マルコ・メンドーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルコ・メンドーサ
シン・リジィとしてのライブ(2007年6月2日)}
シン・リジィとしてのライブ(2007年6月2日)
基本情報
出生 1956年8月13日(57歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ
職業 ベーシスト歌手
担当楽器 ベース・ギター
共同作業者 ブルー・マーダーホワイトスネイクシン・リジィソウル・サーカスドロレス・オリオーダン、他
公式サイト MarcoMendoza.com

マルコ・メンドーサMarco Mendoza)は、アメリカ合衆国サンディエゴ出身のベーシストボーカリスト

幼少期は祖母の住むメキシコ ティフアナで過ごしている。やがてギターを弾き始めるが、ベース・ギターに転向し、主にローカル・バンドでジャズファンク等を演奏する生活を送る。そこでフレットレス・ベースを弾く様をジョン・サイクスに見出され、1993年からベーシストとしてブルー・マーダーに参加。以後ハードロックヘヴィメタル界で活躍する。ブルー・マーダーが1994年に終了した後も引き続きジョン・サイクスのソロ・プロジェクト、サイクスに参加。1996年~2000には再結成したシン・リジィにも参加し、2000年に離脱したものの2005年に復帰している。

ホワイトスネイクが25周年を記念して再結成した2003年にベーシストとして参加してツアーを行う。2004年のロンドン公演は『ライブ イン・ザ・スティル・オブ・ザ・ナイト』として映像化された。しかし2005年にデヴィッド・カヴァデールと衝突してバンドを脱退する。

またニール・ショーンの招きで2004年からソウル・サーカスに参加し、ライブを行いながらアルバム『ワールド・プレイ』を制作した。

2007年にドロレス・オリオーダン(元クランベリーズ)のアルバム『アー・ユー・リスニング?』からバンドに参加し、ツアーを行っている。同時にリッチー・コッツェンらと共同でソロ・アルバム『リヴ・フォー・トゥモロー』を制作、発表した。

主なディスコグラフィ[編集]

ブルー・マーダー
  • ナッシング・バット・トラブル - Nothin' But Trouble (1993)
  • スクリーミング・ブルー・マーダー~フィルに捧ぐ - Screaming Blue Murder (1994)
サイクスジョン・サイクス
  • アウト・オブ・マイ・ツリー - Out of My Tree (1995)
  • ラヴランド - Loveland (1997)
  • 20th センチュリー - 20th Century (1997)
  • ニュークリア・カウボーイ - Nuclear Cowboy (2000)
  • バッド・ボーイ・ライヴ! - Bad Boy Live! (2004)
ティン・ドラム
  • Real World (1995)
ライト・セッド・フレッド
  • スマッシング Smashing! (1996)
ローチ・ヴォイシン
  • Kissing Rain (1996)
ラファエル・アラゴン
  • Sugar Cane (1997)
ロバート・ウィリアムス
  • Date with the Devil's Daughter (1998)
メンドーサ、ヘレディア、ニート
  • ライヴ・イン・L.A. - Live in L.A. (1998)
トミー・ショウ
  • 7 Deadly Zens (1998)
シン・リジィ
  • One Night Only (2000)
デヴィッド・カヴァデール
  • イントゥ・ザ・ライト Into The Light (2000)
テッド・ニュージェント
  • Full Bluntal Nugity (2001)
  • クレイヴマン Craveman (2003)
デレク・シェリニアン
  • ミソロジー Mythology (2004)
ソウル・サーカス
  • ワールド・プレイ World Play (2005)
ホワイトスネイク
  • ライブ イン・ザ・スティル・オブ・ザ・ナイト Live... In The Still Of The Night (2006)
ドロレス・オリオーダン
  • アー・ユー・リスニング? Are You Listening? (2007)
リンチ・モブ
  • Smoke and Mirrors (2009)
Chisa and The Heaven & Earth Band
  • Chisa and The Heaven & Earth Band Live In L.A.(1997)

外部リンク[編集]