イエス・サード・アルバム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サード・アルバム
イエススタジオ・アルバム
リリース 1971年3月19日
録音 1970年10月 - 11月 at Advision Studios
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間 41:36
レーベル アトランティック・レコード
プロデュース イエス、エディ・オフォード
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 4位(イギリス)[1]
  • 40位(アメリカ)[2]
イエス 年表
時間と言葉
(1970)
サード・アルバム
(1971)
こわれもの
(1971)
テンプレートを表示

サード・アルバム(The Yes Album)はイギリスプログレッシブ・ロック・バンド、イエスの3枚目のアルバム。

この作品の時期、あらゆる面でイエスの基盤が出来上がったといえる。まず、デビュー以来初めてのメンバー・チェンジを経験し、その後のイエス・サウンドに多大な影響を及ぼす事になるギタリストスティーヴ・ハウが加入。そして前作でエンジニアとして参加したエディ・オフォードがバンドとの共同プロデューサーとなり、「第6のメンバー」と呼ばれるほどにスタジオ・ワークでの重要な役割を担う事となった。更にマネージャーに敏腕ブライアン・レーンを迎え、ビジネス面での後押しが強化された。

象徴的に、初めて作曲者クレジットがバンド名義となった「ユアーズ・イズ・ノー・ディスグレイス」でアルバムは幕を開ける。曲の基本構造は同じテーマの繰り返しでしかないが、それをアカペラ、疾走感のあるロック、ウォーキング・ベースジャズっぽく、アコースティック・ギターフォークというように様々な色彩をもって聴かせ、10分近い長さを感じさせない。この曲はベトナム戦争に赴く若者達を思って書かれたものである。

続くハウのお披露目となったアコースティック・ギター・ソロ「クラップ」はライヴ録音で、彼が敬愛してやまないナッシュビル・ギターの名人チェット・アトキンスの影響を素直に表現したカントリーピッキングの技巧が聴ける。(原題「The Clap」は誤植。これでは俗語で「淋病」の意味になる。本来は冠詞「The」を付けず「Clap = 拍手」)

初の組曲形式を取った「スターシップ・トゥルーパー」は、アンダーソンとスクワイアの曲を結合させ、ハウの壮大な3コード・ソロをエピローグに添えた大作。

「アイヴ・シーン・オール・グッド・ピープル」はトラディショナルな前半、ワイルドなシャッフルの後半と、極端なコントラストの小組曲。ライヴ映えする、代表曲の一つ。前半の「ユア・ムーヴ(邦題:心の光)」はシングル・カットされスマッシュ・ヒットとなった。

「ア・ヴェンチャー」は、後年のライヴでも殆ど演奏されていない。トニー・ケイがピアノ・ソロを聴かせる小品。

「パーペチュアル・チェンジ」は変拍子対位法などの技巧が盛り込まれている。それと同時にジャズの影響も色濃く感じさせる。

前2作の不発で窮地に立たされていたイエスは、本作で起死回生の結果を出した。全英4位[1]、アトランティック・レーベルの本拠地アメリカでもトップ40に入るヒットとなり[2]、契約の続行と活動の場を大きく広げるチャンスを手にした。 しかし、オルガンピアノに固執し、当時台頭を始めたメロトロンモーグ・シンセサイザーの導入に消極的だったトニー・ケイは、バンドの意向に応えられず脱退していった。

収録曲[編集]

A面
  1. ユアーズ・イズ・ノー・ディスグレイス - Yours is no Disgrace (Yes)
  2. クラップ - The Clap (Howe)
  3. スターシップ・トゥルーパー - Starship Trooper
    1. ライフ・シーカー - Life Seeker (Anderson)
    2. ディシルージョン - Disillusion (Squire)
    3. ワーム - Würm (Howe)
B面
  1. アイヴ・シーン・オール・グッド・ピープル -  I've Seen All Good People
    1. ユア・ムーヴ~心の光~ - Your Move (Anderson)
    2. オール・グッド・ピープル - All Good People (Squire)
  2. ア・ヴェンチャー - A Venture (Anderson)
  3. パーペチュアル・チェンジ - Perpetual Change (Anderson - Squire)

レコーディング・メンバー[編集]

  • ジョン・アンダーソン Vocals
  • スティーヴ・ハウ Guitars,Vocals
  • クリス・スクワイア Bass,Vocals
  • ビル・ブラッフォード Drums,Perc
  • トニー・ケイ Keyboards

脚注[編集]