ヒプノシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒプノシス (Hipgnosis) は、1968年に結成されたイギリスのデザイン・グループ。メンバーはストーム・ソーガソンオーブリー・パウエルピーター・クリストファーソン

概要[編集]

1970年代を中心にピンク・フロイドジェネシスレッド・ツェッペリンと言った数々のアーティストのアルバム・ジャケットを手掛ける[1]。ロック界においては、イエスの一連の作品で知られるロジャー・ディーンと共に、音楽ファンから親しまれている存在である。

レコード・ジャケットを芸術作品としての表現の域にまで高めた先駆者。ただし、活動初期の頃はレコード会社側との軋轢もあったようで、1970年の『原子心母』の「牛」のジャケットを提示した際には難色を示された。特にアルバム・タイトルもアーティスト名も表記されていないことに反対の声が挙がったが、結果的に全英1位を記録したことで「その後の仕事がやりやすくなった」という。

イマジネーションに溢れた創造的な作風が特徴で、現実なのか非現実なのか解らないようなジャケットも多い。「見る者に考えさせる」ということも、ひとつのコンセプトであるという。また、矛盾や対比といった「二面性」も主要なテーマになっている。収録された音楽を聴かずにデザインをすることもあるという。

ヒプノシスは1983年に解散したが、ストーム・ソーガソンはその後もピンク・フロイドやドリーム・シアターを始めとした多くのアーティストのアルバム・ジャケットのデザインを手掛けていた。またピーター・クリストファーソンはディレクターとしてイエスヴァン・ヘイレンミュージック・ビデオをプロデュースしている。

ヒプノシスの代表作品[編集]

[編集]

  1. ^ ピンク・フロイドのアルバム『アニマルズ』(1977年)において、ロジャー・ウォーターズが“Sleeve design by Roger Waters Hipgnosis”と勝手に表記してしまい、それ以来ヒプノシスはピンク・フロイドのデザインをやめた。その後、ウォーターズ脱退後の新生フロイドによる1987年のアルバム『』でピンク・フロイドのジャケット制作に復帰している。ただし、1981年の時空の舞踏のジャケットイラストはヒプノシスであり、松任谷由実昨晩お会いしましょうと同じ頃に作られたものである。
  2. ^ この作品ではジェフ・カミンズと一緒に手がけている(en:Straight Between the Eyesを参照)。