京急久里浜駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京急久里浜駅
駅ビル「ウィング久里浜」(東口)
駅ビル「ウィング久里浜」(東口)
けいきゅうくりはま - Keikyū Kurihama
KK66 北久里浜 (2.8km)
(2.7km) YRP野比 KK68
所在地 神奈川県横須賀市久里浜4-4-10
駅番号 KK67
所属事業者 京浜急行電鉄
所属路線 久里浜線
キロ程 4.5km(堀ノ内起点)
品川から56.8km
駅構造 高架駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
44,029人/日
-2013年-
開業年月日 1942年(昭和17年)12月1日
乗換 久里浜駅 - 東日本旅客鉄道(JR東日本)横須賀線
ホーム
改札口(2010年4月17日)
西口(2004年11月10日) - JR久里浜駅へはここから。

京急久里浜駅(けいきゅうくりはまえき)は、神奈川県横須賀市久里浜四丁目にある、京浜急行電鉄久里浜線である。駅番号KK67

駅構造[編集]

島式ホーム2面3線を有する高架駅である。当駅より上り方は複線、下り方は単線となっている。列車は主に1番線と4番線から発着する。2番線と3番線は線路の両側にホームがある中線で、当駅終着、あるいは当駅始発列車が主に使用する。

駅出入口は名目上「東口」と「西口」に分けられているが、改札口を背にして右手にある「西口」は、出口が更に左手(南方)と右手(北方)に分かれている。いずれも階段がありバリアフリーには非対応で、エレベーターは東口のみ。JR久里浜駅へは「西口・右手の出口」へ。

当駅は、「京急駅メロディ(列車接近案内音)」募集の対象駅で、選考の結果、付近にある観光スポット「くりはま花の国」のコスモスを連想させることから、さだまさし作詞作曲し、山口百恵が歌った「秋桜(コスモス)」が採用され、2008年12月10日から使用を開始した。

のりば[編集]

1・2 久里浜線 三浦海岸三崎口方面
3・4 久里浜線 横須賀中央横浜TRON 9-9145.gif羽田空港品川新橋方面

利用状況[編集]

久里浜線内では最多、横須賀市内でも横須賀中央駅に次いで多い。また、近接する東日本旅客鉄道(JR東日本)横須賀線久里浜駅(2013年度1日平均乗車人員 7,127人)と比較すると、およそ3倍の利用者数である。

2013年度の1日平均乗降人員は44,029人である[1]。近年の1日平均乗車人員推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗車人員
1998年 23,608 [2]
1999年 23,210 [3]
2000年 22,691 [3]
2001年 22,265 [4]
2002年 22,015 [4]
2003年 22,309 [5]
2004年 21,802 [5]
2005年 21,838 [6]
2006年 21,780 [6]
2007年 21,664 [7]
2008年 22,185 [7]
2009年 22,098 [8]
2010年 21,784 [8]
2011年 21,648 [9]
2012年 21,617 [9]

駅周辺[編集]

周辺は平坦な地形で、市街地となっている。


バス路線[編集]

京急久里浜駅東口バスターミナル(2010年4月17日)

京浜急行バス湘南京急バスにより運行されている。京急・JR双方の駅前にそれぞれバスターミナルが設けられ、近隣を走る路線はすべてどちらかをターミナルとする。周辺の住宅地を始め、工業団地、久里浜港などへの路線が延び、駅とあわせ交通結節点として機能している。発着する路線の詳細は京浜急行バス久里浜営業所湘南京急バス堀内営業所を参照。

京急久里浜駅[編集]

1 - 3番乗り場までは東口に設けられたバスターミナルに発着する。4番乗り場のみ西口からの発着となる。

1番乗り場
浦賀線 - 久比里坂・浦賀駅方面
吉井団地線 - 湘南山手方面
2番乗り場
市内線 - 久里浜医療センター・東京湾フェリー(久里浜港)・長瀬・野比海岸方面
3番乗り場
ハイランド線 - ハイランド・YRP野比駅方面
市内線 - 大作・YRP野比駅行
4番乗り場
工業団地線 - 久里浜工業団地・北久里浜駅方面
YRP線 - YRP・通信研究所方面(急行)

JR久里浜駅[編集]

JR久里浜駅バスターミナル(2010年4月17日)

駅西口、JR久里浜駅前のバスターミナルである。京急久里浜駅東口のターミナルまで運行する路線が多い。

駐輪場前乗り場
ハイランド線
5番乗り場
市内線
6番乗り場
浦賀線
吉井団地線
7番乗り場
衣笠線 - 五郎橋・衣笠十字路・衣笠駅方面(この路線のみ湘南京急バスに運行委託)
森崎線 - 北久里浜駅・市立高校前・衣笠十字路方面
岩戸線 - 北久里浜駅・岩戸団地・YRP野比駅方面

歴史[編集]

  • 1942年昭和17年)12月1日 - 東京急行電鉄大東急)により、久里浜駅として開業。
  • 1944年(昭和19年)4月1日 - 横須賀線に久里浜駅が開業したため、湘南久里浜駅に改称。
  • 1948年(昭和23年)6月1日 - 大東急解体により、京浜急行電鉄の駅となる。
  • 1963年(昭和38年)11月1日 - 野比駅(現・YRP野比駅)までの延伸により中間駅となる。同時に京浜久里浜駅に改称。
  • 1987年(昭和62年)
    • 4月25日 - 駅ビル「ウィング久里浜」開業。
    • 6月1日 - 京急久里浜駅に改称。

隣の駅[編集]

京浜急行電鉄
久里浜線
京急ウィング号快特・特急(金沢文庫駅以北は快特)・特急
北久里浜駅 (KK66) - 京急久里浜駅 (KK67) - YRP野比駅 (KK68)
普通
北久里浜駅 (KK66) - 京急久里浜駅 (KK67)

なお、出入庫のため北久里浜駅との間に久里浜工場信号所(当駅より1.9km)が設置されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 京急まちWeb「駅別1日平均乗降人員」
  2. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)225ページ
  3. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度)227ページ
  4. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成15年度)225ページ
  5. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成17年度)227ページ
  6. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成19年度)229ページ
  7. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成21年度)243ページ
  8. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成23年度)241ページ
  9. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成25年度)239ページ
  10. ^ JR東日本:連絡定期券の発売範囲を拡大しました。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]