ミッキー・ムーディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミッキー・ムーディ
Micky Moody
基本情報
出生名 Michael Joseph Moody
出生 1950年8月30日(64歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ヨークシャー州ミドルズブラ
ジャンル ハードロックヘヴィメタルブルースロック
職業 ギタリスト
活動期間 1968年 - 現在
共同作業者 ジューシー・ルーシー
スナフ
ホワイトスネイク
ヤング・アンド・ムーディー

ミッキー・ムーディー(Micky Moody、本名:Michael Moody、1950年8月30日 - )は、イングランドヨークシャー州ミドルズブラ出身のギタリストホワイトスネイクでの活動が有名。

略歴[編集]

ミッキー・ムーディはイギリス北東部の労働者階級の家庭に生まれ、子供の頃に音楽の興味を持ちエレクトリック・ギターを手にする。学生時代にクラス・メートとザ・ロードランナーズというバンドを組み、父親の勧めで労働者階級のクラブでライヴを行う。そのバンドにはポール・ロジャースや後にエルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズのメンバーとなるブルース・トーマスがいた。ザ・ロードランナーズはグループ名をザ・ワイルドフラワーズと変えてロンドンへ進出する。ザ・ワイルドフラワーズ解散後、ミドルズブラでトラムラインで活動を続けた後にブルース・ロック・バンド、ジューシー・ルーシーに参加する。3枚のアルバムをリリース後、再びミドルズブラでドラマーでヴォーカリストのボビー・ハリソンとのグループ、スナフを結成。3枚のアルバムをリリースする。

大きな成功は収めなかったが、1976年から元ディープ・パープルのヴォーカリスト、デイヴィッド・カヴァデールのソロ活動をサポートし、ホワイトスネイクの初期メンバーとなる。1978年から1984年まで在籍しグループを脱退した。脱退後はセッション・プレイヤーで活動する他に、ギタリストのバーニー・マースデンとのムーディー・マースデン・バンドやマースデンとニール・マーレイとのカンパニー・オブ・スネイク、 M3 などでライヴ活動した。2000年代以降はブルース・ロックのソロ・アルバムをリリースしている。

また1970年代後半から1980年代にかけてステイタス・クオーの作詞家であったボブ・ヤングと組んでヤング・アンド・ムーディー名義でもアルバムをリリースした。

1987年には日本のロックバンドのチェッカーズの変名バンド「Cute Beat Club Band」の作品「七つの海の地球儀(1987年11月6日)」で編曲、演奏もしている。

作品[編集]

  • The Moody Mursden Band - never Turn Our Back On Blues (1994年)
  • The Moody Marsden Band - Live In Hell (1994年)
  • The Moody Marsden Band - Real Faith (1994年)
  • The Moody Marsden Band - The Time Is Right For Live (1994年)
  • The Snakes - Once Bitten... (1998年)
  • The Moody Marsden Band - Ozone Friendly (2000年)
  • The Moody Marsden Band - The Night The Guitar Come To Play (2000年)
  • Micky Moody - I Eat Them for Breakfast (2000年)
  • The Company of Snakes - Here They Go Again (2001年)
  • The Company of Snakes - Burst the Bubble (2002年)
  • Micky Moody,paul Williams - Smokestacks, Broomsters and Hoochie Coochie Men (2003年)
  • M3 - Classic Snake Live (2003年)
  • Micky Moody - Don't Blame Me (2006年)
  • Mickey Moody - Acoustic Journeyman (2007年)