東海汽船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東海汽船株式会社
Tokai Kisen Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証2部 9173
本社所在地 日本の旗 日本
105-6891
東京都港区海岸1丁目16番1号
設立 1889年11月15日
業種 海運業
事業内容 海運関連事業
代表者 取締役社長 山崎潤一
資本金 11億円
売上高 連結109億63百万円
単独93億1百万円(2011年12月期)
営業利益 連結4億64百万円
単独4億43百万円(2011年12月期)
純利益 連結1億29百万円
単独1億2百万円(2011年12月期)
純資産 連結31億68百万円
単独18億38百万円(2011年12月末日現在)
総資産 連結74億62百万円
単独59億34百万円(2011年12月末日現在)
従業員数 連結297名
単独172名(2011年12月末日現在)
決算期 12月末日
主要株主 藤田観光株式会社(20.05%)
DOWAホールディングス株式会社(6.82%)
(2011年12月末日現在)
外部リンク http://www.tokaikisen.co.jp/
テンプレートを表示
神津島港停泊中の「かめりあ丸」

東海汽船株式会社(とうかいきせん)は、日本の海運会社。東京伊豆諸島などを結ぶ航路を運航している。

概要[編集]

関連会社の伊豆諸島開発(伊豆諸島の各島間などのローカル航路)・神新汽船(下田から各島への航路)・伊豆七島海運(貨物航路)と一体的な航路運営を行っており、他の関連会社を含めて伊豆諸島および小笠原諸島への海運をほぼ独占している。また、主力の海運業の他にも子会社などを通じて、路線バスの運行(伊豆大島)・ホテル経営(同上)および、各島へのセメントや燃料等の販売なども手がけている。

竹芝支店をのぞく島嶼部(大島・三宅島・八丈島)の各支店は代理店となっている(伊豆大島及び八丈島代理店は連結対象)。同様に熱海支店も代理店となっており、富士急行に業務が委託されている。

ビジネスホテル運営大手の藤田観光が筆頭株主であるが、これは戦後の東海汽船の経営危機にあたり同社が支援をしたことに由来する。なお、戦前は東武グループ日産コンツェルンの支援を仰いだこともあった。

このほか房総航路や東北地方北海道に進出していたこともあった。房総航路はライバルとなる房総西線が本格的な車両・設備改良を行う1950年頃までは競争力を保っていた。ただし進駐軍在留中は浦賀水道通過が軍艦優先となったため、度々ダイヤが乱れる原因となった。[1]東北地方の航路では老朽化した船舶を使用していたほか、船賃が高水準にとどまるなど独占的地位にあって競争原理が働かなかったことから三陸地方では地元の反感を買い、のちに地元資本によって設立された三陸汽船との競争の末に撤退を余儀なくされた。[2]

沿革[編集]

[3] [4]

  • 1889年11月14日 - 当時の実業界の大立物渋沢栄一の構想と協力により東京湾汽船を設立する。翌15日から営業を開始。当時の母体は東京平野汽船組合、第二房州汽船、三浦汽船、内国通運の4社。開業時の所有船舶は21隻、1.616総トン。初代社長は前田清輝。                
  • 1890年 - 東京湾汽船株式会社に改組する。
  • 1900年 - 東北・北海道航路に進出する[2]
  • 1906年 - 貨客船「祝丸」が就航する。
  • 1907年 - 「豆相丸」が就航する。
  • 1911年 - 三陸汽船との競争に敗れ、東北・北海道航路から撤退する[2]
  • 1929年 - 旅客船「菊丸」が就航する。
  • 1929年 - 旅客船「紅梅丸」が就航する。
  • 1929年 - 貨客船「桐丸」が就航する。
  • 1929年 - 貨客船「小桜丸」が就航する。
  • 1929年 - 貨客船「藤丸」(初代)が就航する。
  • 1929年 - 貨客船「萩丸」が就航する。
  • 1930年 - 旅客船「東湾八郎丸(のち「鶴丸」に改名)」が就航する。
  • 1931年 - 「千鳥丸」が就航する。
  • 1932年 - 「松丸」が就航する。
  • 1932年 - 「竹丸」が就航する。
  • 1932年 - 「梅丸」が就航する。
  • 1932年 - 旅客船「花丸」が就航する。
  • 1932年 - 旅客船「月丸」が就航する。
  • 1932年 - 「桂丸」が就航する。
  • 1932年 - 「楓丸」が就航する。
  • 1933年 - 旅客船「葵丸」が就航。
  • 1933年 - 貨客船「あやめ丸」が就航する。
  • 1933年 - 貨客船「さつき丸」(初代)が就航する。
  • 1933年 - 「常磐丸」が就航する。
  • 1935年 - 旅客船「すみれ丸」が就航する。
  • 1935年 - 旅客船「橘丸」(2代目)が就航する。
  • 1935年 - 「三宅丸」が就航する。
  • 1937年 - 旅客船「芙蓉丸」が就航する。
  • 1941年 - 旅客船「こうせい丸」が就航する。
  • 1942年 - 「高砂丸」が就航する。
  • 1942年8月28日 - 社号を東海汽船株式会社に変更する。
  • 1943年 - 「第10東豫丸」が就航する。
  • 1943年 - 「第11東豫丸」が就航する。
  • 1943年 - 「第12東豫丸」が就航する。
  • 1943年 - 「第15東豫丸」が就航する。
  • 1943年 - 「第16東豫丸」が就航する。
  • 1947年 - 旅客船「あけぼの丸」が就航する。
  • 1947年 - 貨客船「黒潮丸」が就航する。
  • 1949年 - 旅客船「淡路丸」が就航する。1966年9月「藤丸」(2代目)に改名
  • 1949年 - 大島開発株式会社を合併する。
  • 1952年 - 旅客船「新淡路丸」が就航する。
  • 1959年 - 貨客船「椿丸」が就航する。
  • 1962年 - 貨客船「あじさい丸」が就航する。
  • 1963年 - 房総観光株式会社を合併する。
  • 1964年 - 東海汽船観光株式会社を設立する。
  • 1964年 - 旅客船「さくら丸」が就航する。
  • 1967年 - 旅客船「はまゆう丸」が就航する。
  • 1968年 - 旅客船「さつき丸」(2代目)が就航する。
  • 1969年 - 当社と近海郵船が折半出資し、小笠原海運株式会社を設立する。
  • 1969年 - 旅客船「かとれあ丸」が就航する。
  • 1971年 - 旅客船「ふりいじあ丸」が就航する。
  • 1973年 - 旅客船「さるびあ丸」が就航する。
  • 1977年 - 高速船シーホーク」が就航する。
  • 1978年 - 貨客船「すとれちあ丸」が就航する。
  • 1980年 - 高速船「シーホーク2」が就航する。
  • 1981年 - 伊豆七島海運株式会社を設立する。
  • 1981年 - 旅客船「シーガル」が就航する。
  • 1986年 - 貨客船「かめりあ丸」が就航する。
  • 1988年 - 東京ヴァンテアンクルーズ株式会社を設立する。
  • 1988年 - 貨客船「かとれあ丸2」が就航する。
  • 1989年 - 創立100年を迎える。レストラン船「ヴァンテアン」、旅客船「シーガル2」就航。
  • 1991年 - 貨客船「はまゆう丸2」が就航する。
  • 1992年 - 貨客船「さるびあ丸2」が就航する。
  • 1993年 - 伊東港運株式会社を設立する。
  • 1997年 - 東海マリンサービス株式会社を設立する。
  • 1998年 - 東海自動車サービス株式会社、東汽商事株式会社を設立する。
  • 2000年 - 旅客船「アルバトロス」が就航する。
  • 2002年 - 超高速ジェット船(ジェットフォイル)「セブンアイランド愛」[5]「セブンアイランド虹」「セブンアイランド夢」[6]が就航する。
  • 2003年 - 大島旅客自動車株式会社を設立し、直営のバス事業を移管する。
  • 2013年4月1日 - 超高速ジェット船「セブンアイランド友」が就航する。
  • 2014年7月 - 貨客船「橘丸」(3代目)が就航予定。

航路[編集]

大型客船(かめりあ丸・さるびあ丸)

「かめりあ丸」と「さるびあ丸」の配船は季節によって変更されることがある(「さるびあ丸」の方が大型で、収容人員や風波の影響の点で有利な為)。

夏期のみ季節運航。東京港・竹芝桟橋から東京湾を巡って竹芝桟橋に戻る。浴衣着用の場合は料金が割引(平日のみ)になるほか、浴衣姿で踊る「ゆかたダンサーズ」が船内を盛り上げるなど浴衣にこだわっているのが特色。「さるびあ丸」が配船されている。
超高速ジェット船(セブンアイランド愛・セブンアイランド虹・セブンアイランド夢・セブンアイランド友)
  • 東京 - 大島 - 神津島航路
    • 東京・久里浜・(館山) - 伊豆大島 - 利島 - 新島 - 式根島 - 神津島
      • 各島に寄港する便(各島便)が基本だが、季節によって様々な経由パターンが存在する。一例として久里浜経由(ピーク期以外)、館山経由(冬季のみ)など。詳細は時刻表・公式サイトなどを参照。
超高速ジェット船の投入により、利島・式根島などにも日帰りで訪れることが可能になった。ただし、利島は気象条件によっては超高速ジェット船の接岸が難しく、就航率は低い。[7]
  • 熱海 - 大島航路
  • 熱海 - 神津島航路
    • 熱海 - 神津島
      • ピーク期のみ運航。
  • 下田 - 大島 - 館山航路
    • 下田 - 伊豆大島 - 館山
      • 冬季に運航。

船舶[編集]

東海汽船では伝統的に客船や貨客船に花の名前[8]を、高速船には鳥の名前[9]を付けてきた。現在の高速ジェット船はこの慣例を破り、東海汽船の名誉船長である柳原良平が命名した。

貨客船
高速ジェット船(ジェットフォイル)
2002年4月1日運行開始。就航率の向上を目指し少々の荒波でも運行が可能な高速船が求められジェットフォイルが選定された。航海速力は43ノットで、かつて東京-大島間に就航していた双胴高速船アルバトロスの37ノットを上回り、所要時間は2時間20分から1時間45分に短縮された。
最初に就航した3隻はいずれもシアトルで建造されたボーイング929-115型と称するタイプである。購入価格は3隻で27億円。これら3隻はいずれもジェットフォイルの建造ライセンスを持つ川崎重工業神戸工場で改装された。
2012年11月9日 繁忙期の増発便として高速ジェット船「友」の追加投入が発表された。[10][11]ボーイング社のライセンスを受けた川崎重工業が建造。2013年4月1日に就航した。
これら4隻のネーミングおよびカラーリングは同社名誉船長の柳原良平によるもの。
セブンアイランド愛
1980年竣工(17番船)。279総トン、全長27.4m、船客定員260名。
カラーデザインはハートがモチーフ。2000年10月まで加藤汽船関西汽船が阪神 - 高松航路(ジェットライン)で「ジェット7」として運航していた。
セブンアイランド夢
1981年竣工(20番船)。287総トン。
建造当初はベルギー船社でオステンデ - ラムズゲート(イギリス)航路に就航したが、その後ドイツを経てアメリカに渡り、2000年9月までフロリダのバームビーチとバハマのフリーポート間に就航していた。前の船名は「シージェット・クリステン」 (SeaJet kristen) 。
セブンアイランド虹
1981年竣工(19番船)。289総トン。
船歴は「セブンアイランド夢」と同じ。前の船名は「シージェット・カラ」 (SeaJet kara) 。
セブンアイランド友
1989年竣工。164トン。新総トン数表記(愛、夢、虹は旧トン数表示)
以前は鹿児島商船で鹿児島・指宿 - 種子島・屋久島航路に就航していた。前の船名は「トッピー1」 
※セブンアイランド各艇の1階席前面窓は、安全確保のため現在では鉄板で塞がれている。

計画中の船舶[編集]

2011年11月9日、公式サイトにかめりあ丸代替船について発表された。[12]

代替船は三菱重工業下関造船所で建造される新造船で船名、カラーリングは東海汽船名誉船長・柳原良平に依頼。[13]

  • 船名 - 橘丸
  • カラーリング - 黄土色とオリーブ色[14]
  • 竣工 - 2014年6月予定
  • 就航航路 - 東京 - 三宅島 - 御蔵島 - 八丈島航路
主要目[15]
総トン数 約5,700 t
全長 約118 m
全幅 約17 m
満載喫水 約5.4 m
航海速力 約19 kt
主機関 2サイクルディーゼル1基 4,350 Kw
推進加勢 可変ピッチプロペラ1基+アジマス推進器(電動駆動)1基 1,500 Kw
特別装置 フィンスタビライザー(横揺れ防止装置)1対、バウスライダー2基
旅客定員 八丈島まで(近海区域)約600名、御蔵島まで(沿海区域)約1,000名
コンテナ積載 34個
船内設備 レストラン、自販機、介護用2等室、シャワールーム、喫煙室など

東海汽船に就航する船舶では初めてディーゼル機関と電動アジマススラスターを組み合わせた複合推進システムが採用された。本船は鉄道建設・運輸施設整備支援機構が建造促進する電気推進システムを用いたスーパーエコシップ旅客船[16](SES)であり、前述した内燃機関と電動機関の異なる動力源を搭載するタンデムハイブリッド方式[17]推進システムを装備する。今までのタンデムハイブリッド方式の採用実績は貨物船のみだが、旅客船に採用されるのは本船が第1号[18]になる。

三原山噴火災害による避難輸送[編集]

1986年(昭和61年)11月に発生した三原山(伊豆大島)噴火のさいには、すべての便が運航を休止して伊豆大島へ向かい避難民を輸送した。

大島支店長の判断で稲取行きの高速船「シーホーク」による臨時便の運航を決定し、まず観光客400人を避難させた。その後、社長の決断により、まず式根島行きの臨時便(さるびあ丸)を欠航させて伊豆大島に向かわせたほか、定期便(すとれちあ丸)も急遽、乗船していた旅客を下船させた上で救援に向かうなど、使用可能なすべての船舶を稼働させ、全社を挙げて救出活動に協力した。なお、国土庁の対策本部による初動がほとんど機能しない中で首相官邸に設置された対策本部から同社宛に避難船提供要請があった時点で、東京発の一番船(さるびあ丸)はすでに東京湾外にあった。

噴火2時間後の18時30分、東京都は同社および海上保安庁・海上自衛隊に避難のための船舶の出動を要請したが、これに対し避難船として最初に接岸したのは高速船「シーホーク2」で、19時02分に388名を乗せ元町港から稲取に向かっている。同日22時50分、大島町長は全島民に島外への避難を指示し、10,526名の避難対象者の輸送が翌6時54分に終了した。避難輸送の内訳は、東海汽船7,407人・海上保安庁1,926人・海上自衛隊849人・漁船265人・その他79人となっている。同社が避難輸送の主たる役割を担ったことについては、離島からの避難という状況において、大型客船の輸送力と高速船の機動力が大きな役割を担ったことを実績で示している[19]

噴火7ヵ月後の1986年6月22日、昭和天皇が見舞いのため伊豆大島を訪問したが、このうち復路は「シーガル」を利用した。なお、これが昭和天皇の生涯最後の船旅となった[20][19]

避難輸送における各船別の実績[19]
出航日 時間 船名 避難先 輸送人員
21日 19時02分 シーホーク2 稲取 388人
20時13分 シーガル 熱海 386人
20時45分 シーホーク2 稲取 400人
21時37分 かとれあ丸 伊東 1,300人
23時08分 シーホーク2 稲取 334人
22日 0時19分 さるびあ丸 東京 2,092人
3時05分 すとれちあ丸 東京 2,435人
6時54分 シーホーク2 熱海 72人

その他[編集]

  • 大島・新島・神津島・三宅島・八丈島の各島では、海況により寄港地が変更となる。なお、同日でも便によって寄港地が変更されることがある。
  • 東海汽船は「伊豆七島」「セブンアイランド」の表記を多用するが、同社が実際に就航している島は8つである(「伊豆七島」という用語については該当項目を参照)。
  • 東京 - 三宅島・御蔵島 - 八丈島航路は離島航路整備法における整備航路の指定を受けており、赤字補填の補助金を受けているため、運航経費が増大する航路高速化を行うことができない。このため、船舶の性能や航海資格上は就航可能な「超高速ジェット船」をこれらの航路に運航することは事実上不可能となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「房総の鉄道 路線網の歴史過程」中川浩一(「鉄道ピクトリアル」No.579・1993年8月号)
  2. ^ a b c 釜石製鉄の再建(岡田益男「東北鉱山の繁栄」) - 東北文庫 web 物語伝承館(東北総合案内)
  3. ^ 回想の東海汽船客船 p.49-56 東海汽船の客船90年の歩み p.98-103 世界の艦船(海人社、1979年11月号)
  4. ^ 東海汽船100年の歩み p.108-113 世界の艦船(海人社、1989年11月号)
  5. ^ 旧・加藤汽船「ジェット7」を購入。
  6. ^ 旧・ADLER-BLIZZARD所属船を購入。
  7. ^ 利島村『要覧利島2003』による。
  8. ^ 第二次世界大戦前に建造の「橘丸」などもこの慣例に従っている。
  9. ^ 甑島商船の高速船は歴代「シーホーク」を名乗っているが、初代は東海汽船から移籍した船であり、船名もそのまま引き継いだものであった。
  10. ^ Web CRUISE 東海汽船、高速ジェット船「友」を来年4月投入
  11. ^ セブンアイランド友25年4月就航!!
  12. ^ 固定資産の取得に関するお知らせ(かめりあ丸代替船について)
  13. ^ 東海汽船新船プロジェクト【新船】デザイン
  14. ^ 新船ネーミング&カラーリング決定
  15. ^ 橘丸ご案内”. 東海汽船. 2014年2月20日閲覧。
  16. ^ 環境負荷低減船の推進と海上労働条約等の対応 p.12 スーパーエコシップ旅客船 橘丸
  17. ^ 環境負荷低減船の推進と海上労働条約等の対応 p.5 SESの建造実績
  18. ^ 環境負荷低減船の推進と海上労働条約等の対応 p.5 SESの建造実績
  19. ^ a b c 東海汽船100年の歩み p.112-113 - 世界の艦船(海人社、1989年1月号)
  20. ^ これ以前の乗船実績として1982年、八丈島から三宅島まで「すとれちあ丸」に香淳皇后とともに乗船した事例がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]