恋のマイアヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

恋のマイアヒ(こいのマイアヒ、原題はルーマニア語ドラゴスタ・ディン・テイ Dragostea Din Tei)は、モルドバ出身の音楽グループO-Zone(オゾン)の有名な曲の1つである。原題は直訳すると「菩提樹の下の恋」である。日本語でもFlashが作成され、当時はマイヤヒマイヤヒーと呼ばれた。なお国内ブレイクの発端となった名古屋のZIP-FMによる邦題は「恋の呪文はマイヤヒ・マイヤフ」であった。

各国での流行[編集]

2003年ルーマニア国内で初登場、このときから同国内で大ヒットになる。また、この曲を偶然聴いたイタリアのレコード会社TIME RECORDSの社長ジャコモ・マイオリーニが、ルーマニア系の女性歌手ハイドゥッチ(Haiducii) にこの曲を歌わせて、こちらもイタリア国内でチャート1位を記録するほどの大ヒットとなった。しかしO-Zoneによるオリジナルがルーマニア以外で特筆するべきヒットに至ったのはスペインが最初で、他の国ではそれよりもハイドゥッチによるカヴァーの方が知られていたようである。2004年になるとヨーロッパ全体でもO-Zoneによるオリジナル版が認知され、各国でヒットチャート1位を記録する大ヒットとなった。

2004年12月にはアメリカでGary Brolsma (ゲイリー・ブロルスマ)がこの曲に合わせて踊るFlashを公開、こちらもNuma Numa Danceと呼ばれ有名となった。2005年に公開されたアニメーション映画チキン・リトル』の日本向け宣伝曲としても使用された。

リアーナが「恋のマイアヒ」の原曲に合わせて歌い、その間でT.I.がラップで歌うという構成で制作された「マイアヒ・ライフ」(サンプリング扱い)は2008年にビルボードHOT100で1位を獲得した。僅かに歌詞は変えてある。

日本での流行と余波[編集]

日本でも2004年の10月頃に、本来のルーマニア語を日本語として聞き取った際に生じた空耳を元にしたFlashムービー2ちゃんねるで話題となった他、ZIP-FMによるヘヴィー・ローテーションにより同局のチャートで10月から約2ヶ月間1位を独走する程のヒットとなった。『SMAP×SMAP』のコント「ホストマンブルース」の中で、木村拓哉らのパラパラのテーマ曲として大々的に使用されたことも、日本でのブレイクに大きく貢献していた[1]

2006年の8月に発売されたEvery Extend Extraにリミックスされて収録されている。

日本における記録[編集]

  • 2005年7月27日、日本における洋楽作品としては史上初の「着うた」100万ダウンロードを達成。その後400万ダウンロードまで伸び[2]日本レコード協会の認定によれば2010年1月現在、日本で最もダウンロードされた着うたとされている。
  • エイベックスの発表によると、日本の携帯電話向け音楽配信におけるダウンロード件数は累計で500万ダウンロードを超える[3]
  • レーベルモバイル運営の「レコード会社直営♪」の2005年度年間ダウンロードランキングで「着うた」「着うたフル」「着信ムービー」の全ジャンルで年間チャート1位。
  • 日本版の最初の2種(後述のリストで廃盤とされている物)合計の売り上げは80万枚以上。

日本国内で販売されたCD一覧[編集]

日本国内で販売されたCDは…

単独で収録されているもの:以下の6種。[編集]

DiscO-Zone (AVTCD-95783)
Avex Asiaが販売しているCDの輸入盤。CD-Extra形式で公式PV収録。
恋のマイアヒ (AVCD-17626)
初の国内版(2005年3月2日発売、現在は廃盤)。CD-Extra形式で先述のムービー収録。
恋のマイアヒ
アルバムからのシングルカットで、日本独自版である(ジャケットものまネコ仕様であった)。2005年6月22日発売、5000枚限定生産のため、現在は廃盤。オリジナルバージョンの他、4曲のリミックスが収録されていた。
恋のマイアヒ (AVCD-17777/B)
2005年8月24日発売、現在は廃盤。DVDに先述のムービーの完結編バージョンと公式PVを収録していた。
恋のマイアヒ (AVCD-17823)
2005年8月発売のアルバムからDVDを除いた再発版。2005年10月12日発売。
DiscO-Zone ~恋のマイアヒ~ 最強盤 (AVCD-17830/B)
2005年12月21日発売。着うた配信された2つのリミックスとカラオケ版を追加、DVDに3種類のパラパラ振り付けムービーと公式PVを収録。

オムニバス形式の一曲として収録されているもの[編集]

SUPER EUROBEAT VOL.154 (AVCD-10154)
2005年1月15日発売。 DRAGOSTEA DIN TEI (EUROBEAT REMIX)がトラック1に収録されている。
SEBの場合,一定の周期でノンストップリミックスシリーズが制作される。そのため、同曲を収録するSEBシリーズのCDはこれだけではない。

その他[編集]

カバー[編集]

ドイツフランスを中心にカバーソングブームが巻き起こった(下記参考)。

  • Dragostea Din Tei-Haiducii
  • Dragostea Din Tei-DJ Dragostea
  • Dragostea Din Tei-Audiosmog
  • Ra la la-Bangman
  • ItaloBrothers-My Life Is A Party

特に「Bangman」の Ra la laはネット上で「ゴリゴリラララ」としてブレイクした。また、Ra la laという曲もプレパラートシーラカンスなど空耳に聞こえることから火がついた。

ブラジルではLatinoが「Festa no Apê」としてポルトガル語でカバーした。「Festa no Apê」は更に在日ブラジル人の歌手DJ Pokemonが「アパートノパーティー」として日本語でカバーした。

シンガポールでは郭美美が「不怕不怕」としてカバーし、台湾では2moroが「Shabu Shabu」として、韓国では현영(ヒョンヨン)が「누나의 꿈」(お姉さんの夢)としてカバーした。

日本では8bit Projectがアルバム『FAMILIAR COMPUTING WORLD』でカバーしている(インストゥルメンタル)。

カバーではなく、リミックスバージョンではあるが、「Dragostea Din Tei (DJ Ross Radio Mix) 」が、世界中で行われているフィットネスプログラム「ボディコンバット」のリリース41(日本公開は2009年9月予定)で使われる。

脚注[編集]

  1. ^ 2010年9月4日『SmaSTATION!!』「ベストヒットスマステーションニッポン人が選ぶ洋楽一発屋ベスト30」より。
  2. ^ http://www.riaj.or.jp/data/others/chart/w060920_3.html
  3. ^ 2010年版インベスターズ・ガイド (PDF) 」、エイベックス・グループ・ホールディングス、2010年、8頁。
  4. ^ アイスブレーカーズ|LOTTE|TVCM&メイキング動画 2012年4月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]