ダイヴァー・ダウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイヴァー・ダウン
ヴァン・ヘイレンスタジオ・アルバム
リリース 1982年4月14日
ジャンル ハードロックヘヴィメタル
時間 31分29秒
レーベル ワーナー・ブラザーズ・レコード
プロデュース テッド・テンプルマン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 3位(アメリカ[1]
  • 5位(カナダ)
  • 22位(日本[2]
  • 36位(イギリス)
ヴァン・ヘイレン 年表
戒厳令
(1981年)
ダイヴァー・ダウン
(1982年)
1984
(1984年)
テンプレートを表示

ダイヴァー・ダウン(Diver Down)は、ヴァン・ヘイレン1982年に発表したアルバム。通算5作目。

解説[編集]

12曲中5曲がカヴァー(各々のオリジナルは下記参照)。インストゥルメンタルも2曲あり、「大聖堂」はボリューム奏法を駆使した曲で、「リトル・ギター (イントロ)」はガット・ギターを使用。

アルバムは全米3位に達し、先行シングル「オー・プリティ・ウーマン」は全米12位、メインストリーム・ロック・チャートでは1位を獲得[1]。第2弾シングル「ダンシング・イン・ザ・ストリート」は全米38位、メインストリーム・ロック・チャートでは3位[1]。更に「シークレット」「リトル・ギター」「ザ・フル・バグ」「グッド・タイムズ」もメインストリーム・ロック・チャートにチャート・インを果たした[1]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はメンバー4人の共作。

  1. グッド・タイムズ - "Where Have All the Good Times Gone!" (Ray Davies) - 3:02
    キンクスのカヴァー。ヴァン・ヘイレンがキンクスの曲を取り上げるのは「ユー・リアリー・ガット・ミー」に続いて2度目。
  2. ハング・エム・ハイ - "Hang 'Em High" - 3:28
  3. 大聖堂 - "Cathedral" - 1:20
  4. シークレット - "Secrets" - 3:25
  5. イントゥルーダー - "Intruder" - 1:39
  6. オー・プリティ・ウーマン - "(Oh) Pretty Woman" (William Dees, Roy Orbison) - 2:53
    ロイ・オービソン1964年に米英のチャートで1位を獲得した曲のカヴァー。
  7. ダンシング・イン・ザ・ストリート - "Dancing in the Street" (Marvin Gaye, Ivy Hunter, William Stevenson) - 3:43
    マーサ&ザ・ヴァンデラスが1964年に全米2位に送り込んだ曲のカヴァー。
  8. リトル・ギター (イントロ) - "Little Guitars (Intro)" - 0:42
  9. リトル・ギター - "Little Guitars" - 3:47
  10. ビッグ・バッド・ビル - "Big Bad Bill (Is Sweet William Now)" (Milton Ager, Jack Yellen) - 2:44
    1924年に作られたスタンダード・ナンバー。
    ヴァン・ヘイレン兄弟の父ヤンもクラリネットで参加している。
  11. ザ・フル・バグ - "The Full Bug" - 3:18
  12. ハッピー・トレイルズ - "Happy Trails" (Dale Evans) - 1:03
    ロイ・ロジャースと、作者であるデイル・エヴァンスが出演していたテレビ番組『The Roy Rogers Show』のエンディング・テーマ曲。本作ではア・カペラで歌われている。

参加ミュージシャン[編集]

ゲスト・ミュージシャン

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Van Halen | Awards | AllMusic
  2. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.87