リラックマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リラックマ (Rilakkuma)は、サンエックスコンドウアキによってデザインされたキャラクターである。

概要[編集]

2003年平成15年)9月に、第1号グッズの販売を開始。

商品コンセプトとしては、リラックマの生活を再現した「○○シリーズ」という形式がとられている。例えば、初期の代表シリーズとして「アウトドアシリーズ」がある。これは、キイロイトリに「タマニハ ソトデ アウトドアデモシロ」と言われ、部屋の中で寝袋に入って気分だけアウトドアしている様子を再現したものである。

また「リラックマキャラバン」と称し、各地のゲームセンターキデイランドにリラックマの着ぐるみが現れるイベントもあり、ファンとの交流も多く行われている。

ラテン文字表記については、当初はRelaxumaと表記されたこともあったが、2012年現在はRilakkumaにほぼ統一されており、商標登録もRilakkumaで行われている。

主な登場キャラクター[編集]

ここでは、原作者の人物紹介での表現をふまえ「〜らしい」も使う。

リラックマ[編集]

リラックマ

カオルさん宅にある日突然やってきて居候させてもらっている着ぐるみクマ背中にはファスナーがあり、水玉模様の布地がのぞくことがある。(着ぐるみの裏地も水玉模様の布地がついている。)半開きのファスナーと水玉模様は、絵本「リラックマ生活」シリーズのカバーを飾っている。また着ぐるみにはポケットもついている[1]。その中身や正体はわからなく、年齢はない[2]。苦手な季節は夏。

絵本などでは、たまに河童など、クマ以外の着ぐるみを着ているらしいシーンも描かれる。また、普通の色(茶色)ではなく、灰色の着ぐるみを着たこともあり、絵本ではマスカラとチークを使って、お化粧をしているイラストもある。なお、クマの着ぐるみは購入しており、予備がいくつかあり時々洗濯して干している。縮んだり古くなったりし、コリラックマにアップリケをつけられるなどのいたずらをされることもある。しかし頭の部分は、着ぐるみなのかどうなのか、予備があるのか洗っているのか、わからない。は寝癖がつき、自在に耳は動かせ [3]、掃除機に吸われたり[4]、強風で耳が取れたりすることもある[5]

好物は団子ホットケーキオムライスプリンなど。辛すぎるものは苦手[6]。寝たりゴロゴロすることも多く、カオルさんの黄色いビーズクッションがお気に入り。趣味テレビ鑑賞、音楽鑑賞、温泉など。音楽はクラシックなど、ゆったりした音楽を好むよう。名言は「あくせくしたってはじまりませんぜ」「できるなら ず〜っとダラダラしていたい」「まあ ごゆるりと」などがある。

キイロイトリと、カオルさんに話しかける際は、基本的に敬語(丁寧語)で話す。独り言も丁寧語、コリラックマにも丁寧語である。一人称は「ワタシ」である。

耳の部分がカステラで出来ていると嘘をつき、コリラックマとキイロイトリに耳に噛み付かれたことがあるが、後で嘘だと白状した。そして、再度同様の嘘をついた際、耳にバニラエッセンスをふりかけ、その匂いで信じ込ませようとしたこともある。その後、リラックマの耳に蝶やセミやトンボが良く止まるのを見て、キイロイトリが「ナンデデキテルノ?」と聞いてきた時に、「カステラですってば。」と答えている[7]

喜んだり悲しんだり、カオルさんに怒られたのか半泣きだったりもするが、決して怒り感情をあらわにしないキャラクター。

2006年(平成18年)には3周年記念で実物大ぬいぐるみが限定発売され、体長は165cmであることが明らかにされた。

キイロイトリ[編集]

キイロイトリ

カオルさんが家で飼っているペット。リラックマが居候をはじめてから、自分でカゴから出てくるようになった。散らかしてばかり食べてばかりのリラックマとコリラックマのせいか、掃除などの家事をこなすが、コーヒーを点てるのが苦手[8]。大変几帳面できれい好きだが、ややせっかちなところもある。喜怒哀楽がはっきりしておりよく怒っているが、器用ではっきりものを言う世話役であり、決してやつあたりをしない。自分のピンチには解決や助けを待ち、静かに耐えている。イヌネコが怖い様子で逃げ回ったり隠れたりしている[9]

いわゆるツッコミ役である。ダラダラしているリラックマをよく叱咤しており、リラックマの相変わらずの怠けぶりに困っている。とはいえ、リラックマと一緒にリラックスしたり、コリラックマにいたずらされたり喧嘩したり、一緒に遊んだりしている姿も、よく描かれる。 本人は「トベルモン」と主張しており、いつも足でかけずり回っているが、2011年のローソン「春のリラックマフェア」のイラストでは蜂にコスプレし、飛んでいるイラストが描かれており、飛ぶことはできるようである。

貯金掃除などが趣味。何かに感動すると、「ワア」と言うことが多い。蓋付きガラスびんを貯金箱にしている。リラックマが現れてからは、カオルさんにも頼りにされているらしく、家の中で自分に対する一番の理解者だと思われている。掃除中に見つけたコインを貯金するのが何よりも楽しみである。カオルさんから掃除のお駄賃ももらうこともある。掃除をしているときにタンスの隙間から、「いつもありがとう」というメッセージが書かれた紙の上に、500円玉があるのを見つけた時は、「カオルサン」と涙を流しながら、その500円玉を磨いていたこともあった。[10]。ほかの楽しみは、座っているリラックマを山に見立てて、「くまのぼり」をすることと、2本の頭の毛をお手入れすること。

原則、セリフはすべてカタカナ表記になっている。 よく本を読んだり勉強したり、チャレンジしたり、練習したりしている。カゴから出るようになってからは、トリの友達もいるようである。

よくコリラックマにイタズラされる。背中にマジックで落書きされたり、あひるのラジコンで追い回されたりと、かなり散々な目にあっているようだ。コリラックマによるとその理由は、イタズラに対する反応がリラックマよりも抜群にいいかららしい。

「リラックマ生活(3)」はキイロイトリが主役の絵本であり、題字に×印が引かれ「トリダヨリ」となっている。見開きごとにキイロイトリのメッセージが書かれていて、そのほとんどが読み手を励ましてくれるような内容になっている。またこの絵本のイラストから、リラックマたちとの生活の中でのキイロイトリの几帳面さや喜怒哀楽ぶりを楽しむことができる。

コリラックマ[編集]

コリラックマ

2004年(平成16年)8月に新キャラクターとして登場。どこからともなくやってきた、白い謎だらけのクマの子。キイロイトリによって「小さなリラックマ」→「コリラックマ」と命名された。

幼い子供のようである。イタズラ、特に落書きが好き。やんちゃで、リラックマやキイロイトリが被害にあう。リラックマが寝ている時に落書きしたり、背中のファスナーを勝手に下げ、リラックマのを引っ張ったりして、リラックマに「こらこら」などと怒られることもある。また、エイプリルフールの日に、キイロイトリの髪の毛をテープで後ろに貼り付けるといういたずらをしたこともある。ままごとのように、キイロイトリを抱いたり世話をやいたりする。意地っ張りなところがあり、遊びに夢中になり夜を徹してのめり込んだりする。普段は一言もしゃべらないが、いちごシリーズでハート型のいちごを見つけたときに「あった」と言ったり、森のリラックマシリーズでリラックマにリンゴを渡すとき「ハイ」と言ったり、最近はわずかだがしゃべるようになってきている。 リラックマの言葉を真似することもあり、例えばリラックマが「あくせくしたってはじまりませんぜ」と言うとコリラックマが「ませんぜ~」と真似をする。他にも、リラックマが、「まさにデリシャス~」と言うと、「シャス~」と真似をする。

見た目はクマのようだが、胸には赤いボタンがついており、本物のクマではないらしい。ただし、リラックマの様な背中のファスナーはついていない。リラックマから「きみはどこのくまくん?」と聞かれており、もともと知り合いでもないらしい。

好物はイチゴリンゴサクランボ。実はイチゴの甘さを見分けられるらしい。泳いでいる金魚の動きをピタッと止める特技も持っているようだ。アヒルラジコンや、ペンギン(ヤンチャナマイニチシリーズで登場)とバク(おやすみシリーズで登場)のぬいぐるみイモムシのおもちゃを手に入れ、気に入っている様子。趣味に音楽鑑賞があり、見た目にそぐわない激しい曲を好むようである。音楽を聴くときにはヘッドフォンで聴くことが多い。また、ピアノも弾けるようである。

割った卵をボウルに入れることができないらしい。「だらだらファンブック」では、遊びやイタズラには熱心な点を引き合いに、「その集中力を生かせば、料理だってきっと上手に!!」とコメントされている。フーセンガムを噛んで膨らませることも苦手らしい[11]

(おやすみシリーズ)やウサギ(ヤンチャナマイニチシリーズ)、(お外でゴロンシリーズ)の着ぐるみを着用することもあり、毎年末に販売される「印刷するだけ年賀状200○年」(主婦と生活社)では干支の着ぐるみをリラックマやキイロイトリと共に着用する年賀状が用意されている。また、お風呂に入るときはピンクの水玉模様のシャワーキャップを、イチゴを摘みに行くときは赤い頭巾を被っている。

カオルさん[編集]

東京都内で働く25歳のOL。一人暮らし。絵本の冒頭の詩や、紹介でその文章シルエットから明らかにされるだけで、リラックマのイラストに登場しない。

いきなり現れたリラックマに最初はとまどったが、その癒しキャラから気がついたら世話をやいていた。リラックマのリクエストのせいで卵料理の腕が上がった。

コリラックマ達に着ぐるみを作ってあげるなど、なかなか器用なようである。

リラックマと同時にその存在が表現されることはないが、絵本で一、二度、カオルさんの声でリラックマがたしなめられたりしかられたりしているように解釈できるシーンがある。

リラックマストア[編集]

東京駅店のリラックマとキイロイトリ

以下の、リラックマグッズの専門店が存在する。尚、サンエックスの他のキャラクターのグッズも販売されている[12]

商業成績[編集]

2009年現在、累計市場(全商品の総売上)は1000億円[13]。サンエックスが発表したキャラクターとしては、「たれぱんだ」(1999年〜2000年の2年間で700億円[14])を凌ぐ市場規模となり、ロングランのヒットキャラクターとなった。

2009年現在、アイテム総数は約1万点[14]、うち自社キャラクターは800種[14]。ライセンシー契約は120社[14]。関連書籍の総売上は273万部[14]

[編集]

2005年7月、『リラックマ生活』は34万部、『だららん日和』は26万部、『トリダヨリ』は22万部を売り上げ、シールブック2冊は計30万部を売り上げている。

絵本[編集]

各巻とも、巻末にコンドウのあとがき的なコメントが載っている。

  • 『リラックマ生活―だらだらまいにちのススメ』(コンドウアキ、主婦と生活社、2004/03、ISBN 4391129329
  • 『だららん日和―リラックマ生活 2』(コンドウアキ、主婦と生活社、2004/11、ISBN 439113019X
  • 『トリダヨリ リラックマ生活 (3)』(コンドウアキ、主婦と生活社、2005/05、ISBN 4391130874
  • 『クマごよみ―リラックマ生活〈4〉』(コンドウアキ、主婦と生活社、2006/09、ISBN 4391133229
  • 『うたたね気分―リラックマ生活〈5〉』(コンドウアキ、主婦と生活社、2007/09、ISBN 9784391134773
  • 『ぼんやり記念日―リラックマ生活〈6〉』(コンドウアキ、主婦と生活社、2008/08、ISBN 9784391136555
  • 『ぐうたら休日(ホリデー)―リラックマ生活〈7〉』(コンドウアキ、主婦と生活社、2009/08、ISBN 9784391138405
  • 『やんわり上手―リラックマ生活〈8〉』(コンドウアキ、主婦と生活社、2010/10、ISBN 9784391139624
  • 『ほっこり時間―リラックマ生活〈9〉』(コンドウアキ、主婦と生活社、2011/09、ISBN 9784391141085
  • 『ひだまり暮らし―リラックマ生活〈10〉』(コンドウアキ、主婦と生活社、2012/09、ISBN 9784391142570
  • 『うららか予報―リラックマ生活〈11〉』(コンドウアキ、主婦と生活社、2013/11、ISBN 9784391144475

漫画[編集]

  • 『リラックマ4クママンガ-1-』(コンドウアキ、主婦と生活社、2010/07、ISBN 9784391139334
  • 『リラックマ4クママンガ-2-』(コンドウアキ、主婦と生活社、2011/11、ISBN 9784391141177
  • 『リラックマ4クママンガ-3-』(コンドウアキ、主婦と生活社、2012/11、ISBN 9784391142785
  • 『リラックマ4クママンガ-4-』(コンドウアキ、主婦と生活社、2013/07、ISBN 9784391144055
  • 『リラックマ4クママンガ-5-』(コンドウアキ、主婦と生活社、2014/06、ISBN 9784391145342

シールブック[編集]

  • 『リラックマだらだらシールブック』(コンドウアキ、主婦と生活社、2004/11、ISBN 4391130181
  • 『リラックマだらピカシールブック』(コンドウアキ、主婦と生活社、2005/05、ISBN 4391130882
  • 『リラックマごろごろシールブック』(コンドウアキ、主婦と生活社、2006/09、ISBN 4391133237
  • 『リラックマほわピカシールブック』(コンドウアキ、主婦と生活社、2007/09、ISBN 4391134780

実用書(手芸・料理)[編集]

  • 『自分でできる! 手作りリラックマ』(主婦と生活社、2006/03、ISBN 4391131072
  • 『リラックマの手作りおやつ』(主婦と生活社、2006/07、ISBN 4391132672
  • 『いつもいっしょ! 手作りリラックマ』(主婦と生活社、2006/09、ISBN 4391132680
  • 『リラックマとかわいいキャラおりがみ』(主婦と生活社、2007/04、ISBN 4391133423
  • 『リラックマとかわいいキャラごはん&おべんとう』(主婦と生活社、2007/07、ISBN 4391134594
  • 『リラックマの小さな刺しゅう&ニット』(主婦と生活社、2007/09、ISBN 439113456X

ゲームシリーズ[編集]

携帯サイト[編集]

ブログパーツ[編集]

  • サンエックスブログキャラ リラックマ(San-X、ブログパーツ、2006/12 - 2011/12/20)

音楽[編集]

  • 矢野顕子『リラックマのわたし』(2013年8月7日、SPEEDSTAR RECORDS) - リラックマ10周年公式記念ソングとして、リラックマグッズ付きのシングル盤を発売。

タイアップなど[編集]

立川バスで運行されている「リラックマバス」(2号車)
立川バスで運行されている「リラックマバス」(2号車)
リラックマのアイスノン(白元)
リラックマのアイスノン(白元)

各種のグッズ・関連商品展開が行われている。

以下、主な例。

  • 2005年より、高島屋三越など百貨店の催物会場において、「リラックマ展 ごゆるりマーケット」というイベントが日本各地を巡回している。開催日数は数日間から1週間程度。物販がメインだが、併せてリラックマらの生活を模したセットなども展示され、着ぐるみも登場する。ぬいぐるみTシャツなどの限定商品や、一定金額以上購入した客に進呈するノベルティが特に人気を集めている。
  • 主婦と生活社発行の雑誌『すてきな奥さん』『週刊女性』『ね〜ね〜』などでは、本誌でリラックマ特集が組まれたり、リラックマの付録が付けられたり、オリジナルグッズの全員プレゼントや通信販売などの企画が行われている。
  • コンビニエンスストアローソンでは、対象商品についているシールの枚数に応じての景品交換や、対象商品購入での景品進呈がされていることもある。これまでの景品はマグカップ、スープ皿、小皿、ハンドタオル、クリアファイル等。
  • 大手コンドームメーカーのオカモトでは、リラックマをパッケージに採用した「リラックマ コンドーム」を2007年2月から発売している。
  • システムサービスが景品用のぬいぐるみなどのグッズを発売。全国各地のゲームセンターで取り扱われており、定番化している。
  • 伊藤園商品のおまけに携帯ストラップなどが付いていることがある。限定人形のプレゼントも行われている。また、過去にampmとの協賛で、対象商品についているクジが当たるともれなくスープ皿のプレゼントを行ったこともある。
  • 2005年以降、日本各地の都道府県ごとに、名物などをあしらった「御当地リラックマ」が発売されている。
  • 厚生労働省が過労の防止や労働時間短縮等の促進のために設けた「ゆとり創造月間」(11月)の2004年のポスターに、リラックマが採用された[15]
  • 麹町郵便局にて、2007年6月18日の一日限定で小型記念通信日付印が押された。これは、2007年6月18日から同年8月17日に期間限定販売されたe-センスカード発行を記念したもの。
  • 2007年8月より、東京都立川市を中心に運行されている立川バスにおいて、リラックマをあしらった特別仕様のバス『立川リラックマ1号車』が運行されている[16]。このバスはバス趣味の季刊雑誌バスホビーガイドVol.4 でも取り上げられた。現在、この『リラックマバス』は合計5台が運行されており、ボディカラーは、1号車がイエロー、2号車がスカイブルー、3号車がピンク、4号車がグリーンとなっている[17]。5号車は水色で、羽田空港と立川地区を往復する高速バスである。尚、1号車は2013年3月で車両交換になっている。また3号車、5号車は、リラックマにちなみ、ナンバープレートが「5656(ゴロゴロ)」となっている。(所属変更の際に「ご当地ナンバー」として認定されたもの)
  • 2007年8月27日にマイナーチェンジしたトヨタ・ヴィッツのテレビCMに登場、後藤久美子と共演していた。2008年9月、一部改良により共演女優は田中麗奈に交代。
  • ソフトバンクモバイル東芝製ケータイ「815T」では、リラックマとのコラボレーションモデルが2007年11月より発売された。
  • 白元の「アイスノン」「ホッカイロ」「ゆたぽん」にリラックマが使用されている。
  • 2009年10月、株式会社バンダイナムコゲームスより「リラックマ モバイルノートパソコン」が限定発売され、翌年6月、同社より「コリラックマ モバイルノートパソコン」が限定発売。
  • 2010年3月、なめらかプリンの「Pastel」と、リラックマがコラボレーション。3/1~5/31の期間限定かつリラックマストア限定商品として「リラックマの窯出しなめらかプリン」を発売。リラックマ(ぜいたく塩キャラメルプリン)・コリラックマ(至福のいちごプリン)・キイロイトリ(キイロイパンプキンプリン)の3つの味のプリンのセットで発売されている[18]
  • 2010年6月4日発売のauKDDI沖縄セルラー電話連合)の京セラ製(SANYOブランド)ケータイ「SA002」ではデコレーションアニメおよびデコレーションメール等の素材としてリラックマがプリセットされている。
  • 2010年12月、天然ダイヤモンドの入ったリラックマのシルバー製ジュエリーリングが株式会社アイ・ケイから発売された。
  • AKB48のシングル「制服が邪魔をする」のPVに数秒間だけではあるが、前田敦子が持っているスクールバッグにリラックマとキイロイトリ(あつめてぬいぐるみシリーズ)が映っている。
  • 2013年9月、ローソン秋のリラックマフェアのポイント景品となった「リラックマティーマグ」に、熱湯を注ぐ等が原因で破損するトラブルが発生し、回収、交換となる騒ぎとなった。
  • 2013年11月 - 2014年1月、森永製菓の「おっとっと」とのコラボレーション。レア菓子型として、リラックマ、コリラックマ、キイロイトリの三種類が存在する。
  • 2014年「カルピス」とのコラボレーション。

テレビCM[編集]

  • トヨタ・ヴィッツ
    • 2代目 後期型
    リラックマがCG合成で登場している。
    CMでは、リラックマは大好物のホットケーキなど、毎回何かしらのおやつを食べている。(一部例外あり)
    • 「取材へ」編:事務所から打ち合わせに出発する後藤久美子を、リラックマが三色串団子を食べながら外で待っている。
    • 「気分転換」編:ヴィッツに乗って気分転換のドライブに出かける後藤久美子の隣に、リラックマが三点式シートベルトをつけて座っており、車内で餅を食べている。
    • 「リラックス」編:田中麗奈と高原へドライブに行き、お昼寝した後にホットケーキを食べている。
    • 「サボテン」編:出かけ先の花屋でリラックマそっくりの形のサボテンと遭遇し、照れるリラックマ。なお、このCMでは三色串団子を田中麗奈に横取りされている。CMソングには「森のくまさん」のアレンジ版を使用。
  • ローソン・リラックマキャンペーン、リラックマハロウィンキャンペーン
    アニメーションで登場した。ナレーションは若本規夫

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『リラックマ 4クママンガ-4-』82頁『ひみつ③』より
  2. ^ 『ひだまり暮らし―リラックマ生活〈10〉』57頁より
  3. ^ 『ほっこり時間―リラックマ生活〈9〉』24頁より。
  4. ^ 『リラックマ 4クママンガ-3-』2頁『そうじき』より
  5. ^ 『リラックマ 4クママンガ-3-』111頁『春一番』より
  6. ^ 『リラックマ 4クママンガ-1-』12頁『ものわすれ』より。
  7. ^ 『リラックマ 4クママンガ-3-』68頁『ナゾ』より
  8. ^ 『リラックマ 4クママンガ-4-』11頁『向き不向き』より
  9. ^ 2014年の「のんびりネコテーマ」(カオルさんのお友達が飼っているネコを1週間だけ預かる)でもネコには近付かず、リラックマやコリラックマのそばにいることが多い。
  10. ^ 『リラックマ 4クママンガ-3-』87頁『かんしゃ』より
  11. ^ 『リラックマ 4クママンガ-5-』15頁『フーセンガム(1)』より
  12. ^ 東京駅店、東京スカイツリータウン・ソラマチ店を除く。
  13. ^ 月刊ビジネスアスキー』2009年12月号、18頁。
  14. ^ a b c d e 『月刊ビジネスアスキー』2009年12月号、19頁。
  15. ^ 厚生労働省 11月はゆとり創造月間です
  16. ^ リラックマバスNews-立川バス
  17. ^ 「立川バス、リラックマバスを4台に増車。路線全域で運行へ」、『バスラマ・インターナショナル』第133号、ぽると出版、2012年9月、 p.9。
  18. ^ とれたて!情報局ハイパー 「リラックマの窯出しなめらかプリン」発売決定!

外部リンク[編集]