マーティン・バーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーティン・バーチ (Martin Birch) は、イギリス出身の音楽プロデューサーフリートウッド・マックフェイセズの初期作品にエンジニアやプロデューサーとして関与。その後ディープ・パープルレインボーブラック・サバスホワイトスネイクブルー・オイスター・カルトなど、HR/HM系アーティストの作品を多数プロデュースした。キャリアの晩年は、アイアン・メイデンの作品の殆どをプロデュースし、6番目のメンバーと言われる程の関係だったが、1992年のアルバム『フィア・オブ・ザ・ダーク』を最後に業界を引退した。

ディープ・パープルの「ハード・ラヴィン・マン」(アルバム『イン・ロック』収録)はバーチに捧げられた曲である。また、アイアン・メイデンのビデオ「ホーリー・スモーク」(アルバム『ノー・プレイヤー・フォー・ザ・ダイイング』収録)にも登場している。

プロデュース・アルバム[編集]

※ABC順

バーニー・マースデン
  • 『アンド・アバウト・タイム』(1979年)
ブラック・サバス
ブルー・オイスター・カルト
The Cortinas
  • 『True Romances』(1978年)
コージー・パウエル
  • 『オーヴァー・ザ・トップ(Over the Top)』(1979年)
ディープ・パープル
フリートウッド・マック
ゲイリー・ムーア
  • 『グラインディング・ストーン(Grinding Stone)』(1973年)
アイアン・メイデン
ジョン・ロード
  • 『スペインの哀愁(Sarabande)』(1976年)
マイケル・シェンカー・グループ
Nina van Pallandt
  • 『The Other Side Of Me』(1974年)
レインボー
ロジャー・グローヴァー
  • 『エレメンツ(Elements)』(1978年)
シルヴァーヘッド
  • 『恐るべきシルバーヘッド』(1972年)
ストレイ(Stray)
  • 『嵐の宮殿』(1971年)
Wayne County & the Electric Chairs
  • 『The Electric Chairs』(1978年)
  • 『Storm The Gates Of Heaven』(1978年)
ホワイトスネイク

脚注[編集]