レストレス・ハート (ホワイトスネイクのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レストレス・ハート
ホワイトスネイクスタジオ・アルバム
リリース 1997年3月26日日本の旗
1997年6月イギリスの旗
ジャンル ハードロック
時間 55分51秒
レーベル EMI
プロデュース デイヴィッド・カヴァデール
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 5位(スウェーデン[1]
  • 7位(フィンランド[2]
  • 10位(日本[3]
  • 23位(スイス[4]
  • 26位(ドイツ[5]
  • 34位(イギリス[6]
  • 35位(ノルウェー[7]
  • 45位(オーストリア[8]
  • 65位(オランダ[9]
ホワイトスネイク 年表
グレイテスト・ヒッツ
(1994年)
レストレス・ハート
(1997年)
スターカーズ・イン・トーキョー〜アコースティック・ライヴ・イン・ジャパン
(1998年)
テンプレートを表示

レストレス・ハート』(Restless Heart)は、ホワイトスネイク1997年に発表したスタジオ・アルバムで、『スリップ・オブ・ザ・タング』(1989年)以来8年ぶり9作目に当たる。日本で先行発売された。

解説[編集]

デイヴィッド・カヴァデール自身は、当初はソロ・アルバムとして制作を始めたが、EMIの要請によりホワイトスネイクらしさのある作品を作ったという趣旨のコメントをしている[10]。先行発売された日本盤は、ホワイトスネイク名義となっているが、日本盤とは異なるジャケットを使用したヨーロッパ盤では、アーティスト名は「David Coverdale & Whitesnake」と表記されている[11]

白蛇の紋章〜サーペンス・アルバス』(1987年)制作後期よりバンドに参加し、『スリップ・オブ・ザ・タング』(1989年)でカヴァデールと共に曲作りの中心を担ったギタリストエイドリアン・ヴァンデンバーグが、演奏でも初めて全面参加した。また、カヴァデールとジミー・ペイジの連名のアルバム『カヴァデール・ペイジ』(1993年)で共演し、『グレイテスト・ヒッツ』時のツアーからバンドに参加したドラマーデニー・カーマッシは、引き続きドラムを担当した。

収録曲[編集]

特記なき楽曲はデイヴィッド・カヴァデールとエイドリアン・ヴァンデンバーグの共作。

  1. ドント・フェイド・アウェイ - Don't Fade Away - 5:02
  2. 愛という名のもとに - All in the Name of Love - 4:42
  3. レストレス・ハート - Restless Heart - 4:50
  4. トゥー・メニー・ティアーズ - Too Many Tears - 5:44
  5. クライング - Crying - 5:34
  6. ステイ・ウィズ・ミー - Stay with Me (George David Weiss, Jerry Pagovoy) - 4:09
  7. キャント・ゴー・オン - Can't Go on - 4:28
  8. ユーアー・ソー・ファイン - You're So Fine - 5:10
  9. ユア・プレシャス・ラヴ - Your Precious Love - 4:34
  10. テイク・ミー・バック・アゲイン - Take Me Back Again - 6:02
  11. ウーマン・トラブル・ブルース - Woman Trouble Blues - 5:35

日本盤ボーナス・トラック[編集]

14.はインストゥルメンタル

  1. エニシング・ユー・ウォント - Anything You Want - 4:12
  2. キャント・ストップ・ナウ - Can't Stop Now - 3:27
  3. オイ - Oi (David Coverdale, Adrian Vandenberg, Denny Carmassi) - 3:47

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]