地獄のロック・ライダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
地獄のロック・ライダー
ミートローフスタジオ・アルバム
リリース 1977年10月
ジャンル ハードロックロックンロールロック・オペラ
時間 46分39秒
レーベル クリーヴランド・インターナショナル・レコード
エピック・レコード
プロデュース トッド・ラングレン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(オランダ[1]、ニュージーランド[2]
  • 9位(イギリス[3]
  • 11位(ドイツ[4]
  • 13位(スウェーデン[5]
  • 14位(アメリカ[6]
ミートローフ 年表
Stoney & Meatloaf
(1971年)
地獄のロック・ライダー
(1977年)
デッド・リンガー
(1981年)
テンプレートを表示

地獄のロック・ライダー』(原題:Bat Out of Hell)は、アメリカ合衆国ロック歌手ミートローフ1977年に発表したスタジオ・アルバム。ストーニー&ミートローフ(Stoney & Meatloaf)名義で発表された『Stoney & Meatloaf』(1971年)以来6年振りの作品で、ソロ名義では初のアルバムである。ロック・オペラの代表的な作品とされており[7]、アメリカやイギリス等でロング・ヒットを記録して、2012年現在の累計売り上げは4300万枚[8]

背景[編集]

本作で作詞・作曲・アレンジ等を担当したジム・スタインマンは、以前ミートローフが出演したオフ・ブロードウェイミュージカル『モア・ザン・ユー・ディザーヴ』の音楽を担当していた[9]。スタインマンはその後、ピーター・パンを元にしたミュージカル『ネヴァーランド』の音楽を担当し、その時に作られた曲が本作の元になった[9]。なお、本作収録曲のうち「地獄のロック・ライダー」「天国への招待」「暴走」は『ネヴァーランド』でも使われている[10]

本作のプロデューサー選びは難航し、スタインマンは後年「どのプロデューサーの所に行っても『馬鹿げている』『これをレコードにできるわけがない』って言われた」「ルー・リードを手掛けたボブ・エズリンにプロデュースしてほしかったけど、彼の電話番号がわからなかった」と語っている[11]。最終的にはトッド・ラングレンがプロデュース、エンジニアミキシングのいずれも引き受けて[12]、ラングレンが率いるユートピアのメンバーもレコーディングに参加した。

本作は、エピック・レコードのA&Rだったスティーヴ・ポポヴィッチ英語版が新たに設立したクリーヴランド・インターナショナル・レコードからリリースされた。

反響・評価[編集]

ミートローフの母国アメリカでは、Billboard 200で最高14位に達し[6]、1978年8月にはRIAAによってプラチナ・ディスクに認定された[13]。その後も売り上げを伸ばし、2001年4月には14×プラチナに達した[13]全英アルバムチャートでは最高位こそ9位に終わるが、474週にわたってチャート・インした[3]

ローリング・ストーン』誌が2003年に選出したオールタイム・グレイテスト・アルバム500では343位にランク・イン[14][15]

その後[編集]

ミートローフは後に、本作の続編に当たるコンセプト・アルバムを2作発表している。1993年には『地獄のロック・ライダーII〜地獄への帰還』が発表され、2006年には『地獄のロック・ライダー3〜最後の聖戦!』が発表された。

1995年、クリーヴランド・インターナショナル・レコード創設者のスティーヴ・ポポヴィッチはソニーに対して、未払いになっていた本作のロイヤルティーを請求する訴訟を起こした[16]。この訴訟は、ソニーが約700万ドルを支払うことと、本作の再発盤にクリーヴランド・インターナショナルのロゴを入れることを条件に和解するが、ソニーはロゴを入れる条件を守らなかったため、ポポヴィッチは再びソニーを訴えて2005年に500万ドルを得ている[16]

ミートローフが2004年に発表したライヴ・アルバム『Bat Out of Hell: Live with the Melbourne Symphony Orchestra』には、メルボルン交響楽団との共演による本作の完全再現ライヴが収録された[17]。また、2012年12月、ミートローフは2013年4月に行われるイギリス・ツアーで本作を完全再現することを発表した[18]

収録曲[編集]

全曲ともジム・スタインマン作。

  1. 地獄のロック・ライダー "Bat Out of Hell" – 9:49
  2. ユー・トゥック・ザ・ワーズ "You Took the Words Right Out of My Mouth (Hot Summer Night)" – 5:05
  3. 天国からの招待状 "Heaven Can Wait" – 4:41
  4. 暴走 "All Revved Up with No Place to Go" – 4:18
  5. 66%の誘惑 "Two Out of Three Ain't Bad" – 5:25
  6. ロックンロール・パラダイス "Paradise by the Dashboard Light" – 8:28
  7. クライング・アウト・ラウド "For Crying Out Loud" – 8:44

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ dutchcharts.nl - Meat Loaf - Bat Out Of Hell
  2. ^ charts.org.nz - Meat Loaf - Bat Out Of Hell
  3. ^ a b MEAT LOAF | Artist | Official Charts - 「ALBUMS」をクリックすれば表示される
  4. ^ charts.de - 2014年6月22日閲覧
  5. ^ swedishcharts.com - Meat Loaf - Bat Out Of Hell
  6. ^ a b Bat Out of Hell - Awards : AllMusic
  7. ^ "ロック・オペラ"とは何ですか? - CDJournal.comリサーチ - 2013年1月12日閲覧
  8. ^ Rocker Meat Loaf endorses Romney | thetelegraph.com.au - 2013年1月12日閲覧
  9. ^ a b Jim Steinman : AllMusic - Biography by Jason Ankeny
  10. ^ Neverland - jimsteinman.com - 2013年1月12日閲覧
  11. ^ Classic Albums Six Hour Interview - jimsteinman.com - 「Q - How important is Todd Rundgren's part in Bat Out Of Hell?」以降を参照
  12. ^ Meat Loaf - Bat Out Of Hell (CD, Album) at Discogs
  13. ^ a b RIAA公式サイト内SEARCHABLE DATABASE - 引用符付きの"BAT OUT OF HELL"と入力して検索すれば表示される
  14. ^ 『ローカス・ムック 名盤ディスクガイド500 きっと見つかる心の1枚』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア/2009年5月1日/ISBN 978-4-86190-870-5)p.222
  15. ^ 500 Greatest Albums of All Time: Meat Loaf, 'Bat Out of Hell' | Rolling Stone - 2013年1月12日閲覧
  16. ^ a b Steve Popovich, Music Exec Who Played a Key Role in Meat Loaf's 'Bat Out of Hell', Dies at 68 - Hollywoodreporter.com - 2013年1月12日閲覧
  17. ^ Bat Out of Hell: Live with the Melbourne Symphony - Meat Loaf : AllMusic - Review by Stephen Thomas Erlewine
  18. ^ Meat Loaf farewell to feature Bat Out of Hell in full | Classic Rock - 2013年1月12日閲覧