エボニー・アンド・アイボリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エボニー・アンド・アイヴォリー
ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダーシングル
収録アルバム タッグ・オブ・ウォー
A面 エボニー・アンド・アイヴォリー
B面 レインクラウズ
リリース 1982年3月29日
規格 シングル
録音 1981年
ジャンル ポップス
時間 3分42秒
レーベル パーロフォンEMI(UK)
コロムビア・レコード(US)
作詞・作曲 ポール・マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート最高順位
  • 1位(イギリス)
  • 1位(アメリカ)
  • 1位(ドイツ)
  • 1位(ノルウェー)
  • 2位(スウェーデン)
  • 2位(スイス)
  • 2位(オーストラリア)
  • 3位(オーストリア)
  • 26位(日本)
ポール・マッカートニー 年表
テンポラリー・セクレタリー
(1980年)
エボニー・アンド・アイボリー
(1982年)
テイク・イット・アウェイ
(1982年)
スティーヴィー・ワンダー 年表
ザット・ガール
(1982年)
エボニー・アンド・アイボリー
(1982年)
ドゥ・アイ・ドゥ
(1982年)
テンプレートを表示

エボニー・アンド・アイボリーEbony and Ivory)は、1982年ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダー(Paul McCartney & Stevie Wonder)が発表した楽曲、及びシングル

概要[編集]

ポールのアルバム『タッグ・オブ・ウォー』、及びベスト・アルバムでは『オール・ザ・ベスト』に収録。4月29日にシングル・カットされた。スティーヴィーの幾つかのベスト・アルバム(例: 『The Definitive Collection』)でも取り上げられている。E Major

1981年2月27日、モントセラトにてレコーディング。楽器は全てポールとスティーヴィーが演奏しており、スティーヴィーはキーボード類・ドラム・パーカッションを担当。ブラックミュージックの巨匠と目されるスティーヴィーと、ポップ・ミュージックの天才ポールの組み合わせは「夢の共演」とも評された。

この曲は、「ピアノ黒鍵(Ebony)と白鍵(Ivory)が一つのハーモニーを奏でるように、白人と黒人、無色人種と有色人種、すなわち人類が調和する」とのテーマをデュエットで歌い上げ、世界で反響を呼んだ。アメリカビルボード(Billboard)では、1982年5月15日に、週間ランキング1位を獲得。ビルボード誌1982年年間ランキングは4位。キャッシュボックス誌では、5月15日から6週間1位を獲得し、年間ランキングでは4位を記録した。イギリスでも週間チャート第1位を獲得、日本でもオリコン洋楽チャートで1位を獲得した。

ミュージック・ビデオも2人の共演であるが、お互いのスケジュールが合わなかったため、別々に撮影したものを合成して作られている。

1989年にポールがロサンゼルス公演を行った際、スティーヴィーもゲスト出演してデュエットを披露した。

また、2010年にポールがアメリカの音楽賞〈ガーシュウィン賞〉を受賞した際の授賞式(会場はホワイトハウス)、アメリカ初の黒人大統領であるバラク・オバマ大統領の前で、スティーヴィーと共にこの曲を演奏した。

収録曲[編集]

  1. エボニー・アンド・アイボリー (Ebony And Ivory)
  2. レインクラウズ(Rainclouds)
12inch
  1. エボニー・アンド・アイボリー (Ebony And Ivory)
  2. レインクラウズ(Rainclouds)
  3. エボニー・アンド・アイボリー、ポール・ソロ・バージョン (Ebony And Ivory) (Solo Version)