たれぱんだ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

たれぱんだとは、末政ひかるによってデザインされた、サンエックスキャラクターである。

概要[編集]

1995年11月シールとして発売されたのが初出。1998年文房具など様々なキャラクターグッズが発売されたことで人気が出て、様々な設定をユーモアあふれる筆致で紹介した絵本も出版されるまでに至った。

人気のピークは1999年で、一種の社会現象としてワイドショーにまで取り上げられたほどだった。1999年〜2000年の2年間で700億円を売り上げた[1]。また、池袋サンシャインシティには「たれぱんだや」というグッズ専門店もあった。ブームが沈静化した現在も根強いファンがいる。ただし、当時のTBSブロードキャスター』の報道によると、関西での人気はいまひとつだったという。

2008年現在、若干小さく目の周りのくまが無い「ちびたれ」というキャラクターを加えてグッズ展開されている。

当キャラクターを知ったダウンタウン松本人志は、1999年6月6日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』のトークコーナー内にて、過去に他番組大喜利で自身が考案したキャラクター(発熱により倒れている「ぐったりパンダ」)のパクリであると発言した。ただし、松本は権利関係に関して全く意に介していない。

設定[編集]

その名前のとおり、様々な局面、例えば容貌、行動、性格などが「垂れた」、パンダのような生物として設定されている。後述の絵本によると、も生えておらず、パンダ様の全身の柄は実は表皮であり、いわゆる哺乳類とはかなり異質な生物とされている。通常のジャイアントパンダと異なり、尾は黒い。

体長は成体で5cm~3mと個体差が大きい。性別にはオス、メス、その中間があるが、分裂して増えるという噂もある。たれぐあいから、宇宙からの飛来物という仮説も。感触はさわるとやわらかく、ほのかにあたたかい。意外としっとり。好物はすあま。すあまをビンに入れて罠を作って捕獲できる。時速2.75m/hで転がるとされる。

顔のパーツは目と鼻、耳しか目視で確認が出来ない。口の位置、大きさなど公式設定でも明らかにされていない。

書籍[編集]

絵本[編集]

  • たれぱんだ kyoumo yoku tareteimasu.(末政ひかる、小学館、1999/6、ISBN 4096812110
発売2か月で30万部のベストセラーとなった。
  • たれごよみ nengara nenju tareteimasu.(末政ひかる、小学館、1999/9、ISBN 4096812129
  • たれづくし たれぱんだふぁんぶっく(末政ひかる、小学館、2000/3、ISBN 4096812137
  • たれゆくままに(末政ひかる、小学館、2001/4、ISBN 4096812145

シールブック[編集]

  • たれぱんだしーる(末政ひかる、小学館、2000/3、ISBN 4097343513

映像作品[編集]

VHS[編集]

  • たれぱんだ(バンダイビジュアル、2000/7/25)

DVD[編集]

  • たれぱんだ(バンダイビジュアル、2000/8/25)

ソフトウェア[編集]

Windows[編集]

  • たれぱん打(インターチャネル、2001/6/29)※タイピング練習ソフト
  • たれつづり(インターチャネル、2001/11/22)※はがき作成ソフト
  • たれぱんだといっしょ(フォーティファイブ、1999/4/16)※デスクトップアクセサリ
  • たれぱんだといっしょ2(フォーティファイブ、1999/8/10)※デスクトップアクセサリ
  • たれぱんだといっしょ3(フォーティファイブ、2000/4/28)※デスクトップアクセサリ
  • たれぱんだといっしょ つめあわせ(フォーティファイブ、2002/2/8)※たれぱんだといっしょ1、2、3のセット)

家庭用ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 月刊ビジネスアスキー』2009年12月号、19頁。

外部リンク[編集]