サミー・ヘイガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サミー・ヘイガー
サミー・ヘイガー(2008年7月)}
サミー・ヘイガー(2008年7月)
基本情報
出生名 Samuel Roy Hagar
出生 1947年10月13日(66歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州モントレー
ジャンル ロックハードロック
職業 シンガーソングライターギタリスト
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1968年 -
レーベル キャピトル・レコード
ゲフィン・レコード
MCAレコード
33rd Street
共同作業者 モントローズ
HSAS
ヴァン・ヘイレン
サミー・ヘイガー・アンド・ザ・ワボリタス
プラネットUS
チキンフット
公式サイト www.redrocker.com

サミー・ヘイガーSammy Hagar1947年10月13日 - )は、アメリカ合衆国ロックミュージシャンギタリストボーカリスト作詞作曲家)である。ヴァン・ヘイレンの元ボーカリスト。

本名はSamuel Roy Hagar (サミュエル・ロイ・ヘイガー)。カリフォルニア州モントレー出身。1949年生まれの説もある。イタリア系の母とアイルランド系の父をもつ。高くなる程鋭さを増すハイトーン・ヴォイスが特徴である。

経歴[編集]

デビュー - 1984年[編集]

1973年アメリカ西海岸ハードロックバンドモントローズMontrose)のボーカリストとしてデビュー。2枚のアルバムに参加した後モントローズを脱退し、キャピトル・レコードと契約して1976年にソロ・デビュー。ソロ活動ではギターも演奏する。1980年のアルバム『Danger Zone』には、ジャーニースティーヴ・ペリーニール・ショーンがゲスト参加。

ゲフィン・レコードへの移籍第1弾アルバム『Standing Hampton』(1981年)は、全米アルバム・チャートのトップ40入りを果たし(最高28位)、同作収録曲「There's Only One Way to Rock」は、後にヴァン・ヘイレンのライヴでも歌われた代表曲。サミーはやがて、「ヴォイス・オブ・アメリカ」と賞賛されるようになり、1984年にはそれにちなんだタイトルのアルバム『VOA』発表。同作収録曲「I Can't Drive 55」も、ヴァン・ヘイレンのライヴで歌われた。また、ニール・ショーン、ケニー・アーロンソン、マイケル・シュリーヴとのプロジェクトHSASを結成し、アルバム『Through the Fire』(1984年)を発表。

1985年以降[編集]

ヴァン・ヘイレン - サミー・ヘイガー(中央)、エドワード・ヴァン・ヘイレン(右)、マイケル・アンソニー(左)

1985年ヴァン・ヘイレンVan Halen)にボーカリストとして加入し、翌年、アルバム『5150』発表。また、1987年公開の映画『オーバー・ザ・トップ』に、エドワード・ヴァン・ヘイレンとの連名による楽曲「Winner Takes It All」提供。サミー在籍時のヴァン・ヘイレンは、スタジオ・アルバム4枚をBillboard 200の1位に送り込んだ。

1996年にヴァン・ヘイレンを脱退。サミーはソロ活動に戻り、1999年以降は、サミー・ヘイガー・アンド・ザ・ワボリタス名義で活動。2002年にはニール・ショーン等と共にプラネットUSを結成するが、アルバム発表には至らずに解散。

2004年、一時的にヴァン・ヘイレン復帰。 全米ツアーと2枚組ベスト・アルバム『The Best Of Both Worlds』の新曲2曲に参加。しかし、エディとの関係が再び悪化し、ツアー後は自然消滅(再脱退)。その後も精力的に活動している。2007年にはジョー・サトリアーニチャド・スミス、ヴァン・ヘイレン時代の盟友マイケル・アンソニーと共にチキンフットを結成。

2010年に、自らの生い立ちと音楽におけるキャリアを綴った自伝『RED 俺のロック人生 サミー・ヘイガー自伝』を出版。

その他[編集]

  • 1968年にベスティーという名の女性と結婚し、「アーロン」と「アンドリュー」という二人の息子を儲けるも、1994年に離婚。その後、現在の妻であるカルテと再婚し、「ケイマ」と「サマンサ」という二人の娘を儲けている。なお、ケイマを身ごもっていた頃のカルテの妊娠による療養生活と、当時制作していたアルバム『バランス』のスケジュールをめぐるトラブルが、一度目のヴァン・ヘイレンからの脱退の一因となっている。
  • 1990年メキシコにCabo Wabo Cantinaというナイトクラブを開いた。2004年にはネバダ州に2号店をオープンさせる[1]。なお、ナイトクラブ名(及び下記テキーラ名)はヴァン・ヘイレン時代のアルバム『OU812』収録曲「Cabo Wabo」に因む。
  • テキーラ・マニアであり、「カボ・ワボ」という自らのテキーラ・ブランドを立ち上げ、経営する店で販売しているその製品はテキーラ・コンベンションで賞も受賞している[2]

ディスコグラフィ[編集]

MONTROSE[編集]

  • Montrose(1973年)
  • Paper Money(1974年)

ソロ・アルバム[編集]

※が付いているものはサミー・ヘイガー・アンド・ザ・ワボリタス名義。

  • Nine on a Ten Scale(1976年)
  • Sammy Hagar(1977年)
  • Musical Chairs(1978年)
  • All Night Long(1978年)
  • Street Machine(1979年)
  • Danger Zone(1980年)
  • Standing Hampton(1981年)
  • Three Lock Box(1982年)
  • Live 1980(1983年)
  • VOA(1984年)
  • I Never Said Goodbye(1987年)
  • Marching to Mars(1997年)
  • Red Voodoo(1999年)※
  • Ten 13(2000年)※
  • Not 4 Sale(2002年)※
  • Live: Hallelujah(2003年)※
  • The Essential Red Collection(2004年、ベスト盤)
  • Livin' It Up!(2006年)※
  • Cosmic Universal Fashion(2008年)

HSAS[編集]

VAN HALEN[編集]

CHICKENFOOT[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hagar Brings 'Cabo' To Tahoe(Billboard.com)
  2. ^ http://www.tequila.ac/celebrity.html 日本テキーラ協会「テキーラはセレブなお酒」]

外部リンク[編集]