最大級のスポーツクラブ。近隣では珍しいラケットボールコートが2面ある。

  • 営業時間
    • 平日・土曜:10:00 - 22:00、スポーツ部門は21:30終了。
    • 日曜:10:00 - 18:00、スポーツ部門は17:30終了。

運営会社[編集]

  • 社名:株式会社ダイナシティ
  • 所在地:東京都千代田区外神田三丁目1番16号
  • 代表者:大嶌啓介
  • 資本金:100,000,000円(2010年(平成22年)4月現在)
  • 事業所:神奈川県小田原市中里208
  • 売上高:51億9,800万円(2011年(平成23年)3月期)
  • 主要株主:ダイドーリミテッド 100%

アクセス[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j “イトーヨーカ堂、小田原店オープン”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1993年10月27日)
  2. ^ a b “ロビンソン、小田原に4号店オープン”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2000年8月4日)
  3. ^ a b c d “「ロビンソン百貨店小田原」開店”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2000年10月13日)
  4. ^ a b c d 『小田原市史 通史編 近現代』 小田原市、2001年3月28日。
  5. ^ a b c 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC (Report). 日本ショッピングセンター協会. (2012-1).
  6. ^ a b c “小田原のロビンソン、1日から西武百貨店に転換”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (2013年3月1日)
  7. ^ 『小田原地方商工業史 昭和二十年まで』 小田原商工会議所、1986年10月。
  8. ^ a b “小田原市前川地区、大型店進出相次ぐ 一大商業ゾーンに”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1998年1月14日)

関連項目[編集]

座標: 北緯35度16分59.7秒 東経139度11分17秒