ラダー (イエスのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラダー
イエススタジオ・アルバム
リリース 1999年9月28日(US)
録音 1999年2月-5月
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間 60:17
レーベル Damian
プロデュース ブルース・フェアバーン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 36位(イギリス[1]
  • 38位(ドイツ[2]、日本[3]
  • 70位(オランダ[4]
  • 99位(アメリカ[5]
イエス 年表
オープン・ユア・アイズ
(1997年)
ラダー
(1999年)
マグニフィケイション
(2001年)
テンプレートを表示

ラダー(The Ladder) は、イエスアルバムである。メンバーはジョン・アンダーソンクリス・スクワイアスティーヴ・ハウアラン・ホワイトビリー・シャーウッドイゴール・コロシェフの6人。

本作の原題は「The Ladder」だが、日本盤CDのオビやライナー・ノーツのカタカナ表記には「ザ・」は無く、「ラダー」のみであるので、本項では、これを踏襲する。

収録曲[編集]

  1. Homeworld (The Ladder)
  2. It Will Be a Good Day (The River)
  3. Lightning Strikes
  4. Can I?
  5. Face to Face
  6. If Only You Knew
  7. To Be Alive (Hep Yadda)
  8. Finally
  9. Messenger
  10. New Language
  11. Nine Voices (Longwalker)

日本盤用ボーナス・シングルCD[編集]

  1. アイヴ・シーン・オール・グッド・ピープル
  2. 同志

ボーナス・シングルCDの演奏は1997年12月のロサンジェルスでのライブ。

メイキング・ビデオ[編集]

DVDビデオ・ソフト「ハウス・オブ・イエス」の特典映像として、「"The Ladder"制作秘話(Making of The Ladder) が収録されている。メンバーやブルース・フェアバーンのインタビュー映像に加え、「Home World」と「If only you knew」のリハーサル風景も入っている。ただし何故かアラン・ホワイトだけがインタビューにもリハーサル風景にも登場していない。

内容[編集]

エアロスミスボン・ジョヴィで有名なブルース・フェアバーンがプロデュースした最期のアルバム。

日本盤(初回限定盤)のみ収録されたライブ音源は、1997年12月に、このメンバーで演奏したもの。ちなみに「ハウス・オブ・イエス」に収録されているのは1999年10月(ラスベガス)のものなので、両者の演奏時期は2年近い開きがある。

このアルバムの後、ビリー・シャーウッドは自分の音楽活動の為脱退、イゴール・コロシェフも脱退したために(セクハラで解雇との噂もある)、イエスはしばらく専任キーボード・プレイヤーが不在となる。

脚注[編集]