ネヴァー・セイ・ダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネヴァー・セイ・ダイ
ブラック・サバススタジオ・アルバム
リリース 1978年9月28日
録音 1978年 カナダ トロント Sounds Interchange
ジャンル ヘヴィメタルハードロック
時間 45分49秒
レーベル イギリスの旗ヴァーティゴ
アメリカ合衆国の旗カナダの旗ワーナー・ブラザーズ・レコード
プロデュース ブラック・サバス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 12位(イギリス[1]
  • 37位(スウェーデン[2]
  • 69位(アメリカ[3]
ブラック・サバス 年表
テクニカル・エクスタシー
(1976年)
ネヴァー・セイ・ダイ
(1978年)
ヘヴン&ヘル
(1980年)
テンプレートを表示

ネヴァー・セイ・ダイ』(原題:Never Say Die!)は、ブラック・サバス1978年に発表した8作目のスタジオ・アルバム

解説[編集]

1977年11月、オジー・オズボーンがバンドを一度脱退したため、ブラック・サバスは後任ボーカリストのデイヴ・ウォーカーを加えた編成で短期間ライヴ活動を行ったが、1978年1月にはオズボーンが復帰して、本作のレコーディングが行われた[4]。収録曲のうち「ジュニアーズ・アイズ」は、ウォーカー在籍時のライヴにおいて演奏されているが、本作のヴァージョンとは歌詞が異なる[5]。「スウィンギング・ザ・チェイン」ではビル・ワードがリード・ボーカルを担当しており、「ハード・ロード」では、普段は歌わないトニー・アイオミギーザー・バトラーがバックアップ・ボーカルを務めている[5]

前作『テクニカル・エクスタシー』(1976年)に続き、ヒプノシスがジャケット・デザインを担当した。後にレインボーのキーボーディストとなるドン・エイリーがレコーディングに参加している。

本作に伴うツアーの後、オズボーンは再びブラック・サバスを脱退してソロ活動に入り、バンドは後任としてロニー・ジェイムス・ディオを迎えることとなる。

『テクニカル・エクスタシー』と同様、本作も全英トップ10・全米トップ40入りを果たせなかったが、アメリカでは1997年にゴールド・ディスクに認定された[6]。本作からのシングル「ネヴァー・セイ・ダイ」は全英21位[1]、「ハード・ロード」は全英33位に達した[1]

収録曲[編集]

全曲ともオジー・オズボーントニー・アイオミギーザー・バトラービル・ワードの共作。8.はインストゥルメンタル

  1. ネヴァー・セイ・ダイ "Never Say Die" – 3:49
  2. ジョニー・ブレード "Johnny Blade" – 6:28
  3. ジュニアーズ・アイズ "Junior's Eyes" – 6:43
  4. ハード・ロード "A Hard Road" – 6:06
  5. ショック・ウェイヴ "Shock Wave" – 5:16
  6. エアー・ダンス "Air Dance" – 5:18
  7. オーヴァー・トゥ・ユー "Over to You" – 5:24
  8. ブレイクアウト "Breakout" – 2:35
  9. スウィンギング・ザ・チェイン "Swinging the Chain" – 4:05

カヴァー[編集]

  • ネヴァー・セイ・ダイ
  • ショック・ウェイヴ
    • カテドラル - ブラック・サバスのトリビュート・アルバム『Masters of Misery - Black Sabbath: An Earache Tribute』(1992年)に提供。ただし、1997年発売の再発盤には収録されていない[7]

参加ミュージシャン[編集]

アディショナル・ミュージシャン

脚注[編集]

  1. ^ a b c ChartArchive - Black Sabbath
  2. ^ swedishcharts.com - Black Sabbath - Never Say Die!
  3. ^ Black Sabbath | AllMusic - Awards - Billboard Albums
  4. ^ Black Sabbath | AllMusic - Biography by William Ruhlmann
  5. ^ a b Never Say Die! - Black Sabbath Online
  6. ^ RIAA公式サイト内SEARCHABLE DATABASE - 引用符付きの"NEVER SAY DIE"と入力して検索すれば表示される
  7. ^ earache.com