トーマト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーマト
イエススタジオ・アルバム
リリース 1978年9月8日 (UK)
録音 1978年
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間 41:13
レーベル アトランティック・レコード
プロデュース イエス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 8位(イギリス)[1]
  • 10位(アメリカ)[2]
  • 41位(日本)[3]
イエス 年表
究極
(1977)
トーマト
(1978)
ドラマ
(1980)
テンプレートを表示

トーマト(Tormato)は、イギリスプログレッシブ・ロックバンドイエスのアルバム。新作のスタジオ録音アルバムとしては9作目。ライブの『イエスソングス』と初期編集盤の『イエスタデイズ』を含めると11作目。ただし日本盤のオビには通算10作目と記載されている。ライナー・ノーツ渋谷陽一が執筆した。

名称の由来[編集]

本作の元々のタイトルは「Yes Tor」だった。Torとは「岩石露頭」、特にイングランド南部デヴォンダートムーアコーンウォールボッドミン・ムーアのそれを指し、ダートムーアには実際に「Yes Tor」という露頭がある。その後の議論の最中、岩山の写真を見たマネージメント会社の秘書・ジル(後にジョン・ウェットンの妻、後に離婚)が「潰れたトマト」を連想し、それが元でTormatoという造語に変更された。

収録曲[編集]

A面
  1. A. 輝く明日 - Future Times  B.歓喜 - Rejoice (A.Anderson,Squire,Howe,Wakeman,White/B.Anderson)
  2. クジラに愛を - Don't Kill The Whale (Anderson,Squire)
  3. マドリガル - Madrigal (Anderson,Wakeman)
  4. 自由の解放 - Release, Release (Anderson,White,Squire)
B面
  1. UFOの到来 - Arriving UFO (Anderson,Howe,Wakeman)
  2. 天国のサーカス - Circus Of Heaven (Anderson(Featuring the voice of Anderson's son, Damion.))
  3. オンワード - Onward (Squire)
  4. 自由の翼 - On The Silent Wings Of Freedom (Anderson,Squire)

リマスター盤[編集]

2004年にCDのリマスター盤が発売された。音質の向上が図られている他、以下の10つのボーナス・トラックが追加収録されている。

  1. Abilene - 「クジラに愛を」がシングル・カットされた際にB面に収録された曲。
  2. Money - リック・ウェイクマンによる当時の英国の財務大臣であったデニス・ヒーリーのスピーチの物真似を添え、成功したミュージシャンに対して高い税率を課した彼を皮肉った風刺曲。初出はイエスイヤーズ。
  3. Picasso
  4. Some Are Born - ジョン・アンダーソンが自身のソロ・アルバム『七つの詩』(Song Of Seven) で再録音・収録。
  5. You Can Be Saved
  6. High
  7. Days - こちらも『七つの詩』で再録音・収録。ここではア・カペラで収録。
  8. Countryside
  9. Everybody's Song - 次作『ドラマ』に収録されている「夢の出来事」(Does It Really Happen?) のアーリー・デモ・バージョン。
  10. Onward (Orchestral Version) - オンワードのオーケストラ部分のみを抽出したインストゥルメンタル・バージョン。隠しトラックである為ジャケットにはクレジットされていない。

レコーディング・メンバー[編集]

エピソード[編集]

  • 「クジラに愛を」がシングル・カットされている。B面はアルバム未収録曲(リマスター盤には収録)の「Abilene」。
  • 「自由の翼」、「クジラに愛を」、「マドリガル」のプロモーション・ビデオが制作されている。
  • リック・ウェイクマンは自ら開発資金を出していた「バイロトロン(Birotron)」を録音で使用している。この楽器はメロトロンの改良版のキーボードで、考案者の米国人・デヴィッド・バイロがアメリカをツアー中のリック・ウェイクマンの楽屋を訪ねて来て、アドバイスと資金の提供を求めたものである。
  • 「天国のサーカス」の中で聞かれる子供の声は、ジョン・アンダーソンの息子であるダミアン・アンダーソンのもの。

脚注[編集]

  1. ^ ChartArchive - Yes
  2. ^ Tormato - Yes : Awards : AllMusic
  3. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.73