ジョン・デイヴィソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・デイヴィソン
Jon Davison
2013年}
2013年
基本情報
出生 1971年1月16日(43歳)
ジャンル プログレッシブ・ロック
シンフォニック・ロック
ポップ・ロック
トランス
職業 ミュージシャン
歌手
担当楽器 ボーカルベースギターキーボードタンバリン
共同作業者 イエス
グラス・ハマー
Sky Cries Mary

ジョン・デイヴィソン(Jon Davison)は、アメリカミュージシャンイギリスプログレッシブ・ロック・バンドであるイエスと、アメリカのプログレッシブ・ロック・バンドであるグラス・ハマーのリード・ボーカリスト。

経歴[編集]

カリフォルニア州南部のラグナビーチで生まれる。幼少の頃教会少年合唱団に参加していたというジョンは、母親の影響もありビーチ・ボーイズブレッドを聴いて育つ。

10歳の頃、ガレージセールでギターを手に入れてからはギターに夢中になり、その後フー・ファイターズドラマー、テイラー・ホーキンスと知り合いバンドを組んだ。ホーキンスには「Juano」というニックネームを与えられる。 その頃は自分の声がロックにはソフト過ぎると思っており、ギタリスト志望であった。

高校の時に聴いたラッシュがきっかけでプログレッシブ・ロックに目覚める。ベースに転向してから、当時影響を受けていたラッシュのゲディー・リーの雑誌の記事を通し、イエスジェネシスを知り、その後とりわけイエスに強い影響を受けるようになる。

その後ジョンはアメリカ北西部で活動するグループ、スカイ・クライズ・マリー(Sky Cries Mary)にベーシストとして参加。1990年代は主にこのバンドのメンバーとして過ごした。

2001年にブラジルに住んでいたときはベーシストとして Ronald Augusto とも活動。

2002年、スカイ・クライズ・マリーと並行してイエスのトリビュートバンド Roundabout にボーカルとして参加。かねてより高音の歌声を持ってはいたものの、シンガーとしての正式なトレーニングは受けておらず、苦労をしたという。

2009年、グラス・ハマーの Fred Schendel と Steve Babb がインターネットでジョンのパフォーマンスを目にし、グラス・ハマーのリードボーカルとしてスカウトされる。

グラス・ハマーのメンバーとして、2010年『If』、2011年『Cor Cordium』、2012年『Perilous』、2014年『Ode To Echo』を発表。

2012年2月、病気で脱退したイエスのボーカリスト、ベノワ・ディヴィッドの後任としてイエスに参加。[1][2]グラス・ハマーでの活動も継続すると発表されている。

影響[編集]

影響を受けたとしてイエスのジョン・アンダーソン、ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンカール・ウィルソンクイーンフレディ・マーキュリーらの名を挙げている。またボーカルだけでなくベースプレイについてもイエスの影響を受けているという。

ディスコグラフィー[編集]

スカイ・クライズ・マリー[編集]

  • This Timeless Turning (1994)
  • Moonbathing on Sleeping Leaves (1997)
  • Seeds (1999) (EP)
  • Here & Now - Live 2005 (2005)
  • Small Town (2007)
  • Taking the Stage: 1997-2005 (2011)

グラス・ハマー[編集]

その他[編集]

  • Tales from the Edge: A Tribute to the Music of Yes (2012) --- The Samurai of Prog のメンバーとして "Starship Trooper" を演奏
  • Mogador: Absinthe Tales Of Romantic Visions (2012)


参考文献[編集]