ウルフギャング・ヴァン・ヘイレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォルフガング・ヴァン・ヘイレン
Wolfgang Van Halen
ウォルフガング・ヴァン・ヘイレン、2012年撮影}
ウォルフガング・ヴァン・ヘイレン、2012年撮影
基本情報
出生 1991年3月16日(23歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州パサデナ
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
職業 ミュージシャン
ベーシスト
担当楽器 ベース
活動期間 2006年 -
レーベル ワーナー・ブラザーズ
共同作業者 ヴァン・ヘイレン
公式サイト van-halen.com

ウォルフガング[1]・ヴァン・ヘイレン(Wolfgang Van Halen、1991年3月16日 - )は、アメリカベーシストハードロックバンドヴァン・ヘイレンのメンバー。ニックネームは、ウルフ(Wolf)、またはウルフィー(Wolfie)。

同バンドのギタリストエドワード・ヴァン・ヘイレンの長男。母はイタリア系女優のヴァレリー・ベルティネリValerie Bertinelli)である。同バンドのドラマーアレックス・ヴァン・ヘイレンは伯父にあたる。名前は、父エドワードが尊敬していたウォルフガング・アマデウス・モーツァルトを由来としている。エディとヴァレリーの離婚後も、両者が共同で親権を持っている。

2004年でのサミーを迎えたラインナップでの再結成ツアーの際に、エディのソロ演奏の際に、特別出演し、親子でパフォーマンスを披露。資料によっては、これを彼の音楽デビューとする場合もある。その後、2006年にマイケル・アンソニーに代わりヴァン・ヘイレンのベーシストとなった。アルバムのレコーディングには、2012年リリースの『ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース』より参加。なお、そのスケジュールは、学業期間などに合わせて調節され、エディーのインタビュー内の発言通り、彼の成人後に当アルバムのレコーディングが行われている。

他にも、ブライアン・マーシャルの後任として、マーク・トレモンティのソロバンドのツアーにも参加している[2]

ウォルフガングは、小さい頃から父親・エディーのスタジオでのリハーサルを自分の意志で見学しているうちに、少しずつ音楽をやってみたいという気持ちが芽生え始めた。このため、音楽活動に関心を持つようになった経緯を「父からの影響って言うより、自然の成り行きだね」としており[3]、と話している。ちなみに、最初に演奏したのは、父親から10歳の誕生日プレゼントとして買ってもらったドラムである。その後、息子の気持ちを知った父親からの誘いもあって、ギターを演奏するようになり、やがてベースに転向していった。ウォルフガングは、当時を振り返って「最初はずっとギターしてて、ベースなんてギターの簡単バージョンだろ?って思ってたけど甘かったよ」と語っている[3]。ただ、ギターを演奏したおかげでベースを上手に演奏するコツが掴めた、と付け加えている。

なお、現在のところ、公の場では滅多に演奏しないが、バンド内の担当楽器であるベースや、先述のドラムやギターの他に、父親と同じくキーボードも弾くことができる。

好きなベーシスト・影響を受けたベーシストに、プライマスレス・クレイプールザ・フージョン・エントウィッスルクリームジャック・ブルーストゥールジャスティン・チャンセラーミューズクリス・ウォルステンホルムなどを挙げている。

脚注[編集]

  1. ^ 資料によっては、英語読みのウルフギャングとも表記される。公式サイトではこちらの表記を採用しているが、ここではヴォルフガング、あるいはウォルフガングで統一する。
  2. ^ エディ・ヴァン・ヘイレンの息子ウルフギャングがマーク・トレモンティ(クリード/アルター・ブリッジ)のソロ・ライヴに参加 - amass
  3. ^ a b interview Wolfgang Van Halen Talks Bass, 'A Different Kind Of Truth' and More Guitar World

外部リンク[編集]